占星遊戯祭

Ver3.00「醒し創聖の闘歌劇」の目玉となる、期間限定で開催される全国対戦モードです。



開催スケジュール

開催予定

  • 過去開催された占星遊戯祭
+第1回占星遊戯祭『カプリコーンフェスタ』 2018/1/9 ~ 2018/1/14 毎日16:00 ~ 23:59 土日のみ13:00 ~ 23:59
+第2回占星遊戯祭『ピスケスフェスタ』 2018/3/5 ~ 2018/3/11 毎日15:00 ~ 23:59 土日のみ13:00 ~ 23:59
※前回よりも平日の開催時間が1時間早まっている。
+第3回占星遊戯祭『タウロスフェスタ』 2018/5/7 ~ 2018/5/14 毎日15:00 ~ 23:59 土日のみ13:00 ~ 23:59
+第4回占星遊戯祭『キャンサーフェスタ』 2018/7/9 ~ 2018/7/15 毎日15:00 ~ 23:59 土日のみ13:00 ~ 23:59

■概要

多彩なMAPやルールに加え、超強力アイテム「運命の水晶」やMAPギミック「強化ブースター」が出現する
特殊な「4VS4」の対人バトルをプレイできるお祭りバトル的なモードです。

占星遊戯祭では個人の強さを表すものとして、PAWN~KINGで構成されている「フロア」の要素が存在します。
「フロア」は、バトルに勝利する度に得られる「注目度」の合計により上昇し、最終的に上位フロアへ入賞することで、
「オペラ称号」などの各種褒賞を獲得することができます。

通常の全国対戦と違い「運命の水晶」によって劣勢から一気に流れが変わって逆転する展開もままあります。もちろん逆も然り。
「占星」遊戯祭の名前が示す通り、勝利のためにはプレイヤーの運も多分に必要になってくるでしょう。

なお、このモードの開催中はいつものマメール女史に代わり、四創聖シェハラザードがゲーム内アナウンスを担当します。
(試合中だけでなくモード選択時やマッチング中、カード獲得時や創聖石の間でも変化。チケット購入時、カスタマイズ、リーフショップは変わらず)

■レギュレーション

  • キャンサーフェスタ-参加条件(※Ver2.0からの新ランクシステムに対応)
    • トータルランク(TR)がブロンズ(1500~)以上
  • 注目度
    • 初期注目度:1,000
※前回最終フロアによる補正はなく、トータルランクによって注目度が加算される形となっている。
トータルランク 1500~3900 4000~5900 6000以上
開始注目度 1,000 1,200 1,350


■マッチングルール

基本的なマッチングルールは全国対戦と同様だが、プレイヤー選出条件が変更されている。
判断材料は現在フロア・注目度・プレイヤーのロール使用率などが考慮される模様。(要検証)

※通常の全国対戦とは違い、舞闘会は「4VS4」の対人バトル成立時のみ、プレイが可能となるモードです。
(非成立の場合、全国対戦および修練場のいずれかを選択できる画面へ移行します)

■ルール

基本的にゲーム概要・ルールに基準します。

■運命の水晶

占星遊戯祭にのみ登場する特別なアイテムでこのモード最大の特徴。取得することでランダムに様々な効果をもたらします。
効果はプレイヤー強化から兵士強化、敵キャストへの攻撃と多岐に渡ります。中には一気に流れをひっくり返す強力なものも。
なお水晶は色分けがされており、自陣側のプレイヤーチームの色の水晶しか取得できません。
また、一度取得すると一定時間(35秒)経過するまで再取得が不可能となっています。
また、(自分以外でも)取得された水晶は一定時間経過後に再出現するまでの間他の人が取ることが出来ません。
開幕中央が同サイドから進軍すると、水晶を最短で取ることが出来ない人が出てしまうため、進軍位置には注意です。

効果一覧

チャット欄通知○のものは効果発動時、左下のチャットログに「~~(効果名)発動!」のログが流れる。(味方キャストが発動したものを含む)
また、自身が引き当てた場合はシェハラザードの特殊な台詞「女神は君に微笑んだ!」「満天の星の輝きだ~!」etc.. が、
味方が引き当てた場合は掛け声(例、リトル・アリス「いぇい!」等)が流れるようになっている。
なお、「?????(セガチャット)」を引き当てた場合は当選者の掛け声「せ~が~♪」が全員に流れる。

