砂場

みんなのすなば

重要
アシスト総数増加に伴うページ整理に合わせレアリティがNのアシストを削減中です。
+レアリティNで有用度がB以上だったアシスト
  • アップルシューター
  • 手作りのピストル
  • 夢に見た王子の笛
いずれもLv3のドローアシスト。上昇値は3枚とも同じでデメリットが異なる(上から順にMP・HP・SS攻撃力)
サンドリヨン吉備津彦等のファイターがLv3までのアシストとソウルを組み合わせ
試合序盤からドロー1発で敵兵士列を処理していくビルド(通称「Lv3一確」「アルティメットビルド」)で価値が高い。

背景が黄色のアシストは特定キャスト専用、背景が赤色のアシストは特定ロール専用。

武器

カード名 バージョン 所感 有用度
舌切のハサミ 1.00 デメリットは最大HP2減少。Lv.3で効果が出るため、主にアタッカー、ピーター、かぐやなど中~終盤でもストレートを多用するキャストに有用。
Lv.5にはより強力な大風払いの扇があるが、扇の効果が過剰・不要に感じたり、早めに攻撃力上昇が欲しい、など採用理由は十分にある。
一時は「泡沫の姫の短剣」の下位互換だった時期もあったが、現在はLvUP後追加効果が切れた後なら「舌切のハサミ」のほうが上。
ver1.11で鬼切り丸が追加。どうしても最大MPを減らしたくないという場合を除けばこちらが採用されることは少なくなった。
C
金の斧 1.00 デメリットはスピード約0.2減少(カスタマイズ画面で言う2目盛り)。英雄のクロスボウと比べて減少量に大差は無い(小数点以下)。
発動がLv5と遅めで特殊効果もないが、Ver1.5にてついに上昇値が 特大 に達したため、白騎士の槍とは別の立ち位置を得た。スピードが削られることへのフォローさえすれば選択肢に入ってくる。
一例として、サンドリヨンはソウル次第で槍斧型でないとLv5一確構成に出来ない。
B
鬼屠りの針 1.00 デメリットはスピード0.2減少。主な採用意義はHPやMPの減少を嫌うとき。
スピード低下は少々痛いがエアウォークを多用するタイプのピーターとは相性がいい。バレットダンス解禁前の一粘りや、奇襲からのトドメなど攻撃力上昇が役立つ場面は多い。
C
英雄のクロスボウ 1.00 現状のLv3ドロー強化装備で最高の修正値を誇る(除くソウル)。ファイターの重要品の一つ。
デメリットはスピード0.2ダウン。これは金の斧とほぼ変わらないためなかなか強烈。
しかしLv3段階で1確DSを組める場合はデメリットを補って余りある。
これを使う場合MAX近辺であることが重要(ぎりぎり1確まで届かせるのが強い。でなければ龍玉やアップルシューターもしくはLv5の1確装備でよい)なので拾っておく事をおススメする。
A
大風払いの扇 1.00 デメリットは最大HP4減少。
美猴、ピーター、アシェンプテル等、ストレートがLv.5以降も主力であるキャストがよく採用している。
特にアシェンプテルはストレートが生命線でもある為、射程延長の恩恵が大きい。
同キャスト戦で有利になるのは勿論、ジャストウィッシュと重ねればかぐや以外の相手に一方的な狙撃が可能となる。
なお射程延長は割合上昇のため、元のSS射程が長いキャストほど射程が伸びる。
つまりかぐやの射程延長が最大なのだが、分裂までの距離も延長されるので間合いが変化することに気をつけよう。
S
白騎士の槍 1.00 ドロー射程とドロー攻撃力が上がり、トランプ兵の槍と違いデメリットが最大HP中低下(4程度)なのは優秀。
ファイターにはありがたい効果だが、自由度の上がる射程向上はともかく発動するのがドローの威力が戦局にあまり影響されないLv.5というのがネック。
終盤までドローをメインとするサンドリヨン、フック、メロウ、ジーン、シュネーヴィッツェンらと相性がいい。基本の射程が短いドルミールはほぼ必須となる。
ただし上がるのは「描ける範囲」であり、大聖など「描ける長さ」が短いキャストとは相性が悪いことに注意。
また突進ドローの場合は移動距離が増す。スカーレットやヴァイスが装備した場合、「移動距離が延びる」ので、越えられる壁の厚さが変わる。
また、スカーレットの場合は相乗効果で攻める際、DSの射程が伸びることによる戦闘距離の確保は結構大きいものになる。
S
竜騎兵の銃 1.10 Lv.5版鬼屠りの針、またはSS版金の斧。長らく大風払いの扇の後塵を拝していたが、Ver1.5にてスピード低下アシストの再評価に伴い上昇量が特大になった。
とはいえ足が遅くなるネックは変わらないので、相性のいいシルフなどでカバーしておきたい。
