サポート(所感一覧)

パラメータの増減幅については随時調査していますが、バージョンアップに完全に追いつけているわけではありません。
バージョンが併記されていなかったり、あまりに古い場合には直接編集なりコメントなりで補足いただければ助かります。

有用度 については多数のキャストで有効に扱える、グッドスタッフ性をメインに評価しています。
まだカード資産が潤沢でないプレイヤーが 今1コイン消費して取るべきか否か の参考にしてください。
S:特定キャストに限らず幅広く使えるマストアイテム
A:各ロールや各キャストで採用率の高い優秀品
B:ビルドの方向性によっては実用的な選択肢になり得る
C:完全な劣化品ではないが、採用しづらい
D:他に完全上位互換品が存在する、現状ではハズレカード

現状のSランク装備まとめ (多数のキャストで候補に挙がるためMAXになるまで拾っておきたい)
  • 大風払いの扇
  • 白騎士の槍
  • 蓬莱の玉の枝
  • 白き女王のショール
  • 毒りんご
  • 予言されし災禍の糸車
  • 伝国の玉璽
  • 鬼神の指輪
  • 冒険者のターバン

最近の調整状況 ver.2.01
【発動条件】すると一定時間~ という効果全て 効果発動中に【発動条件】を再度達成しても効果は再発動しなくなった。
蓬莱の玉の枝 特殊 「敵兵士を一定数撃破すると、一定時間、兵士から得られる経験値の量が増加する」に変更
青い羽のイヤリング 特殊 「キャスト撃破時に、一定時間、得られる経験値の量が増加」に変更
鬼頭の金砕棒 特殊 「敵兵士に一定回数攻撃すると、MPが回復する」に変更
斉天大聖の金冠 特殊 「敵兵士を一定数撃破すると、一定時間、ドローの弾のサイズが拡大」に変更
誠実な王の服 特殊 「敵に一定回数攻撃すると、一定時間、経験値を獲得できる範囲が増加」に変更
輝く七星のひしゃく 特殊 スピード増加量↓/発動に必要なHP量↑
冥界のコンパス 特殊 スピード増加量↓
月渡りのブーツ 特殊 スピード増加量↓
血に飢えし滅鬼刀 特殊 効果時間↑
守護者の義弓 特殊 効果時間↑
醒めぬ悪夢のマフラー 特殊 効果時間↑
聖なる娘のポンチョ 特殊 効果時間↑
紅き暗殺者のマント 特殊 効果時間↑
必須級といわれた一部カードと、その影に隠れていたSRアシスト・キャスト専用装備をまとめて調整。
F必須の蓬莱、一部S必須の王服は、点火のために兵士撃破を稼がなければならず、戦闘開始直後や帰城時にどうしても漏れが生じるようになった。
エピーヌ+高速アタッカーと組み合わせてver.1.64の爆速即死環境を招いていた柄杓と月渡りにお仕置き。
冥コンの速度上昇は1.63-Aで一度上方(Lv5発動Rアシストまとめての上方)されていた。いかにキャスト特性と良く噛み合いすぎていたかわかる。
空いた枠に挿してね、と言わんばかりにキャスト専用装備の上方。特にミクサはもう震えなくてすむかもしれない…ね…。



+ ...

武器

Ver1.0(武器)

カード名 所感 有用度
布繕いのハサミ ソウル「玉龍」がLv.1でストレート攻撃力中上昇であり、玉龍が装備できれば十分な場合が多い。
Lv.1でストレート攻撃力が欲しいが玉龍が装備できない構成や、他アシストをまだ所持していない場合などに採用する程度か。
D
舌切のハサミ デメリットは最大HP2減少。Lv.3で効果が出るため、主にアタッカー、ピーター、かぐやなど中~終盤でもストレートを多用するキャストに有用。
Lv.5にはより強力な大風払いの扇があるが、扇の効果が過剰・不要に感じたり、早めに攻撃力上昇が欲しい、など採用理由は十分にある。
一時は「泡沫の姫の短剣」の下位互換だった時期もあったが、現在はLvUP後追加効果が切れた後なら「舌切のハサミ」のほうが上。
B
木こりの斧 Lv.1から効果があるが大半のキャストは装備してもドロー一撃で通常兵士を倒せる数が増えないため、序盤での対キャストドローダメージを上げたい場合に選択肢となる。
しかし同じ強化値で特殊効果のついた「宝来の小槌」が登場したため、出番は無くなった。
D
金の斧 デメリットはスピード約0.2減少(カスタマイズ画面で言う2目盛り)。英雄のクロスボウと比べて減少量に大差は無い(小数点以下)。
発動がLv5と遅めで特殊効果もないが、Ver1.5にてついに上昇値が 特大 に達したため、白騎士の槍とは別の立ち位置を得た。スピードが削られることへのフォローさえすれば選択肢に入ってくる。
一例として、サンドリヨンはソウル次第で槍斧型でないとLv5一確構成に出来ない。
B
刀代わりの針 Lv3から効果がありかつ、デメリットが最大MP5減少であるため、ストレートによる戦闘がメインのキャストなら採用する価値あり。
終盤ジャストウィッシュによるストレート砲台になる戦法をとる狙撃ビルドを採用したアシェンプテルや、引き寄せからキル狙いの所謂ピラニアビルドを採用したシレネッタなどが好相性。
鬼切り丸が揃った後はその後塵を拝することになるが、併用してさらに特化するといった使い方は検討範囲。
C
鬼屠りの針 デメリットはスピード0.2減少。主な採用意義はHPやMPの減少を嫌うとき。
スピード低下は少々痛いがエアウォークを多用するタイプのピーターとは相性がいい。バレットダンス解禁前の一粘りや、奇襲からのトドメなど攻撃力上昇が役立つ場面は多い。
C
アップルシューター 強力なコモン装備の一つとして最初期から有名。最大MPをサクってDS強化。
最大MP下げは少なくとも端レーンの序盤において実質的にノーデメリットに近く、修正値が悪くない事から重宝される。
現在は同じ補正値の「手作りのピストル」「夢に見た王子の笛」が存在するため、その中の選択肢の一つといったところ。
B
英雄のクロスボウ 現状のLv3ドロー強化装備で最高の修正値を誇る(除くソウル)。ファイターの重要品の一つ。
デメリットはスピード0.2ダウン。これは金の斧とほぼ変わらないため中々強烈。
しかしLv3段階で1確DSを組める場合はデメリットを補って余りある。これを使う場合MAX近辺であることが重要(ぎりぎり1確まで届かせるのが強い。でなければ龍玉やアップルシューターもしくはLv5の1確装備でよい)なので拾っておく事をおススメする。
A
降妖の杖 SS、DS共に特大upだが Lv7発動 のロマン武器。以前は「Lv7になる前に試合終了」なんて事態もあり完全にネタ枠だったが、Ver1.5にてゲームシステムの変更及び「蓬莱の玉の枝」の流行でLv6?7になりやすくなり、またHP低下のデメリットも撤廃されたため、終盤までSS・DS双方を多用するキャストならば採用の芽が少しは出てきた。
シャドウ・アリスのような後半の立ち回りに悩むキャストでは、敵へ圧力を掛けやすくなり戦略の幅が広がる。大聖が終盤力強化/事故フォローのために積んでいるのも見かける。
.NETの対戦履歴→[詳細を見る]で各試合残り何分でどのレベルに到達したか確認できるので、平均して何時から本気出すビルドにするのかよく検討したい。
1.61-Aで複数の強化項目を持つアシストに下方修正が入った際に他のアシストは軒並み大きく上昇幅を削られたのだがこれだけは無修正に近い状態だった。1.63-AではLv7入りが早まるよう調整があり、追い風が吹いている。ロマンはまだ終わらない。
B
火起こしの扇 Lv.5でストレート攻撃力大上昇するが「大風払いの扇」より僅かに劣る。最大MPは6下がる。
「いたずらな恋心の弓」という上位互換装備が出たため、これを採用する理由は皆無になった。
D
大風払いの扇 デメリットは最大HP4減少。
美猴、ピーター、アシェンプテル等、ストレートがLv.5以降も主力であるキャストがよく採用している。
特にアシェンプテルはストレートが生命線でもある為、射程延長の恩恵が大きい。
射程が長くなるということは同キャストのストレートの差し合いで有利になるし、ジャストウィッシュ発動中のアシェンプテルに真っ向ストレートの差しあいを挑んでくる他キャストなどいない(射程だけ見ればかぐやが勝るが、硬直の関係でストレートの撃ちあいには向いていない)。
なお射程延長は割合上昇のため、元のストレートショットの射程が長いキャストほど射程が伸びる。
つまりかぐやの射程延長が最大なのだが、分裂までの距離も延長されるので間合いが変化することに気をつけよう。
S
トランプ兵の槍 最大MPと引き替えにDS威力を上昇させるLv5アシスト。
DSアップとMPダウンがアンチシナジーであるが、予めMPを消費しておく事で多少デメリットを軽減できる。
これを使う有名なビルドは、白騎士の槍も併用するサンドリヨンの槍槍Lv5ビルドだろうか。
上昇補正は白騎士の槍と同じ。白騎士にはDS射程アップも付いているので、Lv5のDSサポートなら基本的にあちらを採用する事になるだろう。
C
白騎士の槍 ドロー射程とドロー攻撃力が上がり、トランプ兵の槍と違いデメリットが最大HP中低下(4程度)なのは優秀。
ファイターにはありがたい効果だが、自由度の上がる射程向上はともかく発動するのがドローの威力が戦局にあまり影響されないLv.5というのがネック。
使用するなら後半もドローによるキャストダメージを狙う戦法をとる場合。
ドローバフに恩恵のある(ホワイトウィッシュ・ボールドレスアップビルドを使う)サンドリヨンや、Lv.5以降もドローでの戦闘比率が高いフックやメロウ、専用アシストとの相性がいいシャドウ・アリスなら一考の余地あり。基本の射程が短いドルミールはほぼ必須となる。
ただし上がるのは書いて届く距離なので大聖などドローの描画距離の短いキャストとは相性が悪いので注意。
また突進ドローの場合は移動距離が増す。スカーレットやヴァイスが装備した場合、「移動距離が延びる」ので、越えられる壁の厚さが変わる。また、スカーレットの場合は相乗効果で攻める際、DSの射程が伸びることによる戦闘距離の確保は結構大きいものになる。
S

Ver1.1(武器)

カード名 所感 有用度
ホラ吹き男の弾無し銃 デメリットは最大HP2減少。Ver.1.10-Aにおいて、玉龍と合わせてかぐやの小兵士1確ビルドとして名を馳せた。
Ver1.5で弱体化され、HP低下に見合った効果かと言われると微妙になった。
C
竜騎兵の銃 Lv.5版鬼屠りの針、またはSS版金の斧。長らく大風払いの扇の後塵を拝していたが、Ver1.5にてスピード低下アシストの再評価に伴い上昇量が特大になった。
とはいえ足が遅くなるネックは変わらないので、相性のいいシルフなどでカバーしておきたい。
Ver1.63でいたずらな恋心の弓が登場。同じレベル5SS特大アップのアシストだがあちらがサクるのはMP。SPとMPを比べた場合SPのほうが重要度が高いため、こちらが選択されることは減ってしまった。
SS爆風一確を狙うシャドウ・アリスはいたずらな恋心の弓に加えて更にSSを補強しなければならないため、当該ビルドを組む場合に4枚目のSS上昇として採用することになる。
C
名付け親の鎌 宣告送りの鎌よりわずかに上昇分は上だが、Lv.5の他のドロー強化と比較すると上昇量はかなり少ない。
Ver.1.11での検証ではMAX同士の比較で上昇量はLv3発動のアップルシューターさえも下回るため、デメリットを加味しても他のDS強化サポートを優先すべき。
D
宣告送りの鎌 名付け親の鎌のほぼ上位互換。
デメリットがないことはメリットだが、そのぶん上昇量は少ない。
DS強化値は「神与の宝杖」と同じ。「神与の宝杖」はSSも上昇するため、HP低下を許容できるならあちらを装備した方が色々と捗る事が多い。
C
鼠捕りの笛 Lv.1発動の布繕いのハサミよりはわずかに上昇量が上。
Ver-1.64にて「守護者の義弓」という上位互換が出たため採用理由は皆無になった。
D
マグスの魔笛 弾速UPはストレートの射程が長いキャスト全般にマッチする。
+0~4強化の弾速UPはそれほどでもないが、+MAXにすると相当速くなるらしい。
デメリットが無いのも魅力だが、Lv.5にして攻撃力中上昇なのが難点。シャドウ・アリスだと、この難点だけで採用圏外となってしまう(SS爆風一確に届かなくなる為)。
SS性能の高いアシェンプテルの手にあれば回避困難な魔弾と化す。(が、+MAXではないのなら専用アシストの方が効果がある)
+MAXをかぐやが使った場合、相手からしてみると相当厄介。特化するよりも自由枠に入れる方が強いタイプの装備。
B

Ver1.11(武器)

