※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

くまさんとねこさんのおはなし (2013年 7月)



 ある夏の日。

  ギーレンは、「大きな仕事」から途中で身を引き、街の皆に命を救われた。
  その後、ギーレンは、とある財閥の令嬢のボディガートをすることになった。


  令嬢とギーレンが、前途を祝してビールを乾杯しようとしていた時。
  女装姿のローズも、偶然、酒場に居合わせていた。


ローズ(女装):(うわぁ、あの人カッコイイ!女性の方も綺麗……初めて見る人たちだなぁ)
 あ、セリーナさん。
 ブルー・ムーンをお願いします。(頼みつつ、ギーレンと令嬢を横目で見る)


  令嬢はローズに気づき、一緒に飲みますか、とローズを誘った。


ローズ(女装):えっ!
 良いんですか?お祝い事のようですが…。(迷うように尻尾が揺れる)


  祝い事だからこそ、人数は多い方がいいと令嬢はローズに微笑み、名乗って握手を求めた。


ローズ(女装):では、ご一緒させて頂きます(二人ににこりと微笑む)
 ローズ・グレナデンと言います。こちらこそ、宜しくお願いします。(令嬢の手を取り握手を)
 あ、後…こんな格好ですが、男です(苦笑)


セリーナ:どうぞ、ブルームーンでございます。(ローズの前に出す)


ギーレン:へえ。そこらの女より美人だぜ。
 耳と尻尾は自前かい?
 俺はギーレン。よろしく頼む。
 このお嬢さんの護衛役だ。


ローズ(女装):(セリーナに)ありがとうございます。
 (ギーレンに)あ、ありがとうございます///(赤くなりつつ)
 はい、黒猫なんです。(耳とパタパタと動かし、尻尾をゆらりと揺らしてみせる)
 護衛…ですか、…ってことはこの方は何処かのご令嬢?


  彼女は、世界に名の知れた財閥の跡取り候補なのだという。


ギーレン:黒猫さんか。こりゃまたかわいいな。(大きな手で頭をなでなで)
 …おっと失礼、子供みたいなことしちまったな。


ローズ(女装):わわっ…いえいえ、撫でられるのは好きなので///
 (うわぁ、手ぇ大っきい…)
 次期当主!…凄い方なんですね〜(綺麗な子だもんなぁ)
 ご一緒できるなんて嬉しいです^^


ギーレン:こいつは…まあ、お偉いさんなのは確かだ。
 たとえそうでなくても、雇われた以上、全力で守るけどな。(笑顔)

 じゃ、乾杯しようぜ。
 出会えたことに感謝する。


  乾杯する三人。
  どことなく、ギーレンが「先日起こった大事件」の関係者ではないかと推測するローズ。
  ギーレンはそれに気づき、隠す素振りを見せずにさらりと告げた。


ギーレン:(ローズに)どうした?
 …そっちが言わないなら先に言っちまうぜ。
 俺は、この前の事件で、多くの人間を傷つけた敵だ。
 薬屋と病院には詫びに行ったが、全員が許してくれたとは思っちゃいねぇ。
 …悪人だぜ?(笑)


ローズ(女装):(ギーレンに)そうだったんですね…でも…皆さん無事だし。
 …人には色々事情があるものですし、私にはギーレンさんは悪人に見えませんよ。


ギーレン:(ローズに)ここの街の奴ぁ、ちぃとお人好し過ぎやしねぇか?
 みんなして、そんなことを言いやがる(ため息)
 立派な悪人と呼んでいい経歴してんだぜ?
 …まあ、猫はそういうのを察知するらしいから、ローズが俺を怖がらないならいいのかもな。(頭なでなで。さわり心地良かったらしい)


ローズ(女装):(ギーレンに)この街は素敵な人が多いんですよw
 それと…私だってあまり誇れる経歴ではありませんから(^_^;)
 (撫でられつつ)んぅ…ゴロゴロ…(尻尾が左右に大きく揺れる)


ギーレン:(ローズに)この街は、ちょっと居心地がよすぎらぁ。
 あと、美人さんの経歴は、気にしねぇタチでな。
 (ゴロゴロいうのがかわいくて、まだ頭をなでている)


  撫でられているローズの姿が、令嬢には少し羨ましかった。
  気づかないうちに、令嬢は、ギーレンに恋をしていたから。
  しかし、ギーレンにとって、令嬢は雇い主で、妹のような存在であり、恋愛対象ではなかった。


