シレネッタ

基本データ

「人魚の歌姫」シレネッタ 基礎ステータスRC(OD12)
モチーフ作品 "人魚姫"より、人魚姫(伊:Sirenetta)
ロール サポーター
開放条件 マスターランクE4到達※4
Art. 真嶋杏次 CV. 石田晴香
基本ステータス
最大HP Lv1: 35(39)※1 最大MP Lv1: 75
Lv8: 46(50)※1※3 Lv8: 91※5
ストレート攻撃力 C(1.1)※4 ドロー攻撃力 C(1.3)※5
射程 スピード B(2.1→2.2)※1,2
※1 ODにより増加
※2 Ver1.00-Bより。Ver1.00-Aまではドロー攻撃力C(1.0)、スピードB(2.0)
※3 Ver1.02-Bより。Ver1.02-AまではHP44(48)
※4 Ver1.10-Aより。Ver1.02-Bまでは開放E3、ストレート攻撃力1.0
※5 Ver1.11-Bより。Ver1.02-Bまでは最大MP90、ドロー攻撃力1.2

スキルデータ

ワンダースキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
スプラッシュメドレー☆ WR 超絶強化 5 なし フリックをすると即時発動する。
自身と全味方キャストにかかっているスキルの 妨害効果の
無効化妨害効果への耐性 を与え、 HP継続回復 状態にする。
さらに、自身の MP が大幅に 回復 する。
※戦闘中一度のみ使用可能
スキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
エナジーソング♪ R 回復 2 30※1 フリックをすると即時発動する。
自身と、自身を中心とした範囲内の味方キャストや巨人に
かかっているスキルの 妨害効果を無効化HP回復 する。
アクアスパイラル☆ R 妨害 2 20 自身から引いた線の先を中心とした 範囲に発動 する。
範囲内の敵に 小ダメージ を与え
敵キャストや巨人に スロウ を与える。
パッションストリ~ム☆ R 攻撃 4 50 自身から引いた線の方向に 貫通攻撃 を放つ。
ヒットした敵に 大ダメージ を与える。
この攻撃は壁を突き抜け、自身から離れるほど
攻撃範囲が拡大する。
バブルチャーム♪ SR 妨害 3 25 自身から引いた線の方向に攻撃を放つ。
ヒットした敵に 小ダメージ を与える。この攻撃は
敵兵士や巨人を貫通し、敵キャストにヒットすると停止して
その敵キャストを自身の前に 強制的に引き寄せる
フォーミィチアソング♪ ※2 SR 回復 4 40 フリックをすると即時発動する。
範囲内に自身や味方キャストや巨人が入ると
スキルの妨害効果を無効化 し、 HP継続回復 状態になる コア生成 する。
コア はHPが徐々に減少し、自身が撤退するか、 コア のHPが0になると消滅する。
この コア を同時に生成できる数は最大1個までで、2個目の コア を生成すると
1個目に生成した コア が消滅する。

※1 Ver.1.10-Aより35→30
※2 Ver2.00-Aより追加されたスキル

キャスト概略

低HPでMPが極めて高い、妨害と遠距離攻撃を中心としたサポーター。
攻撃力が低く足もやや遅く、打たれ弱いので奇襲は苦手。
ストレートショットはよろけ属性で射程が長く、当たり判定も大きい。近距離の捌き、遠距離の牽制と使い勝手は良いが、威力に欠ける。
ドローショットは隙が大きくダメージも低いが、長射程かつ大判定で、軌道を曲げることで渦巻きが長時間残る。
MPの多さもあって、ドローショットを大量に並べて敵の動きを妨害し、ストレートショットで接近を阻止する戦法が得意。
とはいえ基本的に一人で戦うキャストではなく、良くも悪くもサポーターというロールに相応しい。

状態異常回復、強力なスロウ、誘引といった特殊なスキル効果が多い。
エナジーソング♪はある程度のHP回復(MAXでHP15程度)が期待でき、状態異常を消す。MP消費は重いが、レーンを支える保険として重要。
アクアスパイラル☆は長時間かつ強力なスロウをかける。やや回避されやすいが、美猴に対して強力なメタスキルであり、対巨人スキルとしても重要。
バブルチャーム♪は引き寄せスキルとしてHPの減った敵のトドメを刺すのに使える。しかし積極的に撃破を取るキャストではないので単独で使っても効果は薄く、味方や兵士に攻撃させるなどの工夫が必要。ハマれば強力なスキルであるが、いかに使用前後の連携をつなげるかを考慮した立ち回りが求められる。

