ヴァイス


基本データ

「死を届ける頭巾娘」ヴァイス
モチーフ作品 "赤ずきん"より、赤ずきん
ロール サポーター
開放条件 リーフショップで交換(0枚) ※1
Art. 須田彩加 CV. 佐倉綾音
通り名 死を届ける頭巾娘 身長 161cm
趣味 関係ねーだろ 好きなもの 誰が教えるか
嫌いなもの めんどくせーこと 大切なもの 死にてえのか?

基本ステータス
最大HP Lv1: 42 Lv8: 49 __________________________________________________
最大MP Lv1: 55 Lv8: 72 ※2 __________________________________________________
ストレート攻撃力 C (1.2) ※3 __________________________________________________
ドロー攻撃力 C (1.3) ※3 __________________________________________________
スピード S (3.6) __________________________________________________
射程


+...
※1 イベント期間(2016/06/06~2016/06/26)に20戦プレイで先行入手可能だった
※2 Ver1.62-Cより。~Ver1.62-AはMP Lv1:65→Lv8:80
※3 Ver1.62-Cより。~Ver1.62-Aはストレート攻撃力C・ドロー攻撃力B

スキルデータ

ワンダースキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
ホワイトシャドウ WR 超絶強化 5 なし フリックをすると即時発動する。
自身と全味方キャストの回避による移動距離上がる
さらに、自身のMP回復速度攻撃力上がる
※戦闘中一度のみ使用可能
スキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
ステルスフード R 強化 2 15 フリックをすると即時発動する。
自身の姿が見えにくくなり兵士からの攻撃対象にならなくなる
さらに、自身の攻撃力下がる
スキル使用時消費するMP減少する
この状態は、自身がダメージを受けるまで一定時間継続する。
ハートレスシザーズ R 攻撃 3 25 ※1 自身から引いた線の先に向かい高速で移動攻撃を行い
敵兵士を貫通し中ダメージを与え、敵キャストや巨人にヒットすると停止して中ダメージを与え、
自身の回避による移動距離上がる
さらに、このスキルが敵キャストにヒットした場合、
その敵キャストの回避による移動距離下げる
ラピッドブラスト R 強化 2 25 フリックをすると即時発動する。
自身と、自身中心の範囲内にいる味方キャストの
ストレートショットドローショット攻撃力回避による移動距離上がる
ブラッディバースト SR 妨害 4 35 フリックをすると即時発動する。
自身中心の範囲内の敵に小ダメージ
スタン(行動不能)ポイズン(継続ダメージ)を与える。
デンジャーエッジ ※2 SR 妨害 4 35 自身から引いた線の方向に広がる攻撃を放つ。
ヒットした敵キャストや巨人に対して小ダメージを与え、
敵兵士に特大ダメージを与える。
このスキルが敵キャストにヒットした場合、
その敵キャストの最大HP下げる

+...
※1 Ver.1.62-Cより。Ver.1.62-BまではMP20
※2 Ver.2.00-Aより追加されたスキル

キャスト概略

スカーレットのアナザーキャスト。サポーター初の近接系キャラ。
同様に突進DSなのでレーン維持の難易度が高い上級者向けキャストであることは間違いない。
素の状態でピーター以上に足が速く、ステップの性能やDSも考えるとすばしっこさではトップに位置する。

SSはダウンを取れるが、DSは他サポ同様に非ダウン属性。
スカーレットに比べて単発火力が下がった代わりに射程がやや改善された。
MPは大きく増加し、味方連携に向くスキルを持つ。サポートするのは「ショットの威力」と「回避距離」。

MPが潤沢な場合に限るが、よろけやスタンに非ダウン技を重ねていく連携ができるためキル性能はある。
単発火力自体はサポーターのそれなので、近接系の中では優れた射程を活かしてチクチクといたぶる戦いになる。
スカーレットと異なり兵士に効くスキルも多く、敷居の高ささえ乗り越えられれば割となんでもできるキャスト。

HPはシレネッタと同レベルでサポ最低、そちらと違い回復要素もない。
つまり相方アタッカーの種類によってはむしろ自分が遊撃役を担当した方が捗る事も多い。
自在に相手をかき乱しつつ、味方の動きを強められるように立ち回りたい。

なおステルス持ち高速サポーターであるためか、拠点攻撃力はスカーレットと並び全キャスト中最低。かなり飛びぬけて低い。

  • pros(長所)
最速、壁抜け、中距離に近い射程、優秀な発生・硬直と、フィジカルは近接勢および全キャスト屈指。
これと兵士処理を活かした、いわゆるレーン枯らしの動きが強力であり、登場以来代名詞。
基礎の火力は低めだが、非ダウン攻撃を活かし低体力の相手を迅速に狩る性能はアタッカーを上回る事も。
ラピッドブラストはショット戦闘キャストへの援護バフとして非常に強い。
ステルスフードによるMP軽減を利用して、上記バフ以外にもステルス状態から敵にデバフを押しつける支援も得意。
真っ向勝負に強くないサポーターが大半のため、「サポーター枠でマッチングされる」ことそのもの
練度は必要とするが、サポーターが2人マッチングしている場合はキャスト性質上、大概構成有利にできる。

