各国薬物犯罪発生件数一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「犯罪率統計-国連調査-(2000年)」による犯罪率統計10万人中麻薬犯罪が何件あるかの資料である。資料は1999年と2000年のものである。

世界の麻薬事件発生件数

世界の麻薬犯罪件数が多い国順
  1. ノルウェー 987.09件
  2. スイス 648.44件
  3. ニュージーランド 641.64件
  4. アメリカ合衆国 560.11件
  5. バルバドス 546.44件
  6. ジャマイカ 451.84件
  7. タイ 428.92件
  8. ドミニカ国 369.86件
  9. セーシェル 313.92件
  10. ドイツ 297.25件

備考

アジア各国
アジアはタイ以外麻薬犯罪が極めて少ない。
  • 日本 22.24件
  • インド 2.02件
  • パキスタン 0.29件
  • タイ 428.92件 (ワースト6位)
  • 韓国 9.85件
  • マレーシア 58.81件


ヨーロッパやロシアや北米やオセアニア
ノルウェーやスイスやニュージランドとアメリカ合衆国は麻薬犯罪が異常に多い。
ヨーロッパの国々の多くは日本の10倍以上の事件発生率である。
ノルウェーは日本の40倍以上、スイスとニュージランドは約29倍の犯罪率である。
  • ノルウェー 987.09件(世界ワースト1位)
  • スイス 648.44件 (世界ワースト2位)
  • ニュージランド 641.64件 (世界ワースト3位)
  • アメリカ合衆国 560.11件 (世界ワースト4位)
  • カナダ 285.54件  
  • アイスランド 277.94件
  • ロシア 166.83件
  • フランス 176.11件
  • イギリス 214.30件
  • ドイツ 297.25件 (世界ワースト10位)
  • デンマーク 17.65件
  • ハンガリー 34.56件
  • ルーマニア 1.57件



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。