Lv3までは攻撃スキルが一切存在しないため、補助的な役割しか期待できない。
Lv4から使用できるパッションストリ~ム☆は、シレネッタ最大の強みであり、唯一単独で脅威を与え得るスキルである。
このスキルによるレーン制圧力の高さは、50という膨大なMP消費量に見合っており、「いかにLv4まで苦戦に耐えるか、いかにLv4からパッションストリ~ム☆で切り返すか」がシレネッタの運用で問われる。
このスキルがないと攻撃スキルが無いことになるので、ほぼ必須スキルと言える。

キャスト特有の欠点として、自力でダウンを奪う能力が無いため、ダウンさせなければならない場面では困ることがある。
また対巨人に弱く、巨人を処理できる有用なスキルが無い。アクアスパイラル☆で侵攻を遅らせることはできるが巨人撃破は非常に苦手。
人魚のイメージに反して水場を通過できない(泳げない)キャストである。画面上では浮遊移動に見えるのに何の冗談だ。
もしやあれは着地が見えないほどの高速でぴちぴち跳ねているのか…そのせいで金槌という俗称まであったりする

ワンダースキルのスプラッシュメドレー☆は、MP全回復の効果が得られる。
これによりパッションストリ~ム☆を連打して猛攻をかけることが可能。
また、味方全てに状態異常(ポイズン、スロウなど)の耐性を付与し、効果時間中にそれらを付与する攻撃を受けても状態異常にならない。
さらにHP継続回復効果も付き、効果時間を通したHP総回復量もそれなりに大きく全体効果としては強力な性能を持つ。

ピーターと比較して「低Lvから有利を取っていく」のではなく「敵を妨害しつつ高Lvから捲っていく」ことに特化している。
回復スキルはあるものの、Lv3までろくな攻撃スキルがなく、足が遅く、HPの低さから敵に狙われやすい、など弱点は多い。
しかし、高Lvかつ十分に温存されたMPがあれば、パッションストリ~ム☆とスプラッシュメドレー☆を駆使して一気に試合のケリをつけることが可能。
本領を発揮するにはレベルアップが必須で、立ち回りが特殊で覚えることが多いため、上級者向けのキャストである。
慣れないうちは全く戦果が出せないことになりやすいが、十分にやりこみ立ち回りを覚えれば他キャストにも引けを取らない。
水の上を移動できないことは、突っ込まないでおこう。

Ver1.00-Bでドロー攻撃力とスピードが上昇した。
Ver1.02-BにてHPと回避の移動距離が増加した。

+ キャラクター概略

  • 変幻の栞
シレネッタの場合、淡い紫の髪にところどころが日に焼けてない肌の日焼けスタイルに。
ビキニは緑、下半身も緑基調に変化。
褐色パッション人魚からやや落ち着きのあるイメージに。ハープが似合いそうである。

リフレッシュとレジストについて

このキャストの肝とも言える2つの効果について概要を記す。
※他のキャストやアシストとでも代用は可能。
リフレッシュ
本キャストではエナジーソング♪、フォーミィチアソング♪、スプラッシュメドレー☆にこの効果が付与されている。
敵から受けた妨害効果(以下デバフ)を消去する。
ただし、毒りんごのポイズンや月渡りのブーツの防御力低下など アシストカードで付与されるデバフは消すことができない
(ヴァイスのステルスフードの攻撃力低下は消すことができる)
(ポイズンについては一部ソウルカードが持つポイズン軽減で時間を短縮させることは可能)
また、美猴や大聖、ドルミールなどが持つフィールド型デバフについては、一瞬だけ消去させることはできるが、超短間隔でスロウのデバフを付与し続けるという仕様上、これだけではほぼ無意味になってしまうため効果は無いに等しい。
レジスト
本キャストではスプラッシュメドレー☆に付与。他キャストではリトル・アリスやシャドウ・アリスのWSに付与されている。
敵からデバフを受け付けない。ただし、リフレッシュにも該当するが、完全リフレッシュ・レジストでないと防げないものもある。
これも同様に、 アシストカードで付与されるデバフは無効化できない
(また、レジスト前に受けたデバフはこの効果だけでは消せない。しかしシレネッタの場合、リフレッシュとセットになっているためこの制約は無視できる。)
他にも、引き寄せやMPダメージなどはデバフではないため防げない。
継続スロウについては、スロウそのものを無効化できるので範囲内も普通に行動制限を受けずに移動できる。

