大聖

基本データ

「西域の暴れ猿」大聖 基礎ステータスRC(OD12)
モチーフ作品 "西遊記"より、孫悟空(斉天大聖)
ロール ファイター
開放条件 リーフショップで交換(20枚)※1※2
Art. 萩谷薫 CV. 中村悠一
基本ステータス
最大HP Lv1: 47?※3 最大MP Lv1: 38
Lv8: 61※3 Lv8: 55※4
ストレート攻撃力 C(1.3) ドロー攻撃力 B(2.3)
射程 スピード A(2.5)
※1 イベント期間中(2015/07/22~08/31開催)に20戦プレイで先行入手可能であった。
※2 Ver.1.50-A時点。Ver.1.10-C:150枚>Ver.1.10-D:100枚>Ver.1.11-B:50枚
※3 Ver.1.61-A~2.04-Aまで最大HP63。Lv1での値は2.04-B現在未検証
※4 Ver.1.10-Cより。Ver.1.10-Bまでは最大MP62

スキルデータ

ワンダースキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
大聖猴の激吼 WR 超絶強化 5 なし フリックをすると即時発動する。
自身の ドローショット の描ける 線の長さ延長 され
弾速上がる 。さらに、効果中は自身中心の
範囲内の敵キャストや巨人に スロウ を与え続ける。
※戦闘中一度のみ使用可能
スキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
如意暴風 R 攻撃 2 25 フリックをすると即時発動する。
自身の周囲にいる敵を なぎ払う攻撃 を行い
ヒットした敵キャストに 中ダメージ を与え、敵巨人や兵士に 大ダメージ を与える。
さらに、攻撃終了まで スピード防御力上がり移動 ができる。
吸命の術 R 攻撃 4 35 自身から線を引いた方向の 範囲に発動 する。
範囲内の敵に 中ダメージ を与える。
さらに、与えたダメージに応じて自身の HP回復 する。
流転の理 R 強化 2 40 フリックをすると即時発動する。
自身の 攻撃力上がる
さらに、効果中は 敵兵士を倒すたび攻撃力 が追加で 上がる
断罪の天命 SR 強化 3 30※1 フリックをすると即時発動する。
自身中心の範囲内にいる味方兵士の HP回復拠点攻撃力上がる
神通自在 ※2 SR 強化 5 35※3 フリックをすると即時発動する。
自身の スピード徐々上がる
ただし、この効果は自身がダウンするか行動不能状態になると終了する。

※1 Ver1.10-Dより25→30
※2 Ver2.00-Aより追加されたスキル
※3 Ver2.02より40→35に減少

キャスト概略

美猴のアナザー。元の機敏さを受け継いだ短射程ファイター。
最大の特徴は『流転の理』により、兵士を倒していく事でどんどん攻撃力が強化されていく事。
ワンダーにおけるいわゆるfarm系キャストでまさに"大器晩成"である。

白煙オーラ(湯気状態)時の火力は非常に高く、チームにおける後半の主力となる。
対面を高火力でキルないし退かせたら『断罪の天命』によってそつなく拠点を落とせるというコンセプト。
完成してしまえば巨人処理力も高く『吸命の術』により持続力もある。
ただし試合を通しての目的はあくまでも相手の拠点を折ることであり、流転で火力を上げるのはそのため手段である。
流転が完成しても相手拠点を折っていなければ本末顛倒なので流転の完成にばかり固執せず柔軟に動きたい。

元の美猴同様、スピードや回避距離、攻撃の発生と硬直が全体的に優秀。
特にDSの発生と初速は全キャスト最高で、SSもMPを使わずに素早く兵処理できる。
このため単純にショットの差し込み合いで強く、(望ましい状況ではないが)1:2適正自体も低くはない。

弱点は「死ぬと育成し直し」というコンセプトそのもの。
そして『流転』にMPを使うため序盤はどうしても押されがちになりやすい事である。
元々ファイター最低クラスのMPなのでLv2で40MP吐く事の辛さは明白。

文字通り「死ななきゃ安い」を合言葉にしたような戦況管理や危機警戒ができるならば、
メリットだけを活かすことのできる強力なキャストとして振る舞えるだろう。
味方の動きの良し悪しに関わらず試合の中で絶対に数的不利になる場面は出てくるので、危機察知力が試される。

Ver.1.10-Cで最大MPが減少した。

+ キャラクター概略

+ セリフ集

◆変幻の栞(アナザーカラー)
  • 衣装A(CR20達成報酬)
赤の体毛、白の胴着とやや修行者のような感じに。

ショット性能

ストレートショット

如意棒を突き出して衝撃波を出す。
短射程、高速発生、硬直そこそこ、威力が低い、多段ヒット。
(本体と逆台形の衝撃波が別々にヒット判定を持つ)。

基本的にアタッカー美猴の劣化バージョン。
他に比べればキビキビと振れるSSだが、さすがに本家には回転率で劣る。
ただファイターなので対兵士で威力が減衰しない特性を持っており、ここは勝っている。
流転最大強化時は掠め当てする事で1回で2匹の兵士を倒せる。

素の威力は低く、アシスト/流転の強化無しではLv3でも先端当てでは小兵士を倒せない。
ただ結局はだんだん威力が上がっていくのでファイターにしては差し込みやすく十分優秀。
これでキャストのダウンを取れれば一気に兵処理できて序盤を凌ぎ易くなるのでおいしい。

ドローショット

竜巻のような生命力体のような、光っている球を飛ばす。
美猴のものよりサイズが大きく弾速/射程/硬直が改善されている。
とにかく硬直の差し合いで強く、単純に取り回しだけで見るなら弾系DSで最高クラスの性能を誇る。
なお美猴に比べて屈折させても停滞になりづらくなっている。

ファイターにしては描写距離がとても短いが、射程自体はそこまで短くない。
最速発生/短硬直/高弾速を活かして相手の攻撃に対して差し込む殺意書きが優秀。

素の威力は低いが流転をかけた時点で素のドルミを上回るので、実はそこまで問題にならない。
ただ描写距離が短いせいで殺意ドローしながら兵士に多く通すのがほぼ無理なので、
流転のMPを吐いた序盤は、割り切った処理DSにするか敵を狙うDSにするかで厳しい読み合いという印象になっている。

無論、成長してからは主力としてどんどん押していける。
兵士も1確で一気に消せるので処理力も高まる。
なお最大成長時でも目盛り的にカンストまではいってないので、DS強化アシストの意味もある。

ちなみに描写距離が短いせいで白騎士の槍と専用装備を併用すると射程限界まで書けないという面白い事になる。

Ver.1.10-Bで弾のサイズが縮小。美猴のドローより若干大きい程度になった。
他のファイター同様に丁寧に当てていくことが求められるだろう。
Ver.1.10-Cで対巨人ダメージが低下した。さすがに流転最大時限定とはいえ3~4発で巨人が沈むのはやりすぎであったか
Ver.1.10-Dで弾のサイズがさらに縮小、発生も遅くなった。
Ver.1.61-Aで対巨人ダメージ上昇。

スキル解説

大聖猴の激吼

自己強化型WS。ドローの弾速と描画距離が上がり、周囲のキャストや巨人にスロウ効果を与え続ける。
ドローの弾速上昇が凄まじく一直線ドローはさながらアシェクリスラの速度で飛んでいく。
勘違いされやすいが美猴WSと違ってMP回復速度アップの効果は無い。
また射程延長の効果も無い。

スロー効果も相まって射程内で遮蔽物がなければDSはほぼ必中。
自身の能力自体は何も上がらないので育っていなければプレッシャーは薄いが、
湯気状態ならばいよいよ対面への圧力は極まるだろう。

もちろん危機回避用としてもスロウ効果があるので優秀。
また吸命の術との相性が非常によく、WS中無敵で発生を邪魔されないためMPさえあればある意味サンドWSのような扱いができる。
ただスキル硬直の辺りで無敵が切れるので相手が狙っていると何かしら当たってしまいやすいので注意。

当然だが、Lv5以降順調に育っているなら死ぬぐらいなら絶対に抱え落ちせずに吐くべきである。

Ver2.0より、効果フィールド発生型スキルキャスト全員対象の「ダウン状態時は範囲効果が発生しないように変更」の対象になった。

如意暴風

Lv2スキル。若干溜めた後にくるくる如意棒をぶんまわす。追いかけられれば最大2発ヒット。
発生中は防御力が上がっている。昔は無敵と如意棒からのDSキャンセルが可能だったが双方修正。
(現在も一応DSでキャンセルはできるが遅いのでそこまで実用的でない)

