メキシコの話題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここではメキシコの話題やニュースのリンク集を載せていきます。少し昔の記事もあります。

メキシコ人は「おおらかで人が良い」とか報道している日本のマスコミがあるので、
ここでは、メキシコの実態が分かるニュースを載せていきます。

事件が多すぎて取り上げきれません。
2010年10月19日以降の事件を取り上げることにして、多くの犠牲者が出た事件のみ扱うことにします。


外務省 海外安全ホームページ
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2011C066


記事はロイター
メキシコで麻薬一斉捜査、過去最大の105トン押収  朝日 2010年10月19日
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201010190049.html?ref=reca
ロイターが記事の転用を禁じているので、この記事の「感想」を書きます。
 記事によるとメキシコでは、カルデロン大統領が2006年に麻薬組織掃討を掲げて以来、
約3万人が死亡しているらしく、この「麻薬戦争」に対する当局の取り組みに
国内外からの風当たりも強まっていたのだそうだ。

転用になりますかね。すみません。

メキシコ北部で相次いで銃撃事件、計27人死亡 2010年10月25日 AFP
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2769731/6363855

街でただ1人の警察官、麻薬団に拉致される メキシコ 2010年12月29日 AFP
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2780917/6615982
【12月29日 AFP】メキシコ北部チワワ(Chihuahua)州グアダルーペ(Guadalupe)で23日、女性警察官のエリカ・ガンダーラ(Erika Gandara)さん(28)が武装グループに拉致された。
州捜査当局が27日、明らかにした。激しい麻薬抗争が続くグアダルーペでは、警察官が相次いで殺害されたり辞職したりしたため、ガンダーラさんがただ1人の警察官だった。
以上抜粋。

メキシコのリゾート地で頭部のない15遺体見つかる 2011年01月10日 AFP
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2782038/6649266
【1月10日 AFP】メキシコ当局は9日、麻薬抗争がらみの事件で8~9日の2日間だけで51人が殺害されたと発表した。
 当局の統計によると、南西部ゲレロ(Guerrero)州、北東部チワワ(Chihuahua)のほか首都メキシコ市(Mexico City)でも、
車からの銃撃や処刑などで殺害された遺体が相次いで発見された。
 なかでも8日、リゾート地アカプルコ(Acapulco)のショッピングセンター脇の路上で頭部を切断された15遺体が見つかった事件は、凄惨(せいさん)を極める。
遺体の頭部は、近くにまとめて捨てられていた。犠牲者には17歳の少年2人が含まれていたという。
以上抜粋。

記事はロイター
メキシコ北部で警察幹部射殺、麻薬組織の犯行との見方 朝日 2011年2月15日
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201102150077.html?ref=reca
ロイターが記事の転用を禁じているので、この記事の「感想」を書きます。
 記事によると殺害されたのは、同州警察の治安・情報機関部門のトップ、
オメロ・サルシド氏(40)だそうだ。
車の中で、銃弾5発を受けて死んでいるのが発見されたそうだ。
 メキシコでは2006年12月にカルデロン大統領が就任して以来、
麻薬にからむ事件で3万4000人以上が殺されているらしく、
最近では国境付近だけでなく都市部にも被害が拡大していたようだ。

転用になりますかね。すみません。

麻薬抗争の町の女子大生警察署長、米国に亡命 AFP 2011年03月04日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2788677/6909950
 メキシコ・チワワ(Chihuahua)州の米国境近くの小さな町、プラセディス・グアダルーペ・ゲレロ(Praxedis Guadalupe Guerrero)では、
前年6月に町長とその息子が殺害された後、警察署長候補の2人が相次いで辞退。一児の母でもあるマリソル・バジェス(Marisol Valles)さんが10月、署長就任を引き受けたばかりだった。
 バジェスさんの親族が匿名を条件にAFP記者に語ったところによると、バジェスさんは「犯罪組織から便宜を図るよう要求され、
さらに殺害の脅迫を受けていた」。このため、親族2人とともに渡米。今後、亡命を申請する方針という。
 プラセディス・グアダルーペ・ゲレロは、前年1年間で3100人が麻薬取引をめぐる抗争とみられる暴力事件で死亡した
シウダフアレス(Ciudad Juarez)の南東65キロにある町。近くの町グアダルーペ(Guadalupe)では前年12月、
町でただ1人の警察官だったエリカ・ガンダーラ(Erika Gandara)さん(28)が武装集団に拉致され、現在も行方が分かっていない。(c)AFP
以上抜粋。