ショット性能

ストレートショット

尾びれで起こした波を前方に飛ばす。射程は長め。
出始めの範囲はやや狭いが、遠距離にいくにつれ若干判定が大きくなる性質がある。
非ダウン属性(よろけ)で、単発の火力は最低クラス。
非ダウン属性はかつてのサンドよろしくハメ殺しができる凶悪な性質があるが、
一歩退きたいシレネッタの立ち位置やショット範囲が若干狭い事などからハメが成立しづらい。
それでもバブルチャーム♪からや壁際で当てたりすると一気に持って行けるので強い特性であることは確か。
単純に射程が長いので序盤のレーン戦でも割と使いやすい。

一方で敵を追ったり敵から逃げる時にダウンさせないのが弱点になる事もあり、
特に「逃げる時に敵に当てる→カスるような形になってハメが成立せず回避連打から反撃される」という事がままある。

Ver1.00-Bで硬直時間が減少した。
Ver1.10-Aでダメージが増加した代わり、遠距離での弾サイズが縮小した。
余談だが、Ver1.60-Aで起こした波が、二匹のイルカの形になった。

ドローショット

ハープを奏でて、判定が大きくスピードが遅めの水の竜巻(渦潮?)を発生させる。
急角度で曲がると大きく減速し、画面内に残る時間が増えるほどショットサイズ拡大によって範囲が拡大する特性を持つ。直線の軌道ではかなり速度が速くなる。

ただし、火力は低く、キャストに当ててもよろけとノックバックだけでダウンさせられない。
低威力かつ減速と範囲から、のろのろと兵士にヒットさせつつ兵士を倒さずに次の兵士グループを待ち、次のドローショットで倒しつつ次の兵士グループのヒットを狙えるという、チェインボーナスを最も繋げやすいドロー。50以上繋ぐことも容易である。
ただ火力自体は低くダウンを取れないのも痛い。複数ヒットしないため、停滞ドローでの足止めも意外に効果が低い。
ジグザグに書いて軌跡的に敵キャストに当たりそうだと読んだら先読みでチャームを置いておくようなコンボも可能。

その特性から敵兵士でチェインを繋ぎ、経験値を稼ぐのが序盤の役目・・・というコンセプトなのだろうが、実際にはそれだけではなく
殺意を込めて相手キャストのHPを削る・停滞を利用して敵の移動方向を制限するなど、敵キャストへプレッシャーをかける使い方も非常に重要。

強い部分と弱い部分がはっきり分かれたタイプのショットのため、これを使いこなせるかが最初の試練となるだろう。
火力の低さから迅速に兵士を処理しづらい。兵処理に優位な低Lvスキルがあれば弱点が目立たなかったのだが・・・。
性質上、リトル・アリスのボムバルーンとは相性抜群。相方が毒を撒いたらドローで処理してあげよう。

Ver1.00-B、Ver1.11-Bでダメージが上昇した。

スキル解説

スプラッシュメドレー☆

自身と味方キャストに罹っている妨害効果を消して妨害効果のレジストと
HP継続回復効果を与え、更には自身のMPを大きく回復するワンダースキル。
ダメージを受けても回復されることでチーム全員の積極的な攻めが可能になる。
勘違いしがちだが、タイムオブプリンセスと違い瞬発的にHPを回復できないことに注意。前に飛び出して兵士を足止めしながら発動する時など、
敵の目の前で使うときはHPが低い状態で発動していると回復する前にそのまま料理される可能性があるので要注意。
味方への総回復量自体はかなり大きいので、味方の回復も睨むなら早めに使う方が良い。
一方で継続回復なので、先述のTOPと異なりHP満タンで発動しても無駄になりにくいのはメリット。
リフレッシュとレジストが有能で毒やスタン、スロウ等と言った致命的な妨害を無駄打ちさせる事も出来る。尚、美猴や大聖のWSによる継続スロウ効果も無効化可能。まあ味方キャストはともかくシレネッタ自身は美猴に近づくと容易にキルされるので、あくまで頭の片隅に入れておく程度でいいだろう。