  • cons(短所)
HPが低く、低火力。近接戦が特に弱いキャスト相手でもない限り、自分が読み勝ちを続けるのは前提。
射程やや長めとはいえ差し合いは近接の技術が必要。R専用装備のステップを使いこなすのも併せ、難易度は高め。
兵士に触りやすいだけで、根っこはピーキー。特に最序盤は完全にサポーターのそれでない。
性質上当然とも言えるが拠点攻撃力は全キャスト最低。これを理解していないと誤った立ち回りになる。

+キャラクター概略
ScarletのアナザーはWeis、ドイツ語の白と相成った。
赤いフードの仕事人といったスカーレットと異なり、血の映える白フードに白眼帯、罵詈雑言の口調と暴れることがシュミな性格となっている。
台詞回しを比較すると、敵を殺すことそれ自体が目的に近いスカーレットに比して何らかの報酬のために敵を殺している風に見受けられる。
悪漢めいた言動も依頼主に対するポジションだろうか。
紹介PVのラストで何かを見つけてカメラ枠を飛び出しており、直後画面が猫型に絞り込まれていることから猫が好きな模様。あざとい。
猫だけでなく猫っぽい子供や普通の子供も好きなので、可愛いもの全般に弱いのだろう。
一見微笑ましい光景だが、原作の赤ずきんにおける狼の所業である「少女を騙して裸にした」事を思い出すと…。
彼女の「好き」が暴走しない事を願わずにはいられない。

ドイツといえばグリム童話の本山だがグリム版でもこうまでかっ飛んだ赤ずきん像というのは描かれておらず、
一説にはドイツ系の心理学者が唱えた「赤ずきんの赤は経血の色/性的衝動の象徴」という分析が影響しているのではないかとも(要出典)。
もっともそれらの分析はペロー版を元にしているらしく、現在では否定的に見るのが学説の主流であるらしい。「赤」ずきんであることすら否定されたヴァイスのキャラクター造形には、そういった込みいった事情までもがあるのかも知れない。
しかしそんな彼女にも最低限のモラルはあるらしく、不器用ながら励ましたり、逆に自らに構わないでほしいといったチャットも多い。
元のスカーレットも冷たさの中に暖かさを感じさせるチャットがある為、赤ずきんズの根元には未だ
「誰も近寄らない森の奥のおばあちゃんの家にわざわざお見舞いに行く、心優しい女の子」は残っているのだろう。

■原作再現要素(代表例を抜粋)