取得時は星座になぞらえた12個の効果がルーレットで表示される。


新登場の効果は左端に「」と表記
効果名 説明 取得可能タイミング チャット欄通知
攻撃力↑ マスタースキルを除くキャストの全攻撃力が割合で上昇。効果時間25秒。 全時間帯
防御力↑ 防御力が上がり、敵からのダメージを固定値で5程度軽減する。効果時間は20秒。
兵士弾によるダメージがほぼ0になるため強気に攻め込める効果といえる。
スピード↑ 効果時間25秒。速度増加はそこまでではなく、ピーターのドリームウィンドよりも効果は低い。
硬質化 温羅のものとほぼ同じ硬質化効果を得る。効果時間は15秒。
ほぼ、というのはこちらの硬質化には敵のドローショットを遮る効果が無い為。
開幕これを引ければレーン戦で強引に相打ち勝ちを狙える他、試合後半闇吉備津デス・フックを始めとするアタッカーが硬質化して飛び込んでくるのは恐怖の一言に尽きる。
ただし防御力は上がらないので無理をするとあっさり沈む。あくまで保険程度に考えたほうが良い。
HP回復↑(瞬間) HPをその場で10~30回復する。回復量は試合後半になるほど増える模様。 中盤以降
HP回復↑(継続) 25秒間、HP継続回復状態になる。総回復量だけでいえばこちらの効果の方が上。
Lv4~6付近でルーレットを踏むと上記の瞬間回復と合わせHP回復のマスが2つ並んだ状態になる。
(?????→HP回復↑(継続)→HP回復↑(瞬間)→MP回復 の順)
終盤はこのマスが消える代わりに上位互換となる創聖の癒光が配置される。
中盤のみ
ドロー攻撃↑ 効果時間は25秒。 Lv2~
ストレート射程↑ 効果時間は25秒。アシストカードやメイド・マリアンのバフとは比較にならないレベルで大きく伸びる。
ドロー射程↑
回避性能↑ 回避による移動距離が大幅に伸びる。効果時間は25秒。
感覚的にはヴァイスのWSと同等くらいに伸びる。この手のお約束として緊急回避には効果が無い。
MP回復↑ 発動するとMPを最大値まで一気に全回復する。噛み合えば非常に強い。
MP回復速度↑ 第2回から登場。20秒間MP回復速度が約3倍になる。
ドロー貫通↑ 第4回から登場。 中盤以降
撃破ダメージ↑
Lv↑ 自身のLvが2上昇する。効果時間25秒。
チームLv3~4の段階でこれを引ければ一時的にLvが5を超え、Lv5解禁スキルやワンダースキルを先行発動できるようになる。
Lv3~中盤まで?
兵士強化↑ 発動時戦場に居る全ての味方兵士の防御力が上昇。(情報求:攻撃力は上昇するか否か) 効果時間は20秒。
兵士の耐久力はおよそ2倍かそれ以上。強化兵士への対策を持たないキャストだと意外と苦戦する事も。
Lv3~
創聖の星屑 敵キャスト全員の頭上に星を降らせる円形の範囲攻撃を発生させる。
星屑:範囲小、10程度のダメージとノックバック属性。
箒星:範囲大、20程度のダメージとダウン属性。
綺羅星:範囲大、20以上のダメージとダウン&強烈な吹き飛ばし(試合の残り時間orチームゲージ差で変動?)
範囲予告発生→命中までが早く、戦闘中に突然飛んでくるこれを無敵以外で回避するのは至難の業。

