厚木プラスチックの製品づくり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製品づくりは機械にまかせ、機械は良品のみを製造。人間はそのための条件設定と、段取り、そしてメンテナンスだけを担当するのが厚木プラスチックのスタイルです。
厚木プラスチックでは生産技術のいっそうの高度化を追求し、機械装置のインライン化とロボット化を推奨しています。
厚木プラスチックは開発技術においては、良品製造のための不断の研究・開発をしています。
厚木プラスチックは、PBPというパッケージ材料を製造しています。内容は、ポリプロピレン樹脂にガスバリア層を入れ、空気を遮断することにより、食品の品質を常温で長期間保つ、いわば「プラスチック製の缶詰」を実現する素材です。
印刷の段階においても、最先端の印刷技術を積極的に導入しているのが厚木プラスチックです。