今から当たり前の事書きます。第1回。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今から当たり前の事書きます。では、本来、当たり前で常識なのに、
政治や、利己的な人達によって歪曲されてタブーになってしまった事を書いていきます。
読み流して頂けると幸いです。これは「うそだ」と思われるならそれで結構です。



欧米人の性格・性質と現実。

欧米を擁護しすぎて、欧米人の性格がまったく日本だけ(日本人の脳の中だけ)違うので、ここに事実を書きたいと思います。
欧米人の性格・性質。
  • 自己主張が強い。オレが、オレが。
  • 物を盗む人が多い。非常に多い。
  • 極めてマイペース。
  • あまり協調性がない。
  • 反省しない。
  • すぐに激高する。
  • 喧嘩が非常に多い。なにで怒っているのか分からない。肩がぶつかっただけで、指を指して大声で人を非難する。
  • 殴る時に、何故か体を密着させる。
  • やたらと食べる。
  • きれい好きとは程遠い性質。(ただし世界的に見ると、欧米人はキレイ好き。)
  • マナーを守る人と守らない人に差がある。
    • また、車の運転マナーのみならず、自転車の運転マナーが悪すぎる。ただ、これは日本が良すぎるだけなのかも知れないが。
  • とにかくルーズ。時間通り電車が来ない地域が沢山ある。時刻表そのものが無い地域も多い。
  • 基本、下ネタで笑いをとる。ただ、国によって差がある。
  • 白人の文明以外を見下す。
  • 普段、平気で女性差別的な言い回しの言葉を使う。
  • 白人に七回も物を取られた。(これは友人の話。)
  • 虐待だらけ。子どもに対する虐待だらけ。しょっちゅう逮捕者が出ている。
  • やたらとタトゥー(刺青)を入れている。
  • 頭が良くて紳士的な人と、そうでない人にやたらと差がある。
  • やたらとレディーファースト的な行動をアピールする人達がいる。
  • 女性に対する暴力が多く、危険な状態です。
  • 子どもの誘拐が多い。
  • 数字にあまり強くなく、一桁の足し算でも暗算できない人も多い。(これは批判的な意味でなくて、本当の話)
  • 薬物天国。欧米はマリファナ単純所持OK。欧米では誘われる。やたらと誘われる。
  • 離婚率と再婚率がやたらと高い。
  • イギリスはデモがしょっちゅう行われている。イギリス警察が認知しているだけで、年に一万五千回に及ぶという。
   特殊部隊の「SO19」が鎮圧に当たったりする。暴徒化する事が多く、警察の取り締まりも過激にならざるを得なくなっている。
  • フランスもデモが多く、フランス国家憲兵隊が認知しているだけで、年に一万件以上のデモがあり暴徒化することも多い。
  • ドイツもデモが多く、「GSG9」「SEK」などが鎮圧に当たったりする。ネオナチ暴動や、白人優越主義を叫ぶ行列など。
  • 酒は自制して飲まない人が多い。国によって違いが大きいが。
  • やたらと唾?痰?を吐く。これは体質ですかね?。(最近はそんなことは少なくなったとの指摘を受けました)
    • すいません。白人を擁護しているわけではありません。
      • 「だったらなんで野球のメジャーリーガーはあんなにペッっペッと唾を吐いてるの?」との指摘を受けました。
      • 確かに彼らはそこらじゅうに唾?を吐きます。でもダブー。日本人が擁護します。
  • 食べもしない動物まで猟銃によるハンティングで狩っている。彼らの趣味である。(これに関して他のところにまた書きます。)
  • 銃規制がイギリスを除いて、甘い。また銃の所持率が非常に高い。(これに関しても他のところにまた書きます。)
  • 武器・兵器を作り輸出している企業が多い。「シグ」「エリコン」「ボフォース」「HK」「GIAT(NEXTER)」きりがない。
    • 武器・兵器製造・輸出に関わっている企業だけでもスイスで500社以上。スウェーデンにいたっては700社以上。
    • (スウェーデンは今はそんなにないよとの指摘を受けました)。調べてみます。
    • 日本は猟銃などは一部売っているが。日本の経済が厳しいのであれば、日本も将来的に兵器輸出は仕方がないかも知れない。
  • 欧米は自分達は武器・兵器を輸出しておいて、途上国の武器輸出は批判して規制までしている。
  • 兵役制のある国が多く強力な軍隊と強力な軍事同盟。膨大な兵力と、軍産複合。「北大西洋条約機構(NATO)」「欧州連合戦闘群(EUBG)」など。
    • 自分は「NATO」「EUBG」自体を批判する気はない。日本も見習うべきだと思う。
  • ヨーロッパ人は驚くほど風呂に入らない。四日に一回、五日に一回などは当たり前。特にラテンヨーロッパ。
    • これも日本人の感覚で、必死に擁護している人たちがおり(日本人)、彼らは、「いや彼らは日本人よりキレイ好き」などと言ったりします。
    • あれ、おまえ昔、スペイン人は風呂に入らんから臭いとか言ってたよな!とか言っても無駄です。急に擁護モードになってしまった人たちです。
    • 因みに現地の人たちはそんなことすら気にもしていない。日本人が勝手な自分たちの感覚の理想を妄想の中でヨーロッパ人に当てはめているのであってそれが故の擁護とウソである。

  • 当初、軽く書いていこうと思っていましたが、真面目に深く書いていくことにしました。2011/9/16
  • 記事を追加していきます。



欧米人が人格者に見えるように欧米の都合のいいところだけ報道する。
(日本人に都合が良い訳ではない。欧米人に都合よく)
例え、バランスをとったように見せかける報道だったとしても真実は報道しない。
(批判しているようにみせて実は欧米擁護と賛美)

マスコミがまったく欧米人の性格の悪さを報道せず、
捏造に捏造を繰り返し、擁護、絶賛を繰り返すが故に、
日本人が安心して欧米人に接し、欧米人の被害にあいまくっている。

違いましたね。欧米人はそんな事しませんよね。

血液型占いで全部チャラになりました。

正直、私は今でも欧米人が恐いです。

1人で町を歩くのは危険な地域が沢山あります。
いや、ご存知ですよね。「治安が良い」は、近年血液型占いと供に広まったデマだと。
欧米人の血液型のA型の比率は日本とほぼ一緒らしいが、ある血液型も多いんだよな。
だとするなら、欧米人の自己中心的な性質はその血液型に押し付けて、批判されるとおもったんですけどね。
本来、地域と血液型と国民性なんて言い出したら、真っ先に批判されそうなO型なのに。
都合が悪いとB型やAB型が多いという事にして、尚且つ都合よく自分達の血液型を設定している。人種と血液型を同時に差別。
アフリカもインドも、実際はO型が多い。韓国人はO型が少ないからあんな感じとか批判して、実際はO型だらけという事実。
私は血液型占いは信じていません。でも政治に利用されているのは明白ですからね。
どっちが誠実ですか?と聞きたくなりますね。
嘘だらけで自画自賛して、それを否定すると「細かい」などという族。
さすがO型ですねと。もうこれしかないですね。さすがO型ですねと。
どれだけの嘘をついてきましたか?。

トマスの記事 http://www47.atwiki.jp/wikirace/pages/13.html
なんでしょうか。朝鮮民族がO型が多いという事実が相当都合がわるいのでしょうか。
朝鮮民族はO型が多いのです。南部は少ないです。北部は五割前後O型です。
黄色人種の血液型の現実は、基本O型が五割近くいるということです。
黄色人種は基本O型が多いのです。
それから米国黒人がA型8割と捏造。モンゴル人はB型7割と捏造。
日本のテレビは血液型の比率を捏造するのが好きなのですね。
両方O型の多い民族です。今なら伝わりますか?。血液型占いの信徒の方。
楽しいですか?。都合よく捏造するのは。
黒人差別ですね。モンゴル人差別ですね。
誰が他の血液型に振り分けているのでしょう。
前にも書きましたが
「血液型の比率の捏造は基本、O型にとって都合の悪いものを、他の血液型に振り分けているに過ぎません。
ようは人種差別的な感情を持った人達が、差別の対象をO型以外に振り分けているのです。」と書きました。
これに尽きると思います。
彼らは都合の良いものはO型とします。
2011/7/31
この記事、ここに要るかな?




私は人種・民族によって性格・性質が違うのだと確信しています。というか確信させられました。

彼らの先進性は素晴らしいし、何事にもめげない人が多いのも素晴らしいし尊敬しています。
また、フッションや街の外観・景観に気を配るのも素晴らしいと思いますし尊敬しております。

でも、日本のマスコミが欧米寄りに偏り過ぎてしまいました。それは彼らのせいではありませんが。



最後に


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事のバランスをウィキリングファミリーで話し合って書いています。

※リンク先を変更しました。リンク先のページ更新がなされていないので。“世界の銃乱射事件一覧”のリンクです。といいつつ自分のサイトへ誘導(笑)
このページに貢献してないのにリンクだけ変更してすみません。


この上の記事を書いた矢先の出来事で驚いてます。
イギリス暴動 日本人女性が暴徒に襲われ、軽傷負う

英暴動拡大、初の死者も

略奪、破壊、有色人種に対する暴行もエスカレートしているようです。


















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。