+セリフ集

戦闘セリフ
戦闘開始時 使用キャスト 徹底的にぶちのめすぞオラァ!
最初にブッ飛ばされたいのはどいつだぁ?
何人来ようが、次々に屠ってやるよぉ!
味方キャスト バラバラにしてやるぜ!
おっぱじめるか
一瞬で決めてやる!
ストレートショット はあっ!
しっ!
ふん!
ドローショット 死ねぇッ!
おらよぉ!
ヒャッハー!
回避 ひゅ~う♪
逃げんなよ……
チキンが!
ふんっ……
緊急回避 やらせるかっての!
うりゃっさあ!
ダメージ ぐあっ!
ぐぅ!
クッソがっ……
ダウン ぎゃぁ!
なんだとぉ!?
テメェ!
レベルアップ まだまだ、こんなもんじゃないねぇ……
ロールエフェクト発動 いいねぇ、腕が鳴る
撃破 フンッ! ママのところに帰るんだねぇ……
もっと悲鳴を聞かせな!
拠点攻撃 反吐吐きなぁ!
くたばれッ!
うりゃ!
拠点破壊 拠点を潰したぜ
撤退 この、クソ野郎ぉお!!
帰城 チッ……しょうがねぇなあ
復活 殺し返してやるよぉ!
戦闘勝利時 この、腐れ野郎どもが!狼にでも食われちまいな!
スキル
ホワイトシャドウ 使用者 ナメんじゃねぇぞテメェ! このド畜生がッ!
使用者
(カスタム1)
今から分解してやるよ! てめーのクサレ脳ミソを!
使用者
(カスタム2)
まぁ、もう少し頑張ってやらなくもない……ぜ?
味方使用時 これからいたぶってやるよ!
ハートレスシザーズ 通常 その首、かっ切ってやるからなぁ……
カスタム1 くたばれ、このチキン野郎!
カスタム2 どこにも帰れなくしてやるよ
ステルスフード 通常 これならバカは気づかねぇだろ
カスタム1 そこらでガタガタ震えてろ!
カスタム2 マヌケはキョロキョロしておきな
ブラッディバースト 通常 逃げるなっつってんだろ、ダボがぁ……
カスタム1 おい!てめー!首おいてけ!
カスタム2 びびってんのか?ちびってんじゃねぇぞ!
ラピッドブラスト 通常 こいつでラリっちまえ、ヒャッハッハ!
カスタム1 じゃあ、おっぱじめるとするか!
カスタム2 最高にハイってやつだよなぁ!
デンジャーエッジ 通常 これで終いだ、テメェは!
カスタム1 じわじわとなぶってやろうか
カスタム2 甘ったれは消え失せろ!
チャット
意思 左へ移動 左に行くぜ
中央へ移動 中央に行くぜ
右へ移動 右に行くぜ
一人で大丈夫 一人でも問題ないぜ
交替します アタシが換わるぜ
援護します 援護するぜ
WS使用 ワンダースキルを使うぜ!
巨人を攻撃 巨人を攻撃するぜ
巨人を援護 巨人を援護するぜ
ここで粘る ここで耐えるぜ
攻めよう 攻めていこうぜ!
守ろう 守りを固めていくぜ!
依頼 左へ移動 左に行ってくれ!
中央へ移動 中央に行ってくれ!
右へ移動 右に行ってくれ!
一人は不安 一人ではヤベェな…
交替して アタシと換わってくれよ
援護して 援護しな!
WS使って ワンダースキルを使ってくれ!
巨人を攻撃 巨人を攻撃してくれ!
巨人を援護 巨人を援護してくれ!
WSに注意 ワンダースキルに気を付けな!
時間に注意 残り時間に気を付けな!
森に注意 森に注意しな
カスタム 優勢だ 優勢だぜ
劣勢だ クソッ、劣勢だぜ…
帰城する 帰城するぜ
自己紹介 ヴァイスだよ、ヴァ・イ・ス。いい加減覚えろよな
真っ赤に染めて てめーを真っ赤に染めてやろう!
やった! この感じだな
バカが…… バカが……アタシなんかに関わるんじゃないよ
見るんじゃない いやらしい目で見るんじゃないよ
かかって来いよ ほらほらどうした? かかって来いよ?
稼ぐ 稼がせてもらうぜ!
ピンチ! ちょっと手ぇ貸せ!
ナイス! あんたもやるねぇ
頼むぜ よお、頼むぜ
ドンマイ 気にすんなよ、なぁ?
アッハハ!
(旧名称:優勢だ)
アッハハハ!
ヤバいかもな
(旧名称:劣勢だ)
ヤバいかもな…
ヒャッハーッ!
(旧名称:うれしい)
最高じゃねぇか!ヒャッハァーッ!!
なんだと
(旧名称:ざんねん)
な、なんだとお!?
バラバラに バラバラにしてやるぜ!
ワンダーランド わんだーらーん
謹賀新年 明けまして…めでたいかどうかは、アンタ次第さ
バレンタイン ガラじゃねーけど…受け取れよ、アタシのを…
ハロウィン いたずらは得意だけど、菓子はやらねぇぞ
クリスマス 寂しいクリスマスじゃねぇだろうな?アタシと楽しもうぜ!
よろしく ま、よろしく
ありがとう 恩に着るぜ!
ごめん ああ、悪かったよ……
わかった いいねえ
まかせて アタシだけで余裕だ
あいさつ よろしくお願いするぜ
感謝 感謝するぜ
すまない 申し訳ねぇ
指示が欲しい 指示をくれよ
了解 了解したぜ
やめておこう ちょっとできねぇな
気にしないで まあ、ドンマイだぜ
退屈させんなよ?
同意する 悪くないな
2周年 2周年!まだまだ殺し足りないよなぁ!?
1月 愉快な一年にしようぜ、なあ?
2月 すげえのもらってビビるなよ?
3月 そらよっ!お返しだ!!…おい、なんだよ、驚くなよ
4月 花を摘むより、見るほうが面白い…か
5月 稼ぎ時だ!楽しもうぜ、あんたたち
6月 明るく行こうぜ!湿っぽいのは嫌なんだ
7月 七夕に降る雨は星の涙…らしいぜ
8月 暑中お見舞いってやつだ、受け取りな
9月 月を見て何の得がある?ま、悪い気はしないが
10月
11月
12月 なんだかんだ、今年もいい年だったみたいだな
鬨の声 いっくぜぇ!お楽しみはここからだぁっ!
ミニマップ 攻撃 この辺を攻めるかい?
移動 目標、この辺りな
注意 気をつけな!
防御 ここらで守るかい?
了解 承知したぜ!
選択肢 YES ああ、勿論だ!
NO 申し訳ねぇ
スタンプチャット はぁ!
その他
キャラ獲得時 ほお……いい度胸だ、気に入ったぜ!
キャラ選択時 タダじゃやらねぇ、金出しな!
アンタも潰されたいかぁ?
アタシに何か用かよ?
キャラ決定時 アタシが直々に処刑してやるよぉ!
ナイス アッハッハ! アンタ達もいい仕事してくれたよなぁ
アタシさえいりゃ、どんな相手も楽勝だろ?
キャストランク 通常時 アンタもアタシに斬られてみるかい?
CR5、10 あぁ? アンタあたしのエサになりに来たのかい?
CR15
旧ボイス
作戦 ~行きます さて、こっちに行くか
指示がほしい 言いたいこと、あるかい?
カスタム 帰城する 行くとしようか
巨人に対応 さて、こっちに行くか
巨人を援護 フン…
選択肢 YES(旧) 悪くないな
オーバードライブ 通常時 アンタもアタシに斬られてみるかい?
OD5 報酬を増やしてくれるのかい? 太っ腹だねぇ……
OD10 いいねぇ、腕が鳴る。得物を磨いておくか。
OD15 アンタ、どうしてアタシにそんなに力をくれるのさ?