ローズ(女装):お仕事ばかりでは大変ですからね。
 ガーディアス港の近くには綺麗な砂浜がありますし、商店街も賑やかで楽しいですよ〜
 後、私が働いてるバーもあるので息抜きがてら寄って見て下さいな^^
 う〜、ゴロゴロ///…(び、美人!?///…撫でられると喉鳴るのが止まんない(^_^;))


  支える覚悟を笑顔で示すギーレンと、それに安堵する令嬢の姿もまた、ローズには眩しく見えていた。


ローズ(女装):(ギーレンと令嬢を見て)なんだか素敵ですね…


ギーレン:あー、優しいだの、悪い人には見えないだの…。
 本当に、この街に来てから調子狂うぜ…。(頭かしかし)


ローズ(女装):この街はなんだか皆さん暖かいですよね。
     そのうち慣れますよw


ギーレン:(ローズに)慣れる…か。ちょっと怖ぇな。
 吹雪の中みてぇなところにずっといたからな。
 暖かい場所なんざ、うまく想像できねぇよ。
 いや、慣れてない分、くすぐったくて居心地悪ぃ(笑)


ローズ(女装):(カクテルを一口)ふふ、最初はそんなものですよ。


ギーレン:最初は、か…。
 慣れるもんなのかねぇ…。
 場に慣れるのは、仕事柄早いほうだが、こう居場所があったけぇとペース狂うぜ、マジで(笑)


ローズ(女装):この街…猫の私には暖かくて心地いいですw
 ペースなんて崩されてなんぼですよ?(冗談っぽく)


  酒に酔ったのか、ふらつき始めた令嬢をギーレンが慌てて支えた。
  周囲の客も、ギーレンと屈託なく話している。
  ローズは、ギーレンを「本当に優しい人だ」と思った。


ギーレン:(令嬢に)こりゃ、連れて帰ったほうが良さそうだな…。

 ローズ、飲みに付き合ってくれてありがとうな。
 バーに勤務してるって言ったよな?また寄らせて貰うぜ。

 よっこいしょ、と。(令嬢を軽々とお姫様抱っこ)


ローズ(女装):はい、お待ちしてます♪
 お仕事の合間にでも是非。
 私こそ、誘って頂けて嬉しかったです^^(撫でてもらえたし///)


ギーレン:じゃあな。他の皆も、またな。

      軽く手を振って酒場を出て行く。移動。


ローズ(女装):(手を振り替えして見送る)
 …はぁ;(あんな綺麗な子…勝ち目ないし……今回の恋もダメなのかなぁ……)(しゅんとしつつ、カクテルを飲み干す)


  ローズは、今まで何度も失恋経験があった。
  好きになった人は、皆、離れて行ってしまう。
  それに……「女の子にはかなわない」。


セリーナ:でも、あのギーレンさんって人…本当に、敵だったんですか?
 全然そんな風に見えなくて、明るいから…。


ローズ(女装):信じがたいですよね。
 …優しそうだったし、気さくだし。


セリーナ:はい。だから…あんな怖いことに関わってたのかと思うと、不思議でならないんです…。


ローズ(女装):そうですねぇ…
     何か他ならない事情があったんですかね…;


セリーナ:よし!今度聞こう!
 ローズさん、お願いしますね(ウインク)


ローズ(女装):ふえっ!私が聞くんですか!?(あたふた)


セリーナ:そうですよ~?(笑)


ローズ(女装):でも…聞かれたくない事とかだったら…とかって考えちゃいますっ(^_^;)
 ギーレンさんを困らせたくないし……(なんだかんだで気になりますが…)


セリーナ:もし聞かれたくないんだったら、あんな風に自分から「敵だった」なんて言わないと思うんですけど…。
 普通隠しますよね?
 だから大丈夫!(^^)


ローズ(女装):うぅ…確かにですね……
 じゃ、じゃぁ、今度あった時に聞いてみます!


セリーナ:私もホントに興味あるんで、お願いしますね(^^)


ローズ(女装):さて…私は一度帰って、出勤準備でもして来ます。
 (セリーナに)もし聞ける機会があれば、聞いてみますね!
 では、ごちそうさまでした〜

  カクテル代を払って酒場を出て行くローズに、セリーナはにんまり笑った。
  恋話が大好きなセリーナ。
  思いっきり、ローズを後押ししたのだ。


  それからしばらくして。
  ギーレンが、ローズの勤務する「Ber・Cattleya」(バー・カトレア)に立ち寄った。


ギーレン:こっちのバーにも、寄ってみたかったんだよな。
 洒落た内装だな。…俺ぁちょっと場違いか?


