期間限定PBC設定まとめwiki

大正FT編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

期間限定PBC(名称未定) 第1部 大正FT編 設定置場

追記等ご自由にどんぞ。

追記部分は色変え&日付付記すると分かり易いかもしれません。

◆ 世界観 ◆

大正時代の日本をモデルとしたFT世界。
技術や生活水準はほぼ史実に準拠。
FT要素として

 1.人間を襲う魔物(怪異(仮))が存在する 
 2.魔物狩りを生業とする異能者(陰陽師や修験者等=退魔師)が少数存在
 3.国家直轄の退魔組織(帝都治安維持部(仮))が存在
(15.01.5)

◆ ネタそーす ◆

大正時代であるからには、関東大震災は絡めたい。
大震災→魔物の仕業
 …阻止しようとするけど失敗するシナリオとかいいかもしれない。

大震災が起きる→日本沈没レベルの大災害。
最大被害は阻止するけど、残念ながら首都は壊滅、くらいの。

(15.01.5)

◆ シナリオなど ◆

期間:2ヶ月~4ヶ月
GT:
 =RTの場合は大正12年7月(2ヶ月の場合)or5月(4ヶ月の場合)くらいから?
 ≠RTの場合は大正10年くらい(組織の発足)から数年かけて…とか。
 とりま大正12年9月の大震災勃発をラスイベに持ってきたい。

内容:
案①
 帝都を守る組織(帝都治安維持部隊(仮))に所属する軍人さんと術師の物語。
 軍人と術師が時に反目、時に協力しあいながら、人類の共通敵である魔物を狩る方法を探る。


ゲーム以前の流れ

卜占で関東大震災の発生予測→術師からお偉いさんに打診あり→時同じくして魔物発生→組織発足
同時に魔物の研究機関(後々人体実験とかに走るあの組織の前身)もたちあがる。
対抗手段の研究が始まり、やがて魔物の一部を埋め込んだ武器が有効であることが発覚。
組織に武器が支給され、魔物討伐が始まる流れに。


案②
 サナトリウム系。至醒のみたいな人間関係構築もの。
 帝都を守る組織の軍人さんと、儀式の生贄になる為帝都にやってきた退魔師の交流物語。
 基本的に戦闘はオマケ。

◆ システムなど ◆

案①の場合
  • 多分謎解き  → シナリオ消化で段々謎(魔物の倒し方)が解明してく方式。
  • バトルシステム→ ダイスorロール。ダイスにしてもあんまり複雑にはしたくない気持ち。
  • パートナー制 → 変動パートナー制。
  • ミッション制 → やる気重視。やらなくても話は進むくらいの。MMORPGみたいなイメージ。

案②の場合
  • 交流もの   → 軍人と退魔師、容認派と否定派、それぞれの立場で限られた時間の中で人間関係を構築。
  • バトルシステム→ ダイスorロール。どっちにしろメインにする気にはないから軽いのでいい。
  • シナリオ提供型→ GM側からのトップダウン。tmgみたいな環境提示するタイプ。

◆ PC ◆


案②の場合
職業は大きく分けて 軍人 と 退魔師 が存在。
思想を(生贄)容認派 と 否定派 から其々選択。
必ず日本出身の日本人であること。
軍人さんは基本的に普通の人間。
退魔師は寿命と引き換え魔を祓い鎮める術を得た人間。寿命は大体40歳くらい。成長速度は同じ。
たまに化け物みたいに長生きな退魔師もいる。

<軍人>
 階級 軍曹~少尉 …基本は士官学校出たてのぺーぺー(か、うだつの上がらない平士官)
 年齢 17歳~
 立場 重要な退魔儀式を担う退魔師の護衛兼監視。基本的に政府の狗。

<退魔師>
 流派 神道系/陰陽道系/修験道系/仏教系 から選択。詳細はPL毎に設定可能。西洋系は不可。
 年齢 12~17歳
 立場 古来から日本を守ってきた退魔師の末裔。卜占を経て生贄絵として選ばれた子供たち。


<生贄容認>
あるいは保守派とも。
古からの儀式を重要視する一派。
少数が犠牲を払い、大多数を救うことを善しとしている。
怪異との契約に忠実。
退魔師の多くはこの思想を植え付けられて育っている。

<生贄否定>
あるいは革新派とも。
人命尊重を掲げ、生贄の儀式を悪習と否定する。
退魔師ばかりが犠牲を払う事を良しとしていない。
生贄の生きる権利を主張し、その為の技術研究も行っているとか。