ドメスティックバイオレンス 都道府県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここはドメスティックバイオレンス(DV)についてのページです。
「DV」が多い都道府県

日本の47都道府県別人口統計 人口10万人当たり

日本でDVの多い都道府県順
47都道府県中ワースト10
  1. 沖縄県 27.8件
  2. 奈良県 23.4件
  3. 鳥取県 23.0件
  4. 島根県 22.9件
  5. 高知県 19.9件
  6. 和歌山県19.9件
  7. 大阪府 19.0件
  8. 香川県 18.6件
  9. 岩手県 18.6件
  10. 北海道 16.7件

全国平均は11.0件


 配偶者の暴力から被害者を守るドメスティック・バイオレンス(DV)防止法で、
各地方裁判所が出す保護命令の発令件数に大きな地域差があることがわかった。
人口10万人当たりの発令件数で比べると、トップの那覇(沖縄)と最も少ない長野では6.8倍の開きがあった。

 最高裁判所が集計した各地裁の保護命令に関するデータと総務省の都道府県別人口統計(08年10月1日時点)
をもとに朝日新聞が分析した。法施行後の01年10月から今年3月までに、
全国の地裁が発令した保護命令は合計1万4024件。人口10万人当たりの全国平均は11.0件だった。
以上抜粋。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。