ローズ(女装):ようこそ、バー・カトレアへ〜。
 って、ギーレンさん!(ギーレンを見つけてかけよってくる)


ギーレン:おう、ローズ。確かお前、ここで働いてるって言ってたろ?
 ちょいと覗きに来たぜ。
 大男にゃ可愛すぎる店だが、一杯いけるか?


ローズ(女装):来て下さったんですね!嬉しいです!
 ぜひ飲んでいて下さい♪(ギーレンを席に案内する)


ギーレン:ありがとよ(笑う)
 強めの酒を頼めるか?なかなか酔えないタチでな。


ローズ(女装):かしこまりました^^
 少々お待ち下さいな(にこりと笑ってから席を離れる)


ギーレン:こんなに可愛い店とは思わなかったぜ^^;
 まあ、目の保養にはいいがな…。


ローズ(女装):お待たせしました。(琥珀色のカクテルをトレーに乗せ戻ってくる)
 強めのお酒、という事でバーボネラをお持ちしました


ギーレン:さすが、酒も洒落てんな。
 ありがとよ。(ローズの頭をなでなで。猫耳が可愛いらしい)
 この店は、店員も一緒に飲んで話せるタイプか?


ローズ(女装):えへへ///(撫でられ嬉しそうにしながら、尻尾が揺れる)
はい、…ご一緒しても良いですか?


ギーレン:さすがに、ここに一人でぽつんといると、大男は肩身が狭い。
 いてくれると助かるぜ(苦笑)

    バーボネラをくいっと飲み、美味しそうに目を細める


ローズ(女装):(美味しそうに飲んで…かっこいいな〜)
 では、(魔法でポンッとキールを出して)
 あの…ちょっとお聞きしたい事があって…良いですか?


ギーレン:ん?何だ?


ローズ(女装):その…ギーレンさんは、どうしてあの事件に関わったんですか?(少し不安そうにギーレンを見つめる)


ギーレン:ああ…。まあ、そりゃ気になるよな。
 かまわねぇぜ。隠してる訳でもねぇ。
 …金が欲しかった。それだけだよ。


ローズ(女装):…お金が必要だったんですか?


ギーレン:故郷に、親のないガキがたんまりいる場所があってな…。


ローズ(女装):!
 ……じゃあ、その子達のために…。


ギーレン:俺もそこの出身だからな。恩返しのような…まあ、そんなもんだ。
 ガキはどんどん増えてくから、いくら稼いでも追いつかねえのなんの(笑)


ローズ(女装):…そうだったんですか。
 誰かのために動けるって…素敵だと思います(やんわりと微笑む)


ギーレン:そんないいもんじゃねぇよ。
 前回の仕事は、人さらいに人殺しの手伝いだ。騎士にしょっぴかれて当然の男だぜ?
 汚れ仕事は、割りがよかったからな…。


ローズ(女装):たしかに汚れ仕事だけど…
 ちゃんと善悪の区別がついていれば、良いんじゃないかと思います


ギーレン:区別してる…って訳でもねぇな。本当に金が目当てだった。
 ローズ。お前さんは、俺を責めねぇのか?
 お仲間を傷つけたのは俺だぜ?


ローズ(女装):(一瞬きょとん、として)
 そんな事…考えても無かったです。
 皆さんが無事だって聞いて安心してたので、原因とか…そう言うのは頭からすっ飛んでました(^_^;)


ギーレン:(驚いた顔をして)…っく、はははは!
 何だよほんとに…。この街はお人好しの集まりなのか?(ローズの頭をなでなでなで)
 ありがとうな…。
 罵倒されて当然の俺でも、やっぱ…ホッとすらぁ。


ローズ(女装):ふふ///(撫でられてゴロゴロしつつ話す)
 それに…あの事件がなかったらギーレンさんに会えなかったですしw


ギーレン:まあ、確かにそうだな(ニカッと笑う)
 本当は…でかい金額で請け負ったんで、前回のアレで死んでもいいと思ってた。
 なのに、よってたかって俺を生け捕りにしやがってよ(笑)
 今を生きてることを…お前さんのお仲間に、感謝してる。

ローズ(女装):皆さん、優しい方達ばっかりですからねw
 私も皆さんに感謝しなくちゃ(ギーレンを見つめて微笑みながら)


ギーレン:お前さんをはじめ、本当、お人好しだらけだよ。ここは。(くいっと酒を空け、優しく笑う)


ローズ(女装):(一口飲み)ふふ。
 あ…どうされます?もう一杯飲まれますか?


