シュネーヴィッツェン

基本データ

「不滅の白雪」シュネーヴィッツェン 基礎ステータスRC(OD12)
モチーフ作品 "白雪姫"より、白雪姫 #image error : ファイルが見つかりません (.png)
ロール ファイター
開放条件 イベント期間中に4戦プレイ(2016/12/14~2017/1/9)
Art. 前嶋重機 CV. 小倉唯
基本ステータス
最大HP Lv1: ?? 最大MP Lv1: ??
Lv8: ?? Lv8: ??
ストレート攻撃力 C(?.?) ドロー攻撃力 B(?.?)
射程 スピード A(?.?)

スキルデータ

ワンダースキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
ホワイトライトブレス WR 超絶強化 5 なし フリックをすると即時発動する。
自身の ドローショット攻撃力スキル攻撃力上がり、精霊ゲージ が大幅に 増える
※戦闘中一度のみ使用可能
スキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
ピュアホワイトスピア R 攻撃 3 35 自身から引いた線の方向に直進しながら 貫通攻撃 を放つ。
ヒットした敵に 中ダメージ を与える。
この攻撃は壁を突き抜け、自身から離れるほど攻撃範囲が拡大する。
[七精霊の加護]
スキル発動時に溜まっている 精霊ゲージを全て消費 する。
精霊ゲージ量が最大の場合は、
スキル使用時消費するMP減少 し、 ダメージ範囲上がり、 攻撃終了まで 防御力上がる
さらに、 敵城敵拠点 にもヒットし ダメージ を与える。
スピリッツテリトリー R 強化 4 30 フリックをすると即時発動する。
自身中心の範囲内にいる 味方兵士攻撃力防御力上がる
[七精霊の加護]
スキル発動時に溜まっている 精霊ゲージを全て消費 する。
精霊ゲージ量が最大の場合は、
スキル使用時消費するMP減少 し、 効果範囲上がる
フェニックスウィング R 攻撃 2 25 自身から引いた線の先を中心とした 範囲に発動 する。
範囲内にいる敵キャストに 小ダメージ 、敵兵士や巨人に 中ダメージ を与える。
セブンスピリッツ SR 強化 4 20 フリックをすると即時発動する。
自身の ドローショット小型のドローショットが追尾する ようになる。
さらに、効果中は 精霊ゲージ増加量上がる
イモータルハート SR 回復 5 50 フリックをすると即時発動する。
自身の 精霊ゲージ増加量MP回復速度上がる
[七精霊の加護]
スキル発動時に溜まっている 精霊ゲージを全て消費 する。
精霊ゲージ量が最大の場合は、
スキル使用時消費するMP減少 し、効果中に自身の HPが0 になったとき、一度だけ HP一定量回復 した状態で 復活 する。
さらに復活時に 妨害効果無効化 する。
ただし 精霊ゲージ増加量HP回復効果下がる
この妨害効果は無効化できない。

キャスト概略

Ver2.0の柱として、遂にステージの題材になっていた白雪姫が登場。
サンドと一緒にポスターなどを飾っており、Ver2.0での新たな主役のように扱われている。

ややHPが低く、ショット威力も低め。スピードは速い。素体としてはリンに近いファイター。
このキャスト独自の"精霊ゲージ"を持ち、MPを使ってこれを溜め、MAXで消費し、また溜めるという動きが基本になる。
精霊ゲージを消費するスキルは3つ。
いずれも、精霊ゲージがMAX時は非常に強力で、そうでない場合は費用対効果が低いという調整がなされている。

スペックが速度以外微妙であり、序盤は特にこれといった強みを持たないのが欠点。
Lv4の"セブンスピリッツ"により、兵士処理、精霊ゲージの回り共に大きく強化されるため、そこまでの凌ぎが重要。
試合中のMPの使用量がすなわち必殺技の回数にもなるのでMP管理が試されるキャストともいえる。

  • 七精霊の加護
当キャストの持つ独自ゲージ。
DSやスキルなどでMPを消費することで「精霊ゲージ」が上昇し、最大まで溜まることで一部スキル使用時に効果が強化される。
"セブンスピリッツ"および"イモータルハート"、専用アシストの特殊効果発動時は精霊ゲージ増加量がさらに増す効果を持つ。
"ピュアホワイトスピア,スピリッツテリトリー,イモータルハート"の3スキルを強化することが出来る。
また、WSでMAXにする事ができる。