自身のMPが大きく回復するため、発動後スキルの連続発動も可能になる。
先にMPを使いきっておくことで有効に活用できる。
防衛の時間では強みを生かせないのでここから攻める!・攻めを途切れさせたくない!という場面で使おう。
慣れない内はLv5になったらさっさと使ってしまうぐらいでよい。
先に攻めた方が兵士供給量の観点から有利だからである。

ver1.50-Aにて効果時間短縮、更にHP回復量自体も減少と大きく下方修正を受けた。
やはり限定的とはいえ瀕死からほぼ全快させられるのはやりすぎであったか

スキルが+5,MAXになるとHP回復量が増える。

エナジーソング♪

自身と周囲の味方キャスト・巨人のHP、及び罹っている妨害効果を回復する。
ピーターのドリームウィンドより消費が重いがこちらはHP回復量が多く妨害効果の回復がある。

回復支援としての効果が優れているため、戦闘中は常に自分や味方が妨害を受けた時、このスキルですぐ回復できる状態を作っておこう。
もっとも、MPがそれなりに必要なため、いざというときに使用できないと強みが薄れてしまう。
うっかり他のスキルの使い過ぎてしまったりして使用不能になる点には注意。
また、ただ回復するだけでは、時間が過ぎるだけで不利な状況を消せても有利な状況になるわけではない。
あまりにHPが減りすぎているなら自身が帰城する・相方に帰城してもらった方がいい事もある。

あくまでも劣勢にならないための保険であり、劣勢を直接打破できるものではないと考えよう。
上記とは逆に他の事をする分にもMPが必要な事を忘れず、適切な使用を考えていきたい。
なお、隙がそれなりにあるので味方を回復しようとして自分が落ちないように注意。

度重なるVer.UPにより、かぐややシャドウアリスといった厄介な妨害スキル持ちが増え、出番が多くなってきているスキル。
回復やリフレッシュはシレネッタに期待される行動の1つでもあるので、可能な限りはセットしておいた方がいいだろう。
ただし、自身がスタンを喰らったり、Lv5以下でLv-4のレベルダウンを貰うと使えなくなるのでそれらの妨害スキルを被弾しない立ち回りが必要となる。
なお、Lv6以上でレベルダウンを貰った場合には使用できるので、味方の状態異常を解除可能なことは頭に入れておこう。
スキルが+5,MAXになると回復量が増加する。

Ver1.01で効果範囲が拡大した。
Ver1.10-Aで消費MPが35→30へ減少した。

アクアスパイラル♪

渦潮を発生させ、敵キャスト・巨人にダメージを与えつつ足止めをする。
ダメージは微量ながら発生時間が速く範囲が広く、スロウ効果を与えることができる。
レベルが上がればすぐに使用可能な点とそこそこMPが軽いのが利点。
ピーターのスタンと違い、ヒットさせてもある程度動けてしまうので味方との連携は必須。
とはいえスロウ効果はVer.1.50-A現在全スロウ技の中で最高級であり、味方の貫通技を圧倒的に当てやすくなる。
相手に近寄られたくない&味方をサポートしたいシレネッタとしてはきっちり当てていきたい。
相方がアタッカーならばキャストキルのチャンスが生まれる。
特にフックは見てて可愛そうになるくらい動けなくなる。
美猴の近接を助けたり、アリス・ミクサのWSから逃がさない為に撃つのも良い。
ただし、相手にサポーターが居る場合は注意。ピーターの場合、ドリームウィンドでスロウがある程度相殺されてしまい(スロウの方が効果は強い)、
シレネッタの場合はエナジーソングで回復される場合がある。
とは言えどちらもアクアスパイラルよりMP消費が多い為、その差だけMPを消費させられたと考えれば無駄ではない。

また、Ver1.50-Aからチェネレントラ、海賊アビルダと言った「スロウ耐性」を所持するソウルが登場。
これは、スロウ状態から短時間で回復してしまうという代物。相手がこれらのソウルを装備している場合も注意が必要。
とは言え無効化するわけではないので、使いどころをキッチリ見極めれば無駄にはならないだろう。