ギーレン:ああ、もう一杯頼む。
 ここの酒は美味いぜ。


ローズ(女装):ありがとうございます^^
 同じの?それとも違ったものがよろしいですか?


ギーレン:また違った味だと嬉しいなぁ。
 混ざると酔いやすいしなw


ローズ(女装):なるほど、
 では少々お待ち下さいな〜♪


ギーレン:たまには、ちょっと酔ってもいいか…。


ローズ(女装):お待たせしました。
 イエーガー・シューターになります。


ギーレン:(一口飲んで)ほう、こいつも美味しいねぇ。
 後味の苦みが悪くない。
 腕のいいウエイターだぜ?


ローズ(女装):えへへ///
 ありがとうございます。


ギーレン:…ローズの辛い過去ってのは、何だ?
 この前、チラっと聞こえたのが気になってな。


ローズ(女装):え…。
 そうですね…辛いというか…なんというか…。
 私、結構夜遊びが酷かったんですよ…。


ギーレン:夜遊びくらいは、そこまで気にすることじゃないと思うが?
 何か、胸につっかえるようなことがあるのか?


ローズ(女装):…奥さんのいる人と…とか。
 一晩だけとか…。
 寂しさを紛らわすために…色んな人に相手をしてもらってたんです…。


ギーレン:…そうか。(ローズの頭をぽんぽん、なでなで)
 お前さん、よっぽどさみしかったんだな…。


ローズ(女装):結構一人でいる事が多くて…。
 誰かに愛されてるって実感が欲しかったんです…。


ギーレン:一人の孤独、分からなくねぇぜ。
 でも、そういう愛され方じゃ、本当の満足はできなかったろ。


ローズ(女装):…はい。
 だから…今も自分を磨いてるんです(苦笑)


ギーレン:(ぐいっとローズを抱き寄せる)
 (ローズに顔を近づけて)お前さんは、可愛くて美人だぜ?
 自信持てよ。そのままでも、お前さんは愛される資質が十二分だ。

ローズ(女装):わっ////
 ギーレンさんにそう言って頂けるなんて…嬉しいです。
 (ギーレンを熱っぽく見つめ、うっとりと微笑む)


ギーレン:(額に軽くキス)…危ねぇ危ねぇ、もうちっとで唇にしちまうところだった(笑)
 そんな顔されたら、たいていの男はドキっとするぜ。
 ホントに自信持てよ?
 昔なんざ気にするな。俺だって、夜遊びの経験なら負けねぇ(笑)


ローズ(女装):ん///(額…でも嬉しい…)
 惑わされてはくれないんですね。
 ギーレンさんのお相手をした方が羨ましいですw


ギーレン:(ローズに)ははは、俺はわりと本気になっちまうタイプでな。
 惑わされたら、一晩で終わりって訳にはいかねぇぜ?(軽く笑う)


ローズ(女装):そうなんですか?
 …ますます羨ましいですよ(艶っぽく微笑む)


ギーレン:口説かれ上手は好きだぜ?


ローズ(女装):特定の人がいない時は、だいたいのお誘いに答えてきましたが…どうなんでしょう?(軽すぎる…かな…)


ギーレン:オトナの社交辞令って奴だろ?


ローズ(女装):ギーレンさんって…懐の広い方なんですね(ギーレンを見つめ微笑む)


ギーレン:(ローズに)誉めすぎだぜ。
 なんでもイケる悪食と、懐の大きい賢者を一緒にしちゃいけねぇ。
 俺は、相手を気に入ったら、酒の肴くらいなものにしか思わなかった過去があるだけだ。
 今どうあるか、が一番大事だろ。


ローズ(女装):確かに、その通りですね。
 でも悪食であれ…ギーレンさんは私からしてみれば魅力的な方ですよ?(冗談っぽく笑う)


ギーレン:(ローズに)ははは、口説き返しか?嬉しいねぇ。
 さっきも言ったが、俺はお前さんみたいなのは好みだぜ。(同じく冗談っぽく笑う)


ローズ(女装):(ギーレンに)好みだと言って頂けると…引くに引けません///
 私にとってもギーレンさんはドストライクですから、口説き返しくらいしますよ。


ギーレン:(ローズに)お前も変わってるなあ(笑)
 悪人だって言ったはずだぜ?(ローズの頭をなでりなでり)
 昔から…猫は好きなんだよ。


ローズ(女装):どんな経歴であれ…私を好いてくれるのなら拒みません。
 んぅ……(気持ち良さそうに撫でられている)
 …飼ってみる気はありませんか?


