※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハートのラビリンス 3つめの試練「白きモノの言葉」 (2015年 2月15日)

(画像準備中)



  扉に入ったとたん、周囲の景色が一変した。
  入った扉は、跡形も無く消えている。


  そこは、まるで花畑の…蜃気楼?
  空と花畑が霞みがかって見える、なんとも不思議な空間に、二人は浮いていた。

  目の前に、白い人型のシルエットがある。
  とても小さい人型…。
  白く淡く輝いていて、それが人型であることしかわからない。


白いもの:ハートを作りに来てくださったんですね。
 ありがとうございます。


  声は、反響しているのか、それとも脳内に直接響いているのか。
  不思議な響きだが、「子供」の声であることだけはわかる。


白いもの:私は、数年前に生まれました。
 でも、ハートがひとつも無かったので、また天界へ戻ってしまいました。
 今年は、私のようなことに誰もならないように…。
 だから、あなたたちに感謝します。

 小さいけど、花束をどうぞ。


  野の花を摘んだだけのような、素朴で小さなブーケがひとつ、小さい両手に包まれて、二人の前に差し出されている。


アッシュリン:(なにやら神聖な気持ちになって、花畑に膝をつき、ブーケを受け取る)
 ありがとう、純粋な小さい人。
 あなたが幸せにまた地上に降りれることを、心から願っているよ(にっこりと笑って)
 僕からも、あなたに贈り物をするね。ささやかなものだけれども。


  そう言って、アッシュリンは青い炎を生み出し、薔薇の形にして渡した。
  すぐに消えてしまうが、ぬくもりは残り伝わるだろう。


アッシュリン:青い薔薇を胸に宿すように、あなたの想いが叶いますように…。

白いもの:とても、あたたかい…。
 ありがとうございます…。

 私は、地上でとても悲しいことがあったので、かみさまの下で、浄化を受けています。
 少し長い時間、清めて頂かないと、転生の輪に戻れないそうです。
 浄化とともに、記憶も失われていきます。
 悲しいこと、が、なんてあったか、私は覚えていません。
 言葉は、本来はうまく話せなかったと思いますが、今はかみさまの下にいるので、恩恵を受けています。

 私は、まだ、願いはありません。
 まだ、かたちになっていないから。
 まだ、なにものにもなれないから。

 でも、私は、悲しいのだと思います。
 よくわからないけれど、悲しいのだと思います。

 もし、私に願いがあるとすれば、私のようになってほしくない、それだけ。
 どうしてそう思うのかも、もう、思い出せません。

オルフェウス:「悲しいこと」があったのですか…。
 ………。
 白く清らかな、いつかまた生まれてくる貴方。
 きっと貴方は、とても優しい心を持っていたのでしょう。
 悲しいことがあったのに、貴方は、他者の幸せを願っている…。
 貴方に出会えた奇跡に感謝を。
 そして、私の愛しき人に、美しい花束をありがとう。


  オルフェウスふわふわと空を飛んで「白きもの」に近づき、額にキスをした。
  触れたかどうか、その感覚も曖昧だったが、オルフェウスの思いは伝わったようだ。


白きもの:これも、あたたかい…。
 ありがとうございます…。

アッシュリン:君の悲しい心が、癒され、次の生では、幸福に包まれますように……。
 僕も、そうして愛しいシャスも、君のようにはならないって、約束するよ。確信を持って。
 なんでだと思う?
 僕は心から彼を愛し、彼は僕を愛してくれている。
 真の愛は、剣であり、盾であるんだ。
 約束する……。
 そうしてあなたも、そのような愛に包まれることを、祈っている…。(そっと指を絡ませ、指切りをしようとする)

  指が絡んだ感覚はしなかったが、手の先が触れあったような、雲に触れたような…不思議な感触だった。
  白きものは、表情はない。シルエットだけだ。
  それでも、嬉しさが空間に流れゆくのがわかる。


白きもの:とても、嬉しいです。
 はやく、また、生まれたい。
 あなたがたのような方に、会いに、降りたい。
 こんどは、あいされたい…。

 たくさん、ありがとうございます。
 お花を渡したかっただけ…。なのに。
 扉は、すぐそこ。かすんで見えにくいけど、私の後ろにあります。

オルフェウス:……。
 シュレー。
 歌いませんか?
 この子のために、二人で。
 音色と声を、捧げたいのです。

アッシュリン:うん、僕もそうしたいって思った! 心から……。
 でも、ぱっと歌が……。
 思いつくけど、これでいいのかな…??
 誰もが知ってる、お誕生日おめでとうの、ハッピーバースディの歌とかどう?
 名前はないとさみしいから、白い人だから、ブランシュとかに、してさ。(少し傲慢だろうかと、自信なさそうにはにかみながら)

オルフェウス:いいですね、賛成です(にこり)
 誰もが知っている歌だから、きっと、また生を受けた時、耳にするでしょう。
 私達のことを覚えていなくても、幸せを願う想いだけは、残るように…。


  ハープを取り出し、少し音ならしをしから、アッシュの準備を伺う。
  そして、軽やかにハープを爪弾く。
  練習したのだろうか、ハープの音色も前より上達している。


オルフェウス:
 Happy birthday to you,
 Happy birthday to you,
 Happy birthday, dear blanche,
 Happy birthday to you…


  アッシュリンも、オルフェウスの声に合わせて、歌声を重ねる。
  忘れられてしまうだろう、ささやかな誕生を祝う歌。
  それでも、心を込めて歌った。


アッシュリン:
 Happy birthday to you,
 Happy birthday to you,
 Happy birthday, dear blanche,
 Happy birthday to you…


  アッシュリンは、終止和音の後にささやかな拍手をして、にっこりと笑った。
  オルフェウスも拍手を贈った。

  オルフェウスは、いったん手を離したハープに指を戻し、別の歌を歌い始めた。
  それもまた、誕生の喜びの歌。

  しかし、目の前の「白きもの」だけではなく、隣にいる愛しきに人にも宛てているような…。



  アッシュリンは、オルフェウスの歌に、歌詞に、歌声に、感動したように目を潤ませているようだ。
  演奏が終わった後、オルフェウスにも精一杯の拍手を贈った。


アッシュリン:ありがとう、シャス……。(言葉にならず、ただそれだけの言葉がこぼれた)

オルフェウス:(白きものとアッシュ、二人にそれぞれ一礼)
 いつかまた会えることを願います、blanche。
 そしたら、いっぱい愛を伝えますよ。
 私も、約束しますから。(にこり)

アッシュリン:君のこと、忘れないよ! blanche、覚えているから。

オルフェウス:…さあ、行きましょう。シュレー。
 私達の未来へ。
 出口の扉へ…。


  オルフェウスはアッシュリンに微笑み、手をさしのべた。
  オルフェウスの手をしっかりと取って、アッシュリンは出口の扉を開けた。
  その前に、オルフェウスにだけ聞こえる声で囁いた。


アッシュリン:ありがとう、シャス……。
 あのさ、ここに来て、よかった……。心からね。


  そのあとに続く最後の言葉は、扉を開ける音に重なって、誰も聞き取れなかったかもしれない。
  しかし、祈りにも似た、神聖な五文字の言葉を唇に灯すのだけはわかったことだろう。