Ver1.63でいたずらな恋心の弓が登場。同じレベル5SS特大アップのアシストだが同アシストがサクるのはMP。SPとMPを比べた場合SPのほうが重要度が高いため、こちらが選択されることは減ってしまった。
SS爆風一確を狙うシャドウ・アリスはいたずらな恋心の弓に加えて更にSSを補強しなければならないため、当該ビルドを組む場合に4枚目のSS上昇として採用することになる。
C
宣告送りの鎌 1.10 名付け親の鎌のほぼ上位互換。
デメリットがないことはメリットだが、そのぶん上昇量は少ない。
DS強化値は「神与の宝杖」と同じ。「神与の宝杖」はSSも上昇するため、HP低下を許容できるならあちらを装備した方が色々と捗る事が多い。
C
マグスの魔笛 1.10 弾速UPはストレートの射程が長いキャスト全般にマッチする。
+0~4強化の弾速UPはそれほどでもないが、+MAXにすると相当速くなるらしい。
デメリットが無いのも魅力だが、Lv.5にして攻撃力中上昇なのが難点。シャドウ・アリスだと、この難点だけで採用圏外となってしまう(SS爆風一確に届かなくなる為)。
SS性能の高いアシェンプテルの手にあれば回避困難な魔弾と化す。(が、+MAXではないのなら専用アシストの方が効果がある)
+MAXをかぐやが使った場合、相手からしてみると相当厄介。特化するよりも自由枠に入れる方が強いタイプの装備。
B
鬼切り丸 1.11 刀代わりの針と同じMP-5でストレート攻撃力を中上昇。上位互換だがこちらはレアリティがR。
今までの刀代わりの針では、SS上昇量的に同じくレベル3でRの舌切りのハサミと鬼屠りの針に劣っていたため、MPデメリットの選択肢として並ぶようになった。
A
幸福の剣 1.11 英雄のクロスボウと同じくスピードが0.2(Ver.1.1x)下がるが、レベル1から発動する。発動レベルに対し上昇値はレアリティがRなのもあってそこそこ。
他のLv3DS強化と合わせてLv3からDSで小型兵士を確定にしたい場合に選択肢に入るかもしれない。
1.50からはデメリットも減ったため、ドロー特化ビルドの序盤用にもひっそりと積まれることが増えた。
当然ながら、レベル1からドロー火力が欲しいかぐや、ロビンはこれを装備していることが多い。
B
泡沫の姫の短剣 1.11 舌切りのハサミに特殊スキルが付き、SRとなった。
特殊スキルはレベルアップ毎にSSの時間限定攻撃強化となっており、パラメータ上昇と効果上昇が一致しているため無駄が無い。
約35秒の間、大強化並の恩恵を受けられるので、レベルアップ時には積極的にSSで攻めていきたい。
ver1.50で基礎値がそこそこの下方を受けた(効果と合わせてもLv5の大UPよりは上がらない)が、MAX同士で比較した場合舌切りのハサミとの違いは小数点以下である。
十分重なった場合はこちらを優先すべきだろう。
ただアシェンプテルや美猴、ピーター、かぐやなどのレベル5以降もSSを主力にするキャストは一時的な強化よりも永続的な強化のほうが優先されるため、選択肢には上がりにくい。
どちらかといえばシレネッタやツクヨミ、シャドウ・アリスといったファイターやサポーターがサブウエポンとしてSSを強化したいときに採用するケースのほうが多い。
とはいえ、ツクヨミやシャドウ・アリスの場合、メインウェポン級として強化する場合は色々と物足りない。
B
カード名 バージョン 所感 有用度
輝く太陽と月の双剣 1.50 サンドリヨン専用アシスト。Lvアップ時にDSの速度が上昇する。
速度はファイター最速レベルとなるが屈曲したらやや減速するのはそのまま。
この時の殺意ドローは非常に強力であり、発生・減衰で恵まれているサンドの特性と相まって実質の威力含めほぼ吉備津の上位互換DSとなる。
ホワイトウィッシュやボールドレスアップとの相乗により、後半のドロー戦も強力。上位の使い手で専用を抜いているプレイヤーはほぼ存在せず、半必須。
A
冷徹な裁きの双剣 1.50 アシェンプテル専用の特殊効果を持つアシスト。専用アシストの常として数値上の効果はやや控え目だが、デメリットなくアシェンプテルの長所を少しだが伸ばせる。
専用効果はLvUP後に一定時間、アシェンプテル自慢のSSの弾速が速くなるというもの。弾に残像がつくカッコイイ視覚効果つき。当然ジャストウィッシュと合わせると効果が重複する。
効果時間制限はあるが、それまでLv5まで待たねばならなかったマグスの魔笛の代わりとなり得る性能。装備効果に納得できるのであれば採用してみよう。
B
血に飢えし滅鬼刀 1.50 闇吉備津専用アシスト。Lv3でSSとDSを少しずつ強化するものであるが、その真価は特殊効果の「キャストキル成功で体力回復+継続回復がつく」というもの。
