サンドリヨン

基本データ

「真夜中の戦姫」サンドリヨン 基礎ステータスRC(OD12)
モチーフ作品 "シンデレラ"より、シンデレラ(仏:Cendrillon)
ロール ファイター
開放条件 なし(初期キャスト)
Art. 前嶋重機 CV. 井上麻里奈
基本ステータス
最大HP Lv1: 45 最大MP Lv1: 50
Lv8: 60 Lv8: 70
ストレート攻撃力 B (1.6) ドロー攻撃力 A (2.9)
射程 スピード B (2.3) ※1
※1 ver1.00Cより2.2→2.3

スキルデータ

ワンダースキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
タイムオブプリンセス WR 超絶強化 5 なし フリックをすると即時発動する。
自身と全味方キャストの HP が大幅に 回復 する。
さらに、自身の ドローショット の描ける 線の長さ延長 され
弾の サイズ拡大 し、 貫通力上がる
※戦闘中一度のみ使用可能
スキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
クリスタルスラッシュ R 攻撃 2 25※4 自身から引いた線の方向に 貫通攻撃 を放つ。
ヒットした敵に ダメージ を与える。
与えるダメージは自身から離れるほど高い。
アッシュヒール R 回復 3 25 フリックをすると即時発動する。
自身の HP回復 する。
ホワイトウィッシュ SR 強化 4 20※5 フリックをすると即時発動する。
自身の ドローショット の描ける 線の長さ延長 され
弾の サイズ拡大 し、 貫通力上がる
クリスタルブーツ R 強化 3 25※6 フリックをすると即時発動する。
自身の スピード上がる
ボールドレスアップ ※7 SR 強化 5 20 フリックをすると即時発動する。
自身の ドローショット終点爆発 するようになり、
爆発範囲内の敵に ダメージ を与えられるようになる。
このダメージは自身のドローショットの攻撃力に応じて上がる。

※4 Ver1.00-Cより30→25
※5 Ver1.00-Cより25→20
※6 Ver1.00-Bより20→25
※7 Ver2.00-Aより追加されたスキル

キャスト概略

ワンダーランドウォーズにおける初期選択キャスト。
攻撃,回復,自己強化等バランスのいいスキルを持っているが、特に自己強化出来る"ドローショット(DS)"が強力である。
このDSを終盤まで主力とし、レーン戦をするということには長けたキャストである。
HPもそこまで高くないものの、自己回復手段を2つも持つために長期戦にも向く。
良くも悪くも分かりやすいキャストである。

弱点はストレートショット(SS)でダウンが取れない事である。
うまく当て続けて火力を出せる強みでもあるのだが、代表例としては1vs2をやらされた時に分かりやすい弱みになる。
そのためDSを活かす場面が多く、上位に行くほど案外難しいキャストである。

初期キャストらしく修正遍歴が長く、
簡単に言うと最初期verでは最強候補として猛威を振るい、すぐ一気に弱体化された後、
ぼちぼち様々な要素が強化されていき、Ver1.11-B現在はファイターの代表たる地位を取り戻している。

+ 修正履歴

+ キャラクター概略

+ セリフ集

◆変幻の栞
  • 衣装A(CR20達成報酬)
アナザーカラーでは赤いドレスを纏う。
リボンや胸、装飾部分などは白のままというツートンカラー。
  • 衣装B(スペルリリィ交換)
こちらはエメラルドグリーン調。…なんだかどこかジョウロを持ったドール感が…
  • 灰かぶりの思い出(スペルリリィ交換)
メイド服を纏ったサンドリヨン。アナザーカラーではなく完全な別衣装。
靴もクリスタルブーツではなくストラップシューズ。 そしてスカートの下はガーター
更に、この衣装を選んでいると 戦闘開始時・勝利時の台詞が別なものに置き換わる。
「では、行ってまいります、ご主人様」「この力がある限り、皆を守ってみせる!」
つまるところ要は魔法使いに会う前の姿。なのだが台詞等では結構前向き(元々がそう言う性格かもしれないが)。
もしくはご主人様=神筆使いという解釈もできなくはない。

ショット性能

ストレートショット

ダメージこそ低めだが、発生・射程共に悪くはなく、範囲はやや広い。
払い部分と衝撃波部分で2hitし、どの部分が当たってもダウンは取らず相手をノックバックさせる。
無強化だとLv2以上で小兵士を、Lv6以上で大兵士を確殺可能になるという絶妙な威力。
これをタイガーリリー玉龍etc、アシスト等によるストレートショット強化で補うケースが多い。

ノックバックで足止めをかけ、兵士弾などの追撃でダメージが稼ぎやすいのが特徴。
ただダウンしないのは時に短所であり、複数体の敵に囲まれた状況では輝かない。


+ ...