ゲージ増加量はMP使用量に完全に比例しているわけではなく、消費MPの大きいスキルを使うと加速度的に増加が大きくなる。
(MP消費量に対して二次の関係、あるいは指数関数?)
このためDSだけで溜めるよりはスキルで溜めた方が効率はよい。

MPを精霊ゲージに変換する上では、自然回復するMPが溢れがちな場合、
スピリッツテリトリーやセブンスピリッツ、イモータルハートなど攻撃モーションを伴わない物で空撃ち(テリトリーは兵士がいる場合利用したほうがよい)して、
ボーナス用に稼ぐテクニックもある。

+ キャラクター概略

  • 変幻の栞
シュネーは赤を基調とした衣装から青基調の衣装にチェンジ。盾も青色。青りんごじゃないですよ

ショット性能

ストレートショット

薙ぎ払いと前方衝撃波で構成されるSS。近接間合いでは2ヒットする。
発生や硬直などかなりリンのSSに似通る。無強化でLv2から小兵士確1。多少の強化でLv3から大兵士確1。

威力は低いが取り回しは良く、列への横入りSSもできなくない。
また当てると吹っ飛びが大き目。

射程はリンより短く、温羅とほぼ同じ。(リン相手は正面から射程負け再現可、温羅とは実戦で相打ち以外狙うのは難しいぐらい)
この短さのため、他のファイターのSSと同じ感覚で近距離型アタッカーなどの横槍を咎めようとすると相打ちになりやすい。
タイミングがかなりシビアで慣れが必要となる。

ドローショット

霊魂のようなふわっとした弾を発射する。
初速の遅い加速型で、曲線時に減速する。
描写距離は吉備よりちょっと長く、射程はリンと同じぐらい。

動きはリンのDSに非常に似通る。
そちらに比べて弾サイズが大きい(ファイター内で比べてもメロウフック並みで上位)。
ただし威力がドルミの次に低くファイター最低クラス。
初速が遅いため弾サイズを活かして引っかけるような当て方になりやすい。

素の威力は低いが、セブンスピリッツにより3連弾となり、実質の兵処理力が向上する。
3連弾時は元々判定が大きな弾にさらに2つの小型弾が付くため、おいそれと近寄りづらい。

総合的に見ると、序盤戦はリンDSと威力/弾サイズをトレードしたようなものである。
引っかけはしやすいが火力が無いためセブンスピリッツまでは我慢の戦いが必要。

またやけに巨人ダメージが高い。
3連弾だからかというとそうでもなく、バフ無しでも同目盛りの他FのDSより明らかに減る。
無論3連弾時は一瞬で巨人がいなくなるため非常に巨人処理力に優れる。

スキル解説

ホワイトライトブレス

DS攻撃力とスキル攻撃力が上がり、精霊ゲージがMAXになる。
イモータルハートでリバイバルした時のみ精霊ゲージ回復が半分。
HP・MPの回復は共に全くないので、発動前はこれらの管理に気を配りたい。

パラメータ強化はシュネーの主要攻撃にいずれも関係したもので、より強力な一撃を見舞える。
ドローショット強化はセブンスピリッツで一気に3つの強化弾を浴びせられる。

また、精霊ゲージがMAXになるのを利用してコンボができる。
もちろん精霊ボーナス狙いの連続使用目的もよい。

ピュアホワイトスピア
スキル攻撃力上昇と精霊ボーナスによる威力強化+aがそのまま乗る。
イモータルハート
精霊ボーナスでMPを浮かせながらブースト。リバイバルのおまけ付き。精霊ゲージ上昇の流れに載せて精霊ボーナスを得る。

無論、他のスキルも場面に応じて効果を活かすこともできる。

ピュアホワイトスピア

直線描写距離に突進し、それに追随して衝撃波が発生、さらにそれが幅広で奥まで届く形に拡大していく。
衝撃波はオブジェクト貫通。発動時に精霊ゲージをすべて消費し、フルゲージ消費する事で技が強化される。

フルゲージ消費時の消費MPは無強化8程度。
衝撃波のダメージが上がり、拠点にダメージが入るようになり、範囲も拡大する。
また突進中の防御力が上がる。

発生は早めだが、それでも溜めの間は完全に無防備であり、弾速の早い技なら見てから相打ち以上を取られやすい。
ただ少し遅れると突撃は封じられても衝撃波だけが出てくるため、相手の硬直や立ち位置を見て使えば押しつけが可能である(最も衝撃波発生も突撃から少したってからなので、出始めを止められた場合は同様に発生を防がれる)。
イメージとしては突進に強化岩砕衝撃波が付いたようなもの。