ギーレン:(ローズに小声で)それ以上は…また後でな。


  ギーレンは、本当はその場で返事をしたかったのだろう。
  しかし、偶然にも、令嬢の弟が同席していた。
  仕事とプライベートを混ぜたくないという理由で、ギーレンは後で返事をすることを約束した。


ローズ(女装):はい、お返事は…頂けるのならいつでも構いません。(やんわりと微笑む)
 (良かった。はぐらかされちゃうかと思ってたけど…やぱり優しい人だなぁ…少し困らせちゃったかも…)


ギーレン:(支払いはここに置いとくな。釣りはいらねぇから。
 じゃあな、ローズ。また…な?(笑顔)


ローズ(女装):いえいえ、お金は大切にしてくださいな。
 (さっと勘定をし、おつりをギーレンのポッケへスッと入れる)
 はい、ギーレンさん。…また今度(微笑む)


  ローズは、胸が高鳴るのを押さえきれず、仕事上がりにセリーナのいる酒場を訪れた。


ローズ:どうも〜。
 セリーナさん、オレンジジュースをお願いします


セリーナ:ローズさん、お疲れ様です。
 仕事上がりでしょう?(オレンジジュースを出す)


ローズ:はい、そうです〜。ありがとうございます。(一口飲み

    そうそう、ギーレンさんとお話しできましたよ!


セリーナ:えっ!?お話しできたんですか!!
 ど、どうでした?(ドキドキ)


ローズ:故郷の親のいない子達のために、お金が必要だったみたいです。


セリーナ:…やっぱり、あの人、ホントはいい人だったんですね。
 なんだかすごくほっとしました。


ローズ:私もです^^
 あぁ〜、なんだか今日は凄くドキドキしっぱなしでした(苦笑)


セリーナ:で、どうですか?ギーレンさんとの仲、進展しました?(期待の眼差し♪)


ローズ:うぅん…そうですねぇ…結構ガンガンいってしまったような気もしますが…。
 今はお返事待ちです///


セリーナ:ガンガン行くのが恋愛の基本ですよ!
 お返事待ち…いいお返事だといいですね(^^)


ローズ:(先日のやり取りを思い出して赤くなる)いい雰囲気には…なれた…かな?
 お返事次第ではありますが…////


セリーナ:ローズさん、顔が赤いです♪
 私、応援してますからね!


ローズ:わわっ、赤いですか?///
 セリーナさん、ありがとうございます!頑張ります^^


セリーナ:願えば叶う!ですよ(^^)


ローズ:ふふ、願えば叶う…ですか
 素敵な言葉ですね♪


  しばらく談笑していると、ふと、こんな話になった。


セリーナ:あー、私、貴族じゃなくてよかったなー、ってたまに思います。
 自由に生きたいですよね~?


ローズ:そうですねぇ〜。
 でも、……誰かに縛られるのも悪くないかも…なんてw


セリーナ:ギーレンさんとか?(くすくす)


ローズ:はい////(頬を真っ赤に染める)


セリーナ:ローズさんかわい~い♪///


ローズ:うぅ///(真っ赤になりつつ耳をぺしょりと伏せる)
 ずっと一人だったから…誰かに寄り添っていたいんです!///



   それからしばらくして。
   ギーレンは、仕事が休みのローズを誘い、セリーナのいる酒場に寄った。


ギーレン:近いと助かるな。まだ、この辺に慣れてないからな^^;


セリーナ:いらっしゃいませ!(にっこり♪)
 あ、ローズさんと…ギーレンさん!(心の中で応援!)