この攻撃は通常の攻撃スキルとはかなり仕様が異なり、キャストにしか当たらない(兵士・巨人はもちろんコア設置スキルに対しても無効)。
またキャストの攻撃力によってダメージが変化せず、これでとどめを刺してもキルダメージ上昇・キル時始動の専用アシストが発動しない。
ただしLinkアタックは機能する。
またスカーレットが発生させた場合デスセンテンスの効果が乗る
合わせて綺羅星を引ければクリティカルヒット確実の必殺技に化けるが小ダメージの雷撃を引いてしまう可能性もあるためそこは運頼み。
序盤のみ
創聖の箒星 中盤のみ
創聖の綺羅星 終盤のみ
創聖の大爆発 第5回から登場。発動と同時に自キャストの真上に星マークが、周囲に爆発範囲を表す円が出現。(どちらも相手から見える)
10秒後に爆発し、範囲内の敵キャストに30程度の大ダメージを与え、ダウンさせる。
相手からも爆発範囲が見える事、爆発が近づくと特有のSEが鳴る事もあり、警戒している相手に当てるのはなかなか難しい。
基礎スピードが速いキャストや瞬間移動スキルを所持するキャストなら多少強引にでも当てに行ける。
また○○星と同様、キャストの攻撃力によってダメージが変化しないためシリウスブリンクとの相性が非常に良い。
中盤以降
創聖の癒光 味方全体に強力なHP継続回復効果を付与する。効果時間は20秒で総回復量は50程度。 終盤のみ
WS回復↑ ワンダースキルを既に使用済みだった場合、再使用が出来るようになる
「ワンダースキルは1試合につき1回限り」というこれまでの常識を覆した。
第2回でやりすぎたため以降はやや出現率が抑えられている模様。
創聖の疾風 味方キャスト全員に一定時間スピードアップの効果。効果時間は20秒。
スピード上昇はかなり大きく、感覚的にはピーターのWS並に速くなる。
創聖の鈍雷 第2回から登場。敵キャスト全員の頭上に小ダメージとスロウ効果を与える雷を落とす。
スロウ効果はかなり強烈でフロストウォール級の減速率のものが8秒間続く。
余談だがこの雷に対兵士ダメージは一切無いが何故かスロウが有効で、巻き込まれた兵士列は進軍速度が遅くなる。
中盤のみ?
創聖の雷撃 敵キャスト全員の頭上に小ダメージとスタン効果を与える雷を落とす。スタン効果は5秒間とかなり長い。
星系3種に比べると発生→落下までがやや遅い。
被弾するとほぼドフリーで敵の一撃を貰う羽目になる。相手が一撃必殺のスキルを所持している場合危険度が跳ね上がる。
スキルによる妨害効果扱いなのか、スタンそのものは豊穣等の「スキルによる妨害効果無効化」や「スタン耐性」の効果で防ぐことは可能。
終盤のみ
創聖の毒雷 第3回から登場。敵キャスト全員の頭上に小ダメージとポイズン効果を与える雷を落とす。
毒効果は効果時間こそ短いがHP減少速度が非常に速く(効果時間フルでおよそ40ダメージ)、回復手段を持たないキャストは帰城を余儀なくされる。
例によってスキルによる妨害効果扱いなので、豊穣等の「スキルによる妨害効果無効化」や「ポイズン耐性」の効果で対策は可能。
????? 遊戯祭限定のカスタマイズアイテムがリザルト画面で貰える。?????を引いたプレイヤーだけでなくその時の味方プレイヤーを含む計4人に権利が与えられる。
第3回でフェイスショットが、第5回で「わんだー」「らんど」「うぉーず」スタンプが追加。
出現率は全ての効果中断トツで低い。(引けるかどうかは味方を含め運に大きく左右される。中には50試合以上プレーして1度も引けない人も開催回数が増えるにつれ出現率は上がってきている模様?ただしお目当ての景品を引ける確率は…)
またこの効果には試合を有利にする能力の類は一切ない。ある意味ではハズレ。
中盤以降


■強化ブースター

第4回占星遊戯祭から実装された新ルール(MAPギミック)。
通常のブースターとは別に黄色のブースターが戦場に設置されており、踏むと一定時間特定の能力が大きく強化される。
運命の水晶と違って発動する効果は完全固定。また通常ブースターと違ってスピードは上がらない。

  • 第4回・・・リンク攻撃力UP(20秒)
  • 第5回・・・無し

■バトル評価・注目度

占星遊戯祭でも、通常の全国対戦同様、試合中の行動によってポイントが増加し、それによって対戦結果での注目度に加算されます。
通常の全国対戦と比較して評価される行動はかなり少なめになっている他、一部のマイナスポイントが無くなっています。

