鷲尾須美は勇者である 全体考察

「鷲尾須美は勇者である」本編全体に関係する部分を考察するページ。

企画過程

発表自体は「鷲尾須美は勇者である」が先だったものの、企画自体は「結城友奈は勇者である」のアニメプロジェクトが先に立ち上がっている。
(「結城友奈は勇者である」6巻ブックレット、「鷲尾須美は勇者である」巻末インタビュー)

帯について

これは、神に選ばれた少女達のおとぎ話。
いつだって、神に見初められるのは無垢なる少女である。
そして多くの場合、その結末は―。

人身御供を廃して、真実と立ち向かい、かりそめではなく本当の平和を取り戻す。
そんな英雄譚となる。(その後の園子)

勇者御記

検閲なしverは単行本参照。
筆者は乃木園子。
普段の日記 + 祀られた後の口述?(番外編"日記を新規で記述してもらったり、付け足してもらったりして")
検閲は大赦書史部・巫女様によるもの。

勇者御記 298.4.25

神樹様に選ばれた、と聞いた時は、
凄いコトなんだろうけど、具体的にどう凄いのか、
実感が湧かなかった。
ただ、やってくる敵が、世界を壊すものと聞いた以上は、
戦わなくちゃ、と思った。
はじめは、とにかく無我夢中だった。
この時は、■を■■にして戦っていくなんて、夢にも思わなかった。

勇者御記 298.5.15

はじめて三ノ輪銀を見た時、
私は少し苦手意識を持ってしまった。
声が大きくて、気が強くて、
気圧されてしまうから。
だけど触れ合ってみると彼女はとてもいい娘で。
それが■いして、■■してしまうとは……。

勇者御記 298.6.20

1+1+1を3でなく、10にする。
私達なら、出来ると思った。そうしなくてはいけなかった。
敵の名前はバーテックス。ウィルスの中で生まれた忌むべき存在。
これを退けるために。

でも、そんな存在に、バーテックス…
頂点という意味の言葉をつけるだろうか…?
この時はまだ、バーテックスが■に■られたモノだったとは、
知らない。

勇者御記 298.7.10

■■年前である、■■の時代の資料によると、
ずっと友達でいたい時は、
ズッ友だよと言うらしい。
なんだか面白い言葉で、気に入った。
私達3人は、ずっと友達。
今だって。
近くに感じている。

勇者御記 298.7.12

神樹様は、神様そのもの。
だから、願った。
友達と別れたくないと。
それは 、ある意味かなえられていくコトになる。
私達は、友の犠牲と引き替えに
■■の■を手に入れた。
→精霊のこと。しかし園子は最終的に須美と別れることになってしまう。

勇者御記 298.8.12

たくさんの贈り物が、大赦から届いた。
私の家の発言権も、大赦内で増したらしい。
この特別扱いには、当時驚いた。
しかし、後々調べて見るとなんてことはない。
いつの時代も、■■■■には優しいのだ。
→供物のこと

勇者御記 298.9.21

私は、■■を■になってから知った。
過去、■■を苦しめたのは■■■■ではなく
■■■■■■だったことも。
そうなった原因は、そもそも■■だったことも。
■■■の■という話に少し似ている、と思った。
→バーテックスのこと

真実を知ったのはいつ?

  • バーテックスの戦闘中に壁の外を見た?(しかし人類滅亡の危機の経緯まではわからない?)
  • 祀られている間に情報を得ることができた?

勇者御記 298.10.11

体を神樹様に、■■■しながら戦い続けること。
それは、とても素敵なことらしく……。
私の両親は、泣いていたという。
わっしー……今は、■■さんか。
私より軽度で良かった。

神樹館

須美たちは六年一組。「神樹」の名前を冠するだけあって格式が高い。(第一話)
校舎の作りは変わらないが、警備は厳重、衛生管理なども隅々まで行き届いている。(第一話)
保健室は勇者として戦った人間の点検ができるだけの術式を、しっかりと施されている。(第一話)
四年生を越えれば買い食いが許されている。(第二話)

教育

過度でなければ体罰は許されている。(第一話)
道徳と神道が多くあるのが、この時代ならではの特徴だ。(第一話)
厳しい担任教師は、怒ると生徒を数分、窓際に立たせる。(第七話)

挨拶

「起立」「礼」「拝」「神樹様のおかげで今日の私達が在ります」(第一話)
→讃州中学と違うのは神樹館(格式が高い)だから?小学校(初等教育で神樹様への重視してる?)だから?

イネス

駅前にある巨大なショッピングモール。何でも買えると言われている。週末はイネスですごす家族もいるらしい。公民館もある。(第一話)

ジェラート

第二話

  • 宇治金時(須美)
  • メロン(園子)
  • しょうゆ(銀)

第七話

  • しょうゆ(須美)
  • バニラ(園子)
モデルになったイオンモールフードコートでは「しょうゆ豆」味。
岸監督には好評。(電撃G's Magazine 2015年3月号)

根性

「これこそが!人間様の!気合ってやつよ!!」(第四話)
「勇者は、根性よ!」友がかくあるべしと背中で語っていたのだから。(第五話)
「そうだね、勇者は根性~!!」(第五話)
「勇者は根性、だよね~ミノさん!」(第八話)
「それでも友奈ちゃんは根性で帰ってきてくれたのよ、私達の声を聞いて。勇者は根性だわ」(その後の園子)

流石ね、そのっち

「流石ね、そのっち」(第四話)
「やはり侮れないわね。そのっち」(第五話)
「本当に侮れないわ、そのっち」(番外編)
「やるわねそのっち……なんだか口癖ねこれ」(番外編)
「さすがね」(番外編/その後の園子)