イチロー2安打で5連勝に貢献した


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤンキースのイチローは2試合連続マルチとなる2安打で5連勝に貢献した。いずれも内野安打で、その後生還を果たして2得点。3回先頭では投手強襲の当たりで悪送球を誘い、一気に二塁へ。7回は無死一塁から遊撃内野安打で4得点のビッグイニングにつなげた。この盛岡デリヘル安打で単打が通算2294本となり、ハンク・アーロンに並ぶ歴代13位。「(打球処理を)余裕を持ってやっている人はいないでしょう。そうなって(相手が余裕を持って)きたら、変化だけどね」と40歳でスピードへの衰えは感じていない。5連勝中は15打数6安打の打率4割。ワイルドカードでのプレーオフ進出圏内のマリナーズとのゲーム差を2・5に縮めた。