美猴のと比較すると
  • 対兵士ダメージが上がり一気に処理できるようになっている
  • キャストダメージ低下
  • 発生中にスピードは上がらない
攻撃判定を残す相打ち上等の起き攻め自体はこちらも可能。

Lv2の早い段階で兵士を一斉処理できるのが強み…ではあるのだがLv2時点での大聖は流転の発動のために大量のMPを消費するためこちらに回すMPが捻出できないのが難点。
また流転が育ってくると対キャストにしろ兵士にしろDSに比べて威力は高いが燃費は悪い。
他のスキルが大聖にとって重要度が高いため、よほど瞬間的な兵士処理能力が欲しいという明確な理由が無いなら抜かれることが多い。

なお、美猴と同じく、Ver2.0でのダウン仕様変更を利用した起き攻めが強烈に働いていた。
流転の理で強化された攻撃力、神通自在で強化された攻撃速度、これと一緒に併用するとどの距離のキャストにも狙いが届く。
それゆえか、Ver.2.02で起き上がり無敵時間が延長され起き攻めの実用性が大きく低下することとなった。

スキルが+5,MAXになると威力がアップする。
Ver.1.10-Dで本家ともども無敵時間が削除。代わりに攻撃中は防御力アップが付与。

流転の理

大聖が大聖たる所以である根幹のスキル。
かけた時点で攻撃力が上がっているが、初期段階では劇的な物ではない。
兵士を倒す事によりどんどん効果が上がっていき、一定以上で白煙オーラを纏う。

消費MPが多いのが難点で、Lv1アシストでMPを犠牲にしたビルドだとそもそもレベル2では打てないことも。
例えば「蓬莱の玉の枝」を装備した場合、流転をMAXまで強化しないとLv2で流転を打つことができない。
もし枝を装備する場合、流転がMAXでないのならばLv1アシストでMPを補強しよう。

大聖自体が流転オーラ前提の攻撃力の持ち主であるため採用/使用は必須。
素のMPがそもそも少ない大聖がLv2で40MP吐くというのは当然ラインが下がる。
ここをどうするかが大聖の命題。

白煙オーラまでおよそ60体の兵士が必要。
兵士の数は決まっているので最高率で兵士を倒しても約2分かかる。
実戦では開幕の小兵士列の残り具合にもよるが3分かかるとみてよい。
要するに残り3分で死んだ場合、2レーンで倒しまくらない限り白煙で復帰するのは難しいし、オーラになっても残り時間は僅か。
ただし上にも書いたが流転の完成はあくまでも相手拠点を折るための手段のひとつである。時には自身の火力をある程度妥協した上で味方に担当レーンの兵士処理をやってもらい、自身は断罪で兵士を流し込むといったムーブも必要だろう。
完成すれば勝ち、というものでもない(無論、勝ちに近くことは間違いないが)ので試合試合で柔軟に思考したい。

なおこの白煙オーラが出たら強化限界、というわけではなく白煙オーラが出てて以降も兵士を倒して続ければさらに攻撃力は上がる。
現在は80体撃破で強化限界となる。

ただある程度アシストでDS強化がかかっていると湯気にならなくても兵士1確にはなる。
実質的には40体ぐらい倒せば吉備と同程度の戦闘力になっていると思ってよい。

Ver.1.10-B、1.10-C、1.10-Dで敵兵士撃破毎のドロー攻撃力上昇値とドロー攻撃力上昇の上限値にもはや恒例行事となった下方修正がかかった。白オーラまでおよそ兵士60体撃破が必要に。

+5,MAXで効果時間が伸びる。
一見意味が無いように見えるが実は+4以下で6分らしく一応意味あり。

断罪の天命

範囲内の兵士のHPを半分程度?回復し、拠点攻撃力を大きく上げる。
効果時間は兵士強化系としては非常に短いので兵士の突撃前後に使うスキル。
流転ばかりに目が行きがちだが、大聖の真の強みと言ってもいいスキルで拠点を多く折ったほうが勝ち、というゲームのルールの上では流転よりも重要度は高くなる。

とにかく拠点攻撃力の上昇が凄まじい。
本来は無傷の拠点を破壊するのに14体ほどの兵士が必要だが、断罪効果中であれば6体で破壊できるほどになる。
4体入れば後は殴りでもどうにかなるぐらいのゲージになるため決定力が非常に高い。
ちなみに城に断罪兵が流れると爽快なぐらい一気に減る。2体入れば拠点一つ分程。

