温羅

基本データ

「鬼ヶ島の王」温羅(うら) 基礎ステータスRC(OD12)
モチーフ作品 "桃太郎"より、鬼(温羅) #image error : ファイルが見つかりません (Ura_BS.png)
ロール ファイター
開放条件 リーフショップで交換(20枚) ※1
Art. SEGA CV. 最上嗣生
基本ステータス
最大HP Lv1: 60 最大MP Lv1: 40 ※2
Lv8: 80 Lv8: 50 ※2
ストレート攻撃力 B(1.6) ドロー攻撃力 S(3.9)
射程 超近 スピード B(1.8)
※1 イベント期間中に20戦プレイ(2016/04/01~04/17開催)で先行入手可能であった。
  また、2016/04/14に発生した熊本地震の影響を考慮し 購入価格0枚でリーフショップに追加 (2016/04/26~)。
  Ver.2.0稼働後のショップ開放全キャスト0リーフキャンペーン(~2017/01/31)終了から20枚になったとみられる。
※2 Ver.1.61-Aより。Ver.1.61まではLv1:45、Lv8:60

スキルデータ

ワンダースキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
紅キ凶乱ノ鼓動 WR 超絶強化 5 なし フリックをすると即時発動する。
自身の スピード防御力上がり 、さらに 硬質化(やられ発生なし) する。
※戦闘中一度のみ使用可能
スキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
憤怒ノ気 R 強化 2 20 フリックをすると即時発動する。
効果中は 敵に攻撃をヒットさせるたび防御力 が追加で 上がり
一定回数攻撃をヒットさせる硬質化(やられ発生なし) する。
大喰ライ R 攻撃 4 35 自身から線を引いた方向の 範囲に発動 する。
範囲内の敵に複数回攻撃し、 ダメージ を与える。
与えたダメージに応じて自身の HP回復 する。
地叩キ SR 攻撃 3 25 フリックをすると即時発動する。
自身中心の範囲内の敵に 中ダメージ を与える。
攻撃範囲は、発動後 徐々に広がる
金棒砕キ R 攻撃 3 30 自身から引いた線の方向に 貫通攻撃 を放つ。
ヒットした敵に 特大ダメージ を与える。
厄返シノ構エ ※3 SR 強化 3 フリックをすると即時発動する。
自身の 防御力上がり妨害効果への完全耐性 を得る。
さらに、その場で カウンター 状態になり動けなくなる。
カウンター 状態中に攻撃を受けるとその敵に対して 自動で反撃 し、
ヒットした敵に 中ダメージ を与える。
カウンター 状態は、移動をするまで一定時間継続する。

※3 Ver2.00-Aより追加されたスキル

キャスト概略

桃太郎から鬼ヶ島の鬼がキャストとしてまさかの参戦。
キャストとしては異常にゴツい図体と強面の姿からヴィランからの流用ではないかとも言われたが、
実は一番最初に公開されたPV(ファーストロケテスト前)にシルエット姿で登場している。もともとキャストとして開発されていたようだ。

全キャスト中トップクラスのHPを持つ近距離型ファイター。
巨体であるために他のキャストよりもコリジョン(攻撃食らい判定)が1.5倍ほど大きい。
またダウン後の無敵時間が他キャストよりやや短い。←Ver.2.0で他キャストと同様になった。
素でサポーターの約2倍分のHPを持つが、その代償は払っている。

ファイターでは初となる突進ドローを持ち、弾系のドローを持たないため兵士列の扱いが全てを握る。
スキルで"硬質化"状態(格ゲーで言うところの「スーパーアーマー」)になることができ、これが強み。
移動速度はフックに次いでブービー。回避やSSの性能は高いので隣接してしまえば差し合いはしやすい。

高いHPと防御スキル、硬質化を駆使してレーンを押し上げていく、異端のファイターである。
基本的には闇吉備などの「近接アタッカー」を、さらにタイマンレーン戦に特化した性能。
そんな基本性能ゆえキャスト間での相性差はかなり激しく、楽な相手とキツい相手で真っ二つに分かれる。
なお憤怒との噛み合わせを考えてか、拠点攻撃力は全キャストトップである。ただ吉備津のように殴り硬直が短いわけではない。

