東郷美森※3週目

■簡易プロフィール
 学校:讃州中学2年 勇者部:サイバー担当 誕生日:4月8日 身長:158cm
 趣味:菓子作り 好きな物:うどん



■概要

現在は東郷美森と名乗っているが、二年前は鷲尾須美と名乗り
天乃や乃木園子、三ノ輪銀と共に、結城世代(本編開始)の一代前(鷲尾世代)の勇者として
バーテックスと戦っていたが
その際に天乃と同じく両足の機能を失ったほか
天乃達と過ごした二年間の記憶を失っており、何も覚えていない

鷲尾時代は天乃に関して【能鷹は爪を隠すだけだからまだ楽だと思える人】と評しており
天乃に対する態度は少々諦め混じりなことが多かったが、信頼はしていたし、好感度は激アツだった と、S.Nさんは語る
現在では、大人であり子供であり相手に対して変幻自在のカメレオンと言っているとかいないとか
それでもやはり、信頼はしているようで、二年間の付き合いは友人としてそこそこうまくいっているが
天乃が誰かと交際したりすることに関してやや否定的で気になってしまうくらいには好感度も高い
四月、天乃が自分に対しても好感を持たれることを意識しだした影響か、【体での接触を実演していた】というなど
友人の枠に亀裂が入ってしまったが、4月中は特に行動に起こすことはなかった

5月に入り、夏凜が友奈を傷つけたことに憤りを覚えたが、それ以上に
自分よりも過剰な処罰を与えようとする天乃が心配になり、ストッパーになろうとするが、失敗
天乃は最終的には落ち着いて対応(?)してくれたものの、過剰防衛によって天乃が周りから敬遠されないかと心配していた
夏凜に関しては、当初三好さんと読んでいたが、次第に打ち解けたようで、いつの間にか夏凜ちゃんと呼ぶようになっている

天乃が戦闘によって意識不明になり、その理由や体のことを話されたことで
自分自身の体もまた、それ(満開)が理由なのではないかと推測
天乃に自分が二年前には【鷲尾須美という少女で、勇者だったこと】を聞き、神樹様への信仰心を損なってしまった東郷は
その翌日に天乃の元を訪れるが、そこでさらに深刻な事態であること知った東郷は
天乃が何のために戦うのか、なぜ戦うのかを聞き、その危うさを再認識して止めようとしたが失敗し、
自分もまた、変わらない(天乃の為の行動をする)ことを告げた

友奈が模擬戦を中断されて挫けた際に、天乃と友奈両者の中で揺れ動く姿を見せることから
同等に親しく思っていることが伺える