大聖というキャストの設計として、たとえ序盤で拠点を一つ献上しようが、
育ってさえいれば相打ち上等でダメージレースに勝てるため、一旦敵が退いた瞬間に一気にラインを上げ、
少しでも兵士が入れば「断罪」で拠点が落ちるというコンセプトになっているとも言える。

またこれがあるおかげで2個抜かれたレーンを担当するのも得意。
自分が抜かれたレーンでなくともアタッカーの様なレーン上げが遅い味方にやらせるより何倍も敵への圧がある。

+5,MAXになると効果範囲が広がる。

Ver.1.10-Dで消費MPが増加した。1.10-Cで最大MP減少の修正も受けているので実質的に二度の下方修正を受けている。
勝敗に直結するスキルなだけに致し方なしか。
また、このスキル自体の変更ではないのだが、Ver.2.0での刻の門周りのシステム変更で割を食った感がある。
(新たな拠点は崩壊時に余剰の突撃兵士を全滅させてしまい、したがって継続的な前進ができない。)

吸命の術

瓢箪を取り出して範囲内の物体にダメージを与え、与えた分に応じて自分のHPを回復する。
当たっても敵はダウンせずよろける。
Lv4解禁という事もあり、如意棒以上に美猴の同名スキルとは別物。

範囲は広いが発生はやや遅く硬直も大き目。
ダメージは如意棒同様に流転の成長具合を受けるため、育っていないと満足に回復もできない。
しかし湯気状態で撃つと兵士一確、キャストに約20ダメ、兵士を1列処理すれば30以上回復する破格の技になる。
なお回復はダメージによるので共鳴など硬くなった兵士に使ってもあまり回復できない。

育ってからの持続力に貢献するスキル。
硬直が大きいので相手に相打ちを取られやすいが、兵士をきちんと食べれていれば回復量でペイできる。
またMPはかかるがキャンセルDSがとても強い行動で、隙消しになる他、
吸命自体を相手に当てて連撃すると約40ダメージを一気に切り取る。
WSとの相性もよく、採用率は高い。問題はMP燃費。

スキルが+5,MAXになると威力がアップする。

神通自在

Ver2.0で追加されたスピード強化スキル。

発動すると自分がダウンするまでスピードがどんどん加速していく。
一定速度まで強化されるとブースターに乗った時を同じ風を纏う演出が入る。
効果時間は約82秒、25秒で竜巻を纏う(要無強化検証)。

元からスピードに長ける上にドローに恵まれている大聖に、スピードを活かした如意暴風、射程に優れる吸命の術を持っている上で、
回避モーションを必要とせずに隙を突くことができ、押し上げるべきレーンへあれこれ攻められる利点を得ることができる。そのさまはさながらアタッカー。
強引にレーンの前を移動し、敵キャストを背にガンガンと兵士を潰して誘導するのもよい。
流転の理と違い勝手に強化されていく上に、上昇速度に優れる。
幸いにもノックバック程度では解除されないので、不意打ちを警戒すれば長めに継続を狙える。

もっとも、発動したばかりでダウンをもらうとMPを無駄に消費するだけになってしまうので、ダウン攻撃が狙いやすいキャストには十分注意したい。

Ver.2.02より消費MPが減少。
Ver.2.02-Bにてスピード上限値が低下、上限に達するまでの時間が延長。
Ver.2.03からダウン以外にも発動中に行動不能(スタン、バインド等)になった場合、スキル効果が消えるようになった。

強化5、MAXで効果時間が延長。

アシストカスタマイズ

流転で育ててから後半に捲ること前提なキャストであるため、辛い前半〜中盤を補強しつつ後半の爆発力を伸ばすビルドを組みたい。
素のドローの射程が少々心もとないので、白騎士の槍で伸ばすかスピードを上げて当てに行けるようにするかが必要。
SSはあまり優秀でなく伸ばす意味は薄い。大兵士を倒したいなら最悪SS2発当てればいい。

キルされてしまっては元も子もないため、「冒険者のターバン」は推奨装備といえる。
帰城から前線に復帰するまでの間にMPも回復するため、撤退するぐらいなら逃げるぐらいのつもりで居よう。