カード名 所感 有用度
亡霊の怨念刀 レアリティ的には入手はしやすい、デメリットなしのSS・DS強化武器。ただしレベル5で発動する割に強化値は小と低すぎる。
HPのデメリットを払ってでも、Lv.3ヒト想いな鬼の金棒かLv.5ルビーの剣を使ったほうが割に合っている。
Ver.1.61-Aでの弱体化幅についても、あまりの不人気でおよそ検証を見かけない始末。現状では出荷要員。
D
鬼切り丸 刀代わりの針と同じMP-5でストレート攻撃力を中上昇。上位互換だがこちらはレアリティがR。
今までの刀代わりの針では、SS上昇量的に同じくレベル3でRの舌切りのハサミと鬼屠りの針に劣っていたため、MPデメリットの選択肢として並ぶようになった。
A
ルビーの剣 Lv5でSS、DS共に中上昇する。1.61-Aにて下方されたが、終盤でもSSとDS双方への依存度が高いキャストにはまだ有用なアシストである。
しかしSS、DS単体の補正はLv3アシストにも劣るためどっち付かずになりがちでもある。全体を万遍なく上げるか、一点特化するかはプレイヤーの判断で決めたい。
C
幸福の剣 英雄のクロスボウと同じくスピードが0.2(Ver.1.1x)下がるが、レベル1から発動する。発動レベルに対し上昇値はレアリティがRなのもあってそこそこ。
他のLv3DS強化と合わせてLv3からDSで小型兵士を確定にしたい場合に選択肢に入るかもしれない。
1.50からはデメリットも減ったため、ドロー特化ビルドの序盤用にもひっそりと積まれることが増えた。
当然ながら、レベル1からドロー火力が欲しいかぐや、ロビンはこれを装備していることが多い。
B
海の魔女の短剣 トランプ兵の槍をサイズダウンし発動レベルを落としたアシスト。
しかし、Lv5からMPを溢れないよう気をつけていればデメリットがほぼ無かった槍に比べ、Lv1からでは確実にMPが減っているのは地味に大きい。
補正値自体は「蓬莱の玉の枝」と全く同じ。そちらを所持しているなら、それらを併用するようなよほどの特化ビルドでない限りこのアシストの出番はない。
D
泡沫の姫の短剣 舌切りのハサミに特殊スキルが付き、SRとなった。
特殊スキルはレベルアップ毎にSSの時間限定攻撃強化となっており、パラメータ上昇と効果上昇が一致しているため無駄が無い。
約35秒の間、大強化並の恩恵を受けられるので、レベルアップ時には積極的にSSで攻めていきたい。
ver1.50で基礎値がそこそこの下方を受けた(効果と合わせてもLv5の大UPよりは上がらない)が、MAX同士で比較した場合舌切りのハサミとの違いは小数点以下である。
十分重なった場合はこちらを優先すべきだろう。
ただアシェンプテルや美猴、ピーター、かぐやなどのレベル5以降もSSを主力にするキャストは一時的な強化よりも永続的な強化のほうが優先されるため、選択肢には上がりにくい。どちらかといえばシレネッタやツクヨミ、シャドウ・アリスといったファイターやサポーターがサブウエポンとしてSSを強化したいときに採用するケースのほうが多い。
B

Ver1.5(武器)

カード名 所感 有用度
時を刻む双針 Lv3でSSとDSが上昇する。Ver.1.61-Aにおける「ヒト思いな鬼の金棒」の下方修正により、デメリットなしという点では勝るようになった。(同時に自身も下方されているわけではあるが。)
しかし、「血に飢えし滅鬼刀」の方が上昇値が大きいという問題点は解決していない(しかもあちらはキャスト専用装備ゆえ下方対象外、つまり差は開いた)。
下位互換からはまだ抜け出せておらず、滅鬼刀が手元にあるならば出荷して問題ない。
D
輝く太陽と月の双剣 サンドリヨン専用アシスト。Lvアップ時にDSの速度が上昇する。
速度はファイター最速レベルとなるが屈曲したらやや減速するのはそのまま。この時の殺意ドローは非常に強力であり、発生・減衰で恵まれているサンドの特性と相まって実質の威力含めほぼ吉備津の上位互換DSとなる。
ホワイトウィッシュやボールドレスアップとの相乗により、後半のドロー戦も強力。上位の使い手で専用を抜いているプレイヤーはほぼ存在せず、半必須。
A
古き軍剣 Lv1からMPと引き換えにSSを強化するが、上昇値はノンレア相応に低い。
不要に思いがちだが、MPという多少サクっても目立たない部分でファイターの開幕兵士1確が狙いやすく、キャストによっては地味にリザーブに採用される事もある
C
冷徹な裁きの双剣 アシェンプテル専用の特殊効果を持つアシスト。専用アシストの常として数値上の効果はやや控え目だが、デメリットなくアシェンプテルの長所を少しだが伸ばせる。
専用効果はLvUP後に一定時間、アシェンプテル自慢のSSの弾速が速くなるというもの。弾に残像がつくカッコイイ視覚効果つき。当然ジャストウィッシュと合わせると効果が重複する。
効果時間制限はあるが、それまでLv5まで待たねばならなかったマグスの魔笛の代わりとなり得る性能。装備効果に納得できるのであれば採用してみよう。
B
血に飢えし滅鬼刀 闇吉備津専用アシスト。Lv3でSSとDSを少しずつ強化するものであるが、その真価は特殊効果の「キャストキル成功で体力回復+継続回復がつく」というもの。
生死に直結する効果であり、多少強引にでもキルを取りに行けるようになる。闇吉備津には防御力上昇スキルやWSもあるため非常に相性がいい。
闇吉備津以外のキャストでもデメリット無しでSS、DSの強化ができるため、サンドリヨンやメロウといった一部ファイターがDSを盛ると同時に大兵士確一のためにSSを少し盛る目的で装備するケースも散見されている。
時を刻む双針の上位互換。
A
海の重石 ルビーの剣のスピード低下版。デメリットを解消できるソウル留玉臣との相性は良い。海つながりでカナヅチメロウに装備させてはいかがだろうか。
登場当初はスピード低下サポートの見直しが行われた影響か、SS、DS共に大upと地味に優秀な効果だったが、Ver1.51-Aにてルビーの剣と同等の強化値にされてしまったのが非常に残念である。
C
如意金箍棒 キャストキル後に一定時間SSの射程が伸びるという美猴専用効果を持つサポート。
美猴使いなら誰もが何度となく経験したであろう「あとちょいで届いたのに!」という悲しみを軽減してくれる。キャストキル始動ではあるが、その効果はバカにならない(大風払いと併用することによってなんとミクサとほぼ同等の射程となる)。
美猴にとって射程アップは非常にありがたいが、キル始動を嫌うなら1.63-Dで実装された庭園に眠りし姫の指輪が競合になり得るか。
A
手作りのピストル 今までありそうでなかったLv3でHP低下のドロー強化アシスト。
HPが高く、ドローを盛りたいがMPやスピードの低下が痛すぎるフックとは非常に相性がいい。他のファイター勢にも新たな選択肢となるか。
ヒト想いな鬼の金棒の下方により、上昇値が負けるという心配も無くなった。
B
夢込められし自由の銃 ピーター専用の特殊効果を持つアシスト。ピーター最大のネックであるSSの硬直を減らすというまさに夢のような銃。
以前は使用者に「もうバレダンいらない」とまで言わしめた程の効果があった。
そして猛威を振るい過ぎたせいでVer1.51-Cで下方修正を受ける事に。このパターン多いな
しかし弱体化されたとは言えど、効果中は目に見えて硬直が減少するため、相変わらず有用な装備である事は変わらない。
A
まやかしの玉の枝 レベル1からSS、DS共に小up。それぞれ兵士一確にちょっと足りない、ツクヨミが装備している例が散見された。「どうせ寄られたら死ぬ」とHP低下も割り切っていた模様。
Ver.1.61-Aでそのツクヨミが粛清レベルで弱体化され、また複数パラメータUPのこの枝も下方修正となったため全国で見かけることは稀になった。
D
蓬莱の玉の枝 レベル1からドロー攻撃力が上がり、MPが下がる。ステータス部分を見れば小型のアップルシューターだがその本領はファイターが装備した時にだけ発動される「兵士から得られる経験値アップ」の効果。
特殊効果はVer2.0では兵士15体撃破で発動し、効果時間は35秒である。
兵士から得られる経験値量が約1.2倍になり戦いを優位に進められる。レベル先行の有用性は今更言うまでも無い為上手く使えば非常に高い効果を発揮する。
ちなみに、装備者が倒した兵士がドロップする経験値量が増えるのでなく、兵士を倒した際に出るクリスタルを装備者が拾った場合のみ増加している。
チームにファイターが二人以上いる状態で使えば恩恵は凄まじいこととなる。
初期はMAXで経験値量が約1.7倍だったが、修正され約1.3倍となった模様。
強化ステータスと有用な効果の噛み合いっぷりから呪われた装備とも揶揄されていたがVer2.0で発動条件が設定され時限アシストとなった。条件と効果時間は上述した通りだが、これにより経験値の増加値は試合全体を通してみればほぼ誤差レベルにまで低下した。 参考動画
しかし開幕のDS強化にオマケがついてくると考えればまだまだ有用なアシストであることは変わらない。必須装備でこそ無くなったが特別な理由がないならあえて外す必要性も薄く、レベル3一確ビルドなどDS盛りビルドならばまだまだ推奨装備であると言えるだろう。
ファイター以外でも稀にかぐやがレベル1でDSでの兵士確一をとりたいが幸福の剣のSP低下を嫌うときに装備するケースがある。ロビンなら、幸福の剣に加えて更にDSを盛る必要があるためかぐや同様のDS兵士確一をレベル1で取りたいなら迷わず装備する。
S
刀狩りの槍 Lv5でSS威力を犠牲にDS威力を上昇させるサポート。SS威力を落としてまで後半のDSを伸ばすべきキャストは限られる。
装備しても大兵士1確が取れるアイアン・フックや、大兵士ごとドローでなぎ倒せるサンドリヨンとは相性がいい。
C
武蔵坊の大薙刀 特殊効果の「兵士防御が上がる」は敵兵士弾のダメージを軽減するというもの。
軽減率は+MAXでもせいぜい3割。低Lv時はHPが低く、Ver.1.63-AにてLv1~5時の兵士弾の威力が上がった事もあり防御効果の過信は禁物。
短射程故に踏み込んでレーン戦をすることになる吉備津彦との相性は抜群。裏取りの粘り強さも目に見えて違ってくる。
他のファイターはだいたいが兵士列を挟んでレーン戦をするので被弾は少ないかもしれないが、対面がフックやツクヨミのように被弾覚悟で接近しないと打開しにくい状況で採用される場合がある。
敵陣に突っ込んでいくタイプのアタッカー、美猴や闇吉備津・スカーレットにもお勧めとなる一品である。もちろん、温羅には必須級。
1.61-Aにて攻撃上昇量は低下したが、特殊効果は変わっていないので依然有用なアシストである。
A

Ver1.6(武器)

カード名 所感 有用度
鬼頭の金砕棒 温羅専用アシスト。1.64までの効果では、Lvアップ時に闇吉備津のWS時のようなDS連打が可能になっていた。
2.00で付加効果が「敵兵士に一定回数攻撃するとMP回復」に変更。20兵士撃破で20MP回復を発揮(ただし25秒間クール待ち)。地叩きで硬質化しながらドローのMPを拾うような動きが可能になり、従来とはまったく異なる立ち回りが研究されつつある。
A

Ver1.63(武器)

カード名 所感 有用度
神与の宝杖 HPと引き替えにSSとDSを上昇させるアシスト。「ヒト想いな鬼の金棒」の上位互換装備。
(HP減少値は同じ。SS、DS補正値は重なり+1で+MAXの鬼の金棒を超える)
SSで大兵士を一確にしたいファイターは勿論、SS、DSの両方を強化したいアタッカーサポーターにも有用。
A
六尺の願い槌 HPを犠牲にDSを上昇させるアシスト。「手作りのピストル」のLv1ver.
MPを犠牲にする「海の魔女の短剣」よりは使いやすいが、上昇値が「蓬莱の玉の枝」と同じである以上まずあちらを優先する事になる。
仮にDSアシストをLv1で固めるにしても、他に優秀な物が存在(「宝来の小槌」「幸福の剣」)するため採用機会はまずない。唯一使われるとすれば、DS小兵士一確をレベル1から取りたいツクヨミやロビンが4枚目のDS強化として採用するぐらいである。2.00より「宝来の小槌」がシステム下方を受けており、幸福の剣のSP低下を嫌う場合に。幸福の剣とのDS上昇は1メモリ負けているため、そちらと比べステータスが2箇所低下するようなものなので注意。
D
大河創りのお札 SS小UPと、HP減少時(30未満)に更にSS威力をUPさせる特殊効果を持つアシスト。
特殊効果は非常に強力で、発動すればかぐやがLv1からSSで兵士一確、ヴァイスならlv1兵士一確になる他にlv2ステルスフード中も兵士一確(ラピッド無し)となる。SSメモリに換算すれば10メモリ超の効果となるすさまじさ。
だが、先述のかぐやでレベル1からHP30を割るような立ち回りをしていては事故の確率が洒落にならず、他のSSメインキャストを見渡しても単純なSSの威力でもって優位を取るキャストは少ないため、実装当初はほとんど見ることはなかった。
研究が進んで、まさにその「SS威力で優位を取る」スカーレットのビルド選択肢になっている模様。発動の早さもあって対処を誤ると開幕いきなり戦線崩壊があり得るので注意したい。
B
滅鬼刀 「ホラ吹き男の弾無し銃」「古き軍剣」と同じく、Lv1で他パラメータと引き替えにSSを上昇させるサポート。犠牲にするのはDS。
犠牲箇所的にはアタッカーサポーター向きか。Lv1ゆえ前者2つと同じく補正値はあまり高くない。
C
鬼の金棒 「ヒト想いな鬼の金棒」と同じくSSとDSを上昇させるアシスト。こちらはMPを犠牲にする。
最大MPが多いキャストならこちらの方が採用しやすいが、SS、DSの補正値に関してはより上昇値の高い「神与の宝杖」が存在する。
HPをどうしても削りたくない場合は採用の芽があるが、そうでなければあちらの方が良いだろう。
C
いたずらな恋心の弓 汎用性の高い「鬼切り丸」の高レベル版。上昇補正は「竜騎兵の銃」と同じ。「火起こしの扇」の上位互換。
MPサクりとSSアップは志向が一致しており、スピードを下げるよりかは使いやすい。竜騎兵と現状同値のようなので使い道はある。ただそちらもそうだが大風扇があるので大体は2枠がLv5という事になってしまいやすい。それでも驚きの強化値は魅力的。
B
狂いし教王の東洋刀 「ルビーの剣」、「海の重石」と出てきたLv5ショット強化シリーズの一つ。犠牲にするのはMP。
レアリティがRなのでSS、DS単体の補正値はLv3サポート並にあるのが強み。(DSの補正値は「アップルシューター」等とほぼ同じ)
問題はやはりLv5という発動の遅さ。Lv5になって両方強化したいという状況は限られる。
C
雨に濡れた弓 まやかしの玉の枝のMP低下バージョン。今後の研究次第では出番があるかも知れない。 D
夢に見た王子の笛 「アップルシューター」、「手作りのピストル」と同じくLv3でDS強化するサポート。DS上昇値も同じ。Lv3版「刀狩りの槍」とも。
ファイターはSSで大兵士を一確にしたい場合も多いため、採用の可否はキャストや戦闘スタイルで要一考といったところ。
吉備津彦とアイアンフックはこれを装備してもSSでの大兵士一確を維持できるため、この二人は優先度が高そうだ。
B
巧みなる猪狩りの笛 スキル攻撃力が上がる汎用アシスト2枚目は武器枠で登場。HP60%以上で1.64現在MAX時1.2倍?の効果。
ショールMAXは1.1倍であり、昔のショールがMAX1.2倍だった事から高体力時に昔のショールを再現できる。温羅が地叩きで兵士一確となる。
SS微上げ、SP微下げの効果が付くため神酒など停止回復との相性はよい。ミクサにも無くはないだろう。ステップで移動してもデメリットが少ない温羅との相性は良い。またロードピス採用型のエピーヌはこれとピスを組み合わせるとSSがレベル2で小兵士一確となる。エピーヌ自体がスキルの欲しいキャストなので相性が良い。
SPを下げるデメリットこそあるが現状効果が中々鮮烈なので選びようはある。
A