牧場で59遺体発見=メキシコ  時事ドットコム 2011/04/07
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011040700334&rel=j&g=int
米国と国境を接するメキシコ北東部タマウリパス州の検察当局者は6日、
同州サンフェルナンドの牧場で少なくとも59人の遺体が発見されたことを明らかにした。
同当局者によると、これに関連して11人が逮捕された。
以上抜粋

メキシコで88人の遺体見つかる、麻薬抗争がらみか AFP 2011年04月12日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2795404/7078107
4月12日 AFP】米国と国境を接するメキシコのタマウリパス(Tamaulipas)州サンフェルナンド(San Fernando)周辺の4か所で多数の遺体が埋められているのが見つかり、
7日以降これまでに少なくとも88人の遺体が収容された。麻薬組織の抗争にからむ犠牲者とみられている。
以上抜粋。

記事はロイター
メキシコ、地面の穴から145遺体 麻薬組織犯行か 朝日 2011年4月16日  
http://www.asahi.com/international/update/0416/TKY201104160168.html
ロイターが記事の転用を禁じているので、この記事の「感想」を書きます。
 記事によると一帯では3月以降、国境に通じる幹線道路で武装集団がバスを止め、
乗客を拉致する事件が相次いでいたそうだ。この地域では、米国へ大麻などを密輸する
麻薬組織の活動が活発らしく、運び役の確保や勢力拡大のために一般市民を拉致することが多いそうだ。
麻薬組織に抵抗した市民らが殺害されて捨てられた可能性があるらしい。
 事件の背景には、メキシコの地方警察が陥っている深刻な腐敗があるのだそうだ。
連邦政府のモラレス司法長官は13日、サンフェルナンドの警察官16人を
麻薬組織のメンバーをかくまった疑いで拘束したと発表したそうだ。

転用になりますかね。すみません。

農場に頭部切断27遺体 グアテマラ AFP 2011年05月17日
http://www.afpbb.com/topics/country/138?y=2011&m=5
殺人で1日に18人死亡
 グアテマラの殺人発生率は中南米でも高く、1日平均で18人が殺されている。さらに司法制度が崩壊し、
犯罪の98%は処罰されることがないとされていることから、国連(UN)は2007年に「グアテマラ無処罰問題対策国際委員会(CICIG)」を設立している。
 だがグアテマラの状況はメキシコほどひどくはない。メキシコでは「麻薬戦争」による大量殺害が後を絶たず、
政府が軍による麻薬組織の取り締まりを始めた2006年12月以降、約3万7000人が死亡している。(c)AFP/Edgar Calderon
以上抜粋。
グアテマラもヤバイですが、この事件はメキシコマフィアのものだそうです。

乱射事件中に歌で園児を落ち着かせた教諭を表彰、メキシコ AFP 2011年05月31日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2803308/7284134
5月31日 AFP】メキシコで前週発生した乱射事件のさなか、現場近くの幼稚園で園児たちに歌を聞かせて落ち着かせ、危険を乗り切った教諭が30日、州政府に表彰された。
 事件は27日、メキシコ北東部のヌエボレオン(Nuevo Leon)州の州都モンテレイ(Monterrey)で起きた。この幼稚園の近くのタクシー乗り場で男が銃を乱射し、5人が死亡した。
 この銃声が響いている間、アルフォンソ・レジェス(Alfonso Reyes)幼稚園のマルタ・イベッテ・リベラ・アラニス(Martha Ivette Rivera Alanis)教諭は、
5~6歳の園児たちのグループに歌を歌って聞かせながら、床に伏せさせた。この様子を撮影したビデオがインターネットで話題になった。
以上抜粋。

メキシコのバー乱射で25人死傷、麻薬組織の抗争か 朝日 記事はロイター 2011年7月10日
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201107100002.html?ref=reca

最大のマリファナ畑摘発 広さは東京ドーム25個分、末端価格127億円分 メキシコ 産経 2011.7.15 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110715/amr11071514120013-n1.htm
またか。メキシコ。

メキシコ北部の刑務所で銃撃戦、受刑者ら17人死亡 ロイター 2011年 07月27日
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-22382620110727

米国籍の「14歳の殺し屋」に禁錮3年、メキシコ 2011年 07月28日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2816434/7566899
【7月28日 AFP】メキシコの裁判所は26日、ドラッグ組織のメンバーに代わって4人を惨殺した罪で、米国籍の14歳の少年被告に対し、禁錮3年の実刑判決を言い渡した。
 当局によると少年被告は、2010年にメキシコ南部モレロス(Morelos)州クエルナバカ(Cuernavaca)の橋で見つかった4人の若者のバラバラ死体について、
麻薬密売組織「南太平洋カルテル(South Pacific Cartel)」の代わりに自分が殺したと認めていた。
裁判長は被告に、同州で未成年者に科すことができる最高刑の禁錮3年と、450万ペソ(約3000万円)の支払いを命じた。
以上抜粋。

メキシコ殺害死2割増2.4万人 麻薬抗争激化 10年 朝日 2011年7月30日http://www.asahi.com/international/update/0730/TKY201107300131.html
 最悪を記録したのは北部チワワ州の4747人。治安悪化が著しい同州のシウダフアレスでは、
10年1月と10月に銃乱射が起き、児童ら多数が犠牲になった。警官も多数殺害され、なり手が減っている。
以上抜粋。
というか、メキシコ系のアメリカ国内での犯罪もすごいんだけど、どこか大手メディアさん取り上げないかな。

麻薬抗争のメキシコで記者殺害相次ぐ 避難・出社拒否  朝日 2011年8月2日
http://www.asahi.com/international/update/0802/TKY201108010631.html
 ユネスコによると、今年に入ってメキシコで殺された5人の記者のうち4人はベラクルス州での事件によるもの。
その1人は同州の地元紙ノティベルの警察担当の女性記者、ジョランダ・オルダス・デラクルスさん。
取材に出て行方不明となった数日後の7月26日、首を切断された遺体で見つかった。
6月には同紙の事件・政治担当のコラムニストやその息子の事件担当の写真記者も殺害された。
以上抜粋。
すごいな、メキシコ。

メキシコ北部の町、警官26人全員が辞職 AFP 2011年08月07日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2818635/7610705
 ドミンゲス・ロヤ(Dominguez Loya)町長が4日語ったところによると、「警察官は怖くなり辞職した」。現在、州警察や連邦警察の協力を要請しているという。
 チワワ州には、メキシコで最も治安の悪い都市とされるシウダフアレスがある。また、同州ビヤ・アウマダ(Villa Ahumada)でも2009年に、
麻薬組織によるとみられる襲撃事件を受けて警察官全員が辞職する出来事があった。ビヤ・アウマダには現在、州警察と連邦警察が派遣されている。
 メキシコでは、フェリペ・カルデロン(Felipe Calderon)大統領が2006年末に5万人を動員して麻薬組織の撲滅に乗り出して以降、
麻薬組織が原因とされる暴力事件による死者は4万1000人以上に上っている。(c)AFP
以上抜粋。

メキシコ警察、犯罪集団トップを拘束 900人の殺害に関与の疑い AFP 2011年08月14日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2819926/7628355

カジノ襲撃で40人死亡=メキシコ 2011/08/26 AFP=時事
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011082600377
州当局者はAFP通信に対し、火災は手製の爆弾によって起きたと述べたが、現場にいた目撃者の女性は、
男たちが石油をまき火をつけたと話している。
以上抜粋。
上記の記事と同じ事件のようです。
メキシコ北東部でカジノ襲撃、53人死亡 AFP 2011年08月26日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2822461/7674205
【8月26日 AFP】メキシコ北東部ヌエボレオン(Nuevo Leon)州モンテレイ(Monterrey)で25日、カジノが襲撃され炎上、少なくとも53人が死亡した。
 ヌエボレオン州知事によると、襲撃があったのは午後4時(日本時間26日午前6時)で、2台の車で乗り付けた男6人がカジノに押し入った。
目撃者によると男たちは「全員床に伏せろ」と叫び、その後、大きな爆発が起きて火災が発生したという。
以上抜粋。

前に紹介した事件の続報。
メキシコのカジノ放火事件、警察官1人を拘束 2011年09月02日 AFP 
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2823908/7707570
 当初53人と報じられた犠牲者数は52人に訂正されている。この中には妊婦1人を含む女性42人も含まれている。
ここ5年ほどのメキシコの麻薬抗争をめぐる事件のなかでも、犠牲者が最も多い事件の1つになった。(c)AFP
以上抜粋。

トラックから35人の遺体、メキシコ 2011年09月21日 AFP
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2829667/7808271
【9月21日 AFP】メキシコ東部ベラクルス(Veracruz)州で20日、2台のトラックの中から少なくとも35体の犯罪組織構成員の遺体が発見された。
 州都ハラパ(Xalapa)で記者会見した同州のレイナルド・エスコバル(Reynaldo Escobar)検察官によるとガード下の道路に駐車されていた
トラックから男性23人、女性12人の遺体が見つかった。これまでに身元が判明した犠牲者は全て、殺人、誘拐、麻薬取引などの犯罪歴があった。
以上抜粋。

メキシコ刑務所内で乱闘、受刑者20人死亡 2011年10月16日 AFP
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/
メキシコ北東部タマウリパス(Tamaulipas)州、米国との国境沿いのマタモロス(Matamoros)の刑務所で15日、
受刑者の間で乱闘が起こり、20人が死亡、12人が負傷した。同州公安事務局が声明で述べた。
当局者によると、受刑者2人の間で始まったけんかが、急速に拡大。乱闘を収束するために、州警察官と連邦警察官が招集される事態となった。
国境の反対側には米テキサス(Texas)州ブラウンズビル(Brownsville)がある同刑務所では、過去に何度も脱走事件が起きている。
前年3月には受刑者41人が脱走した。
脱走はメキシコ全土で問題となっている。前年、メキシコ全土で脱走した受刑者は340人に上った。刑務所内部での抗争は絶えず、
また、買収された刑務所職員が脱走に加担しているとの報告もある。
13日には、同国ヌエボレオン(Nuevo Leon)州北東部モンテレイ(Monterrey)の刑務所で、7人が死亡、12人が負傷する乱闘が起きたばかりだった。
以上抜粋。
メキシコすごいな・・・。
続報。
メキシコ刑務所内で乱闘、受刑者20人死亡 2011年10月16日 AFP
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2835246/7936286
【10月16日 AFP】メキシコ北東部タマウリパス(Tamaulipas)州、米国との国境沿いのマタモロス(Matamoros)の刑務所で15日、
受刑者の間で乱闘が起こり、20人が死亡、12人が負傷した。同州公安事務局が声明で述べた。
当局者によると、受刑者2人の間で始まったけんかが、急速に拡大。乱闘を収束するために、州警察官と連邦警察官が招集される事態となった。
以上抜粋。

車3台から男性26人の遺体、メキシコ 2011年11月25日 AFP
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2842501/8127513
 発見された遺体は25~35歳前後とみられ、全員男性で、大半の死因は窒息死だった。裸にされた遺体もあり、
また「ミレニオ(Milenio)」と「セタス(Zetas)」という麻薬密売組織の名前が書かれた遺体もあった。
セタスはメキシコ軍の元兵士らが結成した「殺し屋」組織で、これに地域の犯罪組織ミレニオが最近合流したと報じられている。(c)AFP
以上抜粋。







ウィキ・シュトゥルム
メキシコの動画。
http://www38.atwiki.jp/wrubg/pages/24.html



特集 メキシコ麻薬戦争~死者、既に3万人超~ 時事ドットコム 
http://www.jiji.com/jc/v?p=mdw300_top&rel=j&g=phl


リンク一覧

naverまとめ 誘拐や殺人事件が多発するメキシコ
http://matome.naver.jp/odai/2130828384167477501



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。