ドローショット

速い青色の衝撃波を放つ。射程も描写距離もおおよそ標準的である。
最高弾速は速いもが加速開始が遅めで、軌道を曲げる際微妙に減速する。

ホワイトウィッシュやタイムオブプリンセス(WS)、または専用アシスト等が組み合わさる事により強力になる。
描写距離、威力、射程、弾速、大兵士貫通、爆発等あらゆる性能を上昇させることが出来る。
素の性能は並で、長射程とドローを撃ちあえるような性能ではないが、スキルとの併用により使い勝手が大幅に向上する為、"サンドリヨンのドローショットは強い"という認識になる。
また、ドローの攻撃力を上げるバフがWS以外無いサンドリヨンにとっては威力の優先度が高い。

スキル解説

タイムオブプリンセス

自身のドローショット強化、自身へ大き目の回復、味方へ少な目の回復を与えるWS。
スキル名のイニシャルからTOPとも呼ばれる。

DSは描ける線が延長され、貫通力が上昇(大型兵士を貫通する)、弾サイズも大きくなる。
更にドローショットの威力減衰(HIT毎に威力が下がっていく)がゼロになり、小兵士は確殺。
兵士越しでも最大威力で敵キャストを狙えるようになる。ちなみにLv5・無強化DSだと大兵士は生き残る。
ホワイトウィッシュと重複可能で、攻撃判定が更に大きくなり、巨人も貫通するようになる。

回復面でも優秀で、味方の回復こそ今では少ないものの、自身の回復力は相当なものである。
シレネッタのWSと比べても即時で回復することは大きく、ピンチの状況でも復帰が容易である。

総合して、拠点際の攻防等での純粋なダメージレースにおいて高い性能を誇る。


Ver1.11-Bで、サンドリヨン自身に対する回復量が調整された。
自身の回復量は32。自分以外の味方の回復量は9。(+MAX時)
Ver2.00で味方の回復量が低下。回復量が1メモリ未満と殆ど回復しなくなった。
基本的に自分の都合で吐く事が多くなるだろう。

+1ごとに効果時間延長、+5、MAXで回復量がさらに増加する。

クリスタルスラッシュ

キャストからの直線上に貫通攻撃を放つサンドリヨンの基本スキル。
直線上に次々に水晶を発生させ、キャストにヒットするとダメージを与えて弾き飛ばす。
与ダメージは中程度だが、自身から離れた部分ほど威力が上昇する。
の鬼断ちやアシェのクリスラなどの他と比較すると発生は平凡だが、範囲と消費MPが優秀。

専用アシストもドロー強化も伴わないレベル2においては重要な攻撃手段である。
敵兵士列の横で放ち、高速処理する使い方は基本。
敵兵士が3列溜まったほどの厚みであっても、一撃でほぼ殲滅する事が出来る。

または、相手キャストを狙う差し込み用のスキルとしても用いる。
序盤はこれ1発だけで大きなダメージのため、狙うのも損はない。
しかし、硬直や先読みが必須であり無駄撃ちは禁物である。

+1ごとに消費MP減少、+5、MAXで射程がさらに増加する。

アッシュヒール

体力を少量回復するスキル。+MAX時の回復量は15。
MPに余裕がある時などこれを使うことで長期的なレーン戦を可能とする。

ただしこのスキルに依存しすぎるのもNG。
HP回復にMPを回すせいでドローショットが撃てなくなり、戦闘に支障が出てしまう。
瀕死状態など回復が追いつかない場合は帰る方が得策である。

Ver1.11-Bで発動時の硬直時間が増加。隙を狙い撃ちされないように気を使う必要が出てきた。

+1ごとに消費MP減少、+5、MAXで回復量がさらに増加する。

ホワイトウィッシュ

ドローショットを強化するスキル。描写線延長、貫通力UP(大兵士貫通)、弾サイズが上昇する。
ドロー自体の威力や、減衰率が変わるわけではないため注意。

大兵士を貫通するようになるため、それを除外するなどの行動が不要になるのも大きい。
描写距離も上昇し、割に離れた位置からでも兵士列全体を補うことも可能である。
この貫通効果を生かし、ドロー強化して大兵士含めて兵士列全てを一確するビルドはサンドリヨンの定番となっている。

TOPの項にもあるように、それぞれ片方だけでは巨人を貫通することは出来ないが、 同時に発動すると巨人を貫通できるようになる

効果時間は40秒(+MAX)。

+1ごとに消費MP減少、+5、MAXで効果時間がさらに増加する。
効果時間はそれぞれ+0~4:35秒、+5~9:約38秒、MAX:約40秒

クリスタルブーツ

スピード増加スキル。効果時間は20秒。(+MAX時)
使いどころは敵から逃げる/追う、戦線復帰、攻防の優位性 である。

サンドはDS強化に回す装備が多く、ものによってはスピードも減少するため、その2つを併用できる可能性は強みである。
足の速さはそのまま立ち回りにおける強さにつながり、あらゆる行動を高速で撹乱できるのはポイント。
まわすMPこそ厳しくはなるが、DS強化と使い分けることで非常に有利な戦いが可能である。

アシェンプテルの同名スキルと違い、速度上昇値はあちらほど大きくない。
その代わり効果時間が優れていて、長く走り続ける事ができる。

余談だが初期は硬直、効果時間ともに破格で、システム全体がバックドア優遇だったこともあり最凶のスキルの一つとして暴れまわった。
+1ごとに消費MP減少、+5、MAXで効果時間がさらに増加する。