ギーレン:(テーブル席で)一杯頼めるか?
 俺はウイスキーで。


ローズ:セリーナさん、こんにちは〜。
 僕はキールをお願いします。


セリーナ:はい、かしこまりました。
 バランタイン12年と、キールでございます。


ギーレン:休みの日なのに、呑みに付き合わせて悪かったな。
 ありがとよ。(笑顔)


ローズ:いえ、…呑みに誘って頂けて嬉しいです///(赤くなりつつ微笑む)


ギーレン:だったらよかったぜ。あそこでお前さんに会えなきゃ、帰ろうかと思ってたしな(笑)


ローズ:そうだったんですか?
 …なら、尚更嬉しいです(照れたように微笑む)


ギーレン:…(ふと、ラッピングされた小箱に気づく)ん、買い物帰りか?


ローズ:あぁ、はい。
 綺麗な色のグロスだったので買っちゃいました。


ギーレン:…(何故か少し苦笑い)そうか。
 そういや、メイクを落としたお前を見るのは今日が初めてか。
 こっちも可愛いもんだな。


ローズ:…?
 お仕事の時はいつもメイクしますからね…
 か、可愛いですか?///(嬉しい…///)


ギーレン:どっちかというと、今の姿のほうが好みかもな?(くすっと笑う)


ローズ:(顔を赤くしつつ)本当ですか?…そう言って頂けると嬉しいです////


ギーレン:(頭なでなで)バーで言ってた言葉…。
 ありゃ、客へのリップサービスか?それとも…?


ローズ:…リップサービスなら、あんなに躊躇いません。
 ……心からの言葉…ですよ…。
 (少し不安そうな顔でギーレンを見つめる)


ギーレン:…だったら、俺も安心した。(微笑む)


ローズ:それって……(僕のことどう思ってるんだろう…)


ギーレン:今日バーに行ったのはな。「猫を飼おう」かと思って、だ。


ローズ:!
 ……飼って…頂けるんですか?


ギーレン:しかしな…。
 俺は仕事で、仕事先に住み込みだ。
 休みもなかなかねぇし、不定期だ。
 家で飼えねぇなら、猫の巣におじゃますることになるんだが…どうだ?


ローズ:お仕事が護衛だと聞いたときから、その辺は承知してました。
 僕は、アパートで一人暮らしですから
 我が家ならいつでも来て大丈夫ですよ。


ギーレン:じゃあ、決まりだ(ニカッと笑う)
 俺と付き合わねぇか?…恋人として、な。


ローズ:!(ぶわっと顔が赤くなり、瞳が潤む)
 お願いしますっ///


ギーレン:(ローズの頭をなでなで)
 こちらこそよろしくな。可愛い黒猫ちゃん。
 最初に見たときから思ってたんだよな。
 抱きしめたら安心できそうな子だな…ってよ。(少し照れる)


ローズ:んぅ(撫でられてゴロゴロ)
 そんな風に思って頂けてたなんて…嬉しすぎます///
 僕も…たくましくて素敵な人だな〜って思ってました(目を細めて笑いかける)


ギーレン:お互い好みなら、まあ最初の一歩はOKだよな?
 あと…。ちょいと恥ずかしいんだが…。

    ラッピングされた小箱を取り出す。
    ローズが買ったものと全く同じのようだ。

 お前さんに何か手みやげでも…と思ったんだが…タイミング悪かったなぁ(苦笑)
 バーの同僚にでもあげちまってくれ。


ローズ:そんなっ大切に使います!
 消耗品ですし、2つあって嫌なものじゃありません^^
 僕も…なにか用意しておけばよかったなぁ


ギーレン:貰ってくれるなら、まあ無駄にならなくて済んだ訳だ(笑)
 お前さんからは、これからゆっくりでいいんじゃねぇか?
 今は、こうして触れさせてもらえりゃ…それで十分に有り難てぇ。(頭なでなでなで…)


ローズ:…ふふ、そうですね。(これから…か、嬉しいな…)
 (撫でられて嬉しいのか尻尾がゆらゆら)撫でられるのって気持ちよくて好きです///
 好きに触ってもらっていいですよ?(冗談っぽく)


ギーレン:おいおい、それは誘ってるって受け取ってもいいのかよ(笑)
 よいしょっと!(ローズの隣に座り、ローズを抱え上げて膝に座らせる)
 飼い猫は膝の上、だろ?w


