『剣と花』その剣で守るのは、国か、愛か


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高句麗時代の許されざる恋と権力闘争を描く最新作
オム・テウン主演 韓国版『ロミオ&ジュリエット』

高句麗王家に生まれた誇り高き姫ソヒと、ヨン・ゲソムンの子チュンが織り成す、切なくて激しく、そして尊い愛。逃れられない血の繋がりに苦しみながらも、愛する人の敵となったのちも一途な想いを胸に行動する。ストイックで崇高な愛を演じたオム・テウンの慈愛と悲しみに満ちた眼差しから目が離せない。

和平か戦か―。隋を倒した唐が、東アジア全域への勢力拡大を目論んでいた642年。建国600年を誇る高句麗は、揺れていた…。時代劇ファンにはお馴染みの武将ヨン・ゲソムンが、王や貴族ら100人あまりを殺害した政変を軸に、対立する2大勢力の