「信じる心」ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「信じる心」ルール

 

村人が人狼では無いと信じる心を軸にしたルールです。

このルールでは人狼が全滅してもゲームは終わらず、村人が最後の1名になった時か、村人が複数名の時に全員が夕方の投票時間に「吊らない」を選択した時点で終了します。

投票時間内に投票しなかった場合も「吊らない」を選択したとみなされます。

 

勝敗判定

 

 ・人狼が全滅し、村人が複数名の時に、全員が夕方の投票時間に「吊らない」を選択する。

「村人完全勝利」

 

・人狼が全滅し、村人が最後の1名となる。

「村人勝利」

NEW! 「村人勝利」→「引き分け」にする?

 

 ・人狼が生存中に、全員が夕方の投票時間に「吊らない」を選択する。

「人狼勝利」

 

new!※しばらく狐は無し、慣れてきたら入れるかも。

 ・妖狐が最後の1名となる。

「妖狐勝利」

 

 ・人狼の生存、全滅を問わず、妖狐が生存中に、全員が夕方の投票時間に「吊らない」を選択する。

「妖狐勝利」

 

「信じる心」ルールでの、特別行動

 ・夕方の投票で「吊らない」を選択出来る。

  例1:AさんとBさんとCさんの三名(役職問わず)が生き残り、投票に入る。

   結果:Aさんが「吊らない」を選択。BさんとCさんが投票する。

    ・同数投票:GMの判断により、話し合い時間の延長か、GMのダイスにより吊られる人を決定するかのいずれかが決められる。

    ・同数投票以外:通常の投票と同じく、票数が一番多かった人が吊られて亡くなる。

 

  例2:AさんとBさんが生き残り、投票に入る。

    ・同数投票の時も、同数投票以外の時も、例1の結果と同じ判定を行う。

 

 ・人狼は夜間の行動として「噛まない」を選択出来る。

  new!「噛まない」選択使用回数は、参加人狼数と同じにします。

  「噛まない」を選択:狩人による防衛成功時と同じメッセージが流れる。

  「噛む」を選択:通常の人狼ルールと同じ。

  人狼が全滅している:狩人による防衛成功時と同じメッセージが流れる。

 

コメント(Pertsovka)
具体的にどう改善したらいいかすぐに思いつかなかったのだけれど、気になった点だけ挙げるとすると
・最後に2名残ったときに勝負がつかなくなる可能性が高いのでは?
・↑とも関連して、村側が「完全勝利」を目指す明確なモチベーションがないので、結局最後の一人になるまで吊り続けるゲームになる気がする
・妖狐にとっては、常に「吊らない」を選択することが最善手となる。(特に無効票を「吊らない」宣言と同等に扱うのであればなおさら)
こんなところです

「村人勝利」