しかし、ゲージが溜まっていないと範囲も狭く、コストも余計にかかるため、素でむやみに打たないのが基本である。
また、突進後に終点を中心とした半円に範囲を伸ばすため、下手に近距離で撃つと懐に入られて避けられてしまう。
ゲージがあるときの範囲が優秀で先端の威力が高いため、、多少離れている敵をけん制するのが非常に便利である。

スキルが+5、MAXになると攻撃力が上がる。

スピリッツテリトリー

範囲内の味方兵士の攻撃と防御の両方を強化する。

フックの"気合"に似た効果だが、そちらより若干堅い分攻撃上昇も控えめ。
兵士を生き残らせて増援待ち、または盾にする戦い方を好む人向けのスキル。

効果の割に消費MP30とかなり重く、盾要因急募やMPが溢れているような場面でない限りはあまりに使い物にならない。
ただかぐやワンダーを受けた時などはゲージががっつり溜まるので素で使える。

フルゲージ消費でMP2程?となり、効果が戦場全域に拡大する。実質ほぼ無料。
こうなると話は全く変わってくるわけで、全兵士が簡単に倒れなくなるため全レーンの多少の優位を演出できる。
ほぼ精霊ゲージMAX用スキルと言ってもいいだろう。

対面と戦うにはスピアが強いため自分が帰城してゲージも余っている時に打つのが基本となるか。

Ver2.01-Aで精霊ゲージマックス時、何故かキャストにも防御バフがかかっていたのを修正。

フェニックスウィング

自身前方に横長の長方形範囲を位置指定し、瞬間攻撃を仕掛ける位置指定型攻撃スキル。
攻撃範囲は広めで、レーンをほぼ埋め尽くせる。

範囲内に兵士ダウン、キャスト非ダウンの貫通攻撃。
兵士・巨人に対するダメージは中程度だが、無強化だと大兵士の撃退は難しい模様。
長方形範囲はシュネーの向きに対して垂直に発生するため、レーンに対してなるべく平行かつ中央に立たないと撃ち漏らしが出る。
この仕様のため横槍などではあまり有効とは言えない。
発生は少し遅めで進軍している兵士列に当てるには慣れがいる。
硬直もあるのでいい加減に使うとクリスラなどが怖い。

リンのらいんふれあのように、Lv2で、自分の兵士列の後ろに隠れながら、相手の兵士列を丸ごと除去できるという貴重なスキル。
さすがに使い勝手は自由曲線型のあちらに劣るが、
レーンをほぼ覆える攻撃範囲の広さを持つ位置指定型であることを利用して、少し距離のあるキャストの動きや兵士の進行を封じるのに使いやすい。

本領を発揮するのはカードが+5以上に重なってから。
後述の通り、+5以上になれば大兵士もまとめて処理出来るようになる。
ドローでは時間が掛かりがちな溜まった複数列の処理も、こちらのスキルでなら一掃が可能で、しかも「らいんふれあ」の様な発動から焼き切るまでのラグがない。
使いどころをきちんと考えれば、セブンスピリッツの解放以降でも強力な選択肢となるだろう。

また、ドローと比べて精霊ゲージの溜まり方が早いのも特徴。
序盤に押し負けたり、精霊ゲージの管理に悩みがある場合は採用を考えてもよいだろう。

+5、MAXで攻撃力が上昇。+5で大兵士も一確になる。

セブンスピリッツ

精霊ゲージが溜まりやすくなる効果とドローショットに小型弾2発を追加する自バフ。
この小型弾はDS軌道を後からホーミングしていくが発射位置及び弾速が異なるため同一軌道上を必ず進むわけではない。
(ドローは剣先から出るが小型弾はその右と左から出る)

採用する事により兵士に対してDSが連続してくる形になり、DS火力が満たなくても疑似的な1確DSを撃てるようになる。
大兵士に対しても先陣を切るDSで倒せれば後続のDSで後ろの兵士を潰せるようになる。
また停滞性、攻撃範囲の点から単純に読み合いで強力。
さらにDSでは溜まりづらい精霊ゲージの点もサポート。

Lv4以降、3連弾とMAXスピアでどんどんレーンを押していける。
ダウンを奪いやすい性質上、拠点際まで上げたら強い。

ただし、ドローショット自体の威力が上がるわけではないので、ダウンを挟むと威力特化のそれより威力がやや落ちる。
また、拠点や森など障害物を挟まれると小型弾が阻まれる恐れも。