◆変幻の栞
  • 衣装A(CR20達成報酬)
青紫のフードとスカート、金髪、その他黒の服飾になる。
幽霊っぽさ…と言うよりどこかの厨二病キャラ感が半端ない。
  • 衣装B(スペルリリィ交換)
こちらは青のフードとスカートに紫髪、その他黒の服飾という容姿。
得物のナイフも紫色。こっちもこっちで厨二病感増し増しである。
  • 衣装C(スペルリリィ交換)
フードが緑がかった色調になる。髪は黒系統の暗色(灰色調かもしれない)。
さながら風の戦士だが、ダガーが紫色で毒々しさが増している。
  • 衣装D(スペルリリィ交換)
明るめのピンク調の髪(並びにダガーとフードの影)が特徴だが、際立っているのがフードの部分。なんと肉球マークが付いている。
ぶっちゃけ目立つが、彼女の能力ではそれすらも迷彩にしてしまう。
好きなものを教えてくれないプロフィールだがPVといいこれといい、隠しきれない模様。

ショット性能

ストレートショット

ダウン属性の短刀を投げる。腕振りにも攻撃判定があるため近接ではスカーレット同様2ヒットする。
弾サイズ/威力はスカーレットに劣るが射程が改善されている(温羅より僅かに長い)。
この射程の長さが最大の強みであり、現状、近接アタッカー全員にSS射程勝ちできる。

近接キャストの常として回転率はよく、兵士への横入りSS処理も機能。
ただラピッド無しだと相当貧相な火力であり、この辺りがあくまでサポーター。

ステルスフード中は相当に強化されていないと満足に兵士を倒せないので注意が必要。
目安はフード時の2hitがかぐやSSの分裂の威力ぐらい。つまりかぐやで1確になるぐらい強化していれば倒せる。

Ver1.62cよりレベル1のSSで兵士一確は取れなくなった。
Ver3.xx現在、+MAXの海賊アビルダを装備しても弾丸部だけでのLv1一確は不可能。(Lv1SSアップのアシストをもう1個装備すれば一確)
1hitで倒せないと、開幕の見合っての兵士処理ができないという事なので留意しよう。
それを知りつつラピッドまで妥協する手もあるが。

ドローショット

スカーレットと同じく突撃型のDS。ジャンプして着地点周囲に攻撃を加える。地形飛び越し可。
スカーレットよりも射程が長く、ミクサSSの距離ぐらいで当たる。
2.0からスカのDS射程も上がったがまだわずかに長い。
突撃タイプにしては硬直が非常に短くDSからSSの基本コンボが可能。
サポーターの常として非ダウン属性。

威力こそ低めだが非ダウンを活かして自分で連撃、もしくはLink連携が可能。
元キャスト同様の突進DSになっているおかげで、サポの弱みである減衰率が無視できているのが大きい。

注意点がふたつ。
  • ドロー描線を短く引いてしまうと、描いた位置までしか飛距離が出ない。
他の直線突撃DSのキャストでも同様なのだが、ヴァイスは特に射程が長いため、適当に線を引くと困ったことになるだろう。
  • ドロー攻撃とドローによる地形飛び越しでは、判定の規準位置が違う。
攻撃判定は手に持った刃のエフェクトを中心として出ており、そのためヴァイス自身の体の位置が敵と完全に重なってしまうと当たらない。地形飛び越しをする際は刃でなくヴァイス自身が地形を越えるように線を引かないと壁に引っかかり、手前で着地してしまう。狙いを定めてきちんと線を引こう。

開幕対面キルで猛威を振るいすぎたためか、Ver1.62cにてドロー弾サイズ縮小、威力B→Cとなった。
それでも機動力補佐ドローとしての価値に変化はなく、要所できちんと敵キャストにも当てればプレッシャーを掛けられるだろう。

スキル解説

ホワイトシャドウ

攻撃力/MP回復速度の自己バフをかけ、さらにチーム全体に回避距離アップの効果を与える。
スカーレットのWSの自分への効果をマイルドにした代わりに味方にも回避のみ分け与えるようなWS。
自分の火力を上げて味方を動きやすくするという意味ではピーターにも近い。
基本的には無敵切り返しとMP拾いで撃つ事になる。

味方への効果は他サポよりも小さいので自分のために吐いた方が活かしやすい。
あくまでおまけの効果と考えた方がよいだろう。一応ミクサやアリスWSとは相性がよい。
スカWSと絡むと恐ろしい距離をスカが飛び跳ね始めるが制御がむしろ難しくなる事も無きにしも非ず。
熟練したプレイヤーであれば回避を追い、逃げに活かしてくれるのでファイターを助けるために吐く手もある。

ラピッドブラストと重ね掛け可能。
その場合一部キャストでは通常移動よりも回避連打のほうが明らかに時間あたりの移動距離が長くなる。

ステルスフード

敵兵士に発見されなくなりマップにも映らなくなるが、意識しているプレイヤーには楽に視認できる程度のステルス状態になる。
ほぼスカーレットと同質の性能だが、攻撃力(ショット、スキル)と引き換えにスキルでのMP消費が軽減される。
(対拠点攻撃力はこの攻撃力低下とは無関係。ただしスカーレット及びヴァイスはそもそも拠点攻撃力が全キャスト中最低値になっている。)

スキルの消費軽減率は脅威の40%。
ステルス中にシザーズとラピッドを撃つと、素で2つ撃つ場合とほぼMPが変わらない。
(15+12+15と20+25)で、むしろラピッドやブラッディのみならプラス収支(スキル強化具合にもよるが)。
実戦でそこまで連撃できるかは別だが、ステルス+ラピッドでも5MPしかステルスに使っていない。