Ver.1.61-Aにて回避距離低下
Ver2.0よりダウンからの復帰時間が短縮。
Ver2.02より拠点攻撃力時の硬直が伸びた。

硬質化について

スキル効果で温羅が持続的に硬質化している間は、ヴィラン同様の金属の帯を身体に纏う。
この帯がある間は、原則ノックバック(仰け反り)やダウン無効となる。また、引き寄せも効かない。帰城準備中も同様である。
しかし、スキル準備中の行動中断は受け(実際は即フリックしてしまえばよいだけ)、巨人にダウンを奪える一部攻撃スキル(ハートレスシザーズなど)は喰らうとダウンする。ちなみに巨人と同判定になるのか敵のショットを肉体でかき消せるようになる。

あくまでのけぞらないだけで、スタンやスロウや防御低下などの状態異常は受けるし、大ダメージスキルを食らうと十分痛い。
ただ硬質化自体にダメージカット作用はあるようで、素>憤怒>憤怒硬質化の順に兵士弾から受けるダメージは下がっていく。
また普段はありえないダウン属性攻撃の複数ヒットが生まれやすいので注意が必要(分かりやすいのがシャリスWS)。

+ キャラクター概略

◆変幻の栞
  • 衣装A(CR20達成報酬)
金色の体になる。鎧も金色。
金の鬼にも何らかのルーツがあると思われる。
  • 衣装B(スペルリリィ交換)
こちらは緑系をベースに赤の小手。…「ハなんとか」なヒーローかこれ?

ショット性能

ストレートショット

炎を纏う腕を振り、近い距離に衝撃波を飛ばす。腕部分には攻撃判定はない。
超短射程と書いてあるがそこまで短い部類ではない(猿系程度)。このゲームでよくある射程詐欺表記。
ちなみにLv1兵士1確に超ぎりぎりで調整されており素の温羅を下回るとそうならないという指標になる。

ver1.0時代の吉備津のSSの威力を下げたような使い勝手。
多段ではないが発生、硬直はとても優秀。範囲もそこそこ。回転率の点では大聖超えでファイター最速。
早い段階で小兵士確殺が取れるのでまずはこのストレートを活用していこう。
ただ闇吉備同様にこれで寝かせるといつまでたっても相手をキルできないのでダメージを稼ぎたい時は考えて振ろう。

Ver.1.63-Dにて発生速度が低下した。

ドローショット

直線的に飛び掛かって突進攻撃する。
突進部分(足元)と飛び掛かって着地し地面に叩きつける部分(腕の先端)で計2ヒットする。
また着地点周囲にも攻撃範囲あり。まとめると、飛び掛かり部分⇒叩きつけ腕周辺と着地点、という2つの攻撃判定。
ちなみにだが着地点はスカDS以上の範囲があるようで、ぎりぎり森を越える(双方森壁密着で当たる)。
この辺りの攻撃判定のせいなのか、巨人に対して多段ヒットが起こるため極めて効く。

感覚的には闇吉備のドローに近い。
判定はさらにデカく、闇吉備に比べてカス当たりはかなり少ない。
硬直は相応にあるので何も考えず振るわけにはいかないが、これを使いこなせないと話にならないので差せるとこで差そう。
SSからのDSキャンセル、DSからの即スキルなどは基本になるテク。

城からの敵兵の列に対して横から密着でドローすると8~12ヒット程する。
要するに飛び掛かりでヒットした後にさらに叩きつけもヒットする兵士がいるという事になる。
レベル1無強化ドローで攻撃判定1つで兵士一確にはならない。

スキル解説

紅キ凶乱ノ鼓動

自身のスピードと防御力が上がり、硬質化する。
高い防御力と硬質化によるゴリ押しが可能になる。足が早くなっているので通常時と違って敵を追う事も容易い。
一部の敵の技がその場で連続ヒットしてしまうため通常より危険な目に逢うこともある(シャリスWBからのおおきくなるね等)。

