※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.




プレイヤーの名前:真衣 優夢

キャラクターの名前:オットー・アスコラン(NPC)

年齢:23歳

性別:男

種族:人間

職業・なりわい:自称・天才発明家。腕のほどはいろいろ紙一重。

誕生月:7月 青馬の月

第一印象:ぼさぼさ頭の変人

外見的特徴・ヴィジュアルイメージ:研究の際に白衣を着ることがあるが、最近面倒になった。
 いつもかけているモノクルは、たぶん何かの発明品。
 ぼっさぼさの銀髪は寝癖でいつも爆発している。


性格:テンションが高く明るくぶっ飛んでいる。
 実のところは人情かで涙もろい。

一人称・二人称・話し方: 一人称 … オレ  二人称 … あんた、お前
 語尾に「~だぜ!!」がつく。かなり変わったしゃべり方。

所持能力:
  • 1.「発明するぜ!!」 64ポイント(天才)
 なんだか分からないアイテムを突如作成、完成させてしまう。
 天才となんとかは紙一重。
 (NPCならではの特殊技能。PCの補佐的にアイテム作成をします)

  • 2.「オレは天才だぜ!!」 36ポイント(エリート)
 自分の行動成功率が笑っちゃうほど上がる。
 もちろん、発明関係の時しか発動しない。
 彼が、トンデモな理論でトンデモな物体を完成させられる奇跡はここから発生しているのではないだろうか。

残り  0ポイント

大切なもの:双子達。発明。アイデア。

詳細設定:自称天才発明家。
 アイデアが降ってくると突然アイテムを作り始める。
 かなりの変人。天才と言っていいのか微妙だが、斜め上の意味で天才。
 作るアイテムのほとんどが、ヴィジュアルにすさまじい欠陥があるが、本人はそれを芸術的に見事だと信じている。
 美学のセンスが、一般人とは次元レベルで異なっているようだ。
 彼の発明が日常使用に適しているかはかなり微妙。
 彼の家の床に転がる、「一見ふつうの日用品」は非常に危険。
 特に「炊飯器」を見つけたら、決してフタを開けないほうがいい。

 どうやら海外の貴族で彼の発明のファンがいるらしく、生活は潤っている。
 発明品の一部は、玄関先にボードを置いて一般販売している。

 「人形に精神を与え、その成長過程を観察する」という研究の際、「ヴィオ」という少年の人形、「ルーチェ」という少女の人形(精神は同時に生み出したので双子)を作り出している。
 人形達からは父親として慕われ、本人も双子をかわいがっている。
 もはや初期の目的、研究は忘れ去っているようだ。
 双子には親バカな面もあり、もはや実の子ども同様の思いを抱いている。
 あまり知られていないが、かなりの人情家。

 数日放っておくと、部屋が壊滅的に散らかっていることがある。
 もはやこれも才能。
 人形双子達が頑張っているが、あまり追いついていない。