放射線予測シミュレーション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ページ最終更新日時: 2011/04/10 10:28:43
日本政府の情報公開があまりにも無いため作成。
各国の研究機関・研究者が作成している福島原発からの放射線物質飛散シミュレーションです。

あくまで予測です。
大きく分けて①既に拡散したものの総量予測、②将来の予測(天気予報みたいなもん)があります。
それぞれが予測に使っている前提条件は大きく異なり、妥当性もまちまちです
既に待避されている多くのシミュレーション研究者の方々、せめてこれらの予測の妥当性や意味するところを補完してください。

リンクは少しずつ増やします。編集者求む。リンクにGoogle翻訳をかませると親切かも。


研究機関のもの


  • ドイツ:気象局  (分散予報です)
ドイツ気象局(DWD)による日本周辺の放射性物質拡散予想マップ。
※6時間おきに更新,時刻は協定世界時(UTC)

3月の排出放射線量予測。野外で幼児が被爆し続けていた場合を想定
海洋や大気への拡散のありかたのシミュレート。放射性物質がどれくらい放出されたかは知らずにつくっているため、あくまで広がり方の予測です。

出所不明のもの




単位の概要説明など


  • Gy(グレイ)は物質が受けた放射線の量、Sv(シーベルト)は人体が受けた放射線の量です。Gy=Svと換算できます。
  • 1m(ミリ)Gy/h=1,000μ(マイクロ)Gy/h=1,000,000n(ナノ)Gy/h
  • 一般に年間被曝量が100ミリSv以下では健康影響がないと言われています。  *1



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。