スキルが+5,MAXになるとスロウの効果時間が延長される。
効果時間は+4以下で約??秒、+5~+9で約??秒、MAXで約??秒。

Ver1.00-Bで射程と効果範囲が上昇した。
その後ver1.50-Aにて巨人に対するスピード低下値が上昇した。

パッションストリ~ム☆

徐々に攻撃範囲が広くなっていく高威力の貫通攻撃を放つ。通称・津波。壁を貫通する特性あり。
敵兵士を一掃する範囲と威力でシレネッタの高速運搬能力を支える技。
兵士と巨人を安全かつ足を止めずに攻め上がらせることができる。
加えて持続力もあり、MPが高い状態で2連発動後にワンダースキルで回復しさらに連発することも一応可能。
大体兵士2列を完全排除するため、2発も撃てば拠点に到着する。
また敵城前ではスポーンした敵を問答無用で蹴散らせる。攻城役の味方や巨人と一緒に攻め込もう。
強力なスキルではあるが、それ相応に消費MPが重く、さらに発動まで約4秒という非常に長い硬直時間がある。所謂スキル発生保証も存在しない。
下手にキャストの目の前で発動しようものなら、その硬直中に声が出なくなってしまう結末が待っているだろう。
味方との連携を始め、森の中から撃つ、兵士を盾にするなどの工夫で硬直をカバーしよう。

なお、高威力でありながら、ヒットしてもダウンせずよろけのみ。
HPに余裕があり、逃げるより突っ込んだ方が早い場合、ダウンしないのを利用して逆に隙を狙ってくる恐れがあるので、なるべく逃げるべきかどうか判断しずらい距離を狙いたい。

Ver1.00-Bで威力も上昇したため、キャストもうかつに触れられなくなった。
味方に気を取られている敵キャストの裏に回り込んで味方拠点側に撃つ、隣のレーンへの援護射撃気味に発動、などの使い方も一考。
シレネッタ使いの腕の見せ所である。
Ver.1.00-Cで限定配信された龍宮の園IVでは、拠点が4つある方のレーンで大活躍した。
これに限らず、複数レーンが隣接・合流しているようなマップでは若干斜めに撃つことで両レーンを薙ぎ払う運用が可能。
Ver1.61-Aで巨人に対してのダメージが上がったがキャストへのダメージが減少。
もともと連発出来るスキルではなく巨人へのダメージは大して上がってはいないが対キャストへのダメージは大幅に落ちているため実質的な下方修正と思われる。
決してシレネッタの巨人処理能力が上がったわけではない。キャストキルを狙うよりあくまでキャストへのプレッシャーを与えつつ、レーン内の兵士を一掃する事を目的としたスキルを割り切ろう。
スキルが+5,MAXになると威力が上がる。

Ver1.00-Bで威力が上昇して発生が早くなり硬直時間が減少した。
Ver1.10-Cで対兵士攻撃力が上昇した。これにより共鳴や気合の掛かっている兵士であっても一撃で倒せるようになっている。
Ver1.61-Aで巨人に対してのダメージが上がったがキャストへのダメージが減少。

バブルチャーム♪

兵士・巨人に対しては貫通し、キャストに当たると手元まで引き寄せる直線攻撃を放つ。
ただしたまに引き寄せられない事がある。特にステップ中の相手は当たっても引き寄せられないことが多い。
また、引き寄せ中に障害物に当たると解除される。
ダメージこそ少ないが壁になっている敵兵士・巨人から引き離し手元まで引っ張り込む。
引きずり出したらストレートを当て続けて動きを止めよう。
また、自軍兵士の大群の中に引き寄せて集中砲火でも大ダメージを与えられる。
特に高威力だが貫通しない技を持つアリスや射程の短いミクサ、兵士の攻撃力強化を持つフックとの相性は良い。
位置によっては袋叩きにもできるが外すと意味がないのでまずはしっかり当てられるようにしたい。
弾速はそこそこ速いが、発生・弾速ともに両フックの「獲物」ほどでは無い。
ヒット+追撃がそれだけでほぼフィニッシュムーブとなる船長と異なり、ヒット後にどう攻撃をつなげて〆るかという連係を考えながらの運用が求められる。

攻撃範囲の広いアクアスパイラル♪で足を遅くしてから、こちらで引き寄せると確実性が上がる。
スキルが+5,MAXになると威力上昇。
但し元々の威力が低いのでMAXでもこのスキルでトドメを刺すには向かず、引き寄せてからの一押しが必要。


フォーミィチアソング♪

Ver2.0で追加された「コア設置」型スキル。
コアは被弾したことを知らせる能力と視界確保を有し、マップに表示される。
そのため設置を工夫すると死角を突こうとする敵を感知することができる。