巨人処理、もしくは巨人の護衛をしている時の押し込みで有効。
また城凸時にWS無敵時間を活かし、大喰ライとの併用で城殴りや兵士枯らしを行うのも強い。
タイマンだと圧倒しやすいが、Linkがしんどいので出来れば終盤になる前のタイマン状況で吐いてアドを産んだ方がよいと思われる。
大食ライが硬質化削除された現在、これを使ったら大喰らいに繋げば体力を回復できる事は覚えておきたい。
拠点への単純な押し込みで使えなくもないが、裏を取られて枯らされる事も多いので注意。

Ver.1.61現在、WS効果が終了してもWSのBGMがしばらく流れ続けるという謎の不具合がある(硬質化が重複すると?)。

スキルが+5,+10になると防御力がさらに上がる。

憤怒ノ気

一定時間、気を纏う。スキル無強化での持続時間は約45秒?。
効果時間中、対象(敵兵、キャスト、巨人、拠点、城)に自身の攻撃を当てると、そのヒット数に応じて防御力が上がる。
当てる攻撃は対象へ有効なものでさえあればなんでも良い(ショット、スキル、または拠点か城を殴る)。
ただし無敵中の相手への攻撃はカウントされない。

攻撃が合計25ヒット以上すると、さらに硬質化が発動する。
この時から硬質化の時間が始まる。これは憤怒自体の効果時間とは違い20秒??
要は憤怒の効果終了ぎりぎりに硬質化しても硬質化の効果は満額で受ける事ができる。
逆に言えば硬質化前の効果時間は終了となり、どんなに早く硬質化しても硬質化の時間が切れるとスキルの効果が無くなる。

なお、WSと憤怒は双方の効果が独立して働く(WS中にも憤怒のカウント計測がある)。
そのためWS直前にかけておくとWS後も硬質化しているか、終わって少し経った辺りに硬質化する事が多い。
逆にWS発動直後に25hitした場合は終わると憤怒も切れているため意味がなくなる。

憤怒中に憤怒を使うと、重ね掛けされず、効果がリセットされてしまうので気をつけたい。
逆に言うとシャリスWSなどに対して重ねがけして一旦硬質化をリセットする事も視野に入る。

温羅の全てと言ってもいいスキル。
とりあえずLv2になったらこれをかける事で、相手が読み合いに負け続けると自然とダメ押しでスパアマになる設計。
一旦硬質化したら敵へダメージを稼ぎに行くのが基本。

スキルが+5,+10になると効果時間が伸びる。
Ver.1.61-A及びVer.2.02-Bにて2回に渡り、硬質化時の防御力低下と硬質化の時間短縮の修正を受けた。

大喰ライ

扇状の範囲内の物体にダメージを与え、自分は回復していく攻撃。
効果中は範囲内がダメージゾーンになるので後から来た敵にも対応する。

まず範囲内に3回攻撃し、それに伴ってHPが小回復。さらに与ダウン属性の攻撃を1回行う。
その後、与えた総ダメージに応じて追加でHPが回復する。
勘違いされやすいが兵士だけではなくキャストや巨人にも効く。
ちなみに拠点や城など障害物に重なっている相手は食べられない。
発動中に防御力アップなどは無く、状態異常スキルや大ダメージスキルの的。
対面の敵のスキルを考えて使う事が求められる。

範囲に兵士を多く捉えれば総ヒット数を稼ぐことが出来、憤怒効果の発動に適している。
憤怒との合わせ技によりlv4以降はMPと敵9列兵士さえあればすぐスパアマを作れる。
無論、単純に回復+兵士処理スキルとして考えても強く、継続戦闘しやすい。

対面によってどれだけ大胆に使えるかが変わってくる。
基本的に多少のダメージを覚悟すれば回復もあり不敵に食えるが、状態異常系に対してはキツイ。
HPが減ってきてからだと鬼断ちやばーにんぐふれあのダメージもちょっと怖い。

温羅実装当初は大食ライそのものに一時的な硬質化効果が付与されており、「一旦敵をかき集めて食い始めたら絶対に中断を受けない」という恐ろしい性能だったが、さすがに強すぎたか、Ver.1.61-Aにて大食ライ自体の硬質化付与は削除された。(大食ライヒットでの憤怒発動は無論可能である)
修正に書いてないが仕様自体の変更を受けており、簡単に言うと昔はデッドリーギフトのようなロック技だったのだが、今は吸命を何度も行うような「範囲技」になったと考えると良い。

スキルが+5,+10になるとダメージが上がる。

地叩キ

炎をまとった拳で地面を叩き、そこから炎エフェクトがゆっくりと波状に広がっていく範囲攻撃。
壁越しに発動でき、兵士はダウンするがスキルMAXでも兵士を倒し切れず、キャストや巨人もダウンしない。
兵士の数で優位なら、兵士同士での戦いを少ない時間で決められる。
一応温羅唯一の中距離攻撃であるが、発生と広がりは遅いので置いておく扱いのスキル。

基本的には硬質化のためのヒット数を稼ぐスキル。
兵士が溜まれば中距離から低リスクでヒット数を稼ぐ事ができる。
2連打するとすぐスパアマになれるが、MP的にはガス欠になるので注意。
1回使ってから被弾覚悟でDSを撃ち、硬質化直前まで行くのは基本。
無論、硬質化している状態なら撃退するかデバフでも振らない限り地叩キを止めようがなくなる。

また近めの距離でキャストに当たった場合はDSや金棒追撃が確定する。
拠点際の攻防で単純に範囲攻撃として有効に使える事も多い。無論、硬質化に近づければおいしい。

Ver.1.61-Aにて発生が速くなった。
Ver2.02より硬直時間が伸び、範囲が短くなった。

スキルが+5,+10になると??。

金棒砕キ

どこからともなく金棒を取り出し、素早く特大ダメージの貫通攻撃を放つ。
射程はSSより多少長い。DS限界距離より若干短い?ぐらい。
近接レーン戦での奇襲性が高いスキル。威力はかなり高い(吉備津鬼断ち以上)。
極めて発生が早いが稀に被弾による発生の中断は起こる。ただ相手が狙えるというよりはスキル発動にちょうどかち合った場合のみ。
特にダウン無敵が短いこっちに不用意に起き攻めしようと狙っている相手に、逆に鉄槌を食らわせてやろう。

美猴の吸命以上の短射程/兵士貫通なので当て方は割と独自。
一番狙いどころが似ているのは闇吉備のドローか。
無論、硬質化中はのしのし歩いてこれで叩ければおいしい。MP管理が重要。
ドローの終わり際をキャンセルして金棒を放つ「ドロキャン金棒」や、逆に金棒ヒット後からのキャンセルドローなど、コンボも充実している。

スキルが+5,+10になるとダメージが上がる。

Ver.1.61-Aにてダメージ低下、ダウン時間上昇とファイター寄りの調整を受けた。

厄返シノ構エ

Ver2.0で追加された防御型スキル。

発動すると防御力の向上とデバフへのレジストを得る。
また同時に「カウンター」状態になる。

カウンターは攻撃してきたあらゆる敵に対して自動反撃を行う物。
温羅の場合は攻撃してきた敵の場所へダウンを誘発する地柱を撃ちあげる。
移動を行うまで継続するためその場で動かない攻撃を行うこともできる。

発動自体も早く、相手の攻撃に合わせると成立しやすい。
特に素では射程距離に困る温羅にとって、遠距離攻撃を仕掛けてくる相手にも対応できるようになるのが大きい。
また、完全耐性のレジスト付与により、あらゆるデバフ付与付きの攻撃も無効化できるので弱体化狙いの相手にも対処可能になる。
さらに攻撃の射程は無限なので、例としてリンのふれいむきゃんどる内でスキルを使うと何処に居ようと敵リンの元に攻撃が届く。
ただし、防御力が上がっているとはいえダメージはしっかり受けるので注意。

距離を問わず攻撃を返す強さを持つものの、やはり欠点はある。
兵士弾にも反応するため後から来る本命の攻撃を食らう。もしくはあえて攻撃を仕掛けられずに兵士に攻め込まれる。
1モーションに1度だけなので多重攻撃に対応しない。
着弾が早いとはいえ広範囲ではないので、うまくタイミングを合わせると緊急回避で避けられることもある。
引き寄せもデバフではないのでレジストでは防げない。


