乳糖不耐症


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乳糖不耐症

  • 世界全体で乳糖不耐症の素因のある人は約8割に及ぶ。
  • 黄色人種に多く、下痢による脱水症状などが問題になっている。
  • 乳糖を分解する乳糖分解酵素(ラクターゼ)という酵素が不足して起きる。
  • 牛乳で下痢をする等のいわゆる乳製品が苦手な体質の人である。
  • 黄色人種は乳製品が苦手な体質の人が多いのである。
  • 逆に白人(コーカソイド)の発症率は低い。


乳糖不耐症 人種別。

  • 北欧や西欧 10%~15%
  • 東洋人や黒人、アメリカ先住民や地中海の人は 70%~90%


日本人は5割前後といわれている。

すみません。私、沢村が調べ直して書きました。

ウィキリングファミリー内の記事をコピーしていましたが、
南欧の記述のところだけ誤りがあるようだったので修正しました。
記事元も修正しました。
http://www47.atwiki.jp/wikirace/pages/73.html

乳糖不耐症への対処

  • 基本、乳製品を摂取しない。
  • ラクターゼ製剤を服用する。
などが挙げられている。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。