ボールドレスアップ

VER2.0で追加されたドローショット強化スキル。DSが終端で爆発するようになり、色も変化(自陣からは金色、敵軍は紫)
ドローが消えた地点で爆発するため、壁、大兵士、拠点などに当たった時点で爆発する。
キャストヒット時は爆発せず普通のDSとしてダメージがあり、爆発部分はキャストには元々の半減のダメージ。
爆発の半径は兵士2から4体分(直径で4から8体)である。この大きさは他スキルにより変化することはない。

結果的にDSの判定が広がるため、爆発で敵キャストへのダウンがしやすくなる。
意図的に軌跡を短く描く事で速攻で爆発するため、これによりダウン属性のSSのような使い方も可能である。
爆発の威力はドローショット値によって微強化されるが、検証の結果威力問わず いかなる兵士も基本一撃 である。
そのため、DS強化という面でホワイトウィッシュと競合するスキルであるが、相手キャストや場によって使い分けるのが好ましい。

※Ver2.02より効果時間を上方修正。?→40?(最大強化で45秒前後)
ホワイトウィッシュと同値だったが、それよりもやや長くなった。

+1ごとに消費MP減少、+5、MAXで効果時間がさらに増加する。

※ちなみにボールは舞踏会を意味する(ボールドレス:舞踏服。ボール○○ドレスと用途が追加されるところも。)。台詞からも分かる通り勝負ドレスである。

アシストカスタマイズ

サンドリヨンは攻撃スキルが少なく、ドローショットを強化する、WSやホワイトウィッシュ、ボールドレスアップで強化したドローショットを中心に立ち回るキャスト。
なので、アシストは基本的に ドローショット強化を重視する
どういう構成にするか悩んでいる人は、まずはドローショット強化アシストをつけてみよう。

アシスト例については、別リンクにあるサンドリヨン詳細基本戦術全キャスト最新流行ビルドガイドを参照。

専用アシストは「輝く太陽と月の双剣」。
レベル3でMPとDS攻撃力を少しだけ強化。
また、レベルアップ時は一定時間DS弾速を高速に。
DS威力が高いサンドリヨンの攻撃をより当てやすく、鋭くさせるうえで効果的な効果である。


戦術

WlWで最初に触れるキャラクターだけあり、基本に忠実な動きが強い。
すなわち兵士処理とキャスト削りに優れるドローとクリスタルスラッシュを生かして
どんどんレーンを押し上げ、自分の担当レーンを2本折ってしまえばいい。
スキルは素直な性能の物が揃っており低燃費。豊富なMPでドローとスキルを駆使し、レーン戦を制すのだ。

ファイターらしく、発生・フォロースルーの小ささに優れたドローが強いので、開幕はどのキャストが相手でも戦える。
ドローの隙を差し込まれないように気を付けながら兵士を処理しつつ相手へもドローを伸ばしてダウンを奪って行こう。
大兵士はちゃんとストレートで処分してからドローしよう。

Ver1.63現在の詳しい戦略は、サンドリヨン詳細基本戦術を参照されたい。

+ 長いため折り畳み。クリックで展開します

コメント
  • ↑ラインの上げやすさが桁違い、というのが自分の意見。爆発は極端にいうとWW&ToP並の範囲だから、常時その範囲を使えるのは利点だと思う。 -- (名無しさん) 2017-01-27 16:54:52
  • 後は防御強化兵士にまったく困らなくなる。シュネの兵士強化って防御上がらないのかと勘違いしてた位。 -- (名無しさん) 2017-01-27 16:57:41
  • 大量の兵士列でも爆発は威力減衰の対象外だからうまく利用すると一網打尽。しのださんのプレイ動画ではそのあたりうまく使ってた場面があった。 -- (名無しさん) 2017-01-28 16:13:32
  • 文章なので検証段階だが、巨人貫通状態でボールド爆破を試みると爆発だけ受け付けないっぽい -- (名無しさん) 2017-01-29 03:07:56
  • 追加。ウィキの説明の通り時間を置くとヒットするっぽい -- (名無しさん) 2017-02-05 01:56:02
  • ドレスアップは吉備津、シュネあたりの中距離Fには相手の隙にDS合わせるだけでよくなるから超強い。あと横槍にも多少強くなる -- (名無しさん) 2017-03-02 21:58:26
  • クリスラ当てられないなら抜いてしまえ理論でヒールウインドドレスで使っているが案外勝てる。利点としてはクリスラによるMPの圧迫が消えること。欠点としてはLV5になるまで誰であってもキャストの相手がとてもキツイ。ドローでしかこかせないからクリスラのMPがヒールに行く感じ。 -- (名無しさん) 2017-03-09 23:23:05
  • ドレスは爆風分で射程が実質伸びるからフックメロウの相手がすごく楽になる -- (名無しさん) 2017-04-07 01:02:37
  • ドロー爆発(笑)ってバカにしてたスキルだが、長く使ってると強さが理解出来てくるスキルだった。 -- (名無しさん) 2017-04-10 17:23:18
  • 新しい栞はメイドリヨンか・・・ -- (名無しさん) 2017-05-16 23:03:04
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る