ただし攻撃力ダウンはそこそこ大きい(昔はこちらも4割減だったが修正で威力が上がった)。
大きく強化していなければSSで小型兵士も倒せなくなるほどなので処理が遅く、この部分がスカーに比べて明確に劣る。
無論、各種デバフや支援スキル、SSのダウン属性には影響がない。
攻撃力が下がっても敵の動きを妨害し、味方を手助けできれば問題ない。

以上より、多用するラピッドとMP消費が重いが広範囲で効果が強いブラッディ、デンジャーとのスキル相性に優れる。
特にラピッドは、フードのデメリットである攻撃力低下を部分的にフォローしてくれるので相性よし。

なおステルス中の攻撃力低下であるが、
これは「スキル使用時に自身にステルス化と同時にデバフを掛け、ステルス効果が切れたときにデバフも切れる」仕様である。
「エナジーソング♪」、「スプラッシュメドレー☆」、ソウル「豊穣」などのリフレッシュやレジストで攻撃力ダウンを解除可能。シレネWS中のステルスは非常に強い。

Ver2.0より効果終了とともに消費MP減少補正バフが解消されるように仕様変更。(以前は効果終了前にスキル予約していれば効果が継続した)
また攻撃力低下デバフが敵の攻撃を受けてステルス解除された場合も本来の効果時間いっぱい残るようになった(要確認)。
Ver2.03にてステルス中デバフでのスキル火力低下値が増えた。
Ver3.21-Aにて効果時間短縮。(効果時間は最大15秒に)

スキル+5,+MAXで効果時間が延びる。

ハートレスシザーズ

敵兵士に効果的な突進攻撃。キャストと巨人に対しては中ダメージが入る。ダウン属性も同じ。
スカーレットと違う点は、防御強化が入らずヒット時に回避距離が強化される点。
また、ヒットされたキャストは逆に回避距離が低下する。
こちらの動きがよくなる一方で相手はさらに動きにくくなるため、相手をさらに翻弄させることが容易になる。

Ver2.03にて対兵士ダメージを大きく下げられ、以前のようにお手軽に兵士列を消すことはできなくなった。
無強化の場合、兵士体力が2割ほど残る。
1確を取れるようにするには相当量のスキル攻撃力アップを積まなければならず、HPをはじめ不安の多いビルドになる。
(稀だが、エピーヌと組めた場合はアシストを気にせずとも1確達成。)
もともと、快速性とステルス中の圧倒的低燃費を活かして各地の兵士列を消しつつ合間にバフ、
そして押されたままミリで耐える敵キャストに引導を渡していくという仕事率の良いムーブがヴァイスの強みだっただけに、
この修正は大きな痛手となった。

+以前はこのような性能であった。
所謂横クリスラの要領で敵兵を一掃できる。
カードを強化していればステルス中でも関係なく1確。そして強化兵士さえ1確という津波並みの兵士ダメ。
基本、これを持ってさえいればレーンの兵士を枯らしてリスク回避するムーブができる。
そのためよほどの考えがない限り、ほぼ必須に近いスキル。SSでコカしてこれで兵士を消すのがヴァイスの基本行動。
味方アタッカーが遊撃近接でレーンを任された場合、これがないとまともにゲームができない。

キャストへのダメージは低いが当てる性能自体は高い。
兵士列を挟んで斜めに突っ切って当てると、兵士の半分ぐらいを消しながらのダメージ+デバフなのでリターンが大きい。

攻撃判定は見た目に比してやたらと幅が広く、その広さゆえに地形に引っかかって止まってしまうこともあるので注意。

リリース当初に回避距離デバフが、逆にバフになる不具合を起こしていたが、その後修正済み。
Ver1.62cにて消費MP増(25)、技後硬直時間が約2倍(約1秒)になった。確実に相手に当てられる状況で使っていきたい。
Ver2.0より発動中の防御力強化を撤廃。
Ver2.03にて対兵士ダメージを大きく下げられた。従来通りの一確を取るにはスキル威力上昇アシストが必要。

スキルが+5,MAXになるとダメージ増加。

ブラッディバースト

ヒットした敵に小ダメージとスタンと毒を与える範囲攻撃。
スカーレットのデッドリーギフトに相当する自身周囲妨害スキルで発動はやや遅いが範囲が広い。
スタンが非常に長く、こちらがダウンしようがほぼ追撃は確定。タッグマッチではなおさら相方が優位になる。
ヒットダメージこそ小さいが、デバフの効果が強力であるため、MP軽減や不意打ちも兼ねてステルスフードからの発動が推奨される。

毒は通常で30カウント継続するほどで、殆どのキャストがHPの残らない状態になる。
毒状態では回復の泉での回復もできなくなるので、かなりの時間を奪うことが可能。
兵士や巨人の動きを止める、という使い方もできる。特に巨人に対しては効果的。
デンジャーエッジで兵士に対して効果的な処理をするか、こちらで巨人を一気に沈めるかで使い分けることができる。

昔は3か月以上凶悪な性能を保っており、全キャストの全スキルで最も強いのはコレ、バーストゲーまで言われた。
一部キャストにはDSから確定していただけでなく、ステルスで寄っておもむろにバーストだけで10割という光景が多々。
ヴァイス使いのKING経験者などを量産し続ける実績を見せつけたが、さすがに許されず、発生が大きく鈍化。
その他多くの面が弱体化されており、特に兵士を2連発で全消しする事ができなくなった。

