悪魔を暴く者 ルチア

カード名 レアリティ カテゴリ レベル 詳細説明
悪魔を暴く者 ルチア WR ソウル 4 【アシスト】使用可能レベルに達すると、以下の効果を発動する。
〔小//大/特大〕 ▲最大HPが上がる
〔小/中//特大〕 ▲ドロー攻撃力が上がる
〔   特殊   〕カテゴリが道具のアシストカードが2枚以上発動している場合MP回復速度が上がる
【ソウル】巨人召喚 回復双輪陣
【モチーフ作品】イタリア民話「銀の鼻」
【イラスト】rioka/ 【CV】井上麻里奈
「見た目で判断すると、痛い目を見ますよ!?」
Ver.4.00のソウル。

Lv4からHP・DSの強化。数値はドロー攻撃力寄り。
特殊効果で道具カテゴリのカードが2枚以上発動していれば常時MP回復速度UPも発動する。
増加量は1秒あたり約0.252MP。(+MAXの時)

Lv4到達を残り時間5分のタイミングと仮定した時、特殊効果で得られるMPの総量は75MPほど。
発動レベルに差はあるが、泉の武器商人ヘルメスを常時発動させた理論値とほぼ変わらない数値。
条件となる道具装備についても「冥界を渡るランタン」を始めとして使いやすいものが揃っているのも好印象である。
ドロー強化の道具も多いため、多くのファイターで選択肢に入れられるだろう。ドロー型アタッカーには強化が時限となりやすいルチアビルドは扱いにくいか。

+5、+MAXでMP回復速度アップ。

お話では洗濯屋に暮らす三姉妹の末娘。
悪魔を侮り捕らわれた姉二人を機知によって助け出し、自らも無事脱出する活躍を見せた。

一部の版では、母親が銀色の鼻を怪しんで悪魔と看破しようとしたが、結局姉二人は悪魔の存在を信じずに行ってしまいとんでもないことになった。

姉二人が屋敷の開けてはいけない扉を開けて大騒ぎと言うのは、暴かれた秘密の鍵が登場する青ひげに似ている。

参考までに両方のお話の比較をしてみよう。
青ひげ 銀の鼻
出典 ペロー童話 イタリア民話
主人公が屋敷に行くきっかけ 嫁ぎ先として 奉公先として
開けてはいけない扉の先 死体置き場 地獄の炎
開けてしまった証拠 血の付いた鍵 焼け焦げた髪飾りの花
脱出方法 兄二人が駆けつけてくれた 妹が姉を洗濯物袋に入れて銀の鼻に運ばせた
結末 青ひげを倒し、青ひげの遺産は家族で分け合った 無事に脱出し、銀の十字架で魔除け

ワンダーにおいては虫眼鏡にマント、ハンチング帽と探偵めいた出で立ちである。悪魔を見破ったところからの着想だろうか。

一部では宵の王ヴァンピールが銀の鼻と関係あるのではないかという声もあるが真相は如何に。

互換ソウル(HP&ドロー攻撃力)

レアリティ Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7
SUPER RARE グレイト 舌抜き鬼婆
【HP中DS大】
家精ブラウニー
【HP大DS中】
砂糖の妖精シュクル 木こりのバウアー ウェンディ マリーとシャシュカ
WONDER RARE スミー
【停止時HP回復】
バンダースナッチ
【ポイズン軽減】
泉の武器商人ヘルメス
【MP一定量以下の時MP回復速度UP】
パンサー
【MP一定量以下の時MP回復速度UP】
13を司る者テネブル
【停止時MP回復速度UP】
悪魔を暴く者 ルチア
【道具2枚でMP回復速度UP】