※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A級フラグ建築士


■性別
無性

■学年
その他

■所持武器
場合に応じて

■ステータス
攻撃:0/防御:0/体力:7/精神:3/FS(A級フラグ建築学):20


桜花院 撫子(おうかいん なでしこ)の生存フラグ


発動率92% 成功率100%

効果1:味方戦闘員召喚
範囲+対象:隣接1マス内1人
時間:一瞬

効果2:味方通常攻撃強制施行
範囲+対象:隣接1マス内1人
時間:一瞬

消費制約:永続戦線離脱

【味方戦闘員設定】
名前:名も無き一般生徒
性別:男性
学年:1年生
所持武器:モップ
キャラクター説明:
魔人にとって食われそうになっている美少女を助けるため、そのへんにあったモップを手にとり戦う勇敢なモブ。
不意打ちで魔人を背後からブン殴った後は、「こっちだ!」と言い、美少女の手をとりその場から逃げる。
将来は何かしらの主人公になれるかもしれない。

攻撃:20/防御:0/体力:2/精神:3/FS(迷い):0
特殊能力:なし


能力原理

ひょんなことからハルマゲドンの戦場に取り残されてしまった、か弱きメイン級ヒロイン、桜花院 撫子(おうかいん なでしこ)。
あまりの恐怖に立つこともできず、教壇の中に隠れ震えていた彼女に近づく魔人の足音。
「(嫌っ……おねがい、こっちにこないで……!)」
祈りむなしく、一歩、一歩と足音は着実に教壇へと迫ってくる。
「(いやっ……誰か、誰かっ!)」
ついには魔人の手が教壇へとかかった。
ぎゅっと体をかき抱き、強く目を瞑る撫子。
次の瞬間!


キャラクター説明

「フラグ建築」とは世界を相手取った大ペテンである。

高い所から低い所に水が流れるように、東から出た太陽が西へ沈むように、世界にはちょっとやそっとでは揺るがない確かな「理」が存在する。
体系付けて説明できた理を人は「科学」と呼び、残りは認知されないか、あるいは一部で「魔法」と称される。

「フラグ建築」はそんな魔法の一種であり、言動・行動などの「シチュエーション」で世界を捕え、術者の都合の良い未来へと誘導するのだ。
例えば、A(全年齢)級フラグ建築学を修めるにあたって最初に習う、「やったか!?」は、その行動が失敗した世界を引き寄せる。

A級フラグ建築士はそのような数多のフラグを修めた、魔法使いの一種である。
たった一つの固有魔法「変身」を武器に、様々なキャラクターになりきり、時に笑い、時に泣き、理想の世界を味方につける。

勝利、敗北、生存、死亡、繁栄、滅亡。
全てはたった1つのフラグの結果。

○外見
目深なフードを被った幼女。
両手は獣の手(ネコ)になっている。
これがA級フラグ建築学上、最も突然死を回避できるフォームらしい。