取得時期

4章 レヴナント撃破後

固有コマンド

【霊技】

ジョブ特性

【守護霊】
このアビリティをセットしたキャラは
「霊力」を溜めることができるようになり、
攻撃を受けるたびに「霊力」が25%上がる。
※霊力は霊技の特定のアビリティで使用する。
※霊力の上限は100%

パラメータ特性
HP S MP E
B 知性 E 素早さ E
体力 S 精神 S 器用さ E
武器適正
B B
S ロッド E C
短剣 D E E
ナックル E 大剣 B E
防具適正
S S S

習得アビリティ

Lv アビリティ 分類 消費/コスト 効果
1 憑依 コマンド MP 8 自身の物理攻撃力、魔法攻撃力、HP、MP、霊力
を対象に加え、その対象の行動を操作する事ができる。
最大HP、最大MP、霊力の上限も加算する。
自身は憑依中行動できない。
【単体】【期間:6ターン】
※戦闘不能、ゴースト、憑依中のみになると全滅。
※憑依中になると様々な状態が解消される。
2 ソウルスマッシュ コマンド 霊力 20% 霊力を20%消費して対象に強力な物理攻撃を放つ。
【単体】【基本威力:50】【ダメージ倍率:1.5】
3 ソウルブースト サポート コスト 1 戦闘開始時に「霊力」が50%ある状態から始まる。
ただし、連チャン時にはこの効果は発動しない。
4 ソウルブラスター コマンド 霊力 50% 霊力を50%消費して全体に強力な物理攻撃を放つ。
【敵全体】【基本威力:50】【ダメージ倍率:1.5】
5 守護霊 サポート コスト 1 このアビリティをセットしたキャラは
「霊力」を溜めることができるようになり、
攻撃を受けるたびに「霊力」が25%上がる。
※霊力は霊技の特定のアビリティで使用する。
※霊力の上限は100%
6 重装の心得 サポート コスト 1 鎧と兜の防具適正がSになる。
7 ソウルリンク コマンド MP 16 霊力を消費するアビリティを使用する際、
このアビリティの対象に選んだ
キャラの霊力を自身の霊力の代わりに使用できる。
対象に選んだキャラは攻撃を受けるたびに霊力が上がる。
【単体】
8 霊鏡 コマンド MP 36 物理攻撃を反射するバリアを張る。
【単体】【期間:3ターン】
※複数の種類の反射は同時に付与されず上書きされる。
9 憑依される コマンド MP 8 対象の物理攻撃力、魔法攻撃力、HP、MP、霊力
を自身に加える。対象は憑依中行動できない。
敵を憑依させた場合、敵は戦闘不能になる。
【単体】【期間:6ターン】
※敵に使用した場合は敵に有利な行動をとる。
※戦闘不能、ゴースト、憑依中のみになると全滅。
※憑依中になると様々な状態が解消される。
10 ソウルキャノン コマンド 霊力 100% 霊力を100%消費して対象に強力な物理攻撃を放つ。
【単体】【基本威力:50】【ダメージ倍率:8.0】
11 ダブルソウル サポート コスト 1 このアビリティをセットしたキャラが
憑依または憑依されるを使用した場合、
憑依元と憑依先両方のアビリティを使用できる。
※憑依先でジョブレベル不足のアビリティは使用付加
※修飾句、異言を使うには対応するアビリティが必要

特徴

最高の防御力を誇るジョブ。
全防具の適性がSで、HP・体力・精神も最高のため、非常に硬い。
反面、攻撃力はそれなりで、MP・素早さ・器用さは最底辺とステータスが極端。
さらに攻撃アビリティに特殊なものが多く、はっきり言って雑魚戦では扱いづらい。
一方で、ボス戦となると盾役や回復役としての適性もあるため、運用次第では活躍できる。
攻めるか守るか、あるいは「憑依」で他の味方を強化するか、はっきりした方がいいだろう。

攻撃役としては、器用さの低さから通常攻撃には向かないので物理アビリティを使うことになる。
しかし、霊力の性質上、ソウル系の技は雑魚戦では安定して発動できない。
その代わりに、槍の複数攻撃補正を活かしてトマホークの「サイドワインダー」を使うのがいいかもしれない。
また、ソウル系を空打ち後「ものまね」を使えば霊力なしでもソウル系を発動可能。
空打ち分はBPを消費しないので結構な性能だが、どちらもジョブ・アビリティが限定されるのが難点。

盾役とするなら、ターゲットを自分に集中させて耐えながら、隙を見て霊技で攻撃していくスタイルとなるだろう。
ソードマスターの反撃技には挑発効果があるので利用してみるといいかも。
最終手段として、他のメンバーをゴースト状態にし、ガーディアンはずっとデフォルトで防御し続ける戦法もある。

回復役とするなら、精神の高さを利用して白魔法または召喚魔法「アマテラス」を使いたい。
超鈍足なので、後攻回復が安定する。あるいは行動順に関係なく回復できる修飾句を使うのも手か。
MPの問題はパパから「徐々にMP回復」を譲ってもらえばある程度は解決する。

各アビリティ

▼ 憑依
  • 味方の強化に使えるほか、「ねこ技」の習得にも使える。

▼ ソウルスマッシュ

▼ ソウルブースト

▼ ソウルブラスター
  • ケントゥリオで火力を上げることが可能。
  • ただし連射が困難なので正直微妙。ものまねと合わせて雑魚狩り用か。

▼ 守護霊

▼ 重装の心得

▼ ソウルリンク
  • 「守護霊」の付いていない味方に霊力を付けられる。ソウル系の技を主力にするなら是非。

▼ 霊鏡
  • 敵アビリティには、物理属性のものが結構あるため、それなりに有用。
  • 「月魔法」のエレメントバリアは、属性攻撃限定ながら物理も跳ね返せ、サポートアビリティ次第で全体化も可能。
    霊鏡は単体対象・物理限定ながら無属性にも有効なのが長所。

▼ 憑依される
  • 失敗することもある。
  • ザコ戦で最後の1匹を始末するのにはそこそこ使える。

▼ ソウルキャノン
  • BP消費なしで倍率8.0は脅威だが、技の性質上連打できないのでかなり微妙。
  • ソウルキャノン⇒ものまね×3とつなげれば、初段が空打ちでもものまねが可能。
    空打ち分はBPを消費しないので、ほぼノーコストで大ダメージを与えることが可能。

▼ ダブルソウル


  • 「霊鏡」は物理攻撃を反射した際になぜか回避と判定され、「光陰流水」が発動します。物理攻撃メインのボスはデフォルトしてたまに攻撃するだけで自滅します。 - まっちゃん 2015-07-14 22:50:38
|