生死に直結する効果であり、多少強引にでもキルを取りに行けるようになる。闇吉備津には防御力上昇スキルやWSもあるため非常に相性がいい。
闇吉備津以外のキャストでもデメリット無しでSS、DSの強化ができるため、サンドリヨンやメロウといった一部ファイターがDSを盛ると同時に大兵士確一のためにSSを少し盛る目的で装備するケースも散見されている。
時を刻む双針の上位互換。
A
如意金箍棒 1.50 キャストキル後に一定時間SSの射程が伸びるという美猴専用効果を持つサポート。
美猴使いなら誰もが何度となく経験したであろう「あとちょいで届いたのに!」という悲しみを軽減してくれる。
キル始動ではあるが、その効果はバカにならない(大風払いと併用することによってなんとミクサとほぼ同等の射程となる)。
美猴にとって射程アップは非常にありがたいが、キル始動を嫌うなら1.63-Dで実装された庭園に眠りし姫の指輪が競合になり得るか。
B
夢込められし自由の銃 1.50 ピーター専用の特殊効果を持つアシスト。ピーター最大のネックであるSSの硬直を減らすというまさに夢のような銃。
以前は使用者に「もうバレダンいらない」とまで言わしめた程の効果があった。
そして猛威を振るい過ぎたせいでVer1.51-Cで下方修正を受ける事に。このパターン多いな
しかし弱体化されたとは言えど、効果中は目に見えて硬直が減少するため、相変わらず有用な装備である事は変わらない。
A
蓬莱の玉の枝 1.50 レベル1からドロー攻撃力が上がり、MPが下がる。ステータス部分を見れば小型のアップルシューターだがその本領はファイターが装備した時にだけ発動される「兵士から得られる経験値アップ」の効果。
特殊効果は、Ver.2.04-C現在兵士15体撃破で発動し、効果時間は35秒である。
兵士から得られる経験値量が約1.2倍になり戦いを優位に進められる。レベル先行の有用性は今更言うまでも無い為上手く使えば非常に高い効果を発揮する。
ちなみに、装備者が倒した兵士がドロップする経験値量が増えるのでなく、兵士を倒した際に出るクリスタルを装備者が拾った場合のみ増加している。
チームにファイターが二人以上いる状態で使えば恩恵は凄まじいこととなる。
初期はMAXで経験値量が約1.7倍だったが、修正され約1.3倍となった模様。
強化ステータスと有用な効果の噛み合いっぷりから呪われた装備とも揶揄されていたがVer2.0で発動条件が設定され時限アシストとなった。
条件と効果時間は上述した通りだが、調整により経験値の増加値は試合全体を通してみればほぼ誤差レベルにまで低下した。 参考動画
しかし、開幕のDS強化にオマケがついてくると考えればまだまだ有用なアシストであることは変わらない。必須ではないがあえて外す必要性も薄く、DS盛りビルドならばまだまだ推奨装備であると言えるだろう。
特殊効果を無視しても開幕のDS強化アシストとしては優秀であり、F以外のロールでも威力減衰のない爆雷DSを持つかぐやとロビンに加え、マリアンがレベル1一確を取るために採用するケースが良く見られる。
S
武蔵坊の大薙刀 1.50 特殊効果の「兵士防御が上がる」は敵兵士弾のダメージを軽減するというもの。
軽減率は+MAXで3割カット。低Lv時はHPが低く、Ver.1.63-AにてLv1~5時の兵士弾の威力が上がった事もあり防御効果の過信は禁物。
短射程故に踏み込んでレーン戦をすることになる吉備津彦との相性は抜群。裏取りの粘り強さも目に見えて違ってくる。
他のファイターはだいたいが兵士列を挟んでレーン戦をするので被弾は少ないかもしれないが、対面がフックやツクヨミのように被弾覚悟で接近しないと打開しにくい状況で採用される場合がある。
美猴や闇吉備津等、敵陣に突っ込んでいくタイプのキャストにもお勧めとなる一品である。もちろん、ファイターでありながら突進型のドローを持つ、温羅も候補である。
1.61-Aにて攻撃上昇量は低下したが、特殊効果は変わっていないので依然有用なアシストである。
A
鬼頭の金砕棒 1.60 温羅専用アシスト。1.64までの効果では、Lvアップ時に闇吉備津のWS時のようなDS連打が可能になっていた。
2.00で付加効果が「敵兵士に一定回数攻撃するとMP回復」に変更。20兵士撃破で20MP回復を発揮(ただし25秒間クール待ち)。地叩きで硬質化しながらドローのMPを拾うような動きが可能になり、従来とはまったく異なる立ち回りが研究されつつある。
B
神与の宝杖 1.63 HPと引き替えにSSとDSを上昇させるアシスト。「ヒト想いな鬼の金棒」の上位互換装備。
(HP減少値は同じ。SS、DS補正値は重なり+1で+MAXの鬼の金棒を超える)
SSで大兵士を一確にしたいファイターは勿論、SS、DSの両方を強化したいアタッカーサポーターにも有用。
B
大河創りのお札 1.63 SS小UPと、HP減少時(30未満)に更にSS威力をUPさせる特殊効果を持つアシスト。
特殊効果は非常に強力で、発動すればかぐやがLv1からSSで兵士一確、ヴァイスならlv1兵士一確になる他にlv2ステルスフード中も兵士一確(ラピッド無し)となる。SSメモリに換算すれば10メモリ超の効果となるすさまじさ。
だが、先述のかぐやでレベル1からHP30を割るような立ち回りをしていては事故の確率が洒落にならず、他のSSメインキャストを見渡しても単純なSSの威力でもって優位を取るキャストは少ないため、実装当初はほとんど見ることはなかった。
研究が進んで、まさにその「SS威力で優位を取る」スカーレットのビルド選択肢になっている模様。発動の早さもあって対処を誤ると開幕いきなり戦線崩壊があり得るので注意したい。
B
いたずらな恋心の弓 1.63 汎用性の高い「鬼切り丸」の高レベル版。上昇補正は「竜騎兵の銃」と同じ。「火起こしの扇」の上位互換。
MPサクりとSSアップは志向が一致しており、スピードを下げるよりかは使いやすい。竜騎兵と現状同値のようなので使い道はある。
ただそちらもそうだが大風扇があるので大体は2枠がLv5という事になってしまいやすい。
それでも驚きの強化値は魅力的。
B
狂いし教王の東洋刀 1.63 「ルビーの剣」、「海の重石」と出てきたLv5ショット強化シリーズの一つ。犠牲にするのはMP。
レアリティがRなのでSS、DS単体の補正値はLv3サポート並にあるのが強み。(DSの補正値は「アップルシューター」等より若干上)
問題はやはりLv5という発動の遅さ。Lv5になって両方強化したいという状況は限られる。
C
巧みなる猪狩りの笛 1.63 Lv1からSS小アップと条件付きでスキル威力を上昇させるサポート。代償にスピードが小低下。
スキル威力上昇の条件はHPが60%以上。スキル威力上昇値は1.13倍。(+MAX時)
SS微上げ、SP微下げの効果が付くため神酒など停止回復との相性はよい。ミクサにも無くはないだろう。地叩きが兵士一確となり、ステップで移動してもデメリットが少ない温羅との相性は比較的良い。
またロードピス採用型のエピーヌはこれとピスを組み合わせるとSSがレベル2で小兵士一確となる。スキル型のキャストでもあるため相性が良い。
同じくスキル型であり、元のスピードが高くデメリットが気にならないロビンも非常に採用率が高い(HPが低いのですぐ停止してしまうが)。
A
守護者の義弓 1.64 ロビン専用アシスト。初の 1枠しか能力を上げない専用装備 。その分SS強化値は猿やアシェの物よりも高い。
キルを取ると闇吉備専用以下のリジェネと、最大HPアップを受ける。シャーウッドアイと相性が良い。
ロビンというキャストがSSをあまり重視しない新機軸アタッカーであるため、これを使うのならば何か他にSS強化を入れた方が(猪狩りの笛など)良いと思われる。無論WS中は強い。
B
カード名 バージョン 所感 有用度
代理返しのお札 2.00 Lv6から、DS大ダウンでSS大・SP中アップ。SSがメインという事で、目下競合となるのはLv5でMPと引き換えで、SSを特大強化するいたずらな恋心の弓であろう。
SSとSPのアップは合うキャスト自体は探しやすいが、SSは大アップなので同アシストよりも高レベルなのに火力が少ない。
合いそうで合わない、他のSSかSP特化系の方が実質は優秀というキャストが多く、発動の遅さもあって採用には熟慮が必要。
C
使い込まれた糸切り鋏 2.00 Lv4でMPを切り、DSとSPを上げる。DS上昇値はクロスボウより大きい。この時点でゲームに慣れたファイター使いならピンと来る装備である。ちなみにSP上昇はかなり小さめ。
一確可能なレベルを1遅らせるだけでSP上昇のオマケまで付いてくるというのはなかなかに有用。ただしFの場合、蓬莱と併用するとMPがキツキツになるのでそれをフォローする手段は用意しておきたい。
スカーレットやヴァイス、闇吉備津ら突進DSキャストでの採用も考えられる。
A
氷結の居合刀 2.02 深雪乃のLv4専用。SPとSS小アップと、キルでSPアップ。
要は深雪乃式のコンパスなのだが、そちらよりもキル時のSPアップは小さい。
Lv4なので仕方がないとはいえ、爆発的に上がるコンパスに比べて1枠割く必然性は薄れているようだ。
B
欲叶える魔神のランプ 2.03 ジーン専用装備。兵士への攻撃回数でドローの射程と描ける長さがアップする。
効果は優秀だが通常時は魔神化のためのスキルにMPを回したく、魔神状態なら多少の射程差は機動力でカバーできてしまう。
そんなこんなで今ひとつ存在感を発揮し切れていない様子。
B
人徳ある漁師の釣り竿 2.04 Lv2からSS中、SP小UP。HP低下は約3。Lv1始動のSS補強アシスト達が軒並み小UPである事を踏まえると中UPはかなり魅力的。
競合枠は同時に追加された嘘隠さぬ王の帽子。SS強化値を取るか特殊効果を取るか。
B
収縮自在の扇子 2.04 HPを代償にドローとMPを補強するアシスト。アイアン・フックや温羅など、HP偏重でMPが心許ないファイターに向くか。
一般的にはMPを犠牲にスピードアップとなる糸切り鋏の方が使い勝手は良いであろう。
B
腹裂きの鋏と糸 2.05 Lv4でSS中、SP小UpにMP中Down、加えて現在MPが最大値の50%以上でSSが更にUp。追加幅については要検証。
特殊発動のハードルは一見低いように見えるがアタッカー勢は自己バフでMPを消費することが多く意外と難しい。
ナイトメア・キッドや抜刀軸深雪乃、変わり種ではサポーターのかぐや等に合うのだろうか。
B
猟師の火縄銃 2.05 Lv4からドロー大に加えて、時間経過で更にドローUPという新機軸「成長」持ちの武器。
「成長」の共通ルールとして40秒で1段階,計2分かけて最大3段階まで成長し、撤退などでリセットされない。
装備時点で使い込まれた糸切り鋏と同値のDS上昇値を持ち、最大成長すると金の斧すら若干上回るほどの大型アシストに化ける。
ただし最大成長(完成)のタイミングはチームLv6付近である点に注意。金の斧を上回ると言っても金の斧の代わりにはならない。
A
時の加護を与えし魔杖 2.05 上記火縄銃と対になるSS成長武器。切るパラメーターもHPMPで対照的。鬼斬り丸では上昇値が物足りないが、恋弓の始動Lv5はちょっと遅い…と感じる人にオススメ。
主にLv4からSSを主力に立ち回るアシェンプテルナイトメア・キッド用か。
ビジュアルデザインとしては直球で「魔法少女のステッキ」だがアリスやミクサとの相性はよろしくない。残念。
SS爆風一確ビルドのシャドウ・アリスには合うかもしれない。レベル4で大兵士一確を取りつつ、成長した頃にレベル5になって残るアシストが起動し爆風一確になれる。
余談だが、銃器はSS、杖はDS強化のイメージだったがここでは逆転している。何かあったんだろうか。
B
宝来の小槌 イベント DS上昇値は「木こりの斧」と同じ。更に特殊効果が付いてるので上位互換装備。
Lvアップ直後のDS補正値は「3メモリ強」。元々の補正と合わせれば「4.5メモリ」(英雄のクロスボウと同じ)
Lvアップ時に「英雄のクロスボウ」の威力をデメリット無しでLv2から得られると考えれば中々強力。
ただし有効時間はやや短め。(+0~4で30秒、+5~9で38秒、+MAXで40秒)
また、Lvアップ系の常としてLv8以降は特殊能力をアテにできなくなる。つまりは速攻型のビルド向き。
ただし、いくら速攻向きとはいえLv1から火力が欲しいかぐや、およびロビンはLv1火力としては物足りないこれを選択することはないだろう。
序盤で優位を取りたいファイターや、ドローを盛りたいが他パラメータを下げたくない闇吉備津やスカーレットに合うか。
B
美髯公の青龍偃月刀 イベント 三国志大戦コラボアシストの一つ。DS上昇値は「木こりの斧」と同じ。
さらに、敵に攻撃を15ヒットさせる事で一定時間防御力を上昇させる特殊能力を持つ。
防御効果は1発の攻撃につき、0.7ダメージ分の固定値でダメージをカットする。
性質的には「鶴織の着物」に近く、大ダメージの攻撃に対してあまり意味がないのもあちらと同様。
DSをメインとするキャストが月組等、遠距離キャストに対抗するためにリザーブに入れるのが良いだろうか。
効果時間は+0~4で28秒、+5~9で29秒、+MAXで30秒、と短め。
補正値、効果時間ともに+0と+MAXにほとんど差が無い。逆に言えば重なりが少なくても使っていける。
B
伏龍の白羽扇 イベント 三国志大戦コラボアシストの一つ。パラメータ補正は「時を刻む双針」と同じで、さらに条件付きでスキル威力を上昇させる特殊能力を持つ。
スキル威力上昇の条件は敵に攻撃を20ヒットさせる事。スキル威力上昇値は1.16倍。
スキル威力上昇アシストの中では上昇値が高めだが、発動条件が少々厳しく効果時間も短め。(+MAXで30秒)
ある程度コンスタントにヒット数を稼ぐ手段を持つキャストでないと、有効活用が難しいだろう。
ヒット数を稼ぎやすいスキル型キャストであるミクサやリンあたりは採用を検討できるか。
B
※Ver.2.02-A以来リーフショップ売りの装備であるが、公式サイトの分類に従いここに収録。