毒耐性を付けられるとただの小ダメージになってしまう。
特に、状態回復ができるシレネッタがいる状況に対してはあまり意味をなさない。
ただスタン効果もあるので、当てたからといって無駄に終わる事はない。

スキルが+5,MAXになると効果範囲が拡大。

Ver.1.62-Cにて毒のダメージ量が低下。
Ver.1.63-Cで発生が遅くなりダメージが低下。兵士ダメージも減少した。
Ver.2.04-Cより巨人に対する毒のダメージ量が増加。

ラピッドブラスト

自身と味方に対して「ショット威力向上」「回避距離向上」の強化を施すバフスキル。
範囲はとても広くドリームウィンド等とほぼ同じ。
このスキルで自身と味方全体の火力を底上げし続けることがヴァイスの最も重要な仕事と言える。

ショット威力がどのぐらい上がるかというと自身には3メモリ程度、対して味方には10メモリ以上
減衰が薄いファイター勢に投げると基本的に1確DSが撃てるようになる。
また自分のバフとしては効果が薄いとはいえ、素の火力が低いのを補ってくれるので基本的に採用確定。
サポーターとしてのヴァイスの根幹を支えるスキルである。

ただしスキルの威力を上げるわけではないので、回避はともかくそれ主体のプレイヤー、キャストにはやや相性が悪い。
もっとも、スキルを使うのにもMPがいるので、掛けておくことでダメージそのもので相手チームを追いこむ材料にはなってくれる。
スキルが使えるレベルまでの補助手段として掛けて手助けするのもあり。

味方にかける際、回復効果ではないのでなるべくHPが多い健全な味方に投げるべきである。
ミリの味方にかけても回避アップで多少逃げやすくはなるがドリームウィンドほどの再起効果は無い。

基本的に掛けて損な相手はいないが、端レーンを背負ったファイターにバフすると、
対面のファイターより一時的だが高い処理能力を持つ ので、
ファイターとの相性は抜群に良い (例外も居る…後述)。
Lv2で即かけに行けば、キャラによっては兵士処理が飛躍的と為り、拠点も抜きやすい。
また、相手巨人が出現した際に担当レーンのキャストに掛けておくと、
ショット威力上昇により巨人処理能力がかなり上昇するためバフを掛けるだけでもしてあげたい。

だが、中央が劣勢の時にわざわざかけていくと、それぞれで1:2を引き起こす危険性があり、
そうなったら拠点が落ちたり、中央の相方が撤退したりするので、
壁越しにバフを掛けて即脱出するなどの工夫は必要。

+ 端レーンキャストごとの相性
相性のよい味方
  • 大聖
序盤から終盤まで、終始かける価値のある相手だが、基本は序盤と撤退後に掛けに行くと良い。
流転直後の弱い部分をフォロー出来る他、撤退後のリカバリー、成長後の能力向上など、基本、序盤重視でフォローをしていこう。

  • 吉備津
素のドロー威力が高いため、バフを渡した時点で1確ドローが打てるようになる。
また、元々優秀な前転回避のさらに性能が上がるためレベル2の時点から積極的にバフを掛けていきたい。

  • フック、メロウ
どちらも鈍足だが、Lv2バフの時点でビルドにより、兵士どころか大兵士すら一確となる上、
ビルドによってはどちらもLv3時点でLv5に匹敵する盤面制圧力となるので、出来れば優先してかけたい相手。
メロウは停滞(遅らせ)DS+SSで、ダウナー無しで兵士列を処理出来るので、序盤の強みがさらに増す。
専用所持ならば、LvUP後はDSの消費MPも下がるので、更に強い。
WS後の連発DSによる盤面制圧や巨人処理の事もあり、WS後はなるべく掛けてあげたい。
フックは長射程ながらSS・DSの隙が大きいため、回避上昇は大きなメリット。
そして高威力・長射程のSS&DSによる制圧力がより向上するし、帽子付きならDSがより当たりやすくなる。

  • マグス・クラウン
対面に圧を掛けられる武器がドローショットしか存在しない為、ドロー・ストレートの一撃が強くなるバフはかなりありがたい。
また、ビルドによっては錯乱状態でない兵士でも一確に出来る為、お互いのサポートの為にも積極的にバフを渡していきたい。

  • 温羅
Ver.2.03からドロー威力が大幅に下方されドローのみでの1列処理が難しくなった。
そのため、バフを掛けてあげるとドロー1回で処理が可能になるためなるべく渡しておきたい。
また、兵士処理以外でも優秀なステップ性能の強化・非自由曲線特有の減衰無しドローによるキャストへの攻撃など、対面への圧力が増すのでこちらも優先的に掛けていきたい相手

  • シャドウ・アリス、ドルミール、サンドリヨン、シュネーヴィッツェン
アタサポ使いからすると盲点かもしれないが、ファイターの中では火力が低く高レベルまでDS兵士1確が不可能。
基本的に火力が無く、必要レベルに達するまでは手数でごまかしているので、バフでの底上げは非常に助かる。
対面が彼女たちの苦手な長射程型や、序盤に強いメロウ・フック等の場合は、立ち回り上、回避優先となってDS等を打つ機会が少ないため、数少ない機会の威力の底上げと被弾減の為にも、可能ならばかけて行きたい所。

  • ジーン
ジーンの対面が近/中距離ファイターの場合、相手は魔人化ゲージの上昇を止める為にもインファイトを仕掛けようとしてくることが多い。
そうなった場合にジーンが取れる行動としてはストレートでの牽制か後ろに下がるしかなくなり、経験値やレーン的にもかなり不味い。
が、ヴァイスのバフを貰うとストレートの威力がそこそこのものとなるので、対キャスト的な意味でもバフを渡しておきたい相手。
勿論、魔人化中はただでさえ威力の高いショット威力・ステップ性能がさらに上昇するので巨人処理も含めアタッカー顔負けの活躍をしてくれるだろう。

  • リトル・アリス
フラワー型に恩恵が大きい。巨大判定の爆風で兵士もキャストもゴリゴリ削れるようになる。
一方で、フラワー抜きなら無理してバフをかけるよりも、対面キャストに嫌がらせをする方がずっと喜ばれる。

  • デス・フック
ビルドによるがアタッカーの中ではDSをかなり撃つのでバフがありがたい。回避距離アップも蜂の巣型には強い。
SS爆風での2確も同様。

  • ジュゼ、マリク
ショット威力よりも、ステップ延長でステキャン効果がより高くなる恩恵が大きい。
ヴァイス自身がそうであるように、彼(それ)らもまた、ステキャンは生命線であるため積極的にかけたい。

  • 他のアタッカー(レーンを背負ったキャラクター)
状況次第・・・と言いたいが、端レーンを背負ったアタッカーには優先して掛けに行くとよい。
キャラによっては対面のファイター並の兵士処理能力を持てるし、なにより排除がしやすくなる。

  • 他のサポーター
サポ2中央になった場合の相方はどれにかけても相性がよい。
特にLv2で1確になるかぐや・マリアンと相性がよいが、他もDSやSSで兵処理しやすくなるので十分有効。
自分があまり兵処理をしない分、相方にバフをかけ続けるか、もしくは自分が敵キャスト2体を引きつけなければ中央は確実に劣勢となるだろう。

相性があまりよくない味方
デメリット効果はないので相性が悪いというのはありえないのだが、かける価値が相対的に低めの味方

  • ツクヨミ
DSに貫通減衰というものがなく、本人のビルドで兵士確殺構成を組んでいるため、兵士処理面ではほぼバフの意味がない(SSは人によりけり)が、
ツクヨミのライン上げは必ずといっていいほど「対面をキル・帰城させる事」が前提なので、バフの価値自体は下のキャストより高い。
特に月輪の加護発動中のDSは火力が上がると凶悪な性能となるため、試合後半はかなり恩恵があり、WS中はさながら砲兵陣地と化す。
また、巨人処理を得意とするのでバフを与えて巨人を引き受けて貰えれば迅速な処理も可能だろう。

  • リン
1列処理がスキル型なのでそこまでメリットがない。
一応蓬莱ドローで兵士1確が可能となるがロードピスでスキルを回していることが多いため、バフ効果が回避ぐらいで結果として生きにくい。
熟達したリン使いであれば歩き回避を得意ともしており、WSで突っ込む時くらいしか回避ボタンを押さなかったりもするので尚更。

一貫してメリットが薄いのはリンのみ…といったところ。
ツクヨミはWSによる巨人処理能力と盤面制圧力が非常に高いので、試合後半はバフを活かした立ち回りが強い。








スキルが+5,MAXになると効果時間が増加。

Ver2.03にて、自身への回避上昇値が減少した。他者への効果量は変わらない。
Ver3.10-Aで自軍巨人に対するバフ効果の削除。

デンジャーエッジ

Ver2.0で追加されたデバフスキル。モーションはスカのセンテンス同様にナイフ投げ。
扇状に7つの非貫通ショットを一斉発射し、ヒットした敵キャストや巨人に小ダメージ、兵士に特大ダメージを与える。
ヒットしたのが敵キャストの場合はさらに最大HPを下げる効果を持つ。強化していればステルスしていても兵士一撃。
最大HP減少効果は約20ほど。

ダメージ自体は小さいが、最大HPを大きく削るためタフな相手や回復を使う相手の動きをそぐことができる。
横槍の場合に挟み込むようにしてヒットさせれば効果的。

兵士にも有効。主な用途はこちら。
敵キャストに見張られ兵士列の横に立てない状況でも、安全に兵士処理が出来るようになる。
ただし、距離があまりにも近いと1体の兵士に複数ヒットしてしまい、倒せる数が大幅に減ってしまう。
使用する際は拡散するよう斜めに撃つか、しっかり距離をとって正面から撃とう。

中々のスキルなのだが、Lv4解禁のMP35というブラッディバースト並みの重さが弱点。
ステルスを併用して尚、MPが枯渇する。
兵士処理自体は、ステルスを使用して兵士列の真横でSSを振っているだけでも十分速く処理出来る。
兵士列に近付けない状況か、即座に兵士処理しなければいけない状況かをよく考え、SSとデンジャーを使い分けよう。

スキルが+5,MAXになると効果時間が増加。

Ver.2.03にて対兵士威力と対キャスト効果時間が上方。
Ver.2.04-Cにて更に効果時間が増加。

アシストカスタマイズ

ソウル

なるべく早くSSで兵士を1発で倒せるようにしないと兵士処理が辛い為、ソウルはLv4以下のSS上昇系から選びたい。

「海の魔女セイレーン」はこの一枚でLv3から1確に出来る為、MP回復速度が下方された今でも有効。
デンジャーエッジでの兵士処理を重視したければ、「陽気なソレイユ」も相性が良い。
「茨の王レヴェイエ」は、効果時間が短く消費MPの少ないステルスを多用するこのキャストに非常に良く噛み合っている。
同じSS上昇量のセイレーンと比べてMP回復量はこちらの方が上だが、巨人が貫通岩なので悩ましい。

サポート

少ないHPを補うか、MP回りを向上させるか、アタッカーの代わりを担う為に火力を盛るか。
このキャストは特に人や状況によって様々なビルドが存在する為、どんな状況でもこれ一本…いわゆるテンプレビルドは存在しない。
HP一定以下で特殊発動する背水系アシストが軒並み下方修正されてしまった今、このビルドが強い!といった型は無くなってしまった。

とりあえず絶対装備しなければいけないのは、代名詞でもある専用アシスト「白き影のダークブーツ」。詳しくは後述。
HPを盛る場合は、SS小UPが思ったよりも上がる「礼を込めし小人装束」、
MPをふんだんに使いたい場合は、ドローは下がるが大幅MPカット&長い効果時間が強力な「髑髏の首飾り」、
火力が欲しい場合は、時限だが大幅に上がるクラフト専用アシスト「白き激情のダガー」や「意思持つ災厄の魔法剣」等…
自分がこのキャストに何を求めるのかよく考え、リザーブスロットを上手く使おう。

因みに、突進DSの近接キャストということで「武蔵坊の大薙刀」が使用率ランキングに挙がっているが、
被弾を減らしステルスフードを維持出来る腕さえあればLv2以降兵士弾に当たるということはまず無いので、
他の近接キャスト程あまり重要ではない。
どうしても被弾が多くステルスを頻繁にかけなおしてしまうヴァイス初心者は採用しても良いかもしれない。

  • R専用アシスト「白き影のダークブーツ」
レベル1、つまり開幕からHPとスピードを小強化。
特殊効果としてレベルアップ時に一定時間、回避硬直を軽減する。
回避距離を伸ばすアシストやスキルは数あれど、硬直を軽減するのは珍しい。
回避後のさまざまな行動を取りやすくなるので使い勝手がいい部類だろう。

なお専アシ特殊効果が発動した際、回避硬直中にショットキャンセルを行うと直後に次の回避を行うことができる。
非常に操作が忙しくなるがこのテクニックを駆使すると通常移動よりも遥かに高速でほとんど隙なく移動できるため、是非習得しておきたい。

  • WR専用アシスト「白き激情のダガー」(クラフト)
レベル3と序盤の終わりで発動。
SS攻撃力の小強化とDS攻撃力の中強化が施される。
また、レベルアップ時に各ショットの攻撃力が一定時間向上。ロールエフェクトも同様の効果となる。

戦術

コメント
  • え?実装当初バースト無双で散々言われてたのに?シザースなんて今でも強いのに?腕が悪いだけだと思うよ -- (名無しさん) 2018-03-29 00:20:39
  • <ハートレスシザース>と<ブラッティーバースト>のカスタム3のセリフが同じ「どこにも帰れなくしてやるよ」になってるんだがコレでいいんだっけ?(どっちも抜いてるから解らんから直すに治せん。すまん) -- (名無しさん) 2018-04-08 22:52:10
  • デンジャーエッジの「入るスキル枠が無い」云々の文章は今や不要と思い削除。色々加筆しました -- (名無しさん) 2018-04-14 06:41:24
  • ヴァイス(シザー型)で荊王はどの位MP回収してるのか調べたら大体120〜140位だった。全盛期ナイチン超えとる……下方不可避 -- (名無しさん) 2018-05-13 13:04:20
  • どれだけMP使ってるか動画見直してみたら茨王入りだと800強使ってた、他のキャストだと500強使うぐらいと考えると300も多いってヤベーよ、ステルスは効果時間じゃなくて消費MP減少を下方するべきだった -- (名無しさん) 2018-06-29 22:22:50
  • ステルスデンジャーって何か弱点ある? -- (名無しさん) 2018-07-02 00:30:04
  • ない。 しいて言うなら若干のMPの重さと巨人の対応悪。それでも兵処理用としては破格の性能だわ -- (名無しさん) 2018-07-02 09:24:58
  • デンジャーばっかりだとヴァイスの価値が薄れる気がするけど、津波やビームに比べるとすごい楽。いい性能よね。 -- (名無しさん) 2018-07-03 02:20:39
  • デンジャーは単体で見てもとサポの持つ兵士処理スキルとしては強めで敵の最大HP減らせるおまけ付き、そしてステルス込みで考えるとぶっ壊れ -- (名無しさん) 2018-07-03 12:47:18
  • 減った最大HPはデバフが消えても返ってこない所が強い。兵士処理しつつラッキーヒットで実質大ダメージだぜ。 -- (名無しさん) 2018-07-03 19:50:07
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る