鷲尾須美は勇者である 作品紹介


概要

人気シナリオライター兼プロデューサーのタカヒロ氏が2014年に送り出す、4作品の共同プロジェクト『タカヒロIVプロジェクト』の三番目の企画。
電撃G's Magazineにて連載されたイラストノベル。
執筆はタカヒロ氏、イラストを担当するのはBUNBUN氏。

電撃G's コミックVo.3より作画もっつん*氏によるコミカライズ版が連載。単行本第一巻も発売中。
公式サイトおよび「結城友奈は勇者部所属」第一巻に娘太丸による4コマコミック「わしおすみは勇者ラジオ」が掲載。
鷲尾須美は勇者である 4コマミニ劇場

掲載・連載

掲載 発売日 話数・内容 備考
電撃G's magazine 2014年5月号 2014/3/30 「鷲尾須美は勇者である」発表
電撃G's magazine 2014年6月号 2014/4/30 第一話 わしおすみ
電撃G's magazine 2014年7月号 2014/5/30 第二話 みのわぎん
電撃G's magazine 2014年8月号 2014/6/30 第三話 のぎそのこ
電撃G's magazine 2014年9月号 2014/7/30 第四話 たたかい 「結城友奈は勇者である」発表
電撃G's magazine 2014年10月号 2014/8/30 第五話 さようなら
電撃G's magazine 2014年11月号 2014/9/30 第六話 せいれい
電撃G's magazine 2014年12月号 2014/10/30 第七話 やくそく
電撃G's magazine 2015年1月号 2014/11/29 第八話 ともだち 「結城友奈は勇者である」第八話の最速放送は11/28
単行本 鷲尾須美は勇者である 2015/12/20 書き下ろし番外編
電撃G's magazine 2015年3月号 2015/1/30 その後の園子

あらすじ

これは、神に選ばれた少女達のおとぎ話。
いつだって、神に見初められるのは無垢なる少女である。
そして多くの場合、その結末は―。

第一話 わしおすみ

ACT.1 日常

神樹館六年一組。このクラスに在籍する少女・鷲尾須美は、クラスメイトの乃木園子、三ノ輪銀とともにある"お役目"を命じられてた。
重要な使命があるにも関わらず、居眠りをする園子や遅刻する銀のいい加減さに苦手意識を感じながらも、須美は学校での時間を過ごしていく。
そんな時に、異変は起こった――。

ACT.2 異変

ACT.3 初陣

ACT.4 勝利

(電撃G's magazine 2014年7月号より)

第二話 みのわぎん

日常を守るため、3人の"勇者"が戦う!
神樹館6年1組の鷲尾須美と乃木園子、そして三ノ輪銀。3人の少女たちは、大きなお役目を背負っていた。
それは"勇者"として、この世界の源"神樹"を破壊しようとする謎の敵を撃退すること。
彼女たちの初陣は、学園生活の真っ最中。
"勇者"へ変身した3人は、それぞれが知恵と力の限りを尽くし、敵を撃退してみせるのだった。

ACT.1 親睦

ACT.2 観察

ACT.3 襲撃

ACT.4 自責

(電撃G's magazine 2014年8月号より)

第三話 のぎそのこ

3人の"勇者"たちが日常を守る戦いに挑む!
神樹館六年一組。ここに在籍する鷲尾須美は、クラスメイトの乃木園子、三ノ輪銀とともに、特別な"お役目"を背負っていた。
それは、"勇者"に変身し、世界の源である"神樹"の破壊を狙う敵を撃退すること。
2度目の"お役目"でも、勇者たちは、力を合わせて敵を撃退。
厳しい戦いを乗り越え、3人の絆は深まるのだった。

ACT.1 補習

ACT.2 任命

ACT.3 合宿

ACT.4 急襲

(電撃G's magazine 2014年9月号より)

第四話 たたかい

大きな役目を背負い3人の"勇者"たちが戦う
神樹館六年一組。そこに在籍する鷲尾須美は、クラスメイトの乃木園子、三ノ輪銀とともに、あるお役目を命じられていた。
それは"勇者"として、この世界を支える力の源である神樹を破壊を狙う敵を撃退すること。
チームの隊長が其の子に決まり、より仲を深めていく"勇者"たち。
3度目の敵の侵攻も、隊長の的確な指示でみごとに退ける!

ACT.1 友情

ACT.2 平穏

ACT.3 危機

ACT.4 勇者

(電撃G's magazine 2014年10月号より)

第五話 さようなら

日常を守るお役目のため"勇者"に変身して戦う!
神樹館六年一組の少女・鷲尾須美は、クラスメイトの乃木園子、三ノ輪銀とともに大切なお役目についていた。
それは"勇者"に変身し、この世の源である神樹の破壊を狙う敵・バーテックスを撃退することだった。
そんな過酷な日々を送る3人の前に現れたのは、複数のバーテックス。
敵は、強力な連携攻撃であっという間に"勇者"たちを追い詰めていく。
誰もが死を予感したその時、銀は須美と園子を無理やり逃し、1人で特攻をかける……!

ACT.1 追憶

ACT.2 永訣

ACT.3 渾身

ACT.4 三人

(電撃G's magazine 2014年11月号より)

第六話 せいれい

日常を守るために少女たちは変身して戦う!
神樹館六年一組に在籍する少女・鷲尾須美は、クラスメイトの乃木園子、三ノ輪銀とともに、ある大切なお役目を命じられていた。
それは"勇者"に変身して、世界の源である神樹の破壊を狙う敵・バーテックスを撃退することだった。
そんな過酷な戦いの中で、銀は須美たちを守るため命を落としてしまう。
大切な友達を失い心をかき乱された須美と園子は、怒りに任せ襲い来る敵を撃退する。
戦いのあとに残ったのは、とめどなくあふれる2人の涙だけ……。

ACT.1 不断

ACT.2 御祭

ACT.3 晩夏

(電撃G's magazine 2014年12月号より)

第七話 やくそく

"勇者"に選ばれた少女たちが日常を守るために戦う!
神樹館六年一組。このクラスには、特別なお役目を命じられた3人の少女たちがいた。
鷲尾須美、乃木園子、そして三ノ輪銀。
彼女たちのお役目とは、"勇者"に変身して、この世界の源である神樹の破壊を目的とする敵・バーテックスを撃退することだった。
度重なる過酷な戦いは、銀の死という悲劇を生み出してしまう。
大好きな親友を失った悲しみを残り越え、須美と園子は再び鍛錬を重ねていく。
来たるべき次なる戦いに備えて……。

ACT.1 拝謁

ACT.2 神具

ACT.3 静穏

ACT.4 決戦

(電撃G's magazine 2015年1月号より)

第八話 ともだち

日常を守るため"勇者"に選ばれた少女たちは戦い続ける――
神樹館六年一組。このクラスには在籍する鷲尾須美は、クラスメイトの乃木園子、三ノ輪銀とともに、特別なお役目を担っていた。
それは"勇者"へと変身し、この世界の源である神樹の破壊を狙う、人類の天敵・バーテックスを壁の向こうに撃退することだった。
須美の受けた信託により、予見された複数のバーテックスの襲来。
銀の死をきっかけに、大幅に強化された新しい勇者システムを手にした須美と園子は、友との絆を胸に決戦の地へおもむく!

ACT.1 開戦

ACT.2 供物

ACT.3 無限の力

ACT.4 終幕

EPILOGUE 東郷美森

(電撃G's magazine 2015年2月号より)

特別書き下ろし番外編


その後の園子