※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鎧姿・戦闘時
Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.

普段は鎧なしです
Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.



プレイヤーの名前:真衣 優夢

キャラクターの名前:ギーレン・グレナデン

年齢:30歳

性別:男

種族:人間

職業・なりわい:フリーランスの傭兵

誕生月:10月 茶熊の月

第一印象:屈強な大男

外見的特徴・ヴィジュアルイメージ:金髪をオールバックにした、屈強な大男。198cm、85kgの巨漢。
戦士という言葉がよく似合う、鍛え抜かれた体躯。戦闘時は全身鎧を着用。

性格:気さくでざっくばらんな性格。相手の細かいことにはこだわらない。
戦闘時は、味方はもちろん、敵にも礼節を忘れない。戦いのプロならではの義念。
世の中の底辺を見てきたせいか、たいていの事には揺らがない精神力を持つ。非常に懐が深い。
頑なではないが、基本的に裏切りを嫌う。他者が裏切っても気にしないが、自分はそれをやらないというポリシーがある。
善も悪もひっくるめた意味で、義に生きる者。

一人称・二人称・話し方:  一人称 … 俺  二人称 … お前さん、あんた、お嬢さん、兄さん、など
敬語をあまり得意としない。男性的な口調。

所持能力:
  • 1.「アルティメットバトル」 63ポイント(天才)
 傭兵の経験と天性の才で培われた、戦闘能力。
 戦い方に決まった方はなく、どのような場でも瞬時に対応、相手に合わせた反応が可能。完全な我流。
 基本武器は大剣だが、リーチが長く使いやすいと言うだけの理由で愛用しており、小剣や弓、槍なども使用可能。もちろん白兵戦も得意。
 乗馬槍も使えなくないが、乗馬スキルが少々乏しい。

  • 2.「カウンター」 37ポイント(エリート)
 相手の攻撃や威力を利用し、自分はわずかな力のみで相手にダメージを与えたり、体制を崩させたりする。防御的に使うことが多い。
 カウンタースタンスをとっている状態ならば、数十人が相手でも、長時間たった一人で防ぎきることが出来る。
 カウンター→アルティメットバトル、の連携で一気に相手をねじ伏せることも可能。

  • 3.「幼児への暴力」 -10ポイント(苦手)
 どういう場であっても、幼い子ども(外見10才以下)には攻撃の手が鈍る。

残り  0ポイント


大切なもの:伴侶のローズ。己のポリシー。
 やっと得た「帰る場所と言えるところ」


詳細設定:現在でも内戦の続く、治安が最悪な祖国を持つ。
戦災孤児であり、孤児院で育つ。シスターが母代わり、孤児院の仲間は守るべき兄弟だった。
年端もいかない頃から自主的に体を鍛え、9歳で孤児院を出て戦場に赴く。
給金は、どんなに少なくても、一部を孤児院に送っていた。
血みどろの戦場を何年にもわたって駆け抜け、生き抜いて、鬼神のような戦闘力を身につけた。
そのうち、祖国より実入りのいい外国へ旅立ち、フリーランスの傭兵として金を稼ぐようになる。
祖国の孤児達を飢えさせないため、仕事は選ばなかった。どんな汚れ仕事でも請け負い、完遂し、金を得てきた。
暗黒司祭インゼクトゥルが中心となって行った、非人道的な儀式にも、傭兵として雇われて参加。
十分な前金を得たため、それを全額孤児院に寄付し、もうこれで戦いの中で散ってもかまわないと考えていた。
しかい、本人の意志と裏腹に、その戦いで命を奪われることはなかった。

子ども好き。子どもを見ると表情が和らぎ、一緒に遊ぶのも得意。
(ただし体格のせいで、初対面の子供には高確率で怯えられる)

ローズと正式に伴侶になり、ローズの姓を名乗り始めた。

領主のダグヴィットに雇われ、伯爵家私兵団の一員として働いている。

しばらく故郷に帰って、「心にずっとひっかかっていた棘を抜いてきた」。
もう彼は、よほどのことがなければ、生まれ故郷に戻ることはない。
彼は、ガーディアスを「帰る場所」であると、やっと言えるようになった。