壊れたモノの復旧法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ページ最終更新日時: 2011/06/14 19:10:00

壊れたモノの復旧法

情報のご提供をお願いします。


住宅関連



車の復旧法など



家電関連



写真

写真プリントや記録メディアが水などをかぶったときの対処法について

写真プリントや記録メディアが水などをかぶったときの対処法について






ビデオテープ

水をかぶったり汚れたりしたビデオテープの対処法など**データ復旧

アドバンスデザイン、震災対策でHDDのデータを無償復旧するサービス>http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/17505/

ロジテック 東北地方太平洋沖地震により被災したパソコン周辺機器(メーカー問わず)のデータ復旧対応について>http://www.logitec.co.jp/info/2011/0314_02.html

日本データ復旧サービスセンター 東日本大震災復興支援としてデータ復旧サービスの無償提供実施のお知らせ>http://data119.jp/news201106/

メガネ・補聴器

パリミキ 東日本大震災の被災者・被災地への支援について>http://www.paris-miki.co.jp/cgi-bin/paris-miki.com/index_support.cgi

古文書

asahi.com 古文書救出、時間との闘い 仙台のNPO、休日返上>http://mytown.asahi.com/areanews/miyagi/TKY201105080232.html

日本画


図書館の取り組み

国立国会図書館 東日本大震災復興支援ページ
http://www.ndl.go.jp/jp/news/support.html
☆資料提供・資料相談(レファレンス)
 東日本大震災で被災された地域(青森県・岩手県・宮城県・福島県・茨城県・千葉県)において、復興のために必要な図書館資料の複製物での提供・資料相談をメール・FAXで受け付けております。
 支援対象は、以下に該当し、当館の通常のサービスによる資料利用・資料相談ができない組織・個人になります。
1.被災地の震災復興に携わる国・地方公共団体の諸機関、医療・教育機関、企業、ボランティア団体等
2.上記地域において被災した個人(被災地以外に避難した場合を含む)
 (受付期間:平成23年5月末日まで。それ以降の扱いについては、状況により判断いたします。)

saveMLAK
資料修復のための情報、施設復旧作業のための情報など図書館、博物館関連の情報が充実しています。


コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。