※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.




プレイヤーの名前:セレンシア

キャラクターの名前: メグ=クリスタアレン(Meg Clysta'allen)

年齢:  21 歳

性別: 男

種族: フラジリアン(儚き者という意味の、異世界の神の使徒)

職業・なりわい: 砂糖菓子職人

誕生月:3月 桃兎の月

外見的特徴・ヴィジュアルイメージ:
薔薇水晶のように不思議な輝きを放つ明るい赤色(ピンクにも見える)の髪をアシメっぽいショートヘアにしている。
大きく人懐こい光を宿すペリドットのような緑色の瞳。
そして何よりもの特徴は、短いがたしかに存在する、羊の角である。
普段は淡い系統の服を着ることが多い。服装はフォーマルなものが多いようだ。
年齢に比べれば幼く見える。つまりは童顔。


性格:
人懐こく明るい。よく笑う。菓子職人らしく繊細な部分もあるとかないとか。儚きものと呼ばれる種族だが、あまり儚さは感じられないかもしれない。

一人称・二人称・話し方:
一人称 僕
二人称 あなた 君 などその人に合いそうなものを。
丁寧だが気さくなしゃべり方をする。商売人でもあるので基本的に喋り方も明るい。


所持能力:

  • 1. 菓子作り 45ポイント (エリート) 
メグは職人で、菓子全般を作るのが得意だ。
その中でも一番得意なのが、フェリッシュと呼ばれる故郷の特殊な砂糖菓子である。
メグの異世界の故郷で幸福の象徴とされた砂糖菓子、フェリッシュの詳細は以下のとおりである。
フェリッシュは人々の「幸福」「喜び」「楽しさ」などの明るい感情を糧にしてなる果物、
虹果(こうか)を加工してできる砂糖、フェリス(虹福糖(こうふくとう)を原料としている砂糖菓子。
普通の砂糖菓子と変わらない造形をしているが、食べると幸せで穏やかな気持ちになり、自身の負の感情を遠ざけることができる。
しかしそれは、心の底で、僅かにでも幸福になりたいと望む人にしか効き目がなく、強い意志を持てば退けられる効力である。
幸福な気持ちになる効力は10分ほど明確に続き、徐々に薄まっていく。ほんわかとあたたかい幸せが続いたと思ったら、夜になった頃には忘れてしまう儚いもの。
フェリッシュには、心を落ち着けて良い夢が見れる安眠効果があるようだ。
出来上がった砂糖菓子はごくごく淡く虹色に光り輝く不思議な色彩である。
しかしその印象は最初だけで、普通の砂糖菓子のようにも見えるかも知れない。印象は人によってまちまちだという。
メグは砂糖菓子のモチーフの中でも、人物や妖精など、人型の造形が得意なようだ。
ちなみに、フェリッシュの原料である虹福糖(フェリス)には、カロリーがないのだと言われている。
普通の砂糖と同じように溶ける。ほのかに淡く虹色がかってる以外は、全く普通の砂糖である。

  • 2. Snow fortune 36ポイント  (エリート)
フェリッシュを作る原料となるフェリス(虹福糖)の原料となる虹果(こうか)を栽培するための魔力が満ちているスノードーム、
Snow Fortune を扱う能力。
メグ専用。他者が使っても効果を発揮しない。
この水晶玉ほどの大きさのスノードームを使って、以下のことができる。

○ 作った砂糖菓子、フェリッシュの管理のためのスノードーム内の温度調節。
○ 虹果の栽培。

虹果は、メグ自身やほかの人のプラスの感情、特に幸せや喜びといったものを好み、その感情を蓄えて成長する。
食べるととても甘く美しい味がするという。
希少なもので、スノードームの中で栽培できるのは、一度に三つが限界だとか。
どんな形の果物になるかは、育つ時の源になった感情によって変わってくるという。

  • 3. フラジルフォーム 19 ポイント (得意)
フラジリアンであるメグは、普段は人の形をしているが、本来の姿である羊にもなれることをあらわす変身能力。
淡い赤色がかった毛並みの50センチほどの全長の羊になる。
メグはこの姿を神聖なものと考えており、滅多なことでは羊にならない。
羊の時は、人語をしゃべれない(解することはできる)
鳴き声は、メグの場合は「くーくー」といった感じのもの。
このスキルはメグ専用。同じフラジリアンであっても、他者に使用することはできない。


残り  0ポイント

大切なもの:
フェリッシュを作り出すための魔法のスノードーム、Snow Fortune。
人々の幸せな記憶や笑顔
故郷に残してきた双子の妹、クリスタリュエル

詳細設定:
アロウではない異世界から来た砂糖菓子職人。
異世界の、人々に幸せを運ぶことを目的としている神の使徒、フラジリアンの若き青年貴族。
フラジリアンは青、紅、緑、黄の色を冠する4人の公爵と白の女王がそれぞれの地方を治める国で、メグは紅の位を護る公爵である。
父親が早くに夭折し、その跡を継いだが、国の大事な砂糖菓子であるフェリッシュ職人になる夢をあきらめられず、夢を叶える。
しかし自分らしいフェリッシュを作るのに何かが足りないと思い、女王の許可を経て、異世界であるアロウにしばし留学にきた。爵位は双子の妹のクリスタリュエルに任せてきた。
しばしの留学のつもりが、しかしアロウのことが気に入り、ここで砂糖菓子職人として生きようかと考えている。
ツェラジンとは商売上懇意にしていて、親友の間柄らしい。
ツェラジンからガーディアスの話を聞き興味をもち、ギャラリーにしばし居候する形で、ガーディアスにやってきた。
フェリス及びフェリッシュを貴い貴重なものと考えているところもあり、心無い形で乱用されるのをよく思わず心を痛め、そういう人には厳しい態度で接する。
ちなみにメグ=クリスタアレンという名前はどちらも名前だが、本名はクリスタアレンのほうである。愛称はリスタール。
メグとはGemを反対から読んだもので、ツェラジンがつけた愛称。
しかしメグはこれを気に入り、アロウでの名前としている。
フェリッシュに自身の気持ちを託し、メグは今日もガーディアスで暮らすのだろう。
どんな楽しいこと、嬉しいこと、喜びが待っているのかと想いながら。