天乃のクラスメイト※3週目

■概要

讃州中学3年、天乃と風、沙織のクラスメイト
外見に比べて個性的な子も居り、男女問わず天乃をアイドル化している
全員ではないが、数人は1年生の頃からクラスメイト
天乃の両足や左目の機能不全がお役目に絡んでいることもあり
神樹様への信仰心こそ、損なわれてはいないが不信感は募っており、7月。耐え切れずに反発を起こしている


■セミロングの女子生徒

赤茶髪を首を隠す程度に伸ばしている。髪色は地毛で瞳の色も同じく赤茶に近い色
視力はともに2.0で、特技は運動 好きなのは甘いもの。(曰く甘味物とうどんは至高の一品)嫌いなのは課題(勉強は普通)

後述の天乃大好きっ子の幼馴染で天乃とは3年間同じクラス
運動部系の家の子で、女子生徒自身も陸上部に所属しており
本気を出せば夏凜にも引けを取らない
勉強に関しては平均的だが社会系が苦手で、テスト時はいつも幼馴染の手を借りている

運動部系でありながら、情熱的ではなく真逆に冷静で天乃に関しても冷静に分析している
天乃のことは基本的に久遠さんと呼ぶが、くーちゃん。という呼び方も備えている

■眼鏡の女子生徒

髪色は黒く、肩の辺りまで伸ばし、
三つ編みと巻き上げ、ストレート、ポニーテールをランダム(起床時間の奇数偶数等)で決めている
眼鏡をしてはいるが、ダテメガネ。左右1.0。
付けているのは文学少女で知的見えるから。
特技は勉強と天乃を見つける事。好きなのは甘いものと天乃とうどん。嫌いなのは辛い物

セミロングの女子生徒とは幼馴染で、天乃とは3年間クラスメイト
初登校の時点で天乃に一目ぼれしているが、恋愛的な意味ではない。と自称しているが不明。
子供の頃に父親の激辛カレーをつまみ食いしたことで辛い物がトラウマであり、大の苦手
ただし、天乃からもらう一口だけは無関係に美味しく食べる。(曰く愛の力は無限大)

勉強は得意だが天乃には勝てたことが無く、常に2位の位置
それでも、一部は満点での同率であり、特別劣っているわけでもない
本人的にはそれで満足だというが、天乃以外の誰かに抜かれる事だけは許せない

セミロングの子とは対照的に勉強が出来る割にアクティブで感情的
運動音痴ではあるが、体力は十分にあり持久走だけは上位に滑り込む実力者。(シャトルランは必ず転んで終わる)

天乃のことはあまのん。あーちゃん、くーちゃん、のんのん等。あだ名で呼ぶ