このバトル評価に勝利時・敗北時の注目度増減値が加わり、更に連勝した場合、そこに連勝ボーナスが乗算されます。
(2連勝で×1.05、以降連勝するごとに0.05ずつ倍率が加算。最大で11連勝以上の×1.50まで増加)

なお、遊戯祭では試合中のNICE、試合終了後のMVP投票の結果は、注目度自体には影響を及ぼしません。
ただし、MVPに関しては後述の「演目」で関わってくることもあります。

名称 獲得p/1回 条件
レベルアップ +0.1 レベルアップするごとに加算
レベルアップに貢献 +0.1 経験値を多く取得していた場合"レベルアップ"の代わりに獲得
敵キャストを撃破 +0.2 自身が敵キャストにとどめを刺す。「創聖の~」でとどめを刺した場合は除く
味方が撃破 +0.1 味方が敵キャストにとどめを刺す。「創聖の~」でとどめを刺した場合は除く
味方と連携 +0.1 味方が撃破した敵キャストに自分が一定量ダメージを与えていた場合
"味方が撃破"の代わりに獲得
味方とLink +0.1 Link攻撃を行うと一定回数毎に獲得
ワンダースキル発動! +0.1 ワンダースキルを使用する
敵拠点を破壊 +0.1 敵拠点が破壊される。遊戯祭ではどこにいても常にポイントは一定。
落城勝利! +0.5 敵ゲージをすべて減らしての勝利。
全拠点防衛 +1.0 全ての拠点を残しての勝利。遊戯祭のみ
○拠点防衛 +0.7~+0.? 勝利時残り5拠点以下の場合、味方の残り拠点数に応じて獲得。遊戯祭のみ

■演目

遊戯祭に参加したプレイ中に、特定条件を満たすことで褒賞を獲得できます。
  • 第5回占星遊戯祭『ウィルゴフェスタ』演目
演目 内容 達成条件1 達成条件2 達成条件3
1 累計○回参加する 5回参加 創聖石×8 10回参加 創聖石×12 20回参加 創聖石×20
2 異なるキャストを○種類使用 1キャスト SRアシストの雫 2キャスト WRマスタースキルの雫 3キャスト マテリアルの雫
3 運命の水晶を○回取得 20個取得 フラグメントの雫 40個取得 マテリアルの雫 60個取得 フラグメントカード+
また、演目とは別に占星遊戯祭を一定回数プレイする度に、創聖石を獲得できます。
プレイ回数 獲得個数
3回毎 創聖石×6
※MVPとは、バトル終了後のアワード画面でNICEを選択した/されたプレイヤーを表します。
※演目の「異なるキャストを使用」は、使用したキャストの累計となります。
 例:演目2(達成条件2)の4キャストを使用の場合、演目3(達成条件1)で既に3キャストを使用しているため、残り1キャスト使用で達成となります。
※演目1~3それぞれ達成条件2および達成条件3につきましては、1つ前の達成条件を達成することで更新されます。
 例:演目1の達成条件1を達成後、演目1の達成条件2の条件に挑戦することができます。

