※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.




プレイヤーの名前:真衣 優夢

キャラクターの名前:ベネディクト・バークマン

年齢:28歳

性別:男

種族:人間

職業・なりわい:教会の神父

誕生月:3月 桃兎

第一印象:おっとりさん

外見的特徴・ヴィジュアルイメージ:金髪にペリドットカラーの瞳。
肉体的視力はちょっと悪く、眼鏡をかけている。(外してもある程度見えるが、乱視がひどく、お月様がUFO大軍の襲来に見えるらしい)
優しい微笑みを絶やさない。
神父の服がもはや普段着で、いつも黒い神父服。

性格:見た目通りのおっとりさん。

一人称・二人称・話し方:「私」「あなた」「~さん」「そうですねぇ」丁寧で優しく、のんびりした口調

所持能力:
  • 1.神学知識 25ポイント(得意)
神学校で学んだ神学の知識。神への祈りの言葉、結婚や葬儀の正しき進め方など、ひととおりの神父に必要な知識を所持している。
神学校時代の成績も中の中だった。かなり普通な感じ。

  • 2.神の眼 71ポイント(超人)
能力名は「眼」となっているが、実際は五感。
神や精霊など、本来ヒトには見えない存在を、あたりまえのように見ることが出来、感じることが出来、話が出来る。
(この能力は肉体の視力と全く連動していないので、眼鏡を外してもハッキリ見える)
見えない世界の方がベネディクトには未知。自分にとってはすべてが見えて当然なので、子供の頃は迫害も受けた。
時折、空中とお話ししているので、変な人と思われることも。
神の加護、神や天使、精霊などの血を引く存在も、ベネディクトは当然のように「見えて」いるので、隠すことができない。
相手が隠していても、ベネディクトはつい口にしてしまう。
この能力は、ベネディクトが純潔である間しか所持することは出来ず、純潔を失えば消失する。
ちなみに、この能力があるからといって、特別に加護を受けているわけではなく、運がいいわけでもない。
「見える」だけのただの人。

残り 4ポイント

大切なもの:信仰 神の存在 街の人の笑顔

詳細設定:生まれた時から、神や精霊といった存在を見る能力を身につけていた。
両親は普通の人間だったため、彼だけの突然変異と思われる。
幼少期は異端視され、両親にも気味悪がられ、3歳で教会の前に捨てられる。
しかし、彼の周囲にはたくさんの精霊がいて、教会の中では神が手招きしていたので、彼自身は、親に「ここに行け」と言われたのだとずっと勘違いしていた。
教会で保護され、育てられるうちに自分が捨てられたことを知り、苦悩と葛藤の日々を送る。
自分の目を呪った時期もあったが、神から「その目が映したものを疑ってはならない」と告げられ、神の天啓に従うことを決意。
両親を許すことは出来ないが、そのおかげで神により近い場所にたどり着けたと考えられるようにはなった。
神学校卒業後、23歳でガーディアスに赴任。当時、神父がおらずシスターだけで運営していたガーディアスの教会に住み込みで働いている。
基本的に、天然気味のおっとりさんで、来る者は拒まない。
神が実際に見えるために、逆に偏見がなく、他信仰多宗派を受け入れることが出来る。
祈りたいと言えば、異界の神であっても祈らせてくれる。
「だって、神はそこにいらっしゃるのですから(にこり)」