登場人物リスト > ウィリアム・ハリスとその関係者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ハリスの家族

ウィリアム・ハリス

  • 貿易商。プルードゥンス号の所有者。1763年に"忌み嫌われる家"を建て入居。1765年マルティニーク島の気候によって衰弱死

ロビイ・デクスター

  • ウィリアムの妻。1768年発狂し2階に監禁される。1773年死亡

エルカナ

  • 1755年生まれ。1767年死亡

アバゲイル

  • 1757年生まれ。1764年4月死亡

ルース

  • 1761年生まれ。1764年4月死亡

ウィリアム・ジュニア

  • 1759年生まれ。
  • ペレグ宅に預けられている間は健康が回復した
  • 1775年独立戦争に参加し、1780年にはロードアイランド部隊の指揮官になる
  • フィービと結婚し81年に名誉除隊。"忌み嫌われる家"に帰る
  • マーシイ死亡後、1783年にゴールデン・ボール・インに転居
  • 1797年、黄熱病により死亡

フィービ・ヘトフィールド

  • ウィリアム・ジュニアの妻
  • 1797年、黄熱病により死亡

デューティ

  • 1785年生まれ
  • 両親死亡後はラスボウンに育てられた
  • 私掠船の船長となり、1812年武勲を立てた
  • 1814年に結婚
  • 1864年死亡

ウェルカム

  • デューティの息子
  • 1815年9月23日生まれ
  • 1862年にフレデリクスバークで戦死

アーチャー・ハリス

  • ウェルカムの息子
  • 1876年、エインジェル・ストリートに豪華ではあるが醜悪なフランス屋根の屋敷を建てた
  • 1916年死亡

アリス・ハリス

  • アーチャーの妹
  • 未婚

キャリントン・ハリス

  • アーチャーの息子

マーシイ・デクスター

  • ロビイの姉。地味で痩せこけ、地味だったが力持ち
  • ロビイ発狂後"忌み嫌われる家"に移り住んで世話をしていた
  • 1783年5月15日死亡

ペレグ・ハリス

  • ウィリアム・ジュニアの従兄。プレズバティアリアン=レインに住む
  • ウィリアム・ジュニアを預かった

ラスボウン・ハリス

  • ペレグの息子
  • "忌み嫌われる家"を貸しに出したが1804年に4人死亡し、町議会から消毒するよう命令された

召使

ハナ・ボウアン

  • 召使。1764年6月死亡

イーライ・リディースン

  • 召使。体調不良を訴えていたが、マヒタブルに惚れて辞められず、1765年死亡

マヒタブル・ピアース

  • ハナの後釜として雇われた。1768年死亡

プリザーヴィド・スミス

  • 召使だったが1768年バックレた

アン・ホワイト

  • ヌースネック・ヒル地方ノース・キングズタウン、現エクシター出身。陰気。噂話を周囲に広めるため、数ヶ月で解雇

ジーナス・ロウ

  • ボストン出身。有能。1772年死亡

マリーア・ロビンズ

  • ニューポート出身。アンの後釜
  • デューティの乳母
  • 1783年まで"忌み嫌われる家"に住み続けた

出演

  • 『忌み嫌われる家』