結局――結局これか、このザマか! 笑っちまうぜ、なんて道化だ!



アリヤ√、アイザックは白木の杭に対する“復讐”の念により憧れの過去(ヒーロー)に戻りつつあるトシローを前に、絶頂寸前にまで昂っていた。

「――そうだ、やれよトシロー。やるんだ、殺れ。おまえが敗北するはずがない」

おまえをずっと追い続けた俺だから(・・・・)判る。
想い傾けたものを喪失し、敵を求めたのだろう? 守りたがりのおまえにはそれが目覚めの(キー)なんだ。
大儀と個人に縛られ、自らの理性を遵守したがるトシロー・カシマを弾けさせる、絶対の過程(プロセス)
この報復(ぞうお)の先に、殺意と共に流離う―――真の三本指(トライフィンガー)が舞い戻る……!
その時こそが、俺が望む決着の時。縛血者(ブラインド)の血で染め上げた、闇の伝説に答えが出る瞬間なのだから………!


―――だが、彼ら二人の決戦が裁定者の乱入により中断した直後……トシローは遂に、銀の呪いによって限界に達した。
去っていく仇を追うどころか、満足に立つことすらできぬまま、無念の言葉を絞りだすことが精一杯の状態。
その姿に、アイザックは彼が初めからホワイト・パイルとの決着に、文字通り己の全てを賭け挑むつもりであったと……
つまり、自分という存在はトシロー・カシマに最後の最後で“振られた”のだ、と理解し―――叫んだ。


「ふざけんなよ、そんなのってあるか……勝ち逃げじゃねえかよォッ!?」


憧れた男は、それでも血を吐きながら現実に抗おうとして……立ち上がることは出来なかった。


「ここで、こんな時に……終わりか。終わるのか、俺はっ!」

「アンヌの仇も討てず、因縁にも打ち勝てず、俺は……俺はッ――――


そして、そんな動けぬ縛血者など、裁定者には格好の獲物でしかなく……


骨の杭を生やした巨腕が、唯一無二の目標目掛け。
必死に手を伸ばそうとしたアイザックの目の前で、振り下ろされた。



「トシローォォォオオオオオオ――――!!」



瞬間―――アイザック・フォレストにとって掛け替えのない“何か”が砕け散った。

ずっと追い求めてきたものが。成りたかったものが。

俺の幻想(ヒーロー)が、破壊された。



「そ、んな――ア、イザック……トシロー、が…………」

――――邪魔だ、どけよ、()


何か、うるさく喚いていたお荷物は投げ捨てた。
迫りくる怪物達も、どうでもいい。
こんな惨めな己自身(負け犬)も、どうでもいい。
全て――そう全て(・・)が、もうどうでもいい。


「ははははははは! 結局これか、このザマか!
 笑っちまうぜ、なんて道化だ! くははははははは!」


「所詮、偽物の高望みなんてこの程度ってことかよ、なぁ!
 ケツを追っかけまわした紛い物には、奪われるのが相応しいとでも言うのか!」

「なんて滑稽、まるで風車だ。
 強風になびいて、空回りして、からからと……ただ回るだけ」


その結末がこれ(・・)だ。
憧れて、追いかけ続けて、行き着いたのは喪失の苦痛。

何より―――アイザックが打ちのめされたのは。

トシロー・カシマが死に選んだのは、三本指()ではなく白木の杭(ホワイト・パイル)という他者であったということ。


心を占めていた情熱は既に消え失せた。
全てを懸けるに値する道を永久に失い……空虚な自分の裡を覗き込んだ男は、吐き捨てた。


「ハッ――惨めだよ。踊ってくれるのは、おまえらみたいな不細工だけか」


「……泣けてくる」


反応して次の瞬間には襲い来るであろう獣に対し、彼は嘲るように告げる。


「そら、来い。退場の時間だ」

「俺とあいつの物語は終わった。だから、なぁ――――」


最後に……三本指の名を賭けて戦う。
そんな IF(もしも) を想像して。



――――貴様ら端役も、ここで逝け



……そして、願い敗れた男は、その命の薔薇を散らす。
……看取る者もなく、死を振りまきながら、二度と現世へと還ることはなかった……





  • 失恋かよ -- 名無しさん (2018-03-27 20:32:49)
  • 失恋でしょ -- 名無しさん (2018-03-27 22:26:14)
  • ウッソっだろお前w笑っちゃうぜ〜w -- 名無しさん (2018-03-27 22:27:36)
  • これほどに登場人物達に想われるとはトシローさんも罪な男だぜ -- 名無しさん (2018-03-27 23:53:26)
  • 同じシチュエーションでも糞眼鏡や邪竜おじさんはそのまま突っ走りそうなあたり、個人への思いという点で原初のホモは格が違ったな -- 名無しさん (2018-03-28 00:23:27)
  • 要はおまえ、白木の杭に三本指を寝取られたんだな。 -- 名無しさん (2018-03-29 00:41:57)
  • ↑実際、元カノさんの「嘘よぉぉぉぉぉぉ!」に相当する台詞だよな、アイザックさんのこれ・・・・・・。 -- 名無しさん (2018-03-29 01:33:40)
  • ↑元カノさんよりは現実を受け止めてるし、あっちは単なる嘆きだけどアイザックさんは自分に対する侮蔑と後悔の念だけでしょ。 -- 名無しさん (2018-03-29 14:19:09)
  • アリヤルートは好きだけどこのルートではアイザックの想いが届かないんだよなぁ… -- 名無しさん (2018-03-29 19:36:39)
名前:
コメント: