※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鶴見埋築組合


浅見総一郎や安田善次郎などを中心にした京浜工業地帯を作った私設組織。
組織立ち上げ時点で明治45年って結構古いんだなぁ。
鶴見・川崎の海岸延長2500間(4.5km)、幅800間(1.4km)、面積150万坪の埋立計画ですね。
多摩川関係の工事と連動してたって聞いたことあるけどこれかな?

で、大正2年に着工、鶴見埋築株式会社と改称。
昭和2年に完成したようです、浅野セメントや日本鋼管、浅野造船所などが中核となり、京浜工業地帯として発展。
JR鶴見線の駅の名前としてこの辺の人の名前が残ってるってのが案外一番聞くかも。