発動するとその場にコアを設置。そこを中心に範囲内に入るとデバフ解除(無効化、リフレッシュ)及びHP継続回復のフィールドを形成。範囲はエナジーソング♪LvMAX時より少し小さめだが、それなりの広さを持つ。
具体的には森の境界においても、その壁を超えるほどの広さ。
回復対象は兵士を除く味方全般・巨人。
デバフ無効化に関しては、実際は無効にするのではなく範囲内でデバフ効果を受けると即解除される模様。
そのため、疑似的なレジストになる(フィールド型デバフ付与に対する対応は細かいところが要検証段階だが、基本的にデバフ無効になる)。
スロウ、スタン、スリープなど動きそのものを阻害する効果を打ち消せるのは大きい。

エナジーソング♪と比べると局所的な継戦エリアを作るとも言うべきスキル。
しかしながら回復効果は修練場1等に存在するレーン中央に設置された中立回復の泉の約半分ほどしか回復しない(要検証)。
コアが破壊されない限り回復し続けるのは便利だが、如何せん肝心の回復量がかなり微量
(最も、普通特殊効果になかなかない疑似レジスト付きで、前線で多くを求めるとバランスが崩れるから仕方ないが)。
消費MPは多めで、スキル使用からコア設置までの隙も大き目。
コアの耐久力については、コアの中では比較的堅い部類に入る(要検証)。

発動可能レベルが4なため、Lv2から使えるエナジーソング♪と比べると速攻性で劣る。
何より戦闘序盤で定置回復を求めるような状況でないことの方が多い。
回復特化のスキル配置を考えるならともかく、代わりにとして使うのならそれにあった運用を行いたい。

Ver2.0に至る時点でデバフを与えるキャストも多く登場し、それを解除する手段として採用するのもあり。
エナジーソングもリフレッシュ効果を持つが、一度で使うMPのことも考えると多用してくる相手には消耗を強いられる。
それを継続している間は何度も使用できるのは大きな利点。
また、シレネッタがエナジーソングで解消できないタイプのデバフもこれなら解除可能(スタンはフィールド内でのみ)。

前線から後退せずとも、少しの被弾程度なら補修できるので、敵拠点前に設置すると致命傷をもらうまではしぶとく残ることができる。
巨人のいるレーンでは巨人の維持にもつながる。
また、逆に戦闘終盤で、一つの拠点を全力で守り抜かなければならない状況になった時に拠点前に設置できればある程度活用できるかもしれない。
少なくとも当たらないチャームやスパイラルよりは活躍できるのは間違いないので、前者2つを敵に当てるのがどうしても苦手というのであれば使ってもいいかもしれない。

なお、設置型のスキルであるためどこに設置するかが求められる。
森などの遮蔽物が使えるならうまく利用したい。
そこそこHPがあるので非貫通かつ範囲攻撃でない攻撃を防ぐ盾として使ってもらうのも一応あり。

スキルが+5になるとコアHPがアップする。

アシストカスタマイズ

シレネッタのアシストカスタマイズは以下の考慮して行うといい。
  • 強力なスキルが多く、スキルを多用することになるため、MP効率を上げる。
  • SSが優秀なため、自衛のために強化する。少なくてもLv3で小兵士一確になる程度は強化しておいた方がいい。
  • HPが低く事故がおきやすいので、HPを強化する。アリスのびっくりに耐えられる程度にHPを上げておくと、立ち回りは楽になる。

そのため、以下のアシストを利用するのが有力となる。
  • ロードビス…消費MPを約1割削減し、HPの強化も可能。
  • 留玉臣、マッドハッター、神酒…停止時のMP回復することを利用することで、スキルを多く利用することができる。
  • タイガーリリー、海の魔女セイレーン…常時MP回復があり、SSの威力も上げることが可能。
  • 火精ジャックランタン、風精シルフ、さかきの造…Lv3でのSSの威力の強化が可能で、他のステータスを強化できる。
  • 泡沫の姫の短剣、舌切のハサミ、鬼切り丸…Lv3でのSSの威力強化用。泡沫の姫の短剣は平時の威力が多少下がる代わりに時限効果時の威力上昇が大きく、鬼切り丸はHPを減らさないで済むという特徴がある。
  • 大風払いの扇…SSの射程と威力と伸ばすことができる。特にバレダンピーターと正面から撃ち合うときは、装備しておくと有利に戦うことができる。
  • マグスの魔笛…SSの速度が上がるため、自衛力が上がる。
  • 毒りんご…MP回復手段として有力。ただし毒りんごのMP回復量は計40でエナジーソング♪1発+5であることは留意すること。
  • 誠実な王の服…経験値の獲得範囲が広くなるため、押し込まれるような状況でもLv差は付きにくく、不利になりにくい。DSの威力減は痛いが、HPも増やすことができる。
  • 煌めく大海のブローチ…効果時の消費MPを下げ、SSの威力も上がる。

