貴種を、大和を、いったい何だと心得るのだ。弁えろォォッ!



「逃げ場など一切残すと思うなよ。
  轟け絶氷、森羅を呑み込め――美醜の憂鬱、気紛れなるは天空神(    G l a c i a l P e r i o d   )ォォッ!



英雄譚/Titanomachy』において、
来るべき未来における “勝利” を目指して闘うヴァルゼライドから、
精神がまるで成長していないと、おまえは“敵”にすら成り得ないと判断し、
その星光を完全に見極め、最大の本命との戦いにつなげるため、相方共々事実上前座、踏み台扱いにされたウラヌス。

日々の弛まぬ努力や積み重ねを重んじ、さらにその上で、強い前進の意志を以て万事に立ち向かい “勝利” を手にする――
そんな、かつて身に染みるほど思い知らされた、反吐が出るような仇敵の清い(・・)理屈を前にして、
氷河姫が屈辱と憎悪という心の力、血統至上主義者の排他心と差別心によって覚醒し叫んだ憎悪の言葉。


――心が存在(ちすじ)を上回る?
――やると決めたら遂げるだけ?
――ふざけるな。馬鹿げている。
――相も変わらず、相手の貴賤も構わず噛みつき続ける狂犬め、いつまで私を虚仮にしている!
この瞬間、ウラヌスは完全に人間性と決別した。もはや単に力を得た「アマツ」の令嬢などではなく、
紛れもなく新世代の怪物と成り、完成された魔星へと一番乗りを果たす。

能力任せの単純な相手。ヴァルゼライドはそう彼女らを評した。
しかし、単純だという事は、その強化の方法も、常に簡単であるという事も意味しており―――

戦闘者としての術理を彼女は持っていないし、興味もない。
そのため、複雑で軽くない負担のかかる手続きを付け焼刃じみて踏もうが、効果は表れないが……
その反面、キレて力を上げる(・・・・・・・・)、内からの憤激に身を任せるという単純な手段は、彼女の場合には非常に有効であった。


「殺す、殺す……貴様だけは、必ずこの手でッ!」


結果――具現したのは、放射光や極めた見切りであっても抜け出せぬ、魔の氷河期。

想定された星辰光の限界値を超え、振り切れた殺意に従って、森羅万象が凍てつく。
氷の砲身から放ち砕かれた氷塊弾は、片腕を半壊させる程に凝縮したエネルギーを空間全体に放出する。
何よりも自分が可愛い鉄姫にとって、余りに似つかわしくない自爆技であり……故に、そうした暴挙だからこそ、かつてない効果を発揮するのだ。
如何に集束した光刃で氷塊を切り裂き、致命傷を避ける体捌きを行おうとも、全方位から叩きつけられる寒波(きたい)は防げない。

凍てつき始めた男の躰に、分解の魔爪が迫り―――
それを迎撃したことで生まれた隙を、氷河姫は右腕に纏った魔氷で貫き―――圧倒的な破壊の力が直撃したヴァルゼライドは瓦礫の下に沈められた。


「お見事、やったじゃねえかよ相棒。本懐遂げたというところかね」

「当然だ。これで歪んだ道理は正された。

 この瞬間を味わうために、私は還ってきたのだから……!」


絶望の清算と、衆愚が望む偶像(えいゆう)の完全否定。
ついに悲願を叶え、過去の呪縛から逃れ出たと確信したことで喜びの笑みを浮かべる氷河姫。
マルス、ウラヌス……彼らは突き詰めた衝動(よくぼう)を糧に、人間を捨てて闘争を司る鋼の怪物へと『変革』を遂げた。
もはや優れた傑物程度では、彼らには届かない―――そう、その程度(・・・・)であったならば。

+……何だ、それは――
胎動する光の波動――
煌めき始める可能性――

刮目せよ―――英雄譚(ティタノマキア)が始動する。


――――いいや、まだだ(・・・)

「学んだぞ――見事なものだな、おまえの暴挙(わざ)は」


悠然と響く軍靴の音は依然と変わらず、雄々しくて。
翳り一つなく荘厳で、
それこそ何かの冗談みたいに、同じ偉容を携え、二体の鋼の戦鬼の前へと姿を現す。


「さあ、ここから(・・・・)だ。来るがいい――明日の光は奪わせん」


クリストファー・ヴァルゼライド、再臨

限界を超え続けた男が、ついに覚醒した。その(いのち)を核燃料へと変換しながら、
最高神(ゼウス)の名を持つ男は、最大の武器たる天霆(ケラウノス)を振り翳し、万象を灼き尽くす輝きを放つのだった。


そんな現実の光景(・・・・・)を前にして、ウラヌス(かいぶつ)は目眩が止まらない。
先程まで己が誇っていた先天的優位(不条理の力)など、まるで塵同然である(・・・・・・)かのように……
異能だけでなく、その傲慢(プライド)を一撃ごとに切り裂かれ、人間(バケモノ)めと悲鳴を叫ぶ以外に出来ることはない。