NAME LV HP MP SP SS DS 特殊条件 特殊効果 巨人
玉龍 1 ▲中 ▲中 暴旋風
グランマ 1 ▲大 常時 MP回復▲ 猛突進
留玉臣 1 ▲大 非移動 MP回復▲ 投擲岩
タイガーリリー 1 ▲小 ▲中 常時 MP回復▲ 貫通光
チェネレントラ 1 ▲大 常時 スロウ軽減 回復唱
ダムとディー 1 ▲中 ▲中 強化唱
海賊アビルダ 1 ▲中 常時 スロウ軽減 強化唱
海賊メアリ 1 ▲中 ▲中 強化陣
フリント&ロック 1 ▲中 ▲中 回復唱
グレイト 1 ▲中 ▲中 貫通光
ギディ 1 ▲中 ▲中 回復陣
ロードピス 1 ▲小 ▲小 常時 スキルMP軽減 爆裂弾
ヘン 1 ▲中 ▲中 投擲岩
踊り子ラクス 1 ▲中 ▲中 貫通岩
リトル・ジョン 1 ▲小 ▲小 非移動 HP回復 爆裂弾
ファウル 1 ▲中 ▲中 強化陣
童話の渡り人 ハンス 1 ▲小 ▲中 全アシLv1 撃破ダメ▲ 回復唱
歌姫ナイチンゲール 1 ▲中 ▲小 一定時間 MP回復 回復陣
皿屋敷 お菊 1 ▲小 ▲小 一定時間 HP回復 貫通岩
踊る紅剣士カーレン 2 ▲中 ▲中 常時 MP回復▲ 強化唱
舌抜き鬼婆 2 ▲中 ▲大 暴旋風
ロストボーイズ 2 ▲大 ▲中 投擲岩
氷霧の妖魔ニクス 2 ▲中 ▲大 貫通光
炎精サラマンデル 2 ▲大 ▲中 回復陣
スミー 2 ▲小 ▲中 非移動 HP回復 回復唱
宵のヴェガ 2 ▲中 ▲小 常時 リンク攻撃▲ 貫通岩
音津美 2 ▲中 ▲大 爆裂弾
天女トヨウケビメ 2 ▲中 ▲小 非移動 MP回復▲ 貫通光
弾き語りのエーゼル 2 ▲中 ▲大 強化陣
木精ドライアード 3 ▲大 ▲大 猛突進
風精シルフ 3 ▲大 ▲大 暴旋風
水精ウィンディーネ 3 ▲大 ▲大 爆裂弾
玄奘三蔵 3 ▲大 非移動 HP回復 爆裂弾
マッドハッター 3 ▲特 非移動 MP回復▲ 投擲岩
さかきの造 3 ▲大 ▲大 貫通岩
火精ジャックランタン 3 ▲大 ▲大 貫通岩
金精コボルト 3 ▲大 ▲大 投擲岩
楽々森彦 3 ▲大 非移動 HP回復 貫通光
沙悟浄 3 ▲中 ▲中 常時 ポイズン軽減 回復陣
バンダースナッチ 3 ▲中 ▲中 常時 ポイズン軽減 強化陣
海の魔女セイレーン 3 ▲大 常時 MP回復▲ 暴旋風
神酒 3 ▲中 ▲中 非移動 MP回復▲ 回復唱
夜の妖精メリュジーヌ 3 ▲大 ▲大 強化唱
砂糖の妖精シュクル 3 ▲大 ▲大 強化唱
豊穣 3 ▲特 LvUP リフレッシュ
レジスト
回復陣
魔術師メイヴ 3 ▲大 ▲大 投擲岩
海賊ボニー 3 ▲大 ▲大 貫通岩
鬼夜叉 3 ▲中 ▲中 常時 撃破ダメ▲ 回復唱
阿曽媛 3 ▲中 ▲中 非移動 MP回復▲ 回復陣
クィーンオブハート 3 ▲中 ▲中 常時 リンク攻撃▲ 貫通光
ライラ王女 3 ▲中 ▲中 常時 MP回復▲ 強化陣
魔術のグレーテル 3 ▲中 ▲中 全アシLv3 HP回復
MP回復▲
貫通岩
灰狼フェンリル 4 ▲大 ▲特 投擲岩
剛拳はつせ 4 ▲中 ▲大 常時 リンク攻撃▲ 強化唱
伊勢 4 ▲中 ▲大 非移動 HP回復 強化陣
純白騎士オーガスタス 4 ▲大 ▲特 爆裂弾
初代隊長ビクトリアス 4 ▲大 ▲中 常時 撃破ダメ▲ 強化陣
ランプの魔神ジェネヴァ 4 ▲中 ▲大 非移動 HP回復
MP回復▲
強化唱
金角&銀角 4 ▲特 ▲大 貫通岩
陽気なソレイユ 4 ▲大 ▲中 常時 スキルMP軽減 回復唱
幽霊童女 お妙 4 ▲特 ▲中 強化唱
氷雪刀 雪曇 4 ▲中 ▲大 全アシLv4 SS射程▲
DS射程▲
暴旋風
幸福王子 ワイルド 4 ▲大 ▲特 猛突進
小悪魔 りりん 5 ▲特 ▲特 投擲岩
王子 5 ▲特 ▲特 貫通岩
ウィッチ 5 ▲特 待機 MP回復▲ 貫通岩
ティンカーベル 5 ▲特 待機 HP回復 貫通光
ウェンディ 5 ▲特 ▲特 貫通光
犬飼健 5 ▲特 常時 撃破ダメ▲ 暴旋風
ヘイヤ 5 ▲特 ▲特 爆裂弾
牛魔王 5 ▲特 ▲特 回復唱
鉄扇公主 5 ▲特 常時 WS時間延長 投擲岩
ラ・ファータ 5 ▲特 ▲特 暴旋風
黒魔女エスメラルダ 5 ▲特 ▲特 爆裂弾
占い師ポーラ 5 ▲特 ▲特 回復陣
サンタクロースノエル 5 ▲特 待機 HP回復 強化陣
ヴォルフ 5 ▲特 ▲特 強化唱
猪八戒 5 ▲大 ▲大 待機 MP回復▲ 回復唱
異国の王子ファンク 5 ▲特 ▲特 強化唱
ネレイス 5 ▲大 ▲大 常時 MP回復▲ 貫通岩
伽耶 5 ▲大 ▲大 常時 スタン軽減 強化唱
科学のヘンゼル 5 ▲大 ▲大 全アシLv5 攻撃力▲ 強化陣
紅孩児 5 ▲大 ▲大 全アシ武器 スキルMP軽減
ドローMP軽減
強化唱
花の国の王子 サム 6 ▲特 ▲特 爆裂弾
ロバ耳の王ブロウ 6 ▲特 ▲大 爆裂弾
先代の魔女アグニ 6 ▲中 ▲特 待機 MP回復▲ 回復唱
女戦士ヒッポリュテ 7 ▲特 ▲特 回復陣
スルタン 7 ▲特 ▲特 強化陣