アシストカスタマイズ

弱点はMPとSPと攻撃の射程、長所はHPとDSやSSの差し合いのしやすさ。
これらから考えた場合弱点を補強したくなるが、温羅は素の特大HPでもやや足りないぐらい実戦では被弾する。

そのためまずは武蔵坊の大薙刀や千色コートといった耐久面を一つ以上入れるのがよくみられる。
対面によっては唸る黄金のコマなどが選択肢にあがるだろう。
この次に積まれる事が多いのは大風払いの扇。差し合いが劇的にしやすくなるうえ火力も上がるのがうれしい。
ソウル枠が空くのでここで自分の色を出していきたい。SPやMPを盛るのがよいだろう。

専用アシスト:鬼頭の金砕棒
レベル3からの発動。
HPとドロー威力を小強化する長所伸ばし型。
敵兵士のヒットが一定数(現状15)でMPが回復する。数値にして大まかに20?。
ただし一度発動すると25秒間待たなくてはならない。
基本的にスキルのためのMP消耗が多く、それらをより活用するためのMPを確保することができる。
ヒット数が稼げるスキルやヒットで強化される憤怒ノ気との相性は抜群と言える。

Ver2.02より必要なヒット数が増大。20→?

+ ver2.0以前の効果

戦術

序盤にやる事はショットの差し合いに勝つ事。
相手をダウンさせた場合、DSで一気に兵士を消せるうえ、憤怒もあれば相手の詰みまでの時間が早まるのが温羅。
逆になにも刺せない場合ジリ貧になる。膨大な体力も関係ないぐらいジリ貧になる。
しかし例えば序盤の敵と自分のダウン回数が同じ場合、基本的にはこちらに負ける要素はほぼない。
食らってもめげずにがんばっていこう。

Lv1で相手を一度はダウンさせて、Lv2で憤怒発動、スパアマを目指すというのが基本の流れ。
また金棒は前転やDSから距離を詰めて出せばワンチャンスをもぎ取れる。

地叩きと大喰らいは憤怒のスパアマを補助する技。
敵兵士が溜まっている場合、MPさえあれば地叩きで一瞬でスパアマを作れるのだが、金砕棒の発動と合わなければその後が続かないので注意。
MPを盛るにしても限界があるので場面場面で節約してSSで兵士を倒していきたい。

コメント
  • 今更気付いたけど憤怒って発動時には何の強化もないのかな?「追加で」上がるって記述からすると多少なりと防御上がって良さそうなもんだけど。 -- (名無しさん) 2016-06-20 11:41:13
  • ナイトメアのエンドルフィン説明見るとちゃんと最初に上がるの書いてあるからそうじゃないかな -- (名無しさん) 2016-09-21 00:01:20
  • レーン戦勝って城前まで行く優勢で終わっても帯び無しの時がある謎キャスト -- (名無しさん) 2016-10-11 11:56:44
  • ↑硬質化は永続じゃなくて時間で切れるからなぁ。 -- (名無しさん) 2016-10-11 17:51:53
  • 厄返しが見事な対アリシャリ戦のメタ -- (名無しさん) 2016-12-26 14:06:37
  • ↑途中送信失礼 メタ張ってるなあ。そうでなくても有難いが。あ、バレダンナイキは来ないでください -- (名無しさん) 2016-12-26 14:07:55
  • :鬼頭の金砕棒 の効果変更 -- (名無しさん) 2017-01-02 01:48:37
  • アリス使っていた時厄返しが良く分からなくて酷い目にあったぞ 対処法はなにかあるのかな? タイミング合わなくて迎撃できなかった -- (名無しさん) 2017-01-10 23:03:15
  • グレーテルって多分相性良い感じだよね。専用装備使えるし、HP継続回復付けられるから多少タフにできるし -- (名無しさん) 2017-01-19 09:26:50
  • ↑兵士弾が怖くて薙刀外せない。けど、餅食らいもあわせればそれなりになるかね? -- (名無しさん) 2017-01-20 15:13:53
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る