  • 過去の占星遊戯祭演目
+第1回占星遊戯祭『カプリコーンフェスタ』演目
演目 内容 達成条件1 達成条件2 達成条件3
1 累計○回参加する 5回参加 創聖石×8 10回参加 創聖石×12 20回参加 創聖石×20
2 異なるキャストを○種類使用 1キャスト SRの雫×1 2キャスト WRの雫×1 3キャスト マテリアルの雫×1
3 運命の水晶を○回取得 20個取得 WSの雫×1 40個取得 マテリアルの雫×1 60個取得 フラグメントカード
+第2回占星遊戯祭『ピスケスフェスタ』演目
演目 内容 達成条件1 達成条件2 達成条件3
1 累計○回参加する 5回参加 創聖石×8 10回参加 創聖石×12 20回参加 創聖石×20
2 異なるキャストを○種類使用 1キャスト SRの雫×1 2キャスト WRの雫×1 3キャスト マテリアルの雫×1
3 運命の水晶を○回取得 20個取得 WSの雫×1 40個取得 マテリアルの雫×1 60個取得 フラグメントカード
+第3回占星遊戯祭『タウロスフェスタ』演目
演目 内容 達成条件1 達成条件2 達成条件3
1 累計○回参加する 5回参加 創聖石×8 10回参加 創聖石×12 20回参加 創聖石×20
2 異なるキャストを○種類使用 1キャスト SRの雫×1 2キャスト WRの雫×1 3キャスト マテリアルの雫×1
3 運命の水晶を○回取得 20個取得 WSの雫×1 40個取得 マテリアルの雫×1 60個取得 フラグメントカード+
+第4回占星遊戯祭『キャンサーフェスタ』演目
演目 内容 達成条件1 達成条件2 達成条件3
1 累計○回参加する 5回参加 創聖石×8 10回参加 創聖石×12 20回参加 創聖石×20
2 異なるキャストを○種類使用 1キャスト SRアシストの雫 2キャスト WRマスタースキルの雫 3キャスト マテリアルの雫
3 運命の水晶を○回取得 20個取得 フラグメントの雫 40個取得 マテリアルの雫 60個取得 フラグメントカード+

■特別称号・獲得報酬

遊戯祭終了時のフロアに応じて報酬・オペラ称号が獲得できます。
また、フロアに応じてアストロロジーレコード(占星遊戯祭用のライブラリーパスのような物)が変化します。
  • 第5回占星遊戯祭ウィルゴフェスタ』オペラ称号・獲得報酬
ランキング褒章
順位 オペラ称号
1 ~ 12 皇星・ウィルゴハート
111 ~ 9999までの
ゾロ目順位
(333、7777等)
シューティン☆スター
950 ~ 1050
1950 ~ 2050
・・・
8950 ~ 9050
ミルキーウェイハート
フロア褒章
フロア 注目度閾値 オペラ称号 報酬
KING 2000.0 猛り狂う火焔の王星 マテリアルの雫x4
フラグメントカード+
QUEEN 1850.0 聖女を示す占い師 マテリアルの雫x3
フラグメントカード+
ROOK 1700.0 美の準星 マテリアルの雫x2
フラグメントカード+
BISHOP 1400.0 - WRマスタースキルの雫x1
KNIGHT 1200.0 - フラグメントの雫x1
PAWN 1000.0 - SRアシストの雫x1
※舞闘会とは違い、フロアは順位ではなく純粋な注目度の数値によって決まります。
※一定のフロア(キング・クイーン・ルーク・ビショップ(new!))に到達するとフロアストッパーが掛かり、そのイベント中はそのフロアより下に降格しなくなります(注目度も下限で止まる)。