専用アシスト

シレネッタの専用アシスト「煌めく大海のブローチ」は
  • Lv5発動
  • MP、SS中UP
  • LvUP時一定時間消費MP減少
というもの。消費MPの減少幅はおよそ2割。津波がMAXの場合でMP36で打てるようになる。
ですが、Lv5の時点でスプラッシュメドレーの回復ができること、「一定時間」の間で津波や回復を連打する機会がそうない事など、セットする時点で立ち回りを考える必要があります。ご利用は計画的に。

同じくサポーターの専用アシスト1「誠実な王の服」は
  • Lv1発動
  • HP小UP
  • DS中DOWN
  • 経験値を得られる範囲が拡大
というもの。序盤からただでさえ弱いDSをさらに削るアシストで見返りを得られるかは微妙な所だが、前線に出ることの少ないシレネッタが後方でもしっかり経験値を稼げるのは悪くない。ソウルなどでしっかり補強したいところだが、Lv1発動でDSを盛るといびつなビルドになるので玄人向け。
採用するならば、いっそ割り切ってストレート特化やHP特化にしてしまうのも一つの選択肢だろう。

サポーター専用アシスト2「髑髏の首飾り」は、
  • Lv4発動
  • HP小UP、スピード中UP
  • DS中DOWN
  • 敵一定数ヒットで一定時間消費MP減少
効果自体は発動条件が違う物の、MP減少が同じ。





戦術

サポーターであるためSS、ドロー共に威力が低く、特にダウンを奪えないため距離を離す手段に乏しい。
HPの低さはミクサに並び、ダウンを奪われれば倒される可能性すらある。出来れば1対1は避けたい。
シレネッタを使う上で肝に銘じておかなければならないのは、
シレネッタというだけで相手から狙われる確率は大幅に上がる ということ。
HP・スピードが低い、自力でダウンを取る手段がない、高威力スキルは発生が遅く拒否技もない…
そうでなくても、エナジーソング♪での回復やパッションストリ~ム☆での強烈なライン押し上げ能力は警戒されて然りである。
特にダウンが取れないため、スカーレットにハートレスシザースを発動されたら回避読みが当たることを祈るしかない。
相手アタッカーの場所には常に注意を払い、被弾を限界まで減らすこと。HPが半分も削れたらデッドゾーンだと思っていい。

開幕では基本的に遠距離戦を貫こう。経験値の獲得は味方に任せる。停滞するDSで経験値を稼ぐのもいいが、相手を狙うことも忘れてはいけない。
上手く相手の体力を削れればこちらへ突っ込んでくるリスクが減るし、そもそもシレネッタに有効なダメージソースはない。
停滞DSは兵士を狙うのもいいが、敵キャストを通せんぼするように置くことでこちらの攻撃が格段に当てやすくなる。また、こちらへ攻め込んでこようとする相手を妨害するのにも当然ながら有効。 序盤はとにかく相手にプレッシャーをかけることを意識しよう。
ただしかぐやと組んだ時は、逆にこちらが前に出て経験値を集める必要がある。一応望月の加護を受けられれば、こちらのエナジーソングが
連発できるためそうそう落ちることはなくなる。それでも極力被弾は減らし、かぐやの動きをサポートするよう立ち回ろう。
一応拒否技があるとはいえかぐやも接近戦は辛いので、スロウやDSをうまく使って相手を寄せ付けないように。

Lv2以降は相手の攻撃スキル全般に注意。特に兵士を無視してくるクリスタルスラッシュは、こちらの攻撃が届かない位置から
こちらの硬直に突き刺さってくる。
こちらは兵士を盾にした相手に対して有効な攻撃手段がないので、クリスタルスラッシュで一気にこちらを削ってくるサンドリヨンや
アシェンプテル、最序盤から兵士を無視した長射程のDSを撃ってくるかぐやなどを相手にするときは相手の動きをよく見ておくこと。
最悪、相手の行動を逐一確認してから動いてもいい。撤退するよりはマシである。

