魔道具 > 輝くトラペゾヘドロン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


所在

  • 『アーカム計画』
ナイ神父所有

備考

輝くトラペゾヘドロン
緑がかった、ないし青白い輝きを放つ大きな黒い結晶体。赤い縞が入っている
闇の中で見つめることにより、神話生物/ナイアーラトテップ#闇をさまようものを呼び出す
  • 『アーカム計画』
幅約30cm、長さと深さが約46cmの金色の箱に納められている。この箱の表面には身を捩る生物の図案が刻まれ、蓋には装飾の彫刻がある
蓋の後ろを押すと跳ね上がり、箱の側面と底部から金属製の帯で支えられたトラペゾヘドロンが現れる。
異次元への道を開くものでもあり、視線を引き寄せる作用もあることから『ヒュドラ』の結晶体も同種のものと言えるだろう
放たれる光は癒やすことも破壊することもでき、変容させることもできる。
神話生物/ナイアーラトテップ#ナイ神父は太古のケムで、この光によって人間の姿をとった
マーク・ディクスンを変容させクトゥルフとして覚醒させた後は力を失ったようだ

出典

登場

『アーカム計画』