男子ハンドボール日本代表選手セクハラ疑惑が浮上


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

複数の韓国メディアによると、仁川アジア大会の男子ハンドボール日本代表選手にセクハラ疑惑が浮上している。女性の太ももの内側を触るなどしたという。1日付で捜狐体育が伝えた。第一報が伝えられたのは28日、セクハラしたのは男子ハンドボールの日本代表選手だと報じられている。韓国メディア宇都宮マッサージ宇都宮マッサージによると、事件があったのは26日。仁川市九月洞の広場で行われたイベントで女性にうめき声のような声を上げながら、太ももの内側を手で触ったとされている。この日本人選手は抗議を受けてもすぐにその場を離れず、笑い声をあげていたため、女性は周囲に助けを求めたが、近くに日本語の分かる人間はいなかったという。女性は「とても恥ずかしかったし、怒りを覚える」と話している。事件後、主催側は組織委員会と警察に報告した。その後の対応について、韓国メディアが追跡取材を続けている。