※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.




プレイヤーの名前:ナイトウルフ

キャラクターの名前: 涙雛・ミズハ(るいす・みずは)

年齢:21歳

性別: 女性

種族: 人間

職業・なりわい: 魔女のパートナー

誕生月:十二月

外見的特徴・ヴィジュアルイメージ:
囚人的なものではなく、囚われた姫のような印象を与える。
憂いを帯びて伏せられた、色素の薄い茶色にも桃色にも見える目。
艶のある、何物も混じらぬような黒髪。
異様な程に顔が整っており、人間なのか疑わしくなる。
静かにたたずむ姿は人形めいている。
女性にしても男性にしても微妙な声。
正確な数値だと、身長172cm、体重51kg。


性格:
穏やかで思慮深い性格の持ち主。
余裕をもったレディで、慌てることは少ない。
礼節を重視するが、同時に礼節の欠片もなければ容赦がない。
弓を握れば、冷静に状況を見極めることができる。
他人や知り合い程度の人間には少々他人行儀。
しかし、自分のパートナーや親友にはとても優しい。


一人称・二人称・話し方:
一人称はわたくし。
二人称は貴女、貴方。知り合いならば…殿、…様。
話し方は「あら?ごきげんよう、どうかしたのかしら?」といった上品なもの。


所持能力:

  • 1.Dream of the poet,Rubbish of the sage 62ポイント(天才)
能力名「詩人の夢、賢者の世迷い言」
彼女の所持する名弓「夢詩妖賢」の扱いに関するスキル。
彼女用の名工の作であり、女性には見合わぬ強弓。
同時に二つの矢を射ることのできる特殊な弓。
また、彼女が集中すればほとんど目的のところの1m以内に射ることが出きる。
また、銘の意味の効果を得ることも可能。効果は下記の二つ。

● 詩人の歌を受け、歌に込められた効果の付与
すぐそばで詩人、歌姫などに歌ってもらうことにより発動。
(付け焼き刃の詩は×、心から錬られたもの)
効果は一瞬で、弓を放った相手に歌の内容の効果を与える。
ただし、すべては「夢」であるため、永続する効果はいっさいない。
(生死、病、怪我などは与えられない)
また、有名な詩人の言葉をルイス自身が口ずさむことでも、かりそめの弱い力を弓に与えられるが、相手の対魔法力によってははじかれてしまう。

● 自分の上空に打つことで、弓から光が降り注ぎ、
「言葉による攻撃(魔法など)」をすべて完全に防御する。
効果は5分程度。(プラスの効果の魔法も効かない)
基本は自分にだけ効果があるが、弓を放った瞬間に自分の体に触れている者にも、同様の防御効果を与えられる。
「賢者の世迷い言は決してこの身を穢せない」という力。
ちなみに、弓の特殊能力は、
一日に三回(二本同時に打てば矢は6本まで)が発動の限界で、それ以上は打てない。


  • 2.積善家の余慶 38ポイント(エリート)
大貴族であった彼女の家で叩き込まれた礼儀作法。
お茶の淹れ方、動作の一つ一つの自然さ…どれも上品だが、
完璧な優雅さはなく、器用貧乏が目立つ。
貴族的作法のため、料理を作ったり掃除をしたりすることはできない。
また、女性的作法でもあるため、馬にのったりということはできない。



残り 0ポイント

大切なもの: フロウアーレ 弓「夢詩妖賢」 扇

詳細設定:
異世界の大貴族の一人娘。
ただ、養子候補もいるため、自身があとを継ぐ必要はないらしい。
両親が極東文化に傾倒し、彼女は和服を着させられていた。
今となっては洋服に違和感を感じるらしい。
歳よりも落ち着いたような雰囲気の持ち主。
大切な人と自分の双方を守るために、弓は二矢を射ることが出きるようになっている。
ハロウィンに、フロウアーレさんに告白し、受け入れられてパートナーとなった。
フロウアーレさんのことは大好きだが、彼女の成長のために距離をおくことも。
ただ、心配でうしろでひっそりと見守ることが多い。
フロウアーレさんに拒絶されなければ、永遠にパートナーでありたいと思っている。
恋愛感情を抱いているが、伝えることをためらっている。
今、彼女は穏やかにパートナーと日々を過ごせることに満足している。
フロウアーレさんにしか教えていない秘密も多い様子。
文官を統べる家系でありながら弓を扱うことにも理由があるらしい。
夢詩妖賢は、彼女に縁のある神殿の宝物。
一般の弓は手に馴染まず、集中力を欠かして命中率が落ちる。
フロウアーレさんが他の魔女の魔法に立ち会っていたとき、
魔法が失敗して別の世界に飛ばされてしまった。
涙雛は慌てて失敗で出来た魔法の渦に自分も飛び込んだが、
互いに別々の場所に飛ばされてしまって、タイムラグも生じて、すぐに出会えなかった。