岡本夏生が江角マキコの痛烈に批判


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9日に放送された「5時に夢中!」(TOKYO MX)でタレントの岡本夏生が、江角マキコの一連の騒動を痛烈に批判した。江角マキコの話題となったのは「夕刊ベスト8」のコーナーで、日刊ゲンダイの記事が紹介された時。詳細を語らず沈黙を続ける江角の話題となり、岡本は、「うん、まあそうですね…。これは江角さんはもしかしたらやったかもしれないね! 今、『やってない』って言ってないということは、やってしまったと思われても仕方ない」盛岡デリヘルとバッサリ。岡本はさらに続け「ただね、やってしまったのであれば、その時は、こういう感情でやってしまったと言ってしまった方がいい」と話し、「やったのか、やってないのか、グレーゾーンでみられるより、ズバッと言ったほうがいい」と、問題報道後の江角の行動を批判した。