  • 過去の占星遊戯祭オペラ称号・獲得報酬
+第1回占星遊戯祭『カプリコーンフェスタ』オペラ称号・獲得報酬
ランキング褒章
順位 オペラ称号
1 ~ 12 皇星・カプラハート
111 ~ 9999までの
ゾロ目順位
(333、7777等)
シューティン☆スター
1000 ~ 1005
2000 ~ 2005
4000 ~ 4005
ミルキーウェイハート
フロア褒章
フロア 注目度閾値 オペラ称号 報酬
KING 2000.0 耀ける才気の王星 マテリアルの雫x3
フラグメントカード
QUEEN 1850.0 山羊を示す占い師 マテリアルの雫x2
フラグメントカード
ROOK 1700.0 地の準星 マテリアルの雫x1
フラグメントカード
BISHOP 1500.0 - WRの雫x1
KNIGHT 1200.0 - WSの雫x1
PAWN 1000.0 - SRの雫x1
+第2回占星遊戯祭『ピスケスフェスタ』オペラ称号・獲得報酬
ランキング褒章
順位 オペラ称号
1 ~ 12 皇星・ピスケスハート
111 ~ 9999までの
ゾロ目順位
(333、7777等)
シューティン☆スター
1000 ~ 1005
2000 ~ 2005
4000 ~ 4005
ミルキーウェイハート
フロア褒章
フロア 注目度閾値 オペラ称号 報酬
KING 2000.0 夢見る幻想の王星 マテリアルの雫x3
フラグメントカード+
QUEEN 1850.0 海魚を示す占い師 マテリアルの雫x2
フラグメントカード+
ROOK 1700.0 海の準星 マテリアルの雫x1
フラグメントカード+
BISHOP 1500.0 - WRの雫x1
KNIGHT 1200.0 - WSの雫x1
PAWN 1000.0 - SRの雫x1
+第3回占星遊戯祭『タウロスフェスタ』オペラ称号・獲得報酬
ランキング褒章
順位 オペラ称号
1 ~ 12 皇星・タウロスハート
111 ~ 9999までの
ゾロ目順位
(333、7777等)
シューティン☆スター
950 ~ 1050
1950 ~ 2050
・・・
8950 ~ 9050
ミルキーウェイハート
フロア褒章
フロア 注目度閾値 オペラ称号 報酬
KING 2000.0 佇む止水の王星 マテリアルの雫x4
フラグメントカード+
QUEEN 1850.0 金牡を示す占い師 マテリアルの雫x3
フラグメントカード+
ROOK 1700.0 金の準星 マテリアルの雫x2
フラグメントカード+
BISHOP 1400.0 - WRの雫x1
KNIGHT 1200.0 - WSの雫x1
PAWN 1000.0 - SRの雫x1
BISHOPのボーダーが1500→1400に変更されている。
+第4回占星遊戯祭『キャンサーフェスタ』オペラ称号・獲得報酬
ランキング褒章
順位 オペラ称号
1 ~ 12 皇星・キャンサーハート
111 ~ 9999までの
ゾロ目順位
(333、7777等)
シューティン☆スター
950 ~ 1050
1950 ~ 2050
・・・
8950 ~ 9050
ミルキーウェイハート
フロア褒章
フロア 注目度閾値 オペラ称号 報酬
KING 2000.0 温容たる母なる王星 マテリアルの雫x4
フラグメントカード+
QUEEN 1850.0 月蟹を示す占い師 マテリアルの雫x3
フラグメントカード+
ROOK 1700.0 月の準星 マテリアルの雫x2
フラグメントカード+
BISHOP 1400.0 - WRマスタースキルの雫x1
KNIGHT 1200.0 - フラグメントの雫x1
PAWN 1000.0 - SRアシストの雫x1

マップ

  • 第5回占星遊戯祭『ヴィルゴフェスタ』マップ
基本的な構造は第2回『ピスケスフェスタ』のMAPと同じ。

+第1回占星遊戯祭『カプリコーンフェスタ』マップ
第一回目のマップ「天空の古戦場」はジャックと豆の木をほうふつとさせるツタの通路で覆われている上空になっています。
以下の特徴があります。
カプリコーンフェスタ全景.jpg
※クリックで拡大
  • 森が存在しない
    • 不可視からの強襲が難しい。特定アシストの特殊効果を発動させられない(九環の錫杖が蓬莱の玉の枝の実質下位互換に)。
  • 特殊地形「大空」が存在する
    • 全てのキャストが侵入できない。浮遊属性のキャストでも不可能。移動スキルの通過は可能(昇天の羽衣で確認)。
    • ストレートショット、ドローショット、スキルによる攻撃は大空を通過する。突進攻撃のドローショット、スキルの挙動は要検証。
    • 「大空」は中央拠点と左右拠点の間(奥拠点寄り)に小円型が1つずつ計4個、自陣と敵陣の間の外壁の手前に長方形型が左右1つずつある。
  • 拠点について
    • 小拠点と特大拠点がなく、手前拠点は全て通常拠点、奥拠点は全て大拠点。端レーンの片側奥拠点は悠久門、他の奥拠点は刹那門となっている。

マップ上、左右場外に離れ小島がありますが、侵入手段は現時点では不明。
今回、マップ外周部に外壁がないので、場外に向けてショットを放ったり、場外を経由してドローショットなどを描いたりすることができる。
+第2回占星遊戯祭『ピスケスフェスタ』マップ
引き続きマップは「天空の古戦場」。カプリコーンフェスタとは大分マップ形状が違います。
ピスケスフェスタ全景.jpg
※クリックで拡大
  • 左右非対称のマップで、カプリコーンフェスタとは違い、森が存在。
  • 「大空」地形が森と森の間に点在。一部大きめの大空地形には橋が掛かっている。
    • 橋の縁は壁となっており、ショットやスキルが通過しない。
  • 拠点は引き続き手前側が通常拠点、奥拠点が大拠点。端レーンの片側奥拠点は悠久門、他の奥拠点は刹那門なのも変わらず。
+第3回占星遊戯祭『タウロスフェスタ』マップ
引き続きマップは「天空の古戦場」(名称が「天空の遺跡」だったという話も?)。
第3回となる今回は見知ったいつもの全国対戦と同様の形状。

