厚木プラスチックのスタイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

多層シート押出しから成形までの工程をインライン化し、高速曲面印刷、箱詰のロボット化と一連の工程が流れる無人化を厚木プラスチックでは実現しています。
厚木プラスチックの事業部は、営業・開発、製造・技術、生産・整備、品質・管理の4部門から成ります。
事業部が営業・開発、製造・技術、生産・整備、品質・管理の4部門から成る厚木プラでは、そのため、創業50年に渡って蓄積された発想力、企画力がノウハウとして蓄積されているのです。
厚木プラスチックでは食品に最適なパッケージの材質、形状、機能などを商品企画の段階から設計し、その印刷デザインまでを提案します。
デザインにあたっては、三次元CADを駆使して図面を作成し、試作型の作成から、試作品の提案までを厚木プラスチックの営業スタッフと開発技術スタッフが実施します。