※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.




プレイヤーの名前:セレンシア

キャラクターの名前: ユリスフィール・ジャドゥデン・アス・メメスフィア

年齢:  16歳

生まれ月:  青馬の月

性別:  男

種族: ??(人間に見える)

職業・なりわい:  幻想画家

外見的特徴・ヴィジュアルイメージ:
黒を纏う少年。
絹のような手触りの黒い髪、漆黒の服。
そこだけが瑞々しい湖の色か爽やかな森林の色であるかのような、
何十にも色を重ねたような不思議な緑色の瞳をしているが、
その瞳を左目だけ、蝶をモチーフにあしらった眼帯で覆っている。
若木のようにスラリとしている少年らしい少年だが、
どこか冬の風のような冷たい雰囲気をまとった少年である。
しかし、その風を春の風の様だ、と評する人もいるようだ。

性格:
基本的に非常に心優しい少年。しかし水か氷であるかのように冷たいところがある。
一言で言うと、優しい心を必死に隠しているのだ、ということが分かる人にはわかるかも知れない。


一人称・二人称・話し方:
一人称 僕
二人称 貴方
話し方。クールぶっているが、嫌いな物の話題になったりすると大分焦って慌てるような話し方になる。


所持能力:

  • 1.絵画を描く 50ポイント(エリート)
彼には異世界が見えているのだろうか、と思うほどに、美しく耽美で、あるいは幻想的な絵画を描く能力に恵まれている。
しかしなにか事情があるのだろうか、
ユリスフィールは絵を描く事を極端に恐れており、
よほどの衝動に突き動かされなければ、滅多なことでは絵を描かないようだ。
彼は言う。「絵を描きその物語を紡ぐことは僕の宿命。しかしその宿命には死の影が射しているんだ…」と。
現在では自身の命を危険にさらすかもしれないような絵の描き方がしなくなった。
絵を描いて残すことより、自身の目を通して記憶に残すことを学んだようだ。



残り  50ポイント

詳細設定:
アロウではない異世界から来た少年。
異世界の死の神(名前を言ってはいけない!)に愛でられ、囚われ、魅入られた少年で、
その右目で輝く生命の世界を、左目で破滅の世界を視ていると称されるもの。
死の神のヴィラビッド(最愛の者)と彼を呼ぶ人もいて、
ユリスフィールの傍らには、その証明とも言うべき死の神の聖獣、黒きユニコーンがそばにいると言われているが、
その黒い一角獣の姿は、ユリスフィールにしか見えないようだ。
(このユニコーンが、なにかユリスフィールに干渉している様子は全くないようだ)
妖精の森に住むドルイダスであるティアとは、同じ神に魅入られ囚われているという意味で、
魂の双子のような存在で、ユリスフィールのほうが弟である。しかし血のつながりはない。
ある日瀕死の状態で異世界であるガーディアスのティアの家を訪れた。
死の神から逃げてきたこと以外は、何があったかはまだ話すことはない。
ガ―ディアスで療養、生活を生活をしていく中で、今ではもう完全に回復し、外に出ることに弊害もなくなった。
結局本人は語らないのだが、大事なのは何があったかではなく、
これから何をするかだと、ガ―ディアスの生活の中で学んだようだ。
随分明るくなり、本来の性格と呼べるものを取り戻したようである。


好きな季節と時間
柔らかに穏やかな 晴天の 冬の 夕闇~夜明けにかけて

理想の憧れる異性像 
自分に自信の持てない 内気で夢見がちな ため息をつくほど美しい 人ならざる姫君

友達になりたい同性像
あるものに囚われている はつらつと明るくため息をつくほど美しく天才的な魔術師である 人ならざる王子様

思い入れのある好きな場所
自分を映すものがなにもない 薔薇の咲き誇る 自分の部屋
果物のたくさんなっている 谷間の湖の畔

ユリスフィールが学んだこと

望みや願い、信念
なりたいものになれるという願いのような信念を胸に抱いたようだ。
力を志向する反面、その力を使うことを禁忌と思うようになった。

性格や感情面
深く献身的な愛情と淡い憧れのようなものを知り合いに向ける反面、
愛とは水晶のような透明な悲しみや痛み、苦しみを伴うものだと学んだようだ。
また、幸せというものも、本人にしかわからない、
痛みや苦しみを伴う幸せなのかもしれないと思うようになった。
非常に自己内省的な、哲学者的性格を帯びるようになった。
しかし、以前に比べるととても感情豊かで、よく笑うようになった。

暮らしに関すること
食べることに関して、一種のタブーに近い、非常に特殊な考えを持つようになったようだ。
食べること=男女の愛欲や病的な志向と結びつけて考えるようになった。
異性装に対しては、興味が少しと多大な抵抗感が出るようになった。
家族やパートナーに関しては、非常に暖かく接したいと思っている。


好きなもの
甘いお菓子
月や星を眺めること
美しいもの

恐怖心を煽るもの
メタボ
パンツをきちんと穿かない変態
カマキリ(特にメス)
見るなと言われたのに見てしまうことを 極端にタブー視するようになった。

嫌いなもの
少し潔癖なところが生まれたようだ。
自己中心的な人間の欲望やエゴイスティックなところが酷く嫌らしい。




大切な物
何気ない日常というもの
人生という物語
表現活動
ガ―ディアスという街