タウロスフェスタ全景.jpg
※クリックで拡大
  • 中央奥拠点が大拠点になってやや後ろに下がってること以外、いつもの全国対戦と同様。
    • 巨人が中央レーンに出現した場合、奥拠点より前に出現する。
余談だが、初日は「運命の水晶」が出現しないバグが発生していた。それもう普通の全国対戦では
+第4回占星遊戯祭『キャンサーフェスタ』マップ
基本的な構造は第1回のMAPと同じ。
刹那門側は戦場中央付近に、悠久門側は自陣回復の泉付近に「強化ブースター(リンク攻撃力)」が設置されている。

テイルマスター

『四創聖』シェハラザード・アリー
モチーフ作品 "千夜一夜物語"より、枠物語内の語り手・シェヘラザード
担当バトルオペラ 占星遊戯祭
登場シーン 占星遊戯祭開催中、トップ・ロビー・
創聖バトルオペラの対戦(マッチング~リザルト)・カード入手・
創聖石の間のナビゲーター・実況として
Art. 前嶋重機 CV. 沼倉愛美
創作活動
マスタースキルカテゴリ 移動 代表創出キャスト ジーン
創作ツール 水晶球 チャーム 星/サファイア
他のテイルマスターと違い物語の終わりを自分の意思で紡がずに星の動きに委ねるという独特な方法で創出する。
元々は高名な占い師として名を馳せた人物だがその素性は明らかにされていなかった。


編集者・情報提供者 募集中



コメント

  • それは創聖の毒雷(今回から)。がっつり減るけど毒耐性効くのが有情かも知れない(MS扱いで各種防御Upは直撃ダメージには効かない様子)
    -- (名無しさん) 2018-05-10 12:57:58
  • ↑情報ありがとうございます。自分が食らったときスタンと毒が同時に出て何事かと思ったんですけど、毒雷と雷撃をほぼ同時に食らったんですね。ついてなかった;
    -- (名無しさん) 2018-05-10 13:35:58
  • はじめて占星遊戯祭やってここで書かれてる水晶ってなんじゃい?と思ってたら出てなかったんかw
    -- (名無しさん) 2018-05-10 14:26:38
  • 3回目のマップの名称が「天空の遺跡」説もある模様。調査求む。
    -- (名無しさん) 2018-05-13 17:10:45
  • ↑ ちなみにこれはライブラリで見たような記憶がある。今後ライブラリも確認したほうがいいかも。(ライブラリ専用名称?)
    -- (名無しさん) 2018-07-09 13:15:33
  • 第四回のマップは第一回マップに「強化ブースター・リンク攻撃力」が追加。場所は小さい丸い穴の手前側、少し外側にずれている。 また、3.2で全国対戦のチームゲージ総量が減ったので、チームゲージ量が多め。おそらく3.2改定前?の全国対戦のチームゲージ量かと思われる。調査求む。
    -- (名無しさん) 2018-07-13 16:21:55
  • 実験場としても面白い
    -- (名無しさん) 2018-09-18 23:49:28
  • wiki内検索で何も引っかからなかったのでここにコメントしておこう。 「?????」を引くとシェハラさん『ま、間違えた~!』ってしゃべってる その声の後に当選者の「せ~が~♪」が発動。
    -- (フェイススタンプ引いた人) 2018-09-19 20:50:45
  • ウィルゴフェスタ、ルーレット上の?????が3つになったから当選しやすくなった気がする
    -- (名無しさん) 2018-09-20 23:56:14
  • フロアアップ!???の始まりだよ 、って何て言ってるんだろう。えいが?栄華?
    -- (名無しさん) 2018-09-22 18:45:31
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る