本多健一とは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

埼玉県出身の光電気化学者


本多健一
埼玉県出身の光電気化学者。NHK技術研究所勤務を経て、昭和50年東大教授、59年京大教授となり、その後は京工芸大教授、平成8年同大学長を務めている。
祖父は日比谷公園などの設計を手がけ日本の「公園の父」といわれる本多静六。
1925年8月23日 に生まれ 2011年2月26日に85歳で他界。

本多健一氏は東京大学工学部の助教授時代、現在、東京理科大学学長を務める藤嶋昭氏とともに酸化チタンの電極を水に浸して光を当てると、水が水素と酸素に分解される光触媒効果を発見。藤嶋昭氏も当時は大学院生であったものの、功績が認められ、この現象は「本多・藤嶋効果」と呼ばれている。その後、環境改善に貢献したとして平成16年の日本国際賞に選ばれた。
また本多健一は、日本学士院会員であるとともに東京工芸大学名誉学長および東京大学名誉教授となっている。


略歴

1949年、東京大学工学部卒業
1957年、パリ大学理学博士
1957年、日本放送協会技術研究所
1961年、東京大学工学博士
※論文の題は「有機化合物の電解製造およびポーラログラフ的研究 」
1965年、東京大学生産技術研究所講師
1966年、東京大学工学部助教授
1975年、東京大学教授
1983年、京都大学教授
1986年、東京大学名誉教授
1989年、東京工芸大学短期大学部教授
1991年、東京工芸大学短期大学部理事
1994年、東京工芸大学教授、芸術学部長
1996年、東京工芸大学学長(2004年まで)


受賞

1979年、Chevalier, l' Ordre des Palmes Academiques, France
1982年、日本化学会賞
1983年、朝日賞
1983年、米国写真科学技術者協会フェロー
1989年、紫綬褒章
1992年、日本学士院賞
1992年、The Porter Medal Award, Belgium
1995年、勲三等旭日中綬章
1997年、文化功労者
1998年、日本学士院会員
2004年、日本国際賞


その他、埼玉県出身の主な科学者

飯島澄男
(物理学者、化学者。カーボンナノチューブ発見者。NEC特別主席研究員、文化功労者、日本学士院恩賜賞受賞者、文化勲章受賞者):越谷市

海野和三郎
(天文学者。近畿大学教授):さいたま市(旧・浦和市)

落合英二
(薬学者、文化勲章受賞者)

金子明雄
(天文学者。日本大学文理学部国文学科教授):日高市

柴崎正勝
(有機化学者。東京大学大学院薬学系研究科教授、日本薬学会会頭)

志方益三
(化学者。京都帝国大学教授、名古屋大学教授、学士院恩賜賞)   等