タイトルリスト > 最後の検査


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


作品情報


内容情報

  • 登場人物
★アルフリド・スカイラー・クラランダン医師
ニューヨーク出身の高名な生物学者。マンハッタン東19丁目の古い邸宅で暮らしていたが、ゴウト・ヒルのバナスター邸に移住
痩せぎすで禁欲的、鉄縁の鼻眼鏡をかけ、先細りの茶色の顎鬚を伸ばす
ドールトンと再開したことでサン・クェンティン刑務所の医療部長のポジションを獲得した
無愛想で世間知らずであったため、黒死病の発生に伴い批判が爆発、任命権が知事から理事会に移った時点で解任された
なお、この時期からすでに"黒死病"病原体を受刑者、さらに拉致した子供に投与していた模様。子供の声をカモフラージュするためにオウムを飼育していた
その後はしばらく無気力状態が続いたが、スラマが何らかの儀式を行った後熱意を取り戻し研究を再開
暴走し、ディックまで手にかけたところでスラマにまで見放される
妹を手に掛ける直前、ドールトンが持ち込んだミラーの論文を読み、熱病研究で完全に出し抜かれたことを自覚、絶望の淵に自らに「黒死病」の注射を打つ
その後スラマを道連れに焼身自殺

★ジェイムズ・ドールトン知事
クラランダンと同じくニューヨーク出身で親友。弁護士資格を持つ
証券取引によってアルフリドの父に父親を殺され、さらに当時の恋人であったジョージーナとの結婚も拒絶されたため決別し、カリフォルニアに移住
偶然クラランダンと再開したことで友好が復活。アルフリドをサン・クェンティン刑務所の医療部長に任命した
刑務所内の黒死病騒動から勃発したクラランダン批判を抑えようとしていたが、反対派に負け任命権を奪われサクラメントウに移動
クラランダン死後はジョージーナと結婚。上院議員に当選した
オカルティズムや皮下注射、見慣れない文字に恐怖を感じる。また妻とともに痩せこけた者や低い声の者に耐えられない

ジョージーナ・クラランダン
アルフリドの妹。アルフリドを献身的に世話していたが、危うく実験台にされかける。兄の死後はドールトンと結婚
喉にかかった含み笑いを耳にすると青ざめる

ウツァンの民(仮称)
普通のチベット人より身長が高く、骸骨のように痩せている
ゆったりとした黒い絹の僧服をまとう
クラランダンが旅の途中で知りあい、大量に連れ帰ってきた
ツァンポ:召使の中で最初に実験台として殺害された

フランシス・スカイラー・クララダン:アルフリドとジョージーナの父親。ジェイムズの父を証券取引で破滅させたあげくジョージーナとの結婚を求めたジェイムズを金を持たない駆け出しの弁護士ということで断固として拒絶した
ディック:ジョージーナの愛犬。セイント・バーナード。
ウィルフリド・ジョーンズ医師:クラランダンの部下。クラランダンに嫉妬し、反クラランダン派として暗躍した。伯父が理事会の議長。クラランダン死後は元上司との関係を自慢にしている
マルガリータ:メキシコ人の料理人
マクニール博士:ミラー博士の論文をドールトンに教えた。クラランダンの研究の本質を部分的に知っていたようだ
ミラー博士:フィラデルフィアの医師。"一般的な"黒死病の研究を完成させた
トム・コートランド:コロンビア大学で、ドールトン、クラランダンと喧嘩した

ジェナー:エドワード・ジェンナーか?イギリスの医学者。種痘法の開発者
リスター:おそらくジョゼフ・リスター。イギリスの外科医でフェノールによる消毒法を発明
コッホ:おそらくロベルト・コッホ。ドイツの細菌学者で炭疽菌などを発見
パストゥール:ルイ・パスツールだろう。フランスの細菌学者。ワクチンの開発者
メチニコフ:イリヤ・メチニコフか。ロシアの微生物学者。免疫系の研究で有名

クセノパーネス:おそらくクセノパネス。古代ギリシアの哲学者
ホメーロス:古代ギリシアの吟遊詩人
  • 神話生物
    • 登場
★スラマ
北アフリカからクラランダンが連れ帰ってきた助手。アトランティスの神官
極めて博識。痩せこけ、目は光沢のない黒で皮膚は浅黒い。ハゲ
実験動物を殺すことに喜びを見出す
クラランダンの暴走を受け決別しようとしたが、クララダンと共に焼死したと思われる
なお、死体は見つかっていない

    • 言及のみ
ヨグ=ソトース
ナイアーラトテップ
炎のネメシス:おそらくギリシア神話の女神から
シュブ=ニグラス
  • 地名
カリフォルニア
サンフランシスコ
 ゴウト・ヒル
  ★バナスター邸:クラランダンが住む。高い塀を巡らせた、フランス屋根の陰気な屋敷
 マーケット・ストリート:ドールトンとクララダンが再開した場所
  ロイヤル・ホテル
 ジャクスン・ストリート:バナスター邸から徒歩圏内。ウェスタン・ユニオンに行くには馬車
 ウェスタン・ユニオン:電報所がある
サン・クェンティン
 ★サン・クェンティン刑務所
ソーサリートウ タマルパイス:黒死病騒動で住民が避難
オウクランド バークリイ アラミーダ:避難民のせいで居住施設が高騰
ミルブレイ サン・ホウゼイ:この間に難民キャンプ的なものが発生
サクラメントウ:サクラメントだろう。州都であるからドールトンの住んでいるところ?

ウツァン:チベット人召使の出身地
ホガール地域:チベットの高原地域か
アルジェ:スラマが受け取った小包の消印
  • 魔導書・魔道具
アルハザード著『アジフ』

★『黒死病』病原体
クラランダンが持ち歩いている黄金の注射器の中に入っている
一般的な熱病と違い、スラマが地球外からもたらした。治療法は存在しない
  • その他
トゥアレグ族:ベルベル人系遊牧民。作中設定ではアトランティスの民の末裔
『ヴァテック』:1876年発表のW・T・ベックフォードのゴシック小説
『オブザーヴァー』:ある若い記者が手酷く追い返されたことを恨み、インタビュー記事をでっち上げて痛烈に批判した
ネローの大火:おそらくはネロ帝時代に起こったローマ大火のことだろう。キリスト教徒が放火したと噂が流れ、弾圧へとつながった
エフタの娘:旧約聖書。誓いを果たすために神に捧げられた
キュクロープス:ギリシア神話。単眼の巨人

タイムライン

1890年代11月8日 クラランダン、サン・クェンティン刑務所の医療部長に就任
1月初め 『オブザーヴァー』記者つまみ出される。逆恨みし、でっち上げのインタビュー記事を掲載
3月第一週 クラランダン、医療部長を罷免
5月28日 ディック殺害。ジョージーナを殺害する直前にドールトンが来訪し、研究の敗北が発覚。自身に病原体を打ち、翌日スラマを道連れに焼身自殺