※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Aviutlとは?

AviUtl(エーブイアイユーティル)はKENくんが個人で開発している動画編集ソフトウェア。誰も無料で利用できるフリーソフトの一種である。

概要

AVIファイルを編集したり、各種コーデックで圧縮することができる。 AviUtl本体のみでも簡単な編集は可能であるが、高度な編集をする場合は同じサイト内で公開されている拡張編集プラグインが必須となる。

標準で、ノイズ除去、シャープ、ぼかし、クリッピング、リサイズなどの多彩な画像処理フィルタを備えている。スマートレンダリングにも対応。また、ユーザーが開発したプラグインの追加も可能である。

2003年8月16日にversion0.99が公開されて以来、作者の多忙のため長らくバージョンアップが途絶えた後、2007年11月3日にversion0.99aが公開された。 その後、2013年4月1日にVersion1.00が公開されている。

version0.99aからはマルチスレッド対応となり、プラグイン開発用SDKを使用して容易にプラグインをマルチスレッド対応にすることが可能となった。その結果、主要なプラグインのマルチスレッド化が促進している。また有志によるプラグインのSIMD最適化、GPUの利用もさかんであり、エンコード時間の短縮に貢献している。

AviSynthとはプラグインの相互利用が可能である。しかしAviUtl側からAviSynthのプラグインを利用する際にはプラグインがYUV各12ビットのフォーマットをサポートしていない場合、データの精度に変化が生じる場合がある。

(以上Wikipediaより引用)