神話生物 > 深きものども


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


別名

ディープワン

生息地

主に海中。インスマスやポナペ島が多い

容姿

魚の眼をした、インスマス面と呼ばれる特徴的な顔立ち
鰓を持ち、手足に水かきがある
  • インスマス面
妙に頭が狭くて鼻が薄く、目は膨らんで開きっぱなし
肌は鮫肌で吹き出物だらけ、首の両側はシワだらけでくびれている(※鰓がある)
若いうちからハゲ

備考

『ファルコン岬の漁師』にて

  • カンガーが助けた個体
    • 人間の言葉で喋るがフルートの音色を伴う蛙のような声
    • 口は大きく裂けているが目つきは優しい
    • 髪は長い。顔の皮膚は人と同じで、体色は海の色
  • ハーパーが発見した群れ
    • 20体前後
    • 半ば人間、半ば蛙のように泳ぎ、ダゴンの讃歌を歌っていた
    • カンガー含め全裸

『アーカム計画』にて

中年のイギリス人であるロナルド・アボットと、日本人の佐藤船長に従っている
1章では8人登場し、水夫として働いていた

出典

登場

  • 『ファルコン岬の漁師』
  • 『アーカム計画』

関連項目

  • クトゥルー ダゴン ハイドラ