Ver1.64(武器)

カード名 所感 有用度
守護者の義弓 ロビン専用アシスト。初の 1枠しか能力を上げない専用装備 。その分SS強化値は猿やアシェの物よりも高い。キルを取ると闇吉備専用以下のリジェネと、最大HPアップを受ける。シャーウッドアイと相性が良い。
ロビンというキャストがSSを見捨てても活躍できなくもないという新機軸アタッカーであるため、SSだけ上げるこれを使うのならば何かほかにSS強化を入れた方が(猪狩りの笛など)良いと思われる。無論WS中は強い。
B

Ver2.00(武器)

カード名 所感 有用度
代理返しのお札 Lv6から、DS大ダウンでSS大・SP中アップ。SSがメインという事で、目下競合となるのはLv5でMPと引き換えで、SSを特大強化するいたずらな恋心の弓であろう。
SSとSPのアップは合うキャスト自体は探しやすいが、SSは大アップなので同アシストよりも高レベルなのに火力が少ない。合いそうで合わない、他のSSかSP特化系の方が実質は優秀というキャストが多く、Lv6なので採用には一考え必須である。
B
使い込まれた弓 MP中減少でHPとSS小アップ。アップ値は小さいが使うのであればサポ勢のSSの調整。
Lv1のソウル、ナイチンゲールやロードピスなどを採用しつつのSS確1を狙う場合、端数調整にはそこそこ使える。例として鬼切り丸とこれとピスでかぐやLv3確1。
C
処刑人の東洋刀 Lv4でSSを中下げてDS中、HP小アップ。夢に見た王子の笛の大型版といったイメージ。
王子の笛やアップルシューターよりも微妙にDS強化値が高い。さらにHPも上がるため、SSサクりさえ無視できるならファイターで使えなくもない装備である。現状ではシャドウアリスで稀に見かける。
B
使い込まれた糸切り鋏 Lv4でMPを切り、DSとSPを上げる。DS上昇値はクロスボウより大きい。この時点でゲームに慣れたファイター使いならピンと来る装備である。ちなみにSP上昇はかなり小さめ。
一確可能なレベルを1遅らせるだけでSP上昇のオマケまで付いてくるというのはなかなかに有用。ただしFの場合、蓬莱と併用するとキャストによってはMPがキツキツになるのでそれをフォローする手段は用意しておきたい。
スカーレットやヴァイス、闇吉備津ら突進DSキャストでの採用も考えられる。
A
折れた名刀 Lv6でDSを大ダウン、MP中、SS大アップ。DSを完全に切る形。
観点としてはLv6でMPが上がる事に価値があるキャスト、DS減衰がきついシレネッタがきちんとレベリングして順調な即WSからこれが発動すれば中々面白そうではあるが…
C

Ver2.02(武器)

カード名 所感 有用度
氷結の居合刀 深雪乃のLv4専用。SPとSS小アップと、キルでSPアップ。
要は深雪乃式のコンパスなのだが、そちらよりもキル時のSPアップは小さい。Lv4なので仕方がないとはいえ、爆発的に上がるコンパスに比べて1枠裂く必然性は薄れているようだ。
B


ショップ(武器)

カード名 所感 有用度
ヒト想いな鬼の金棒 最初期からリーフショップで購入できるアシストの1つ。(販売停止していた時期もあった)
5リーフと割と手頃な値段で、+MAXにするのも55リーフですむ。
HPを犠牲にSSとDSを小強化するサポートで、SSで大兵士一確にしたいファイターには採用候補になりえた。
が、Ver.1.63-Aにて「神与の宝杖」という上位互換が出たため、メリットが「リーフで容易に入手できる」だけになってしまった。
「神与の宝杖」を手に入れたならば、こちらはお役御免となる。
C

イベント(武器)

カード名 所感 有用度
宝来の小槌 DS上昇値は「木こりの斧」と同じ。更に特殊効果が付いてるので上位互換装備。
Lvアップ直後の補正は「アップルシューター」と同じくらい。
元の補正と合わさり、Lvアップ時に「英雄のクロスボウ」の威力をデメリット無しでLv2から得られると考えれば中々強力。
ただし有効時間はやや短め。(+0~4で30秒、+5~9で38秒、+MAXで40秒)
また、Lvアップ系の常としてLv8以降は特殊能力をアテにできなくなる。
終盤は単なる「木こりの斧」でしかなくなる為、速攻型のビルド向き。ただし、いくら速攻向きとはいえ、Lv1から火力が欲しいかぐや、ロビンはLv1火力としては物足りないこれを選択することはないだろう。
序盤で優位を取りたいファイターや、ドローを盛りたいが他パラメータを下げたくない闇吉備津やスカーレットに合うか。
A
美髯公の青龍偃月刀 三国志大戦コラボアシストの一つ。レベル1でDS小上昇のみとステータスに見るべきところはないが一定数攻撃hitで一定時間防御力が上がる。
三国志アシストの中では日陰だが、防御力アップ値は実は中々高く、薙刀よりも兵士ダメ減少も上である。一説に吉備金剛ぐらいは上がるとも。DSが上がるので入れるなら吉備温羅、もしくは闇吉備など近接アタッカーか。
B
伏龍の白羽扇 三国志大戦コラボアシストの一つ。レベル3SS、DS小上昇とステータスに見るべきところはないが一定数攻撃hitで一定時間スキル攻撃力が上がる。
ヒット数を稼ぎやすいスキル型キャストであるミクサやリンあたりでの採用が太いか。
直接の競合枠になるのは猪狩の笛か。あちらがレベル1から発動かつHP維持ができれば常時発動に対し、こちらはデメリットが無くDSの強化も可能なのがウリ。ビルドの方向性に合わせつ取捨選択するといいだろう。
なお、これを装備してもビームは撃てないので悪しからず。ビームが撃てるかぐや、ツクヨミがこれを装備する余裕はないだろうし。
B


防具

Ver1.0(防具)

カード名 所感 有用度
小さなふんどし 最序盤でHPが小上昇し、かつデメリットがない。
序盤のHPが低いキャストなら採用も視野に入るが、効果の小ささから他のアシストを装備したほうが試合全体で考えたときに有効な場合が殆ど。
1.50-A現在では店売りの「地蔵の雪よけ」に完全に食われてしまっている。
D
鬼のふんどし 最序盤でHP中上昇は優秀だが、同時にスピードが0.2減少してしまうのが悩みの種。
ソウル「玉龍」や思い出のガラス靴と併用すればデメリットは打ち消せるが、そこまでする価値はない。
素のスピードが速く、最序盤にHPが低いスカーレットなら、火ねずみの皮衣と併せて使用するビルドが視野に入るかどうかという程度。
…だったのだが、Ver.1.50-Aでのアシスト調整に伴いスピード減少緩和、HP強化値UPとなった。火鼠亡き後のLv1HP増強定番決定戦にエントリーする資格は得たと言えるだろう。
B
心ないブリキの鎧 「Lv.2までにスピードが下がると困るが、Lv.3からHPが必要」といった状況を想定するなら、鬼のふんどしよりHP上昇は倍程度あるので考えなくも無い。
スピード低下量は0.2くらい(鬼のふんどしと比べて差は1目盛りも無くほぼ同じ)
スキル主体で立ち回るキャラクターには採用の余地があるはずなのだが、火鼠や餅と言った回復が出来るSR装備の存在により、割を食っている。
Ver.1.50-Aでの修正でRのHP上昇値が向上したのも向かい風。レアリティの壁は高い。
C
心あるブリキの鎧 デメリットはストレート、ドロー共に0.2低下する。(Ver.1.11)
同じ補正がかかる赤騎士の鎧と比べて減少値がわずかに大きいが、発動Lv.3というところがメリットにもなる。
Lv.1~2は主にストレートとドローでの戦闘になるため、Lv.3以降でスキルによる戦闘がメインになるキャストには選択肢になる。
例としてミクサやリンに他のHP回復アシスト(火ねずみの皮衣など)と一緒に装備することで所謂マッチョ売りの少女を作れる。
Ver.1.50-Aでのアシスト調整でストレートの減衰が中→小に変更され、HPも中UPから特大UPとなった。
HPの上昇値は「照らされし旅人ローブ」「千色コート」と同値。SS、DSの低下を許容できるかどうかであちらと使い分けてみよう。
Ver.1.61-Aで更に攻撃力低下値が緩和された。
A
祈りし魔女のローブ Lv.5発動でHP大上昇するが、スピード0.3減少はかなり厳しい(人気の鬼神の指輪でスピード0.4強の上昇のため、減少量の大きさはわかるだろう)。
他アシストをスピード特化にしてデメリットを打ち消すような使い方をする程のものでもないので、使うとしても他アシストを手に入れるまでの繋ぎ程度に考えたほうが良い。
C
呪いし魔女のローブ ドロー/ストレートの攻撃力が0.3下がってしまうが、HPを特大上昇させる。競合として白き昼のドレスがある。
全てのスキルが解放されるLv.5からはスキルを主体にガンガン押していくスタイルなら採用の芽がある。
「通常攻撃は兵士を1発で倒せれば十分」という視点でみれば、過剰になった通常攻撃力を無駄にしなくて済むと言える。
C
武者の嘆き鎧 ロマン溢れるLv7装備。以前はスピード大低下というデメリットがあったがVer1.5にて撤廃。しかし後述の 矢避けの大鎧の完全下位互換 に成り下がってしまった。Lv5発動の白き昼のドレスにすら強化量で負ける始末。出荷要員から抜け出すことはできないようだ。
最古参アシストの一つであるが、春はやって来るのだろうか。
D
矢避けの大鎧 ロマン溢れるLv7装備。武者の嘆き鎧に同じくVer1.5にてデメリット撤廃(こちらはSS、DS共に中低下だった)。上昇値はレアリティの差か武者の嘆き鎧よりも目に見えて高いが、副効果などは一切ないためLv7まで待つに見合った効果とは言い難い。
今後の修正が待たれるところである。
C
赤騎士の鎧 ドロー/ストレートの通常攻撃力をそれぞれ0.2下げ、HP+1強に変換する。・・・しかし、スキルの使えない最序盤で通常攻撃力を棄ててどうする。
だいたい発動するレベルは早いほうが優秀とされるアシスト界において、発動が早すぎて問題になる稀有な例。
Ver.1.10でのLv1アシスト弱体化修正の煽りを受けてHP上昇が中→小となった。同時に攻撃力低下も緩和されているが、主たる目的のHP増加に全く期待できなくなったのでもはや見向きもされないであろう。
仮に誤差程度こっちがHPを盛れるとしても小ふんどしや雪よけ、あるいはスピードを殺す事にしてよりHPの伸びる鬼ふんを検討しようというものである。
D
きらびやかな袈裟衣 MPが高いがHPが低くて扱いにくいキャストをある程度平均化できる。つまりシレネッタとかミクサのピーキーなところを丸くできる。
最大MP6減少なので、もしLv.5まで待てるなら黒焦げねずみの皮衣の方が使い易いはず。また同じレベル3で、千色コート、照らされローブが選べるならそちらが優先か。
見た目が餅食らいと酷似しているため、初心者は誤ってチケットやクーポンを消費しないよう注意。
D
餅食らいの袈裟衣 Lv.3からHPを+1増加させ、継続的なHP自然回復が付く。デメリットが無いことと、なかなか馬鹿にならない継続回復量で稼働初期は高い人気を誇った。
「歌え」で目に見えて堅くなるアイアン・フックがこれとソウル玄奘三蔵を装備し、レーンの真ん中に居座っているだけで対面キャストによっては詰む事例も見られた。