イモータルハート

精霊ゲージが溜まりやすくなり、MP回復速度が上がる自バフ。効果時間無強化50秒?
精霊フルゲージからの使った場合、効果中「リバイバル」という状態となる。
リバイバル状態の時にデスすると倒れたカメラ視点が終わった後、妨害効果をレジストしてその場で基礎HPの半分?で復活する。
この時、デスによるペナルティ一式は何も受けないが、復活体は精霊ゲージ増加量とHP回復速度が下がる(WSでもゲージ半分回復)。
精霊フルゲージ使用だとMP25?に軽減される。

Mp50と極めて重く、効果時間も長くはないので扱いづらい。
ただしMPに比例して精霊ゲージの上昇量が増すので、そう言う意味では素でも一気にゲージを引き上げることができる。
また復活自体に数秒が必要で、兵士は流れてくるため、ある意味数秒無防備となり拠点が取られてしまうという弱みもある。

ただ明確に打てるタイミングはいくつかあり、
  • リスポンでMP満タンの時に精霊ゲージ稼ぎと以後のMP/精霊ゲージのためにノーリスクで管理スキルとして
  • 城前でWSを吐いてMP25あったら使う事で確実に時間を稼ぐ事ができる
など、選択肢の一つとしては光らなくもない。
またいくら復活体の精霊ゲージが伸びづらくなるとはいえまたMAXにして25MP払えば一応の永久機関(50秒以内)ではある。
キルカメラ時に兵士に無視されてしまうという特性上、レーン戦ではあまり無理ができず、最終盤の城凸に向く。

ミリからオーバーキルを受けても、受けた端数分を復活でチャラにできるのも大きい利点(特に防御力低下を受けていれば解除もされる)。
検証段階だが元の最大HPを参照して回復するのなら、元がタフであるほど恩恵が得られる。

アシストカスタマイズ


専用アシストは「甦る姫騎士のリボン」
レベル4でドロー威力とMPを小さく強化。
パラメータ自体は効果が小さいが、特殊効果にレベルアップから一定時間、精霊ゲージの増加量が向上する。
まさにシュネー専用とも言える効果で、別の上昇バフとセットで精霊ボーナスが得られやすくなる。

全体的なカタマイズとしては、ドローを中心にするのか、フェニックスウィングやスピアといった攻撃スキルを多用するのか、自身の動きを考える必要がある。
良く採用されているサポートは白騎士の槍。ソウルはカーレンなどMP回復を強化するものが多い。

また、スピアを使用する際に兵士の弾を貰い易いことを考えれば、武蔵坊の大薙刀も有用。
これもやはり、自身の動きと合わせて考えると良いだろう。

戦術

コメント
  • 正直、リボンの発動4って遅すぎてもっと使いやすい(必要なの)ある -- (名無しさん) 2017-01-01 22:21:42
  • 専用はまぁ速いとゲージ回転も速くなって槍ぶっぱになるからしゃーなし -- (名無しさん) 2017-01-02 02:26:55
  • LV1のスピードを盛らないと兵士弾に間に合わないけどギディ1枚でギリギリ間に合うっぽい。靴とか赤兎馬1枚で行けるかはまだ試してない。 -- (名無しさん) 2017-01-05 01:59:56
  • ↑無盛りでも間に合うよ シビアだけど -- (名無しさん) 2017-01-05 12:18:55
  • MP補強して専用でゲージ貯めて博 -- (名無しさん) 2017-01-06 02:00:40
  • ↑途中送信すまんな。ゲージ貯めて吐く動きがやっはり安定して強いな。序盤多少辛いけど凌ぎきれれば常に有利取れる -- (名無しさん) 2017-01-06 02:02:36
  • クラゲの当たり判定がいまいちよく分からん。あと7使ってる時の小クラゲの軌道もいまいち読めない・・・。小クラゲの発生はシュネ側面だけど、カーブさせてからは親クラゲと同じ軌道になるのかね? -- (名無しさん) 2017-01-11 09:00:22
  • レベルアップが攻撃力そのものを引き上げるなら、まあスキル攻撃力も上がるよねってことか -- (名無しさん) 2017-01-16 20:27:37
  • 誤解を招きかねない表現だったのでちょっと書き換えました。フェニックスウィングは有用だよということで -- (名無しさん) 2017-01-16 21:04:45
  • 羽、一列消せるから便利なんだけど、硬直でかいから怖いんだよなぁ・・・。 -- (名無しさん) 2017-01-17 12:51:27
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る