カード名 レアリティ カテゴリ レベル 詳細説明
魔術のグレーテル WR ソウル 3 【アシスト】使用可能レベルに達すると、以下の効果を発動する。
〔小/ /大/特大〕  ▲ストレート攻撃力が上がる
〔小/ /大/特大〕  ▲ドロー攻撃力が上がる
〔    特殊    〕  ▲装備している他のアシストカードの
使用可能レベルが全てLv3の場合
HP継続回復状態となり
MP回復速度が上がる

【ソウル】巨人召喚  貫通岩
【モチーフ作品】"ヘンゼルとグレーテル"より、グレーテル
【イラスト】ryota / 【CV】磯村知美
「兄さん、魔法書を探すから時間を稼いで!」


Ver2.0用セリフテンプレ用
戦闘セリフ
戦闘開始時 使用キャスト 苦難を超え、栄光の時を刻むのは今!
未来へ通じる道を、私は切り開く!
運命は、ここから廻り始める
味方キャスト ”ぶとうかい”を、あなたとともに!
今こそ進むべき時!
正々堂々、勝負を!
ストレートショット えいっ!
せいっ!
やぁっ!
ドローショット 当たれ!
届け!
光よ!
回避 そこっ!
くっ!
見えた!
行けっ!
緊急回避 あっ、危ない!
たあーっ!
ダメージ うっ
んっ
きゃっ!
ダウン きゃあっ!?
そんなぁっ!?
レベルアップ 誰にも負けない強さを!
撃破 灰でも被っていなさい!
あなたと遊んでいる時間はないわ!
拠点攻撃 てやぁ!
刻め!
切り裂く!
拠点破壊 拠点を撃破しました!
撤退 もう……間に合わないのね
帰城 急がなくては
復活 まだ時間は残っています!
戦闘勝利時 私は必ず掴んでみせる。光り輝く未来を!
スキル
タイムオブプリンセス 使用者 刻め、十二の旋律……シンデレラストーリー!
味方使用時 さあ……踊りましょう
クリスタルスラッシュ 煌け、我が閃光の刃よ!
アッシュヒール 清き衣よ、穢れを祓い給え!
ホワイトウィッシュ 本当の”ぶとうかい”はここから!
クリスタルブーツ ガラスの靴よ、私を運んで!
ボールドレスアップ 最高の衣装を纏う時!
チャット
意思 左へ移動 左に行きます
中央へ移動
右へ移動
一人で大丈夫
交代します
援護します
WS使用
巨人を攻撃
巨人を援護
依頼 左へ移動
中央へ移動
右へ移動
一人は不安
交代して
援護して
WS使って
巨人を攻撃
巨人を援護
WSに注意
時間に注意
森に注意
カスタム あいさつ
感謝
すまない
優勢だ
劣勢だ
指示が欲しい
了解
やめておこう
気にしないで
やった!
まかせて
帰城する
行こう
正々堂々 正々堂々、勝負を!
うれしい ふふ……とても素敵ですね!
自己紹介 サンドリヨンと申します
私の時間です ここからは私の時間です
巨人に対応 ここを目指します
今こそ進むべき時 今こそ進むべき時……勝利を掴む為に!
今夜だけは 今夜だけは、わがままを言わせて下さい
どんまい 気を落とさないでください
行こう さあ、行きましょう!
ピンチ 支援を!
ナイス! 素晴らしいです!
魔法の時間が… 魔法の時間が…ずっと続けばいいのに
がんばろう みなさん、頑張りましょう
よかった… あなたに出会えてよかった…
ハロウィン トリック・オア・トリート!
クリスマス メリークリスマス!
謹賀新年 本年も、よろしくお願いいたしますね!
バレンタイン よろしければ、チョコをどうぞ!
巨人を援護 はぁっ!
12月
ミニマップ 攻撃 攻撃しましょう
移動 目標はここです
注意 気をつけて!
防御 防衛しましょう
YES
NO
その他
キャラ獲得時 あなたとなら、共に歩んで行ける!
キャラ選択時 始めましょう、”ぶとうかい”を!
新たなる時に、目覚めを!
この時を待ち侘びていました!
キャラ決定時 さあ、向かいましょう。約束の場所へ!
ナイス ありがとう。これも皆さんのお陰です
皆さんの声援に、感謝致します
キャストランクアップ