さすがに問題視されたかVer.1.10-CとVer.1.50とで回復量の下方修正を受け、また1.50で上方されたレベル3のR防具が優秀とあって一線からは退いた観がある。
常時MP回復ソウルの所感にもある通り、全回復がかかる前提なら上限値を増やす方が効果が高いのだ。そしてMPと違ってHPは帰城によって比較的容易に全回復出来る。
しかし、Ver.2.00でLv.3統一効果を持つソウルが登場したことにより復権の兆しが見えた。現状では、「小さくても効果を重ねれば大きな継続回復になる」という思想のもと、Lv.3統一ビルドのリンが装備することが増えている。
B
黒焦げねずみの皮衣 HP大上昇だが、祈りし魔女のローブに対してデメリットが最大MP8減少となっている。
スピードが低下しないので、スカーレットのような試合全体で低HPになりがちなキャストに使いたいが、終盤はスキルによる戦闘がメインになるのでMPが低いキャストにとってはMP大減少のデメリットがメリットと釣り合っていない。
MPがそこそこありスキル連発のためにMPを温存しなくてよいタイプのキャスト(つまり、ドローなどで小刻みに消費する)なら、Lv.5以降MPを溢れさせない様な立ち回りをすることでデメリットに目をつむる事ができる。
Ver1.63で同じMP中低下でHP特大上昇の天狗の隠れ蓑が登場し、こちらはその完全下位互換に成り下がってしまった。
D
火ねずみの皮衣 Lv.1から最大HPを+2し、レベルアップ毎にHPを回復する。
序盤はどのキャストも最大ステータスが貧弱である為、被弾による帰城・撤退回数を減らしてくれる手段として役に立つ。
最大MP5減少のデメリットを考慮しても、汎用性の高さから非常に人気があったアシスト。
だがあまりに有用すぎて他のLv1HP増強アシストが息をしていないという理由から度重なる弱体化を受け、Ver.1.50-Aでの修正でついにレベルアップ時のHP回復量が2程になった。
素のパラメータ強化はそこそこに抑え、特殊効果がSRの付加価値とされたこのバージョンにおいて、流石に合計10やそこらのHP回復のためにMP5ダウンは受け入れにくい。HP自体をより強化するRアシストを装備して、回復は帰城でまかなう方が理にかなっている。
いつか復権することがあるかも知れないが、当面は初心者が他アシストの入手までに繋ぎとしてとりあえず入れておく、くらいか。
Ver.1.62-CにてHP回復量が増加。過去の栄光を取り戻すことができるか?
B

Ver1.1(防具)

カード名 所感 有用度
白騎士の鎧 最大MP4とスピード0.1(Ver.1.11での値)を殺してHPにするLv.1アシスト。火力は落ちずスピードダウンも鬼のふんどしに比べて緩やか。
Ver.1.50-Aでのアシスト調整に伴い、従来ほぼ上位互換と見られていた火鼠の皮衣との比較に大変動が発生。レベル1からHPを盛りたい場合の選択肢として十分ありになったのではないだろうか。
B
風しのぎの旅人ローブ デメリットは最大MP4低下とストレート攻撃力0.2低下。肝心のHP上昇も鬼のふんどしと同程度(小数点分こちらが上)。
きらびやかな袈裟衣とHP上昇は同じくらい。MP減少差2を許せるなら素直にあちらを使うか、常時回復できる餅食らいの袈裟衣を採用しよう。
Ver.1.61-Aでパラメータダウンが緩和されたが、積極的に採用する場面はなかなか無さそうである。
D
照らされし旅人ローブ 最大MP3とドロー攻撃力0.2弱?をHPに特大変換する。(Ver.1.62-A。火鼠から着替えるとMPUP)
従来はHP大上昇で並んでいた上に+αの効果がある白ショールや、継続回復付きの餅喰らいが優先される傾向にあったが、Ver.1.10-Dで餅喰らいの継続回復量が下方され、またVer.1.50-AでHP特大上昇になった(同時に白ショールは中上昇になった)ため見直されつつある。
似たような効果の千色コートが存在するが、あちらと比べてMP減少値が少ない。「ドローはダウンを取る手段」と割り切れる、リトル・アリスやミクサといったスキル重視のキャストにとってはこちらが優先されるだろう。
Ver.1.61-Aでパラメータダウンが緩和された。千色コートから定番の座を奪えるか?
A
小さな灯火の服 ストレートの威力を0.4犠牲にする。装備したうえでも大兵士を一確できればいいと考えれば採用の余地はあった。
しかし「白き昼のドレス」という上位互換アシストが追加されたため、ミクサに着せて原作の雰囲気を再現するぐらいにしか使い道はなくなってしまった。
D
赤き女王のショール ドロー-0.2、スピード-0.1する代わりにLv.1でHPを盛る。
序盤の一確できる兵士数には大半のキャストが影響ないが、キャストへの牽制火力が下がるのを許容できるかが判断の分かれ目。
スピード低下量0.1は少ない方。現状平均的なスピードのキャストは似通った値で大差ないので気にならないかも。
ただし、1枚目に採用するのであれば地蔵の雪よけの方が優先である。あちらはHP同じだけ上昇してデメリットがない。
D
白き女王のショール Lv.3以降スピードが0.2下がるのだが、HP中上昇とスキルの攻撃力を上げてくれるという、防具では珍しい攻撃力強化付き。
ミクサやスカーレットで採用している例が散見される。ミクサはWSで縦横無尽にキャストを焼くことが難しくなる代わりに、耐久力が上がり、ヒートインパクトの追い討ち火力が上昇する。FSやLFのワンチャンもある。
スカーレットの場合はスピード低下が立ち回りに若干響く代わりにシザー・ギフトの一発が重くなる。
アリスもびっくり箱の火力が上がるので検討対象か。
「月影の矢」による兵士処理目的でかぐやに装備する事例もある。Ver.1.11以前はこの用途で1列処理するのにMAX必須で俗に課金砲とも呼ばれたものだが、Ver.1.50-Aで月影の対兵士攻撃力が上昇したため今ではそこまで重ねなくてもよいようだ。
S

Ver1.11(防具)

カード名 所感 有用度
黒き夜のドレス 最大MP-5のデメリットは火ねずみの皮衣と変わらない。HP上昇量も同等なため、レベルアップ回復がないだけの完全下位互換。
レアリティの壁には勝てない。なぜ今頃になって追加したのか。
D
白き昼のドレス 実装当初は鶴織の着物の下位互換と見られていたが、Ver.1.50-Aでのアシスト調整で呪いし魔女のローブと並ぶHP特大上昇となった。DSを下げなくなったのは良いがSS0.4減少は結構多い。
これら競合と同じくSSは兵士を確殺できる攻撃力があれば良いと考えれば、「ゲージ僅差で迎えた終盤においてキルされて敗北する」といった悔しい思いをする可能性が減る。
「小さな灯火の服」の上位互換であるが、ミクサにこのドレスを着せ続けると次第にああなるのだろうか…
C
海娘のコート DSの攻撃力のみを0.3下げてHPを補強するアシスト。HP中上昇なのはやむなしか。 C
千色コート きらびやかな袈裟衣の上位装備。とはいえ実装当初は白の女王のショール(HP上昇量が大で並んでいた)、餅喰らいの袈裟衣(デメリットがない上に、弱体化したとは言え継続回復付き)に押されて採用率は振るわなかった。
そのためか、Ver.1.50-Aでのアシスト調整でHP上昇量が特大に変更された。餅喰らいが更なる下方修正を受け、白ショールのHP上昇値が下方されたたこともあり、マッチョビルドの定番として採用率を大きく伸ばすことになる。
同レベルでのマッチョ向けアシストとして競合になる心あるブリキの鎧・照らされし旅人ローブがいずれも複数ステ低下アシストであるため、Ver.1.61-Aでパラ低下の緩和を受けたのはやや逆風か。
A
雪女の着物 小さな灯火の服を小さく早くしたアシスト。効果自体は他Nに漏れず上昇値は控えめ。序盤にSSを切ってまでHPを盛りたいかと言われると悩ましいところである。 D
鶴織の着物 同時に収録された白き昼のドレスに特殊スキルが付いた上位互換であったが、Ver.1.50-Aでのアシスト調整に伴いあちらはHP特大上昇、こちらはHP中上昇+特殊という形で差別化された。
HPには大きな差が出るが汎用的な特殊効果はSRの特権。キャストの地のHPに応じて使い分けることになるだろう。ストレート攻撃力は0.4下がる。
防御効果は1発につき1程度の固定値でダメージを減少させる。効果時間は+MAXで40秒。
その性質上、兵士弾や多段ヒット系に対して効果が高い。反面、1発のダメージが大きいスキル等に対してはあまり意味を為さない。
兵士弾に非常に強い事から「武蔵坊の大薙刀」の亜種と言えるかもしれない。近接系キャストは一考に値するか?
現状では桃様や生フックなどより固くなれるキャストでの採用が検討されているようだ。
B

Ver1.5(防具)

カード名 所感 有用度
魅惑のオーナメント メロウ専用特殊効果を持つアシスト。メロウ自慢のドローと弱点のHPを僅かながら底上げしてくれる。
特殊効果はLv3以降、一定時間ドローの消費MPが減少する効果(7程度まで減少するらしい@Ver.1.51-B)。ドロー主体のメロウにとって、これがレーン戦真っ只中のLv3に発動するのは鬼に金棒である。+5,MAXで効果時間が延びる。
A
古いエプロン デメリットのドロー低下はアタッカーを始めとしたSSやスキルに頼るキャストにはほぼノーデメリットである。スピード低下も小ならば他でカバー可能である。それなのにどうしてHP上昇が中なんだ・・・。
Lv3でHPを盛りたいなら特大アップの千色コートや照らされし旅人ローブが優先される。そもそも同じNでデメリットがドロー低下のみの海娘のコート(一応ドロー低下はエプロンの方が0.1少ない)があるため、採用は難しい。
Ver.1.61-Aでパラメータダウンが緩和されたため、R防具が揃うまでの穴埋めは務められるかも知れない。
D
聖なる娘のポンチョ ミクサ専用装備。効果は敵キャストをキルした時にスキルのダメージアップであるがその効果は+0~+4で44秒、+5~+9で47秒、MAXで50秒。ショールMAXを併用装備している場合ラインフレアで大兵士以外は焼けるようになるになるのでそれを目当てに使ってみるのもいいだろう。
なお最も恩恵があるのが敵陣でホーリーインフェルノによるキルを取ったとき。走り続ければ復帰してくる敵相手を含めての連続コンボキルが見込める(WSによるキルでも発動中のWSダメージが上昇するので安心してほしい)。
無強化ポンチョでショールMAXに匹敵する効果があるため確殺ラインが上がる(ダメージ1割増。対シレネ即死コンボでメロウも沈む)。より有効に活用するためには普段からストレートやドローを駆使してMPを温存し、必殺の機会でのスキルコンボに備えたい。
大変強力だがあくまでも「キルを取ったら火力アップ」の装備なので本当に自分にショールとポンチョが『両方』必要なのかどうか、採否はよく考えておこう。
A
ビロードのマント スキルの使えない最序盤でSSを下げていいのか・・・?しかもスピードまで下げておいて上がるのがHP小って・・・
Lv1からHPを盛る場合、同じスピード低下の鬼ふん(こちらはHP大上昇)を差し置いて採用する理由が残念ながら見当たらない。
D
紅き暗殺者のマント スカーレット専用装備。HPMP小上昇はともかく、レベル3から敵撃破後に一定時間撃破ダメージ上昇という効果が目を引く。効果発動時のキルダメージは通常キルの2倍強程度。
連続撃破という条件はあるがスカーレットにとっては難しい問題ではなく、もちろんソウル犬飼やフックWSなどとも効果は重複する。より縦横無尽に死を届けたい。
効果時間も+MAXで60秒と非常に長い。帰城回復してからでも余裕があるので焦らずに行こう。
A
愚かな王の服 Lv5という遅さとドロー減少という性能から、ミクサや美猴などドロー比率が低い近~中距離型キャストで使いやすい。
序盤のレーン維持のドローが必要なくなりWSでキルを取りに行きたいときにHPが上がることで追い返されることが少なくなる。
「中」「大」と表記は違うが、「鶴織の着物」とHP上昇値が同等。特殊効果やデメリットを考えて選ぶとよい。
しかしLv5発動の割には、Lv3の「千色コート」あたりよりも上昇値が低いのは残念。レアリティの差は大きい・・・

ところで、このアシストはその名前的に「馬鹿には見えない服」と見て間違いないであろう。Nにしては豪華なそのカードイラストに風格を感じることができる。
C
誠実な王の服 サポーターが装備することで、経験値の回収範囲が大幅に拡大するダサい服。シレネッタのSSの射程内なら楽々回収可能になる。
ドロー威力が序盤から中低下という痛すぎる欠点があるため端レーン担当時には非常に苦しくなるが、経験値を回収できないと他レーンにも負担がかかるので、特にかぐやなど遠射程のキャストは装備したい。中央レーンならば、相方に経験値回収を意識させずに済むので、採用する価値は大いにある。
試合中盤以降も、津波やかぐやビームなどで出た遠方の経験値の回収も楽になるほか、左右の森の中などに行くことで味方の経験値回収もサポートできる。
ただサポ複数編成の時は、相方も同じ服を装備しているとさすがに損をする。相方の装備をよく確認しておこう。
有用すぎる効果故に採用率は非常に高かった反面開幕からドローを切るという軽くないデメリットから着ける着けない論争も激しく、プレイヤー間で喧嘩の種になることも多かったのだが、Ver2.0から敵へのhit回数という発動条件と効果時間がついた。20hitで発動し、35秒ほど持続する。
これにより以前のように芋っていても経験値の取りもらしがない、という状況はなくなり効果が発動していない時は前に出て経験値を拾う必要が出てきた。
こうなると利便性はガタ落ち。常に発動状況を確認できるなら有用だがそうでないなら外してこれに頼らずに経験値を拾うムーブを身につけたほうがいいだろう。
また、範囲拡大とはいえ、かぐやのSSDS最大射程よりは狭いので、芋ムーブしているとこれを装備していてなお経験値を回収できないということを忘れている人は意外に多い。これは芋ムーブの免罪符ではない。
効果にムラがある現状では、「下がっていても経験値回収ができる」というより「通常の立ち位置なら経験値の取りこぼしがほぼ無い」と考えた方が強味を生かせるだろう。発動さえしていれば一対二でも経験値回収がやりやすいので、極端なレベル差はつきにくくなる。なんだかんだこれの有る無しでレベリングの安定度は変わってくるので、現状でもシレネなどでつけているプレイヤーは散見される。
B
スズの兵隊の軍服 Lv3でHPが中アップするが、特大アップの千色コートや照らされし旅人ローブの影に隠れてしまっている。
一方でデメリットのストレート低下についても許容できるキャストが少ない(ドロー優先のファイターはLv3大兵士確1調整することが多い)ため、採用率は低い。まあ、Nだしね…
D
恋に燃えし兵隊の軍服 HPを+2程と拠点ダメージがレベル1で約1.2倍程アップする代物。
HP目的なら他に優秀な装備がある為、使う場合はほぼ拠点ダメージが目的になる。裏取りを得意とする吉備津彦には持って来いの装備である。
武蔵坊の大薙刀との組み合わせる事で裏取り能力がさらに向上するのである意味吉備津彦専用装備とすら言える。
この2枚を装備している吉備津がいたらまず裏取りを狙ってくるので注意が必要だ。
ver1.50から吉備津彦を除くキャストは拠点攻撃速度が落ちており他のキャラがこれを装備する意味は薄いものの、終盤チームゲージが拮抗している時の拠点殴りは奥の手として使える事もあり意外と馬鹿にできない。
B

Ver1.52(防具)

カード名 所感 有用度
月神の十二単 ツクヨミ専用特殊効果を持つアシスト。上方されるのはメロウの専用アシストと同様にドローとHP。減衰なしで直撃するドローの性質上、数字以上に威力UPを感じられるはず。
特殊効果はLv3以降、一定時間ドローの消費MPが減少する効果。+5,MAXで効果時間が延びる。
A

Ver1.63(防具)

カード名 所感 有用度
天狗の隠れみの 黒焦げねずみの皮衣の完全上位互換装備。とはいえ大型スキルが乱れ飛ぶLv5以降において、MP中低下というデメリットを受け入れられるだろうか。現状だとシャーウッドアイ型のロビンと非常に相性がよい。 B
聖なる魂の服 Lv3HP上昇レアシリーズの新たな選択肢。千色コート、照らされし旅人ローブなどが証明する通り、Lv3発動にしては高いHP上昇量を誇る。
Lv3以降となるとスキル解放等でDSを殆ど使わないキャストは多く、一定の需要はあると思われる。
ミクサとの相性も良さそうだが、カードイラストを見ると肩の部分にうっすら雪が降り積もり、頭部には天使の輪らしきものが見える。つまり・・・
B
小さな恵みの服 Lv1からMPとドロー威力を下げてまでHPを僅かに盛る必要があるキャストはまず居ない。出荷要員。 D
願い星の服 稼働当初からパンフレットに掲載されていたアシストが、Ver.1.63-Aにて遂に実装。HP小UP、加えてHPが少ない時(30未満)にスキル防御力を上げる特殊効果を持つ。
HP3目盛以下、なおかつスキルダメージのみがカット対象とカバー範囲は狭いが、特殊効果発動時のスキル防御力は5割以上カットとかなり高い。(軽減率は、+0~4:54%。+5~9:56%。+MAX:58%)
その特性上、多段ヒット系スキルやミリ狩りに強い(逆に一撃大ダメージ系は3目盛以上から確殺してくる)ので、主なメタ対象として挙がるのはマッチ組とデスフック辺り。特にミクサ相手には強力なメタ装備となる。
「唸る黄金のコマ」とは効果が重複し(ただしダメージの減少に限界値がある)、ヴィラン戦で自信が無い場合は両方挿していくと死にづらくなる。
スキルのみ対象なのでSSやDS主体に戦ってくるキャストには殆ど意味をなさない為、相手を見てリザーブ枠に入るタイプの装備とも言える。
B
赤いスカーフ Lv5でHP大上昇。サクるのはDS威力とスピード。どちらも小ダウンとはいえ、その双方を下げてもいいというキャストはなかなか居ないか。 C
醒めぬ悪夢のマフラー ナイトメア専用装備。Lv5と重いが強化箇所がピンポイント。
さらにキルを取る事でリジェネバフが一定時間かかる。終盤の逆転劇にとってほぼ必須。これを入れない選択肢はナイキの現状ではありえないに近い。ちなみに大風扇と併用するとまったくエンドルフィンが育っていなくても大風ピーターと同じぐらいのSS火力を出せる。
A
海藻のオーナメント レベル3でSPとSSを切ってHP中アップは割に合わない。Rの大アップアシストをつけるべきだろう D
月隠りの唐衣 レベル5でHP大上昇、低下はMPとSP。MPをサクれるキャストは多いがSPはどうか。低下ステSPをMPに置き換えれば更にHPを盛れる天狗の隠れ蓑の存在もネックか C
涙に濡れし白装束 デメリット無しとはいえレベル5発動でHP中はあり得ない。デメリットを許容してでもレベル3大アップアシストかレベル5のHP特大アシストを装備すべきだしレベル3にはデメリット無しHP中アップアシストである乙姫の羽衣も存在している。 D
眠りし子の白装束 SSを切ってHPを盛る、雪女の着物の上位装備。そうまでして開幕事故を防ぐ必要があるキャストは限られる。 C
粗野な南風の着物 強化低下ステータスは王服と同じ。王服自体が特殊効果ありきで採用されていたアシストであり、ステータス面は小さくないデメリットと取られることが多かった。つまりそういうことである。 D
解き放たれた王子の服 Lv3発動、SS威力小ダウンの代わりにHP中up、DS射程延長の時限効果つき。DSへの依存度が高くSS使用頻度の低い(またはSS威力が充分にあり大兵士1確に支障がない)、キャスト向けの装備。
…ではあるのだがDS威力自体が上がるわけではないため、ファイターとの相性は微妙でこれを採用すると一確ビルドを組むにあたり他のアシストの選択肢が狭まる。素のDS威力が高めでアルティメットビルドを組んでも自由枠のあるフックや吉備津には合う。が、それこそ発動レベルは遅いもののDS威力大上昇がつき、永続効果である白騎士でおkになりがち。
また描画距離が伸びるわけではないため、描画距離が短いキャストでは特殊効果を活かせない。このあたりは白騎士と同じであり、この二つを併用してもその最大射程を活かしきれるキャストは少ない。
どちらかといえばスカーレットやヴァイス、闇吉備津、温羅といった突進DS持ちキャスト向けの装備。前線で必要なHPを補強しつつ射程を補えるので相性が良い。
B

Ver2.00(防具)

カード名 所感 有用度
冷たき姫のドレス 後半戦用スキルと同時に解放されるレベル4アシスト。HP上昇量は「照らされし旅人ローブ」「千色コート」「心あるブリキの鎧」と同じだが、SS・DS・MPのいずれを下げることもなく、逆に最大MP5アップがついてくる。代償のスピード低下は2目盛。字面だけ見ると非常にお得だが、レベル4という時間帯がなんとも中途半端。レベル3から始まる中盤の突き崩しには遅く、あと1レベル耐えれば強力なレベル5アシスト&WSで巻き返しに賭けることができる。効果量も中途半端で、役立っているはずなのだが体感しにくい一枚 C
イラクサの鎖かたびら Lv6でSS中ダウン、DS中アップ、HP大アップ。
高レベルでHPを上げるという選択肢はかなり難しく、耐久力だけ上げるならSR着物でいいため中々難しい…
C
裂かれた白鳥のドレス Lv2でMP中ダウン、DS小アップ、HP大アップ。HP大アップは光るがさすがに千色コートより下。
とはいえLv2でのMPサクりで即回復は魅力がある。おまけのDSアップもあるのでファイターや近接アタッカーでは決して悪くないアシスト。グランマをつけるぐらいならこれでいいのではないだろうか。
B
老婆が作りし小人服 Lv2でSP中ダウン、アップはHPDS小。微細アップのためにSPを下げるのはきつすぎる。お疲れさん! D
粗忽者のふんどし Lv4でSS中ダウン、HP中アップ、SP小アップ。
SSをサクってもいいキャストはままあるがLv4でアップ値が小さすぎる。
とはいえ一部には需要がある模様。褌締めた女の子とか好きだから!
D
宵闇の紳士服 第2のロール専用アシストでこれはF用。レベル2から兵士の一定数攻撃でDSの消費MPが軽減される。具体的には20兵士で他の第二ロール専用と同じく3割引きのMP7-8が35秒間継続。
割引率も悪くなくMPに余裕ができる効果自体は有用なのだが、問題はHP小アップにSS小アップというFにとって重要な一確に貢献しない強化ステータス。この時点でかなりキャストを選ぶ装備なのに加えて低下ステータスはよりにもよってSP中ダウン。
すべての効果が合致したキャストでないと厳しい。目下ではSSを確1にするサブ効果を狙って専用と併せて一気にDSが軽くなるメロウで採用されている。どうせ1:2で噛みつかれると厳しいので、横槍が入る前に圧倒的な物量でタイマンを押し切ってしまおうというビルドになる。また対面によるが竹と羽衣の2択ができるツクヨミでもありえなくはないレベル。SSアップを活かせるファイターでないとどうしても厳しいが、型にはまれば強い事は強い装備。
また、Ver.2.02-AではSPダウンが小さくなる強化を受けた。
2.02-Cで兵士撃破→兵士攻撃と誤表記修正がなされたが、ドロー一確が基本になるファイターでは今ひとつ違いを実感できない気もする(ヒット判定なためいわゆる一確でなくても発動は狙いやすい)。
B

ショップ(防具)

カード名 所感 有用度
地蔵の雪よけ Lv.1から最大HP増加。Ver.1.62-B現在、リーフショップで購入可能(リーフ33枚でMAXにできる)。
カードがそろわないルーキーが使用するほかに、低すぎるスカーレットのHPを補うため、餅食らい、火鼠と同時に採用している例が最も多いか。
なお、Ver.1.62-AではMax同士のHP上昇値比較で小ふんどしに勝り、赤ショール・黒ドレス・ビロードマントと同じ。つまりこの4つはパラメーター目当ての1枚目としてはすべて平等に価値がない。
C
乙姫の羽衣 ショップ売り防具その2。レベル3でサクり無しにR相応の体力中UPなのだが、弱体化したとは言えレベル3のR防具シリーズはまだ体力大UPである。
HPを盛るならサクりを割り切ってより大きく盛るべきではないだろうか。シリーズを引けていない初心者はこれに費やすリーフが厳しいだろうし…
買う理由はちょっと見出し難いかも知れない。
D

イベント(防具)

カード名 所感 有用度
ネズミの嫁衣装 SP中ダウンでHPとMP小アップのLv2。目玉効果は低HP時の持続回復。
この持続回復は3目盛り以下で発動、未満、ではないためいわゆる火事場装備の範囲から抜け出してしまうようである。ただこの持続回復量が非常に大きく、リンのうぉーみんぐ全盛期並みとの報告が。3目盛り以下で事故死しづらくなるため星服との相性は良好。
SPダウンは厳しいがLv2での回復なので無駄はなく、温羅やアイアン・フックなど自分で堅くなれるキャストがソロレーンでこれを着ていると対面としては洒落にならない。
中央レーンでもピーターなどSPサクが目立たないキャストならなくはない。
A

道具

Ver1.0(道具)

カード名 所感 有用度
妖精の小瓶 Lv.5でMP特大上昇の代わりにスピードが0.3減少する。スピードが重要なこのゲームで、終盤とはいえスピード大減少はかなり厳しい。
あえて採用するなら広範囲攻撃スキルのパッションストリームでMPを大量に使うシレネッタだが、シレネッタ自体がMPが非常に多い(上限100に抵触して腐る可能性すらある)ため、採用の優先度は低い。
他アシストを手に入れるまでの繋ぎ程度に考えたほうが良い。
C
不思議な小瓶 デメリットは最大HP5減少。冷徹な悪魔の鏡と比べると発動レベルが遅いが、最大MPが約12強ほど増える。
ver1.10Aから上昇値が特大になったことで、LV.5でMPを一気に回復したいビルドなら選択肢に入るかもしれない。
C
美しさを知る鏡 Lv.3からMP中上昇。代わりにスピードが0.2減少してしまうことがネック。
同じくLv.3の冷徹な悪魔の鏡がMP大上昇な上、人気アシストの千色コートや照らされし旅人ローブ、あるいは餅食らいの袈裟衣でHP減少分を相殺できることもあり、こちらの採用率は低い。
使用するとしたらHPを下げずにMPを確保したい場合だが、低HPになるキャストの殆どが豊富なMPを持つため、他アシストを手に入れるまでの繋ぎ程度に考えたほうが良い。
D
冷徹な悪魔の鏡 デメリットは最大HP4減少。MPビルドでは有用な方。最大MPが約6強増え、スキルへの依存度が高いアリスやミクサなどは十分採用圏内。
ストレート比率が高くMPを貯め易いキャストやスキルをまとめて撃ちたいキャストに向く。
同条件で最大MPが上昇するソウル「ドライアード」、「マッドハッタ―」と併せて採用するとLv.3になると同時にスキル1回分程度のMPを確保できるので、意識すると油断した相手の不意を突ける。
B
癒しのりんご 同じくMP小上昇としては上位の毒りんごが存在するが、あちらは毒によるHPダメージがレベルアップ毎に発生するため、毒ダメージは嫌だが最序盤でMP+1強程度の上昇が欲しい場合に。
MPが少ないキャストが序盤のために採用しそうになるが、Lv.1からドロー回転率を上げたいならMP回復速度上昇のソウル「グランマ」や「タイガーリリー」の方が恩恵があるのでそちらを検討しよう。
あるいは他にMPダウン装備(主に蓬莱)を装備した大聖がLv.2で流転を打つMPを確保したい時に他サポートのマイナス効果を嫌って装備することも。もっとも、流転MAXなら蓬莱を持っていても打てるのでアシ枠を潰さずに済む。
基本的に弱いが、カード資産が少ない前提だと大聖などのごまかしに使われなくもない。
C
毒りんご レベルアップの早い序盤のMP回復速度が大幅に上がり、目に見えてスキルやドローショットの使用回数が増える。
Ver.1.10-D現在、1レベルアップ毎にMAXで約20MPという回復量はソウルを含めた全アシスト中でもトップクラス。また、毒による継続ダメージは約10(一目盛減るかどうか)。
HPが減る分、帰城回数が多くなるので火鼠や餅食らいと併用したい。また毒ダメージでステルスが解除される為、アリスやスカーレットとは相性が悪い。
エナソンがあるシレネッタは、序盤は相方への回復ついでに毒ダメージ分を帳消しにしやすく、後半からは津波やスパイラルといったスキルが非常に重い点でも相性が良い。
ただし、アシスト由来ゆえ毒自体にはエナソンは無効。これが有効なら月渡りのブーツがえらいことになるので、勘違いの無いようにしたい。
Ver.1.50-Aで実装されたポイズン耐性を与えるソウル(バンダースナッチ、沙悟浄)とはシナジーが有効なため、今まででは予想外だったキャストも毒りんごをかじることに。
ただこのシナジーも、Ver.2.02-Aで登場した歌姫ナイチンゲールと直接比較される立ち位置に。あちらは1枠で済む上にレベル2での毒デメリットを考えなくて済む。よく比較検討したいところ。
なお、ステルス系のスキルとは相性が悪いので、リトル・アリス、スカーレット、ヴァイスで装備しようとするならレベルアップで強制的にステルス解除となるデメリットを看過できるかじっくり考えてからにした方がいい。
強化値+5,MAXでMP回復速度上昇。
S

Ver1.1(道具)

カード名 所感 有用度
隠されし秘密の鍵 Lv.1からMPを+2程度盛る事が出来るため、Lv.2から最速で流転を発動させたい大聖が採用している場合がある。
デメリットはストレート0.2低下とスピード0.1低下。
D
暴かれた秘密の鍵 レベル1からMPが中UP、ドロー攻撃力が0.3Down、そして+0~4で1秒、+5~9で1.5秒、MAXで2秒復活が早くなる。
撤退0ならメリットにならない微妙な特殊効果だが、スカーレットがコレを装備していて倒しても倒しても復帰してくるのは嫌らしいような気もする。
とは言え、撤退に伴うチームゲージ減少や相手に経験値献上するデメリットが消えるわけではないので、保険ならまだしも撤退前提の戦略は禁物。
ドローを犠牲にして(つまりHPもスピードも犠牲にせず)SR相応のMP強化を得るアシスト、という基本を重視して検討しよう。
保険付きと考えればSSが主力のキャストで一考か。
C
どっこいだんご 冷徹な悪魔の鏡のほぼ下位互換。一応下がるHPは約2なのでこちらの方が少ないが、ストレートが0.2下がるうえに冷徹な悪魔の鏡はMP大上昇なのであちらを使おう。 D
きびだんご こちらはストレートとドローを0.2ずつ下げることでMPに変換出来る冷徹な悪魔の鏡の競合。
現状だと温羅での採用が有名。
原作繋がりだからって、吉備津に採用するのは考え物である。本人がスキル連打で戦うタイプではなく、優秀なストレートとドローとが要ゆえデメリットが大きくなりすぎる。
B

Ver1.11(道具)

カード名 所感 有用度
ねずみのつづら ストレートが0.2下がる。立場の危うい癒しのりんごよりさらに危うい。 D
すずめのつづら 最大HP3低下。鍵2種と並ぶレベル1のMP中上昇。MP上昇効果自体は唸る黄金のコマより高いが、 D
占い師の水晶 癒しのりんごをサイズアップしたアシスト、デメリット無しでMP大上昇。
小瓶系を装備しにくいキャストなら一考の余地が。Lv5到達でのMP回復手段としてならToPとは相性がそこそこ良さそうではある。
C
五光の龍玉 冷徹な悪魔の鏡に限定的なドロー強化が付いたと思ってほぼ差し支えない。レベルアップから約35秒の間、アップルシューター並の強化を得られる。
デメリットは悪魔の鏡と同じく最大HP4減少。Ver1.5にてMP上昇値が中になり、冷徹な悪魔の鏡よりも低くなった。
DS強化は+0~4で35秒、+5~9で38秒、+MAXで40秒
A

Ver1.5(道具)

カード名 所感 有用度
枯れた涙石のブローチ SS威力をMPに変換できる。Lv5以降、SSを振る機会が減るキャストには向いてないこともないが、悲しいかなノンレアなためMP上昇量は「大」止まり。 D
煌めく大海のブローチ シレネッタ専用特殊効果を持つアシスト。レベル5発動に疑問を抱く向きもあるかと思われるがどうやらワンダースキルと併用することを前提に考えられている模様、そのつもりで使えば恩恵を感じられるはず。
そしてLv5発動なだけはあり、消費MP軽減はかなり大きい(1.51-Bで10%削減との説あり)。ビルドにもよるが、WS無しでは2連発が限界の津波がほぼ3連打できるようになる・・・と言えばお解りだろうか。
他の2つの効果もシレネッタとしっかり噛み合っており、デメリットなしで補強できるため装備しておいて損は無いが、Lv5発動で専用効果を受けられる時間も限られることを考えると悩ましいものはある。
ちなみに+5で効果時間延長。
見逃しがちだが、MPとSSを同時に強化できるのはソウル以外でこのアシストだけ(しかもノーデメリット)。シレネ以外でも、ステータスの底上げに使ってみても良いかもしれない。
A
お茶会のナプキン スピード低下と引き換えにMPを中アップする。序盤にMPを盛りたいが、HPも攻撃も絶対に削りたくない!という考えなら採用できるのか?
しかしLv1のMPアップには鉄板の毒りんごが存在し、Lv3まで待てるのならば五光の龍玉や冷徹な悪魔の鏡が見えてくる。ライバルの存在は大きい。
C
不思議な少女のリボン リトル・アリス専用アシスト。レベルアップ時に一定時間ストレートの爆風が拡大し、ストレートによるレーン上げの効率が大きくアップする。以前は爆風の威力が低下していたため採用を敬遠されていたが、修正により威力低下が無くなった。キャストにも爆風が当たりやすくなり、削りダメージの蓄積が馬鹿にできないものとなる。
以前はSSを強化することによって兵士を爆風確2で倒すことが可能だったが、修正によりそれが不可能となったため兵士処理目的でこれを装備させることは無くなった。
しかし、同修正で爆風のキャストダメージは増加したため、付ける価値は失われていない。兵士処理ド安定アシストから対キャストへの選択肢の一つに落ち着いたと考えるべきだろう。
Ver2.0でアリスに追加されたスキルであるリトルフラワーとの相性は抜群。リトルフラワーを使うなら必須と言っていいだろう
A
いたずら猫の鈴 表記上は不思議な小瓶の下位互換である。HP減少は僅かながらこちらが少ないとはいえ、誤差レベルの違いなため中々優先には結びつかない。 D
小悪魔の鈴飾り シャドウ・アリス専用効果アシスト。ドロー描線が延長される。レーン戦を受け持つことも多いシャリスにはありがたいだろう。ドロー連打で弾幕を作りやすくなり、追い討ちにも便利。
ストレート小アップもついているのでびっくりドローストレートのコンボが決めやすい。競合するアシストとしては泡沫短剣や龍玉か。しかし、SSメインで立ち回る(SS爆風一確ビルドなど)ならば無用の長物ともなりうる。自分のスタイルに合わせて使い分けよう。
B
冥海のコンパス デス・フック専用効果を持つアシスト。デメリットがない分上昇値はLv5発動の割には控え目だが、デス・フックの短所であるMPとスピードを補強できる。
またキャスト撃破でかなりの長時間(+MAXで70秒。[1.63-A])ドリームウィンド並みにスピードupする為、WSとがっちり噛み合っている。
終盤の爆発力を求める場合、かなり有力な選択肢になるだろう。
ステータス上昇値だけで見た場合、りりんを小さくor沙悟浄を遅くした感じ。特殊効果を活かせるなら輝く七星のひしゃくで良いので、ステ目的での採用は薄いか。
A
曇り鏡 DS威力をMPに変換。レーン戦が盛り上がる頃のLv3でDSを削ってまでMPを確保すべきキャストは、やはりミクサやリンちゃんぐらいだろうか。
1.63-Aで上位互換になるワニの腹時計が実装されたので、もはや実戦で見ることはないだろう。
D
輝夜の御鏡 かぐや専用装備。レベルアップ後一定時間、DSにMP回復阻害を付与する。
DSの当て方で効果時間が変わり、中心付近だとそこそこ長いが、端付近だとほんの一瞬で効果が切れてしまう。
弱いとは言えないはずなのだが、かぐやには必須と言える装備が多すぎて、これを装備する枠が捻出できないことが一番の問題だろうか。
B
睡魔の花咲く髪飾り ドルミール専用装備。専用装備には珍しくレベル1発動である。
レベル2から無償でWWを使えるようなもので、ドルミールにとっては必須装備といえるものである。
A
お気に入りのコマ Lv3にMP中上昇する。HP低下を許せるならデメリット項目が少なく上昇値が大きい冷徹な悪魔の鏡、もしくは特殊効果がついた五光の龍玉を優先しよう。 D
唸る黄金のコマ 相手のスキル攻撃からの防御力を上昇させる。しかし、そもそもHPが中低下(すずめのつづらと同じ-3)してしまうため、元のHPが低いキャストにとっては本末転倒。
肝心の軽減率は、+0~4で15%、+5~9で20%、+MAXで25%。「びっくりさせちゃえ!」のような特大ダメージスキルに対しては効果を実感できるかも知れない。
元々のHPが高いフックや温羅が、MPを増強するついでにその硬さを増したり、Lv1からのMP上昇を生かし大聖に装備させるのはいかがだろうか。
Ver1.64現在猛威を振るうロビン・シャーウッドの各種大ダメージスキルの対策にもなり得る。
また禁書討伐では、ヴィランの攻撃は全てスキル扱いなのでかなりのダメージを軽減できる。1デスが致命傷になりかねない禁書討伐で事故率を下げることができ、なかなか有用。
B

Ver1.63(道具)

カード名 所感 有用度
白ウサギの時計 開幕のMPのためにSP、DSを切れるキャストは存在するのだろうか? D
ワニの腹時計 ドローを切ってMPを盛る、曇り鏡の上位装備。船長元はそういうビルドだったんですか?
Ver.1.63-A環境ではレベル3でドローダウンを受け入れられるファイターは少なく、主にスキル型アタッカーの採用候補になるか。
B
古びたコンパス デメリットはないがレベル3でMP小上昇だけは寂しすぎる。特殊効果のあるバイオリンや玉璽にすべき。 D
茨蕾の髪飾り レベル3でSSを切りMPアップ。SSを切っても苦にならない吉備津やフックなら可能性はあるか(光石を持っていない場合に限る) D
目印ならぬパンくず MPのために開幕のDSを切れるキャストなど(ry D
帰り道を導く光石 無機物化したきびだんご。DSを犠牲にせずともMP大UPが得られる。素で高いSS威力を持ち増幅もできるデスフック等のアタッカー組、ファイターならSSを切り捨ててよいアイアン・フック、ドルミール等と相性が良いか。ただ、より価値の高いMP回復速度上昇を一定の余裕をもって発動できる厳冬に沈むバイオリンが幅を利かせる環境だと、MP最大値装備は霞んでしまう。 B
木のひしゃく レベル3でHPとSPをサクりMP中アップ。HPはともかくSPをMPにできるキャストは少ないか。 C
輝く七星のひしゃく 通称「柄杓」。MP大アップと速度中ダウン、さらにHPが8割以上でスピードが上昇する特殊効果を持つサポート。
特殊効果発動時のスピードは、本来持つ速度中ダウンを帳消しにしてあまりある速さとなる(+MAXの「宝下駄」と比較してもこちらの方が速かった(Ver.1.xx))。
つまりHP8割以上を維持できるなら、このサポートはMP大↑&速度大↑とソウル並みの強さを誇る。
自分でHPを回復できるキャストや遊撃メインのアタッカー全般に有用。特にアリスやデスフックとの相性は抜群。
この特殊効果が発動しているアタッカーから逃れるのは容易ではなく、柄杓を搭載する余裕の無いファイターなどはほとんど逃げ切れずに狩り倒され、アタッカー対決でも大幅有利を取れた。全盛期には必須装備を下ろしてまで柄杓を積むファイターやサポーターが出現した始末。
そのためver2.00稼動とともにお仕置きされ、速度上昇低下、 HP6割→8割以上で発動 となった。ちょっと兵士玉やSSがかすっても止まってしまい、考えなしに乗せてもスピード低下がつらい。増えたMP枠を計画的に運用したい1枚。
B
厳冬に沈むバイオリン Ver.1.63-Aで実装されたいわゆる火事場装備の一つ。レベル3でMP小UP(蓬莱を相殺する程度)、そのパラメータ補強に見るところはないが、真価は低HP時のMP回復速度上昇。
HP30未満であれば常時MP+0.5/s(+0での値、Ver.1.63-A)となる模様。自然回復がMP+1.25/sなので、実に40%UPとなる。
2人から集中砲火があり得る中央だとHP30未満で居残るのは怖いが、端レーンならこのMP差だけで勝負が付くと言っても過言ではない。マッチングと自らの立ち回り次第でおそるべき戦果を出す原動力となるだろう。
1.63-Dで下方修正され、MAXで+0.5/sほどになった模様。正確な数字は検証待ちだが、激変というほどでは無いのではないだろうか。
A

Ver2.00(道具)

カード名 所感 有用度
予言されし災禍の糸車 第2のロール専用アシストでこれはA用。レベル4でキャストへの攻撃回数によってスキルの消費MPを減らす。攻撃スキルを多用するアタッカーの負担を減らし、連発しやすくすることができる(逆に長期的な効果を狙えるスキル系には恩恵が少ないかも)。MP軽減率は3割カットと相当大きい。
攻撃「回数」なので一撃大ダメージタイプより軽量で手数を稼げる多段攻撃持ちの方が相性が良い。バレダン型ナイトメア・キッド、凍結狙いと併用できる深雪乃など。深雪乃だとおおむね凍ったところでフィニッシュムーブの一刀両断が軽くなる。
リトルフラワーでちまちま削るリトル・アリスにも目はあるだろうか?
と言っても必要ヒット回数は2.02-B現在 5回 であり、使おうと思えばどのアタッカーでも発動出来るだろう。その分効果時間は無強化で35秒と短め。
注意すべきはキャストへの攻撃が条件。兵士では稼げないので効果を狙うなら兵士排除もしつつ狙っていきたい。
上昇パラメータもMPとSSでアタッカーにピタリ。初期はスピードダウンと誤記されていたが実際はドローダウンであり、多くのアタッカーにとって問題ないところも強い(最も、DSが強い、特に一撃が重要な跳躍・突進型には痛い)。
とりあえず見たら取っておくべきアシストといって間違いない。(それにつけてもこのシリーズでのファイター冷遇はどうしたことか…SSじゃ無くてDSアップじゃないのかねアレ)
S
豪勢なおむすび レベル2で基礎体力を盛れるのだが…上昇幅の差こそあれ、後発のネズミの嫁衣装に完全に役目を持っていかれた感がある。 C
貴族の毬 Lv2でDSを切ってMP中、SS小アップ。要はスキルアタッカーのレーン戦用か? C
ありふれた畑の豆 DSを切る事自体はともかく、アップ箇所がHPMPなのはLv4としてはキツイ。 D
灯に映る七面鳥 帰り道を導く光石が1レベル遅くなったらスピード中UPが付いてきた。光石を選べるキャストなら、環境次第で十分選択肢に挙がりうると思われる。
なお、MAX比較で光石に対してMPで1ほど、SSも1メモリ低くなるが、スピードはおよそ2メモリ上がる。
B
割れたティーカップ Lv6でHP大ダウン、MP大アップ、SP中アップ。
高レベルでサクるのにMPならばあまりデメリットになりづらいが、HP大ダウンは流石につらい。
D
甦る姫騎士のリボン シュネーヴィッツェン専用のアシスト。
単体性能ではレベル4でMPとドローを微強化。デメリットはないが、この条件でのメリットは少ない。
しかし、シュネーが装備するとさらに「精霊ゲージ」の上昇速度が加速する。
Lv4でLvアップ装備なので最大効果発揮数は5回なのだが、Lv5は全員が目指すため割と早めに来て一つ無駄になりやすいのと、それ以降はキル次第で一気に上がる事が多いので、勝ち試合でも2回ほどしか起動しない事がある。この弱点があってなお、デメリット無しを考えると悪くない装備だが、必須級とはいかない様子。
B

イベント(道具)

カード名 所感 有用度
伝国の玉璽 三国志大戦コラボアシストの一つ。ステータスはレベル3MP小アップのみと見るべきところはないが、敵への攻撃hit回数という条件を満たせば一定時間MPの回復速度が上がる。
20hitで発動し、+0の状態で25秒継続し、MPを8拾える。
回復速度自体は比較的マイルドで効果時間もさほど長くないが、小さく無いリスクを持つ毒りんごやバイオリンといった他のMPブースト系アシストよりローリスクで細く長くMPを増やせるのが利点。
hit数を計算出来て枠を捻出可能であるならどのキャストにも合う(あえて言うなら一撃火力よりも多段火力が出せるキャストは特に)。グレーテルビルドのお供にも良し。
問題は入手がイベント配布に限られるので重ねるにはマテリアルが必要な点か。あと、MP補強にソウル枠を割けるならナイチンゲールという強敵も出てきた。
S

装飾

Ver1.0(装飾)

カード名 所感 有用度
魔法のガラス靴 Lv.1からスピード増加。思い出のガラス靴に上昇量は劣るが、最大HPの減少がない。
ミクサ、リン、スカーレットのWSを生かしたいが序盤の事故死を嫌う場合など、HPが少ないキャストであれば採用理由はそこそこある。
ver1.10Aでついで感覚で弱体化されてしまい採用の機会は少なくなったが、一応「3枚目すのスピード強化」というポジションなら。
Ver.1.11-Aでは遂に上位互換の女王の王冠が実装。レベル1最速を目指す場合も実はこのカードよりアップ値が高いデメリット勢で固めた方がよく、お役御免。
D
思い出のガラス靴 デメリットは最大HP3低下。Ver.1以来、開幕逆レーンダッシュのお供第一候補として長く親しまれた。
が、Ver.2.00でのシステム変更によりレーン担当の自由度が増加。兵士列との位置関係も変更になったことにより、アシスト枠を一つ潰すだけのメリットは見出しがたくなった観がある。
C
カメの草履 うさぎの草履と違いこちらは最大MPが6下がる。代わりに、うさぎが大上昇に対してこちらは中上昇。
他アシストでHPが下がっていて、これ以上HPを下げたくない場合でかつスピードが欲しい場合にどうぞ。
例としては思い出のガラス靴、鬼神の指輪と併用したスピード特化ビルドの美猴など。
C
うさぎの草履 デメリットは最大HP約3低下。HP減少は思い出のガラス靴と比較して微かに多い(小数点以下)が、スピード上昇値はこちらの方が上。
最序盤の動きより帰城後、中盤以降のスピードを考えるならLv.3のコレ。
B
守護の指輪 このゲームで重要な要素であるスピードが特大上昇する。
競合に鬼神の指輪があるが、あちらは最大HP4減少でこちらは最大MP8減少とデメリットに違いがある。
鬼神は回避能力UPでHP減少をフォローできる面があり、こちらはレベルアップ前にMPを消費しておきかつそれ以降溢れないように立ち回りを工夫すればフォローできる面がある。
とは言っても攻撃の布石にもなる回避距離上昇がある分、使い易さは鬼神の方に軍配が上がるだろう。
レアリティが低く集め易いため、鬼神の枚数が集まらないうちはこちらの方がスピード上昇量が多くなり易い点は良い。2枚目のポジションとして散見される。
小ネタなのだが、最大MPが100を超えている場合、MP減少サポートの効果が発動と同時に一瞬だけ(100-減少値)まで減少する。
これを利用することでLv.5で多少のMPを回復しスキルを使いやすくすることもできる。
なお、1.62-A現在MAX同士の比較でスピード上昇幅は鬼神の指輪に等しく、宝下駄には鬼神同様1.xメモリ劣る。
B
鬼神の指輪 Lv.5からスピードが特大幅(約0.4強)増加し、回避距離が延長される。Lv.5という遅い発動ながらも、終盤の駆け引きにスピードが欠かせない事から人気のあるアシスト。
デメリットの最大HP減少量(約4)も小さくはないが、美猴等の高速アタッカーにとっては回避が攻撃の為の布石になる為、有用。アタッカーやリンと相性が良い。
特にアリスとミクサとリンは移動速度がそのままWSの強さに直結するためHP減少のデメリットを差し引いても装備される傾向にある。
S

Ver1.1(装飾)

カード名 所感 有用度
鉄下駄 ステータスの弱体化無しに、スピードを中上昇させてくれるのだが発動LVに対して、ささやかな効果をどう評するか。
デスフック専用装備がある、Ver1.50-A以降はそういう問題でもない気はする…。(なお比較して1目盛りほど速度で上回るが、あちらにはMP5ほどが付いてくる)
D
宝下駄 最大MP4低下とストレート攻撃力約0.1低下(Ver.1.62-A)をスピード特大上昇に変換出来る。
1.50-AでのR強化の恩恵を受けて、MAX同士の比較でスピード上昇値は指輪2種に対して1メモリ強(Ver.1.62-A)上回る。履き物の面目躍如と言ったところか。またVer.1.61-Aにてデメリットが緩和されたのも追い風。
以前は指輪の陰に隠れがちであったが、デメリットと速度の違いで独自の立ち位置を確保できるだろう。少なくとも守護の指輪よりは優先されそうだ。
A
盗賊のターバン Lv.1からスピードを中UP出来るのだが、低レベルでの戦闘の要・ストレートとドローを0.2ずつダウンさせてまで欲しいかは要検討。
赤騎士の鎧と異なりHPではなくてスピードを盛れるため汎用性があるが、MAX同士の比較だと思い出のガラス靴よりスピードアップの効果は低い(Ver.1.11、他にスピードアシストを積まないフックで比較した場合1目盛りダウン)。ここはレアリティの壁というべきか。
C
冒険者のターバン ステータスダウン無しでスピードUP小と、帰城時間を短縮するという特殊な効果がある。
現在の効果は+0~4で0.7秒、+5~9で1秒、+MAXで1.3秒短縮させる。
昔に比べて採用率は落ち着いたが、それでも強い。MAXなら基本的にすべての攻撃でダウン即帰城が間に合う。あまり意識されないがSPUP部分も中寄りの小なのでノーデメリットが光る。
デメリットありでSP中アップの有象無象装備を付けるぐらいならこれの方がよほど実質的な機動性が上がる。
ただ待機MP回復系(ウィッチ、マッドハッターなど)とはあまり相性がよくないので注意。
強い装備であることは間違いなく、初心者にも使いやすいので拾っておく事をおススメする。
S

Ver1.11(装飾)

カード名 所感 有用度
愚者の王冠 デメリット無しのカメの草履、あるいは発動の早い鉄下駄。同等の強化値で比較するとカメの草履よりも速度UPは緩やかと思われる。
同じLv3サクりなし速度Upの冒険者のターバンとの比較では、帰城短縮の特殊効果が要らないならこっちの方が重なりやすい。
またうさぎの草履のHP低下を嫌うならそことも競合する。
サクり無しに速度を盛れるという看板のおかげでLv3スピードアップ勢の中で絶妙な位置にいるのかもしれない…と言うのは過去の話。ver1.50で小UPに弱体化された為、見所は無くなってしまった…
修正後の補正値は冒険者のターバンと等価(@Max、Ver.1.62)。
D
女王の王冠 ついに出てしまった魔法のガラス靴の完全上位互換。
レアリティの関係上重なりにくいとはいえ、どうしてそういうことするんですか!
12時過ぎても解けなかった魔法も女王の権力の前にはひれ伏すしかないのである。
ただアップ値自体は少な目で、思い出のガラス靴や黒羽根の方が早い。
開幕のスピードという明確な視点での採用となるのでデメリットがあってもアップ値が大きい競合勢の方が優先されることも。
これもまたVer.2.00という環境の逆風を受ける1枚。
C
真実の黒羽飾り 守護の指輪のサイズダウンアシスト。MPのデメリットは数値は小さくとも実効果はそれなりにある。
開幕の速度が欲しいファイターにとっていぶし銀のアシスト。HPやショット威力をサクらないため、対ツクヨミで付けるファイターが以前は見られた。
Ver.1.63-Aで上位互換の気品ある猫の長靴が実装されお役御免。
D
虚飾の七色羽飾り 開始時からスピードを向上させるアシスト。特殊機能はレベルアップ時の回避距離が25秒の間上がるという物で、普通の移動では間に合わないふと避けたい一撃を避けやすくなる。
体感では鬼神並と言われ、Lv2から放たれる相手キャストの攻撃スキルをかわすのに一役買ってくれることだろう。回避が攻め手になるアタッカーにとっては時限付きとはいえ有用。
ドローが下がるのも、キャストによってデメリットになりにくい良い点。
場合によっては対ツクヨミ性能などを買ってリンや温羅などのあまりDS低下が弱みにならないファイターが付ける事もある。
A

Ver1.5(装飾)

カード名 所感 有用度
日印の鉢巻き ドロー攻撃力と引き換えにスピードを特大アップさせるサポート。雪の積もった帽子のLV5発動バージョンではあるが後半発動という点が大きく、前半ドロー攻撃力を削らずに済むため採用する価値はある。
また同じくLV5発動でスピード特大アップの指輪2種と比較した場合、HPMPを削らずに済むという点で住み分けができている。特にドローが突進型でないアタッカー各種と相性が良い。
パッと見が桃様専用に見えて日の目を見ずにいる印象がある。
B
桃印の鉢金 吉備津彦専用アシスト。レベルアップ時一定時間拠点攻撃力が上がるというもの。
…が、如何せんLv5と言う発動の遅さが問題。一応デメリット無しでHPとスピードを底上げできるのは強いが、吉備津は他にも採用したいアシストがあるために悩ましい所。
ちなみに上昇量自体はそこそこあり、単純にタフにしてくれるので他キャストが付ける事も。
B
石猿縛りの金冠 うさぎの草履ほどHP低下しないのは良いが、N相応の中上昇な点が難点。 D
斉天大聖の金冠 大聖専用アシスト。MPとスピードを小強化するため、レーン戦の適性強化には役立つ。
なお、レベルアップ時にドローの射程が上がるが、このドローの「射程」というのは「描いて届く最大範囲」であり、描写できる線自体は長くならない。
つまるところ、遠くまでは直線を描くようにすれば届くようになった程度であり、あまり採用されてはいないようだ。
Ver2.0で兵士を一定数撃破すると一定時間DSの弾サイズが大きくなるという効果に変更された。実質的な射程アップにつながるので以前よりは有用な効果であると言えるだろう。
B
雪の積もった帽子 虚飾の七色羽飾りと同じドロー低下。N故か差別化はない。 D
聖火灯す令嬢の小帽子 リン専用装備。レベルアップ時一定時間スキルダメージが1割ほど上がる。
効果時間も無強化で60秒と非常に長く、デメリットのないショールと近い感覚で使える。もちろんショールと一緒に装備してさらなるダメージの上乗せしてもいいだろう。
A
船乗りの帽子 ステータス変動はLv1版宝下駄だが、上昇量の見どころはない。 D
海賊王のドクロ帽 アイアン・フック専用装備。ドローの錨のサイズが一回り大きくなり、元々優秀な判定が更に強化される。ドローが大兵士に引っかかり易くなるというデメリットはあるものの、殺意ドロー合戦でわずかの所で躱されるという場面が少なくなる。LV3発動でドロー小&スピード小と効果は控えめであるため、他サポートとの取捨選択は悩み所であるが、ドローが攻撃の要であるフックの選択肢には十分入るだろう。
Ver1.51-A時点では、1Hitしただけで弾サイズが通常時並みにしぼむ仕様(バグ?)だったが、1.51-Cでの修正で弾サイズがアップし、そのサイズ減衰もそこまで気にならなくなった。
更に時代は下って速度盛りによる回避距離の補正が低下したVer.1.6では、巨大な殺意ドローは相当に回避困難。環境という追い風を受けて大きく評価を上げている様子。
尤も、見た目とは裏腹に威力自体は装備効果相応にしか上がらないため、他のアシストで更にドローを盛っておくといい。
同じくLV3発動で一定時間ドロー攻撃力が上がり、ドクロ帽ではアップしないMPを上昇できる五光の龍玉とは非常に相性が良い。
A
鳥カゴのイヤリング 石猿縛りの金冠がうさぎの草履対比なら、こちらはかめの草履対比。この系列に言えるが中アップである限り ターバンでいい D
青い羽のイヤリング ファイターが兵士処理で経験値を稼ぐならアタッカーはキルで稼ぐぜ!…という方向性で生み出されたアシスト。
以前はキャストキル時の経験値限定だった上、キルによる経験値にLv差で相当な補正があったため、なかなか採用されなかった。
その後、Ver.1.62-Cにて取得経験値量が増加。更にVer2.0で蓬莱、王服の効果変化に伴い、こちらもキャストキル始動の時限アシストになり、以前と比べて使い勝手は大幅に向上している。
同時に素でキャスト撃破時の経験値が少なくなったため、それを補う上で装備してもいい。しかも、兵士キル始動で兵士経験値限定の蓬莱と違いキャストキルで始動さえしてしまえば兵士からの経験値も対象になるので兵士ごと倒すキャストにもよい。
また、SP上昇値が意外と大き目で、単純に能力強化だけ見てもそこまで悪くない。アタッカーなら草履系よりはこちらを優先するのが普通だろう。
問題はレベル3発動であること。レベル先行が重要なのは多くのスキル/アシストが解放されるLv5までの話なので有効に使えるのがレベル3からレベル5の間であり、その間に戦果を上げる必要があるのが難点。単純なSPUP目的ならば他にも優先すべきアシストは存在している。
なお、お互いが高レベル、またはその状態で差をつけられていると、序盤と違い経験値を多く排出する。そのため、アシストを装備したうえで一つでもキルを取るとレベルで差を付けることができる。
アタッカーアシストの1つの選択肢として考慮できる存在にはなったと言える。
B
時渡りのブーツ Lv1でストレートを下げて良いのか…?アップ値を考えてもどうにも…。 D
月渡りのブーツ レベルアップするごとに一定時間、スピードが大上昇する代わりに、防御力低下のデメリットがある。
Lv2から自前でドリームウインドをかけているようなもので、一時的にメキメキ動ける様はちょっと癖になりそう。
ステータスの弱い最序盤から防御が下がってしまうのでグリグリ動けるからって雑な立ち回りをするとすぐに撤退するハメになる。序盤はいつも以上に慎重に立ち回ろう。
しかし被弾さえしなければノーデメリット。相手を寄せ付けず横槍がしやすいアシェンプテルやかぐやで採用の余地がある。
あるいは、ミクサやリンに装備して、レベルアップ直後にWS使用を狙うのがいいか。
リトル・アリスやシャドウ・アリスで使う場合は、アシスト由来ゆえかWSのレジスト効果では防御力低下を無効化できないので注意。(要検証:Ver.2.0で完全耐性になったことで変化があった可能性も?)
最もテクニカルな運用としてはギフト特化スカーレット、ステルス中であれば自分の防御力などあろうとなかろうと関係ないわけで神速で敵に死を届けることができる。ただし万一にもステルスが解けてしまうと自らの死が迫る。
A

Ver1.62(装飾)

カード名 所感 有用度
白き影のダークブーツ ヴァイス専用装備。説明文だとよくわからない事が書いてあるが「回避中にキャンセル行動ができるようになる」効果。
効果発動時は回避した瞬間にショットやスキルフリックが効くため、回避を途中でやめる事ができる。
ショット待機モーションを挟んで回避を連打し続ける事もでき、動きは凄い事に。最高速度も上がる。
Lv1で能力を微々たるものだが二つ上げる事もあり、SPアップを買ってファイターの開幕補助にできなくもない。
使いこなした場合の読み合い拒否性能が恐ろしく、ランカーヴァイスの採用率はほぼ100%であるが、キャンセルステップを扱えないなら宝の持ち腐れ。自信があるかによって採用の是非が決まってくる。
A

Ver1.63(装飾)

カード名 所感 有用度
猫の長靴 ステータス的にはMPを犠牲にしなくて良くなった代わりにSS威力のさらなる犠牲が必要になった宝下駄。SSを切って良く、MPに余裕がないフックや吉備津なら可能性はある。
アップ値はLv5ノーマル特大勢で等値の模様(2.01-A、道草ブーツ未検証)。
B
気品ある猫の長靴 真実の黒羽飾りの上位互換装備。ツクヨミ対策装備という立ち位置を引き継ぐだろう。 B
道草まみれのブーツ レベル5から両ショットを犠牲にSP特大アップ。心あるブリキの鎧を着れるキャストなら採用価値はある。 B
夢を紡ぐ麻糸 レベル1からSP中アップの代わりにHPとDSをサクる。開幕のSP中アップは有益だが兵士処理力が落ち、事故率が上がるのをどう見るか C
幻夢を守りし目隠し エピーヌ専用。Lv1からDS/SP小アップとLv時限でのスキル消費MP減。効果時間はMAXで約30秒。
中々優秀な効果で、スキルをMAXにしてロードピスやセイレーンと併用すれば素より相当スキルの回りが早くなる。
ただしアシスト枠に余裕があるわけではないため王服などを優先してあえて積まない事もある様子。地味に強化部分はファイター向けであり、ヴァイス専用と同じく他のキャストの開幕補助に使えなくもない。
B
踊り続ける赤い靴 うさぎの草履のHP中ダウンをSS小ダウンに置き換えたもの。スピードを伸ばしたいキャストはだいたいSSが肝となるため、多くのアタッカーにとって下げるには勇気のいるところ。
またWS解禁タイミングでもあるLv5のスピードアシストに目を向けると、よりスピード上昇効果の高いアシストが並んでおり、Lv5まで待てない事情でもない限り採用は難しいか。
ただSS低下が苦痛にならないアイアン・フック、9体列停滞のためにSS大兵士ニ確でいいリンなら一考の余地はある。
Ver2.0で追加されたグレーテルを使ったレベル3ビルドではグレーテルの強化ステータスでSSのダウンのカバーができるためグレーテルビルドでの速度強化アシストとして注目されつつある
B
庭園に眠りし姫の指輪 特殊効果を除くと、うさぎの草履の下位互換。そこにLvUpで時限SS射程アップ特殊効果が乗っている、Lv3発動の時限大風払いともいえる装備。SS射程で圧倒する長射程アタッカーにつけてたり、短射程アタッカーのリーチを伸ばしてもよいだろう。
後者の場合速度アップが好相性。特にリーチに泣かされる美猴との相性は抜群で、専用アシストと違いキルを取らなくても特殊効果が発動するため心強い。専用や大風払いと併用してさらなる長さを求めてもいいだろう。
またWS中の防御力のためHPダウンを気にしなくてよいアリスが、大風払い+うさぎの草履をひとまとめにする便利カードとして採用しているのを見かける。
吉備津、フック、リン、大聖、温羅、シュネーヴィッツェンといった一確ビルドを組む必要がないor組んでも自由枠ができる一部のFがSS射程は欲しいけど大風払いはちょっと…というときにも有用である。
A
幽閉された姫の首飾り レベル7ロマン装備。一見デメリットはないように見えるが、そもそもLv7発動というのが最大のネック。またDS・SSの2点を特大強化する降妖の杖と比べると、スピードだけしか上昇しない割には上昇値は微妙である。
とはいえスピード上昇量自体は宝下駄より一応高い。アルティメット吉備津の自由枠にこっそり忍ばせ、最終盤に奥拠点や敵城に走る手はある。
C
輝かしき婚儀の首飾り HP30未満で回避距離が上がるアシスト。発動条件が厳しい分、その効果は鬼神の指輪や虚飾の七色羽飾りをゆうに上回る。体感ではヴァイスのラピッドブラストがかかった状態が近い。古参には「昔のワンダーに戻る」とも言われる。
3目盛以下という条件と回避距離アップという単純にして強い効果が噛み合っており、生存力の他、端レーンであれば攻撃的な使い方もできる。他の火事場装備と違い、3目盛ぎり発動中に1ダウン食らっても逃げられる(つまり効果中に効果を活かした無理をしやすい)という実質があり、非常に使いやすい装備。
温羅、吉備、フック辺りであれば回避ボタン連打の方が早くなる。硬直こそ軽減できないが明らかに逃げやすい。回避の硬直が少ない者が多いアタッカーにも合いやすい。
(このアシストに限った話ではないが)緊急回避の距離には何ら影響がないため、暴発には注意。
A

Ver2.00(装飾)

カード名 所感 有用度
赤い靴 SS中ダウンでHPとSP小アップLv2。SSを見捨てていいキャストはいるとはいえ微強化のためLv2で中ダウンは…。 D
夢に見た王子の指輪 レベル6からDSを下げ、それぞれSSを中、SPDを特大共に上げる。発動の遅さが問題ではあるが、とにかく書かれている効果が分かりやすく、シナジーのあるキャストも決して少なくはない。
SSやSPD単体を上げる後半用アシストはレベル5に良質なものがあり、攻撃力のロマンを求めたい場合は「降妖の杖」が選択肢として挙がるが、同アシストはレベル7まで待つ必要がありDSの需要は多くはなく、逆に需要の多いSPDが強化されるのも明確な強みである。
そのため、SSとSPDの両方を後半から確実に要求されるキャスト、あるいはムーヴが望ましい。
間違っても、無理に積むアシストではないためしっかりとした目的がない限りは、自由枠に入れるのがセオリーとなる。
しかし、うまく利用できればアシスト1枠で後半の動きを堅実に果たせる渋めの一品。特に、DSに威力を求めない美候やアシェンとは好相性と思われる。
A
小さな鳥の巣 MP中サクでSP中、SS小アップ。コモン装備ながら強化箇所は狙いやすい。
見た目に反してネタ装備というほどではないのだが、Lv4でそこまで上がらないという事自体はいかんともしがたく、他にもっと色々あるんじゃないか感は強い。
C
錆びついた指輪 「使い込まれた糸切り鋏」からDSとSPの上昇値をそっくり入れ替えただけのアシスト。
一確構築で強かったあちらに比べると利用価値は下がる。DS強化値はかなりおまけに近い値なのでファイターにはそこまで向いていない。対してSPはそこそこ上がるのでその辺りを注視できれば。
B
黒と赤の大数珠 MP大ダウンでHP中、SP特大。Lv6。生存力という点で地味に使える装備。
ただLv6でデメリットも分かるぐらいはある。Lv5のSPアップ勢の方がやはり使い勝手は上で、試合展開も安定はする。
C
髑髏の首飾り 第2のロール専用アシストでこれはサポーター用。レベル4から一定数攻撃を敵に当てると一定時間スキルの消費MPが軽減される。
必要hit数は40と極めて多くレベル4スタートということもあり発動するのはしんどいが、その分スキルの消費MP3割カットが2分間続くという破格の効果を持つ。
試合中効果を使えるのは1回、どれだけがんばっても2回が限界なので計画的に使おう。
ステータスもHP小アップにSP中アップとサポーターに欲しい部分を補強してくれる上に、パラメータダウンもレベル4からのDS中ダウンなのでキャストによっては完全に無視できるのも小さからぬ利点である。尤もドローでの自衛力が下がるのには注意したいところ。
画面表示枠の関係か、サポーター専用装備という点が見落とされがちにも見えるので一応注意。
A

イベント(装飾)

カード名 所感 有用度
飛将の赤兎馬 三国志大戦コラボアシストの一つ。ステータスはレベル1スピード小アップのみ。これだけだと大したことはないが、敵への攻撃hit回数という条件を満たせば一定時間スピードが上がる。必要hit回数は20。
効果時間は25秒と長くないが、速度上昇効果はかなり高く、特大までは行かない大レベルで上昇する。
どのキャストでも無駄にならない速度上昇効果ではあるが、特にサポーター全般やフックやリンなどの自由枠があるファイター、多段hitスキルを持つナイトメアやデスフックとは相性がいい。
A



コメント
  • ↑使い勝手は上がったんだが、Lv3から5の間の為にこれを付けるかと言われると…ってなるのがちょっとね -- (名無しさん) 2017-01-02 22:35:55
  • イヤリングはレベル3発動問題が解決しなきゃAにはなれないと思うの -- (名無しさん) 2017-01-02 23:31:45
  • ↑確かにAは行き過ぎだと思った自分も、なんで3にしたんだろうな… -- (編集者) 2017-01-02 23:37:42
  • 糸車についてちょいと追記してみた -- (名無しさん) 2017-01-03 00:06:07
  • レベル統一系はアシスト秋あると条件から絶対に外れる。要はアシスト埋めてないと機能しない -- (名無しさん) 2017-01-10 16:44:41
  • 伝国の玉璽、SランクなのはわかるけどMAXになるまで拾えるものではない気がs(ry -- (名無しさん) 2017-01-12 00:33:46
  • そこにマテリアルがあるじゃろ?三国志コラボアシストは初心者からずっと使って行ける良カード多くて良いよね -- (名無しさん) 2017-01-12 01:16:33
  • 大聖のスキルと合わせてだが  【wlw検証】ショールや猪笛のスキル攻撃力を無理やり数値化してみた  www.nicovideo.jp/watch/sm30673503 -- (名無しさん) 2017-02-25 15:33:36
  • 2.0時代から紳士服は兵士撃破せずとも攻撃だけでゲージ増えてたよ? -- (名無しさん) 2017-03-14 00:40:13
  • メロウの回避硬直減のお陰で婚儀との相性上がったな、攻撃当たんねぇよちくしょう! -- (名無しさん) 2017-04-01 21:45:38
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る