  • 散々ネタにされるけどウラヌスちゃんのスペックは魔星でも上位だと思う 相手が悪すぎたけど -- 名無しさん (2018-08-27 00:24:39)
  • ↑一応、ここでは閣下も見事と言ってるんだよね、珍しく。実際、本気おじさんとウラヌスなら、どっちが上なんだろうか? -- 名無しさん (2018-08-27 09:37:31)
  • 本気おじさんもウラヌスちゃんも同じ空間制圧型の星辰光でスペックだけならウラヌスちゃんが圧倒してるよね当然だけど。ウラヌスちゃんがどうこうより本気おじさんの本気に本気おじさんの肉体が持つかどうかが分かれ目になるだろうね。 -- 名無しさん (2018-08-27 13:06:14)
  • 物質である限り絶対零度には勝てないからな、本来 -- 名無しさん (2018-08-27 16:49:05)
  • 氷も物質だしバラまかれた氷を物質再形成能力で利用すればおじさん勝てるでしょ。まぁ、アストラルの能力が他のものでも何とかしちゃいそうだけど -- 名無しさん (2018-08-27 17:46:36)
  • ↑氷へのウラヌスの干渉力次第じゃない?まぁ、それでも、上回れそうなのがウラヌスちゃんのウラヌスちゃんたる由縁だが。相性最悪のマルスと組んで、やっと勝ち目が出る感じか?光の亡者度まで考えると。 -- 名無しさん (2018-08-27 22:02:05)
  • ↑マルスさんだけで十分だからその場合ウラヌスちゃんいてもいなくても・・・ -- 名無しさん (2018-08-27 22:06:40)
  • あ、いや、マルスさんの維持性が切れるの待ちって作戦もあるからおじさんの攻撃の手を少しでも緩めるのには貢献できるか -- 名無しさん (2018-08-27 22:07:20)
  • ↑2というか、どんな手を使っても光の卷属苛められればウラヌスちゃんはご満悦そうだから、マルスさんのオマケでもウラヌスちゃん楽しそうw -- 名無しさん (2018-08-27 22:20:42)
  • クールになれない氷属性は二流ってはっきり分かんだね。憤激は火属性や電気属性じゃないと映えない。 -- 名無しさん (2018-08-31 13:31:53)
  • 何だかんだ根っこが腐ってたとしてもやる時はやるし、魂腐ってるって評して踏破する連中がおかしいだけでやっぱりウラヌスちゃんも強いしかっこいい…とは違うけど魅せる物があって好きだわ -- 名無しさん (2018-09-01 08:06:27)
  • 俺もウラヌスちゃん好きだよ。ちょうどいいおっぱいの大きさとか体は100点だし。 -- 名無しさん (2018-09-01 20:17:50)
  • ヴァルゼライド「大和は、アドラーに技術と繁栄をもたらす素晴らしい存在だが、義務を果たさない腐った存在を敬う必要性はない。そして、何度言えば貴様は貴種では無いと理解する!」 -- 名無しさん (2018-09-02 09:39:37)
  • 覚醒理由の憎悪の起点が何とも言えない理由で、尚且つ伯爵と同じで積み重ねもないから二度目の覚醒はなく、残ってたプライドすら虚勢になって折れてしまったってのが残念ポイント -- 名無しさん (2018-09-10 22:14:47)
  • 存在自体が残念なんだからむしろ1回でも覚醒できたことを褒めてあげてもいい -- 名無しさん (2018-09-10 22:32:25)
  • ↑ひでぇけど実際その通りなので否定できないw -- 名無しさん (2018-09-11 13:30:33)
  • 「ヴァルゼライド閣下ならできたぞ?」は「閣下だからできるんだよ俺らにできるか!!」ってなっちゃうけど「ウラヌスちゃんでも覚醒できたぞ?」だと「俺らでも1回くらいなら覚醒できるかも・・・?」ってなるから俺らに希望を持たせることができるウラヌスちゃんは褒められるべき -- 名無しさん (2018-09-11 15:36:55)
  • 見た者の目を焼きつくす総統にあんだけ接していて、何も性根が変化しなかったのはある意味凄まじいのではなかろうか、って考察見て笑った -- 名無しさん (2018-09-11 21:19:54)
  • この台詞の下に丁度ヴィクトルの台詞があったから、会話が成立しているように見えた -- 名無しさん (2018-10-03 12:24:50)
  • チトセ「貴種を、大和を、いったい何だと心得るのだ。弁えろォォッ!」ウラヌス「ぐぁああああ!」 -- 名無しさん (2018-10-03 17:00:33)
  • このあと一応覚醒したけど、本人の望まないような感じになってたからもしかして理論上のスペックをやっと出したに過ぎないんじゃと思ってしまう。 -- 名無しさん (2018-10-19 00:34:13)
  • なるほど。光が覚醒で150%やら1000%やら叩きだすのに対しこの娘はそれまで80%だったのを100%出して覚醒面していたと・・・ -- 名無しさん (2018-10-20 08:26:15)
  • 出る作品が違ってたらラスボスになれた(実力だけなら)。キャラとしては小物すぎる。 -- 名無しさん (2018-10-28 15:20:59)
名前:
コメント: