乃木若葉は勇者である 全体考察

「乃木若葉は勇者である」本編全体に関係する部分を考察するページ。

勇者御記

勇者御記 西暦二○一八年八月 乃木若葉記

本日午後、
丸亀城より瀬戸内海を臨む。
ここに立つ度に、私は自らの誓いを改める。
奪われた世界を必ず取り戻す、と。
我ら勇者はそのための矛。
数はわずかなれど為し遂げなければならない。
仲間たちの中でも、
友奈の前向きな姿はこの世界では得難いものだ。
■■■は不安定な面が見えるが……。
+ 考察

勇者御記 西暦二○一八年九月 土居球子記

平穏な日々が続いてる。
毎日の訓練は大変だし、たった■人しかいない学校も
退屈だなーと思ってたけど、慣れちゃえば案外悪くない。
でも、この日々がいつまで続くかなんて分からないんだ。
こんな状況じゃ■■■のことが心配だ。
彼女は四国の勇者の中で多分一番もろい。
若葉はそのことに気づいていない。
若葉は強い。
強いから、人間の弱さが分からないのかもしれない。
仕方ないな、
だったらタマが気にかけてやらないと。
タマに任せタマえ、なんてな!
+ 考察

勇者御記 西暦二○一八年九月 伊予島杏記

私は震えて動けませんでした。
心のどこかでは私は、戦いなんて起こり得ないことだと
思っていたのかもしれません。
けれど、奴らはやって来ました。
戦いは始まってしまったのです。
勇者には武器が与えられていました。
神様の力が宿った専用武器、勇者の戦装束、
そして……特別に強い敵と戦うための『切り札』。
でも、それは■■■■■■■■■を
■■■■■■■■■のです。

勇者御記 二○一八年十月 高嶋友奈記

あの技を使うと、とにかく疲れました。
すっごく強いですけど、
1度の戦いで何回も使える技ではないと、
身をもって分かりました。
事前に、技のリスク……
体力の消耗や疲労感の説明はありましたけど、
体験してみると違います。

今回は一目連に手伝ってもらったけど……
私としては、力が強化されるのも欲しいかな。
「■■■■」いつか試してみたいと思います。

勇者御記 二○一八年十一月 土居球子記

タマは杏が好きだ。
杏もタマが好きだ。
付き合っちゃうか。
それは冗談として……
なんで奴らに■■■が通じないんだ?
シルエットは■■っぽかったのに。

あの容赦のなさ、
そして■■■を受け付けなかったことから
タマが出した結論が……一つ。
奴らが元々は■■だったとか、
そーいうのは一切なしっ!
断言するっ!
間違ってたらここの日記全部消しといて!

勇者御記 二○一九年一月 伊予島杏記

休暇をもらえたのは、嬉しいです。
読みたい本がいっぱいあったので。
ただ今後、
特定の■が■■される可能性が出てきたとのこと。

ただただ、悲しいです。
+ 考察

勇者御記 西暦二○一九年一月 乃木若葉記


私のせいだ。
共に戦う者を傷つけてしまった。
戦って勝ち続けているうちに、■■してしまったのだろうか。
今の自分のままで良いのだと思い込んでいた……。

……ひなたが言っていた。
そもそも世界がこんな事態に陥ってしまったのは、
人類の■■が原因だと。
神樹様がそう告げている、と。

私のその一人だと、いうことなのか……?
+ 考察

勇者御記 二○一九年二月 高嶋友奈記


もしかしたら……いや、きっと。
……ううん、絶対!
私のたちの他にも生きている人たちは、いる。
そうに決まっている。
たとえば■■■は、希望が高いみたい。
その人たちのために、私たちはくじけない。
+ 考察

勇者御記 二○一九年二月 土居球子記


気づいたことがある。
やっこさんたち、どんどん進化していく。
まぁ、タマも進化していくから問題ない。
心技体。すべてにおいてタマは成長している。
数年後のタマのしなやかさに、
皆がぶっタマげると予言しておく。

でもさ、そもそもやっこさんたちが出てきたのって、
神樹様とは■■■■のせいだったりするのかな?

勇者御記 二○一九年三月 伊予島杏記


みんなでお出かけをします。
いわば、「勇者部」という部活の修学旅行、です。

どうか楽しい旅でありますように。
悪いことが起きませんように。
生き延びた人たちとの出会いがありますように

ルートは■■半島は避けるようにとのことでした。

勇者御記 ❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚ ■■■■


■■❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚
■❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚
❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚❚

勇者御記 二○一九年三月 乃木若葉記


皆を鼓舞するためとはいえ、
連日流れる■■の情報を見ていると、
背筋がぞくりとする。
これは苦し紛れの手段ではないか。
世界はもう、取り返しのつかないところまで
来ているのではないか。
……いや、ここで弱音を吐くわけにはいかない。
私たちは、勇者なのだから。

勇者御記 二○一九年四月 伊予島杏記


強力な技には代償が伴う。
精霊の力を使う切り札は、
勇者の体に■■が溜まる可能性があります。