ローズ:ひゃっ!///(驚きつつも大人しくされるがまま)
 誘う気ではありましたが…こうされるとは思いませんでした////


ギーレン:(心ゆくまでローズの頭なでなで…)
 お前さんは、猫なのにホント、おとなしい性格だなぁ。
 飼い主をひっかくとかしそうにねぇ(笑)
 誘い方も純情でかわいいぜ?
 心は汚れてない証だな。


ローズ:(ごろごろと喉が鳴る)大好きな人に、爪なんて立てませんよw
 …ただ、心は綺麗じゃないかもしれません。
 欲と嫉妬にまみれる事だってありますし…。


ギーレン:なんだ、爪は立てないのか?(くすくす)
 お前さんの心は綺麗だよ。
 そんな可愛い欲と嫉妬なら、いくらでもぶつけていいぜ?
 全部受け止めてやるくらいの度量はあるつもりだ。


ローズ:…やっぱり優しいんですね。
 そう言って頂けるだけで楽になります。
 僕も、ギーレンさんの感情も何もかも受け止めるつもりですよ。


ギーレン:優しくない時もあるぜ?一応男だからなあ(笑)
 じゃあ、お互い様って事で。
 なんだろうな…。お前さんといると、ホッとするんだよ…。(後ろからぎゅっと抱きしめる)


ローズ:ふふ、根が優しいんですよw
 それに…好きな人にだったら割と何されても嬉しいです////
 僕も…暖かくて安心します(ギーレンに体を預け、腕に手を添える)


ギーレン:ははっ、ホントにあったかいぜ。お前さんは…。(なでなで…)
 あんまり煽るな。二階連れ込むぞ?(くすっ)


ローズ:ふふ(ごろごろ…)
 (艶っぽく微笑み)我が家でも構いませんよ?w
 なんて、お仕事に響いたら大変ですもんね(くすくす)

ギーレン:悪かぁないが、今はちょこっと抜けてきただけだからな。
 今度、一日休みを貰うことにするぜ。(猫耳のつけねをこりこり)


ローズ:んァっ///(ぴくりと体が跳ねる)
 わ、わかりました。楽しみにしてますね//


ギーレン:あ、やっぱここって弱いのか(笑)


ローズ:知っててやったんですかw
 付け根は弱いんです///(照れつつ)


ギーレン:昔飼ってた猫(本当に猫)が、そこ好きだったんだよw


ローズ:飼ってたんですか~
 通りで撫でるのが上手なわけですw


ギーレン:ん、戦場で拾ってな。
 ずいぶんと癒しになったもんだ。
 一緒に寝ると、暖かくて柔らかくてな…。
 まあ、気がついたらいなくなってたが。フラれたらしい(笑)


ローズ:なら…今度は僕が癒します。
 貴方が求めてくれれば、精一杯答えますよ^^


ギーレン:…ん。頼む。
 ローズは、ふいっとどっか行っちまうなよ?(抱き寄せて少し目を閉じる。あたたかさを味わっているようだ)


ローズ:もちろんです。
ギーレンさんが離れろと言うまでは、ずっと寄り添っていますよ(こちらも目を閉じる。ゴロゴロと喉が鳴っている)


ギーレン:…まったく(微笑む)
 そんなに相手に尽くすから、俺みたいな男にひっかかるんだぞ?(笑)


ローズ:ふふ、だったら振られてきた甲斐がありましたw
 素敵な人にひっかけてもらえたので(微笑む)
 (少し小さい声で)ギーレンさん…大好きですよ…。


ギーレン:(耳元で小さく)俺も好きだぜ。ローズ…。(耳に軽くキス)


ローズ:ん…(パタッと耳が一回振るえる)
 (こんな風に大切にされたの…初めてだ…)


ギーレン:(なでなで…)


ローズ:(ごろごろ…嬉しい…あったかい)
 ッハ、ギーレンさんっ!
 お仕事戻らなくて大丈夫ですか?


ギーレン:うおっと、やべぇか!?
 ちょいと出るって言ったままだしな^^;
 じゃあ、そろそろ戻らぁ。
 今度こそ、一日休み貰ってくるからな?

     ひょいと立ち上がり、ローズの頬にキスして酒場を出て行く。
     酒代はちゃんとテーブルに置いてある。


ローズ:はい、お待ちしてます。
    お互い、お仕事頑張りましょうね!(ギーレンを笑顔で見送る)


  あれからもう、数年の月日が流れたけれど。
  互いの心は変わることなく、「くまさん」と「ねこさん」は、寄り添い続けている。