Lv4から使えるパッションストリ~ム☆で空きレーンのラインを一気に上げたり、
味方巨人をサポートして敵拠点を折りにいける兵士&巨人運搬能力がシレネッタの最大の強み。
序盤を耐え凌ぎ中盤から一気に攻め上がろう。
単独での防衛は基本的に苦手であるが、スパイラルでスロウにしてからのストレートハメは
ダウンを奪わないのでかえって拠点を殴られにくいという利点がある。スパイラルが当たればの話だが。

WS中の継続HP回復は効果時間全体でほぼ全回復するため、桃の城凸やWS中のミクサなど
被弾覚悟で攻め上がる味方を強力に援護する。
さらにシレネッタ自身のMPが大回復するためスキルを連射→パッションストリ~ム☆で
自身も一気に攻め上がりたいところ。
特に状態異常系を中心とするキャストは涙目なので、この瞬間に一気に戦局を決めてしまおう。


SS、ドローともに決め手に欠けるためスキルを上手く使わないと空気になりやすい。
MPが豊富だからと考え無しにMPを消費してここぞという場面でMP不足にならないようにMP管理はしっかりと。
特に、消費が軽く当てやすいからと序盤から妨害スキルを連打するのは悪手。
どっしりとしたレーン戦ではスロー単体は殆ど意味をもたらさないし、引き寄せても次の手がなければ逆にチャンスを与えかねない。
妨害スキルを使う際は当てた後の展望を持とう。
シレネッタの序盤は耐えるものだと思ってレーンと自身のHP、MPを維持することに集中。
使いたいときに津波や回復が使える状況を確保したい。

相手ファイターに1対1でレーン押し上げ勝負を挑もうなどと思ってはいけない。
ドロー攻撃力の低さからあっさり押し負けがち。
ただし、ピーターとチームを組んだ場合、かつ相手にファイターが居ないor少ない場合、中央をピーターに譲って
自分はサイドレーンに行くと言うのも選択肢の1つになりうる。
この場合もレーンを押し上げるのではなく、可能な限り相手の動きを阻害して押されないように耐える事を意識すべし。
射程の長いSSを上手く利用したい。
組んだサポーターがかぐややシャドウ・アリスの場合は、その人に行って貰った方がいいだろう。
少なくともシレネッタよりは1vs1ソロレーン適性が上である。
ストレートとMPの強化で、ファイターとして戦えるタイプを目指す場合は、こちらを参照されたい。

FAQ

  • MPの上限は?
    • 100だと思うよ♪
  • いつ使えるの?
    • E4までランクを上げてね♪
  • 水の上を歩けるの?
    • 歩けないよ~~☆

コメント
  • ヴァイスのバーストの解除できるからエナソンの価値がまた上がったな。アビルダ型にしてるが、猿・闇・スカ・ヴァイに強いし巨人も強化唱 -- (名無しさん) 2016-06-12 16:12:23
  • バイオリン登場で泡姫バイオりんごピスネキでビルドが固まってしまった。りんごで勝手にバイオリン効果発動するからMPたくさん使えて楽しい -- (名無しさん) 2016-10-15 12:01:31
  • デバフを消してくれる、もしくは疑似レジストおいてくれるのは大事なんだけどね -- (名無しさん) 2016-12-20 23:01:32
  • 現状でバフが横行してるので、今後増加するのを考えると -- (名無しさん) 2016-12-20 23:09:15
  • 回復の泉じゃ無効化できないし -- (名無しさん) 2016-12-20 23:17:38
  • フォーミィ2つ置ければかなり違ってくるんだがな… -- (名無しさん) 2016-12-21 00:39:39
  • MPを余程貯めていない限りはフォーミィ→津波ができない、という点が弱点だと思う -- (名無しさん) 2016-12-22 17:07:05
  • まあそのあたりサポ専用とかシレネッタ専用でなんとか -- (名無しさん) 2017-01-06 19:55:33
  • フォーミィ2以上置ければ津波抜くという選択肢も・・・ないな(´・ω・) -- (名無しさん) 2017-01-07 18:12:30
  • 変幻の栞は、他のプレイヤーのリプレイ動画を見た感じだと、髪の色は銀色だったと思うんだが、違いますか? -- (名無しさん) 2017-01-10 14:48:53
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る