ファイター専用サポート「蓬莱の玉の枝」は最序盤からDS威力を伸ばせるうえ、射程が短く必然的に経験値を回収しやすい大聖にはうってつけだが、少ないMPをさらに削る欠点がある。
流転の項でも触れたように、枝装備時には流転がMAXでなければLv2での流転は不可能。Lv2以下のMPアシストを更に用意する必要がある。割きたくないなら頑張って流転をMAXまで重ねよう。
その辺りの兼ね合いもあtれVer.2.0で導入されたレベル2ソウル「踊る紅剣士カーレン」との相性は抜群といえ、セットで装備する使い手も多い。

少ないMPを補強するため、毒りんご+ポイズン耐性ソウルを用意するビルドも散見される。
Lv2で流転即打ちが可能になるうえ、枝装備によるMPダウンも多少フォローできる。
さらにLv4からは吸命の術が使用可能になる。毒で削れるHPも難なく回復できるうえ、流転が順調に進行していれば兵士処理も可能になる。
ポイズン耐性ソウルは2種類あるが、どちらも大聖にとっては捨てがたい効果。巨人の性質も異なるため、自分に合ったほうを選ぼう。

  • 専用アシスト「斉天大聖の金冠」
Lv3で発動しMPとスピードが小で上がる。
敵兵士一定回数で、一定時間ドローショットのサイズ拡大を行う。
流転で攻撃力を強化することができるので、これでヒットの脅威度を上げることができる。
大聖の場合はスピードにも長けているので、隙を見て差し込むのを得意としているのでその命中率が上がるのは助けになる。
他に装備すべきアシストが多い大聖にとって、優先して装備するものかどうかは評価の分かれるところだろう。


Ver2.0以前の効果
レベルアップ時に一定時間ドローの射程が延びる。
射程はドローの弾ひとつ分伸びるためありがたいところだが、ドローを描ける曲線の長さ自体は変わらない。射程最奥に達するとそれ以上描くことは不可能。

戦術

流転が切れると火力が大幅に下がってしまうので、とにかく死なずに流転を育てることが最優先である。
時には1本目を諦めてでも後半に賭けよう。味方もそれぐらいは分かっている(はず)。
ただ、基礎性能的にはスピードが高くSS、DS共に発生が速いため、近距離戦闘を拒否して逃げることは苦手ではない。
無茶さえしなければそこまで死にやすいキャストではない。無茶さえしなければ。

コメント
  • ランカー戦見てる勢なら毒リンゴ型ビルド強いってのバレバレなんだよなぁ…つか、救命マヂで強いね。今まで表猿の救命に隠れてたけど、こっちも強い -- (名無しさん) 2016-06-02 22:59:05
  • ↑救命強いよね。兵士喰らって自前でHP回復出来るのはいいと思う -- (名無しさん) 2016-06-07 21:50:39
  • 吸命の最大の強みはキャスト狙わなくても回復できること。つっても、足止め兼兵士処理兼回復というシチュも結構あるみたいだけどね -- (名無しさん) 2016-08-06 00:01:34
  • 衣装や顔面のマンドリルみたいな模様は京劇の孫悟空をイメージしてるんじゃないかしらん -- (名無しさん) 2016-08-15 12:15:40
  • ショール付けた場合、吸命の兵士一確どれくらい早まるんですか? -- (名無しさん) 2016-10-05 18:48:20
  • 神 速 如 意 棒 -- (名無しさん) 2016-12-19 14:45:02
  • 斉天大聖の金冠の効果変更 -- (名無しさん) 2017-01-02 01:48:56
  • 流転のためにウラドリ兵士撲滅稼ぎも可。手早く強化して仕掛ける -- (名無しさん) 2017-01-22 12:38:53
  • 最近赤スキル抜きのショット型大聖にハマって抜け出せない HP意識するおかげで吸命に頼ってた時より死ななくなったし断罪も神通も素晴らしいね キルキャストがいる場合は断罪抜いて如意棒に 神通と合わせるとすごいねこれ -- (名無しさん) 2017-01-24 16:20:59
  • ↑ビルドはカーレン 小槌 英雄のクロスボウ 宝下駄 でやってる 宝下駄はDSのアシストに変えてもいいかもしれん  -- (名無しさん) 2017-01-24 16:31:21
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル