仁志敏久


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仁志敏久 1971年生まれ。元プロ野球選手。
  • 茨城県出身。身長は171cm、体重80kg。血液型O型。

エピソード・人物

  • 野球選手としてはかなり小柄であるが、筋肉質で体格の割にパワーがあった。
  • 仁志の打撃の特徴としては一番バッターとは思えないほど「引っ張り」。長打も多かったのだが三振も多かった。
  • 大きなスイングが多く、打撃が淡白と言われてしまうことも多かった。
  • セカンドの守備に関しては守備範囲は広くないが的確なポジショニングなどで評価は高かった。
  • オレ様的な性格と言われる事が多かった。
  • また、プライドの高い選手で、自信過剰な発言に実力が伴っておらず批判される事も多かった。
  • 元々、自由な性格でズバズバものを言う性格なのでマスコミやファンのあいだで物議を醸す事が多々あった。
  • その言動で「空気を読め」と言われてしまう事も多かった。
  • 2004年あたりからネットやマスコミなどに急に擁護され始めた人物の1人。
  • ただ、元々その性質を評価する者も多かった。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。