とりあえず考案をば

ワンダーランドウォーズにおける「森」は、拠点へ通じる兵士の通り道、いわゆる「レーン」の外にある特定領域のことである。
MOBAで言うところの「jungle」と同意。

森は以下の要素を持つ
  • 森は内外を仕切る壁と一定間隔での入り口、巨木の障害物がある。
    • 森の壁は敵の攻撃を遮る障害物として機能するが、跳躍攻撃や一部の攻撃で無視することができる。
    • 巨木は影のエフェクトがあり、敵が森の中にいた場合その後ろにいれば視界に入らないものと判定される(メイン画面にも影からはみ出るまで表示されない)。
  • 森の内部にいるときは、普段どおり外のレーンにいるものも見ることができる。逆にレーンから森の中にいるものは見ることができない。
  • マップ上には黒い領域で表示。内部の白い物は巨木。
    • 味方のマップ画面には森に入っている味方は表示される。敵については「発覚」状態か、森に入っている味方の視界にいると表示される。

森は兵士に干渉されない領域であるため、自陣、敵陣の森を通ることで各レーン、城、中央に単体で乱入することができる。

森は、森の外側を見ることができ、壁と言う障害物に覆われているため、味方兵士のように敵キャストの攻撃を凌ぐ盾としても利用できる。ただし、壁を無視して戦闘を仕掛けることができる攻撃もあるので、森の中にいるからといって油断してはならない。

森に侵入する場合、入り口となる小さな通り道を通過するため、お互い奇襲のポイントになる。

自陣もそうだが、敵陣の森を確保するということは奇襲、防壁、通路としての利点を得ることでもあるので、うまく抑えることができると戦略が強化される。逆に味方からすれば、定期的に自陣の森を監視して敵が確保していないか確認することも重要となる。
そういう意味では、支援型のコアを森におくのも侵入警戒の上で使える戦法である。